最終更新日:

薬剤師の転職は厳しい?知らないと損する薬剤師の転職市場と転職成功法

薬剤師転職は厳しい?厳しい理由と需要の高い薬剤師転職・厳しさ回避の転職方法

「薬剤師の転職は厳しいってホント?」
「薬剤師の転職が厳しい理由は?」
「転職が厳しい薬剤師の転職成功法は?」

今より良い職場への転職を検討していても、薬剤師の転職が厳しいか分からず迷っている人は少なくありません。

コロナや高齢化の影響で薬剤師の転職は厳しいですが、自己分析の徹底と転職エージェントを活用すれば希望の薬剤師転職が成功します

今回は、薬剤師の転職が厳しい理由と需要の高い薬剤師の転職市場、薬剤師の確実な転職成功法を解説していきましょう。

厳しい薬剤師に最適な転職エージェント

まずは薬剤師向けの転職エージェントをご紹介★自分に最適なサービスを選べば、厳しい状況の薬剤師でも好条件の転職が成功するわ!

薬剤師イチオシ!
マイナビ薬剤師
登録者最多!
薬キャリ
転職エージェント
マイナビ薬剤師-公式
薬キャリ
年齢 20~40代 20~50代
対応地域 全国
実績 薬剤師転職支援サービス利用者満足度No.1 利用者満足度
95%。薬剤師
登録者数No.1
薬剤師
求人数
約5.5万件 約4.3万件
求人
紹介数
一人当たり
約14.2件
最短即日
最大10件
施設訪問 求人元の薬局・病院に直接訪問して現場職員にヒアリング 独自ネットワークで求人情報や裏内情を収集し調査結果も提供
業界への
強み
薬剤師転職専門のアドバイザーが担当 医療専門情報サイト「エムスリー」運営で独自求人が多数
簡単登録
(無料)
ファルマ
スタッフ
ファーマ
キャリア
転職エージェント
ファルマスタッフ公式
ファーマキャリア公式
年齢 20~50代
対応地域 全国
実績 薬剤師支援22年
転職相談満足度96.7%
求人はオーダーメイド制で好条件転職が可能
薬剤師
求人数
4.2万件以上 1万件以上
施設訪問 求人先への訪問で職場の雰囲気や忙しさを把握
業界への
強み
調剤薬局が母体 業界の知識に富んだ精鋭が手厚くサポート
簡単登録
(無料)

薬剤師の転職が厳しい理由

薬剤師の資格があれば転職には困らなさそうだけど、薬剤師の転職は実際には厳しいの?

様々な要因が絡んで、薬剤師の転職の状況は年々厳しくなってきてるわ。

薬剤師の転職は年々厳しい状況に

薬剤師の転職市場は、下記の理由で現在かなり厳しい状況に陥っています。

■ 薬剤師転職が厳しい理由
・コロナの影響
―ドラッグストアでの調剤併設化で薬剤師の需要が減った
―病院への通院者が減り、処方せんの枚数も激減
・高齢化により在宅経験が求められる
・薬剤師免許保有者の増加
・最新機材の導入

厚生労働省は、2045年に薬剤師の需要を供給が上回ると発表。

薬剤師の増加予測に伴い、質を保つために一部薬学部へ入学時の選別を厳格化するよう求める声も出ているようです。

今後も薬剤師の転職はさらに厳しい状況になっていくでしょう。

薬剤師の転職は厳しい【公式】https://pharma.mynavi.jp/
登録は3分で完了!

薬剤師の転職は買い手市場で厳しい

売り手市場だった薬剤師の転職市場は、コロナの影響で需要のバランスが崩れ企業優位の買い手市場に推移しています。

薬キャリのコロナ禍の薬剤師転職市場調査(※1)では、87%の紹介会社が「企業優位」と回答

【コロナ後の薬剤師の転職市場をどう捉えているか?】

コロナ禍の薬剤師転職市場は企業優位:薬キャリ調べ

対して、40%超の転職エージェントは「薬剤師優位と考えている薬剤師が多い」と回答。

【コロナ後の薬剤師求職者の転職市場への印象は?】

薬剤師転職の難易度が低い認識の人が多い

企業と求職者の転職市場の捉え方にはズレがあり、薬剤師側はまだ転職の難易度が低いと考える傾向が強いようです。

薬剤師の転職は厳しい【公式】https://pcareer.m3.com/
登録は60秒で完了!

