最終更新日:

薬剤師の転職失敗例は?失敗したケースと原因・失敗しない薬剤師転職方法とは

「薬剤師転職で失敗したくない」
「失敗しないためにはどうすればいい?」

薬剤師としての転職で、失敗を回避したいと考える人は少なくありません。

薬剤師転職で失敗した原因で最も多いのは「情報収集不足」。業務内容や勤務時間・人間関係など詳細情報を事前に調査すれば、入社後のミスマッチを回避できます。

本記事では、薬剤師転職で失敗と感じたケースや失敗しない転職方法・おすすめ転職エージェントをご紹介。

条件に合った職場に転職したい・職場選びに失敗したくない薬剤師は必見です。

薬剤師転職で失敗と感じたケース

薬キャリの薬剤師転職実態調査では、転職を後悔した経験がある薬剤師は53%。

失敗の理由は、「人間関係:39.3%」「年収:25.4%」が多くを占めています。

転職失敗と感じた薬剤師の割合

転職失敗と感じた薬剤師の理由

薬剤師転職が失敗した原因

同調査の転職失敗した原因は「情報収集不足」が24.5%と断トツです。

薬剤師転職が失敗した原因

人間関係や業務内容・給与に関する情報収集の徹底が、転職失敗の回避方法と言えます。

薬剤師の離職率

平成21年の雇用動向調査では、主要産業の離職率16.4%に対して薬剤師の離職率は9%。

その他業種と比べて薬剤師の離職率は低い傾向がありますが、店舗数が多いほど離職率が高いです。

平成21年薬剤師の離職率

出典:MMPR-保険薬局企業 薬剤師の入職率・離職率

失敗しない薬剤師転職方法

■ 薬剤師転職の成功方法
・転職理由/希望条件を明確にする
・職場調査を徹底
・職場見学に行く
・転職エージェントを活用する

転職理由/希望条件を明確にする

転職自体を目的にすると、転職後に失敗と感じすぐに辞めてしまう人も少なくありません。

なぜ転職したいのか・条件に優先順位をつけて整理するなどを明確にし、希望に沿った職場探しを意識しましょう。

職場調査を徹底

薬剤師転職を失敗した原因で最も多いのは、情報収集不足。業務内容や残業・昇給制度など詳細まで調査が必要です。

人間関係や職場の雰囲気は転職会議やLighthouse(旧.会社の評判)で現場の声を把握し、内部情報からも応募するかを判断すると転職失敗を防げます。

職場見学に行く

現場の雰囲気や薬剤師の人柄を見るには、職場を見に行くのがベスト

応募前・面接時に足を運び、長く続けられる職場かを見極めましょう。

転職エージェントを活用する

薬剤師専門の転職エージェントではキャリアビジョンや希望条件に合った求人紹介はもちろん、書類添削や入社後のアフターフォローまで薬剤師転職を徹底サポート。

求人元への訪問取材や独自のルートで内部情報や裏事情を入手し、求人紹介時に共有してくれます。

しかし、提供された情報をすべて鵜呑みにするのはNGです。

転職エージェントは個人での転職活動+サポーターとして活用すると、効率良く転職活動が進められます。

薬剤師におすすめ転職エージェント

マイナビ薬剤師 薬キャリ
サイト
マイナビ薬剤師-公式
薬キャリ
年齢 20代~40代 20代~50代
対応地域 全国
実績 薬剤師転職支援サービス「利用者満足度No.1 利用者満足度
95%

薬剤師登録者数No.1
薬剤師
求人数
6万件以上 5万件以上
求人
紹介数
一人当たり
約19.5件
一人当たり
最大10件
施設訪問 求人元の薬局・病院に出向き現場職員にヒアリング
独自ネットワークで求人情報や裏内情を収集し調査結果も提供
業界への
強み
薬剤師転職専門のアドバイザーが担当 医療専門情報サイト「エムスリー」運営で独自求人が多数
公式
サイト


ファルマ
スタッフ
JobBuddy
(ジョブバディ)
サイト
ファルマスタッフ公式
JobBuddy(ジョブバディ)
年齢 20代~50代
対応地域 全国 1都3県
※東京/神奈川/千葉/埼玉
実績 転職成功率
90%超
コンサルタント満足度96.3%
幅広い年齢層の薬剤師転職実績
薬剤師
求人数
5万件以上 非公開
施設訪問 各エリアの転職状況・求人先への訪問で職場の雰囲気や忙しさを把握 薬局や企業に出向き採用担当者や現場の薬剤師にヒアリング
業界への
強み
調剤薬局が母体の転職エージェント 薬局側・利用者の両者を1人のコンサルタントが担当
公式
サイト


ファーマ
キャリア
お仕事ラボ
サイト ファーマキャリア公式 お仕事ラボ
年齢 20代~50代
対応地域 全国
実績 求人はオーダーメイド制で好条件転職が可能 利用者満足度90%超
求人紹介後の定着率95.6%
薬剤師
求人数
5万件以上 2万件以上
施設訪問
薬局と利用者の両方を同じ人が担当。転職先の事情を把握した担当者が面談
業界への
強み
業界の知識に富んだ精鋭なコンサルタントが集い質の高いサポートを提供 求人の逆指名が可能
(株)アイセイ薬局の100%完全子会社運営
公式
サイト


薬剤師転職は”情報収集の徹底”で失敗回避

薬剤師転職は、情報収集の徹底が鍵。

人間関係や年収・スキルアップできるかなど内部情報まで調査し、応募するかを判断すると入社後のミスマッチが防げます。

転職エージェントは、個人の転職活動にサポート役として利用すると効率の良い転職活動が可能です。

コンサルタントから得た情報は取捨選択し、全てを鵜呑みにしないよう参考程度にとどめましょう。

■ 薬剤師専門転職エージェント
マイナビ薬剤師
薬キャリ
ファルマスタッフ
JobBuddy(ジョブバディ)
ファーマキャリア
お仕事ラボ

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事