薬剤師の転職は専門性がないと厳しい

厚生労働省の「患者のための薬局ビジョン」によると、調剤薬局や調剤併設ドラッグストアに求められるのは下記の通りです。

  1. 患者一人一人の最適な服薬管理をする「かかりつけ機能
  2. 地域住民の健康維持や管理をする「健康サポート機能
  3. 在宅医療の推進

企業優位の転職市場で調剤業務のIT導入が年々進行中。

自分ならではの専門性の高さや経験・強みをアピールできなければ、薬剤師の転職は厳しいでしょう。

薬剤師の転職は厳しい【公式】https://www.38-8931.com/
登録は3分で完了!

転職に有利な薬剤師のスキル

薬キャリの17社のエージェントへのアンケート調査によると、転職で有利になるスキル・経験の割合は下記の通りでした。(※2)

薬剤師転職が有利に働くスキル・経験

「管理薬剤師経験」が最多で、「認定薬剤師資格保持者」や「在宅経験」、「かかりつけ薬剤師経験」もランクイン。

11.8%と低い「調剤経験」は、「好条件で転職するには大前提」のようです。

調剤薬局の開設や運営に不可欠な「管理薬剤師経験」さえあれば好条件の薬剤師転職が実現します。

薬剤師の転職は厳しい【公式】https://pharmacareer.jp/
登録は3分で完了!

厳しい薬剤師の転職成功法

薬剤師の転職は実際には買い手市場なのに、売り手市場だと勘違いしてる薬剤師も多いんだね!

需要は高いけどライバルが多い状況だから、しっかりと計画を練って転職活動を進めましょ★

転職が厳しい薬剤師向けサービス

薬剤師の転職活動には、薬剤師専門の転職支援サービスを利用すると効率的です。

薬剤師の転職市場を常に把握し、薬局や病院の内部事情にも精通している転職エージェントは多数あります。

特性やサポート内容、求人は異なるため、自分に合うサービスをピックアップしましょう。

登録・利用はすべて無料です。

転職エージェントは2~3社併用すると求人の選択肢が広がります。
■ 利用者が多い大手の薬剤師転職エージェント
マイナビ薬剤師
薬キャリ


■ サポートが充実した薬剤師転職エージェント
ファルマスタッフ
ファーマキャリア


5・10年後のキャリアを考える

薬剤師を続けるなら、5・10年後のキャリアプランビジョンを見据えた転職がベスト。

現在の理想や悩みだけでなく、何年後にどの程度年収・ポジションで働いていたいかを考えましょう。

直近で理想の転職ができないなら、かかりつけ薬剤師や在宅医療などの経験を積み市場価値を高めてからの転職も一つの手段です。

転職先の事前調査を徹底

薬剤師が転職失敗した原因は、人間関係や常務内容・給与に関する情報収集不足が最多

求人紙面や公式HPの情報だけでなく、転職会議やLighthouse(旧会社の評判)で雰囲気や人間関係など公にならない情報を調べましょう。

事前に情報収集すれば紙面に載っていない条件からも応募するかの判断ができ、入職後のミスマッチを防止できます。

厳しい薬剤師転職はエージェントで効率化

企業が薬剤師を選べる現在の転職市場では、経験やスキル・実績をアピールしないと薬剤師の転職は厳しいです。

自分の市場価値を把握すれば、採用されやすい求人が分かり転職活動の長期化を防げます

市場の流れや薬局・病院の内部情報を把握している転職エージェントを上手に併用して、厳しい薬剤師転職を効率良く成功させましょう。

■ 薬剤師専門転職エージェント
マイナビ薬剤師
薬キャリ
ファルマスタッフ
ファーマキャリア

※1 薬キャリ:2021年の薬剤師転職市場はどうなる?
※3 薬キャリ:薬剤師の転職市場に異変!今後評価される市場価値とは

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事