最終更新日:

医療通訳が今後必要となる理由とは?主な仕事内容や年収を解説

通訳とは、互いに違う言語を話す人の間に立ち、双方の言語を相手の言語に変換して話を通じさせる仕事ですが、医療通訳は人の命に関わる特殊な業務になります。「そもそも医療で通訳が必要なの?」「医療通訳は他の業界と何が違う?」「特別な経験やスキルは必要?」通訳の仕事は理解していても、“医療通訳”となると業務を想像しにくい求職者も少なくないでしょう。

昨今の日本では海外からの観光客や移住者も多く、日本語ができない来院者が増加中。今回は将来的にも需要が高まっていくと予想される医療通訳の仕事内容、転職に必要な経験・スキル、年収から将来性まで詳しく解説していきます。医療通訳の転職を有利にする“転職エージェント”も併せてご紹介していきましょう。

医療通訳の仕事内容

医療通訳は一般的な通訳以上に正確さが求められる

医療通訳は、来院者(患者、医療関係者含め)が日本語を話せない場合、医師や医療事務に代わって来院者と会話します。日本語を話せない来院者が適切な医療サービスを受けられるようにコミュニケーションをサポートするのが医療通訳の仕事です。

一字一句正確に訳すのはもちろん、文化や言語宗教の違いを理解して、患者に自分の意思で適切な治療を受けさせなければなりません。

一般的な通訳では何となくニュアンスで意味が通じる場合もありますが、医療通訳ではそれはNG。患者の症状や医師の指示が間違って伝われば、最悪の場合命に関わります。

他の業界の通訳との違いは、人の命に関わるかどうかね。決して大げさじゃなく、伝え方一つ違えば助かる命も助からない可能性だってあるの。医療通訳は一般の通訳の何倍も正確さや理解力が求められるわ。

医療通訳は他の業務と兼任のケースが多い

日本語ができない来院者が増えているとは言え、日本の病院の来院者の多くは日本人です。医療通訳の仕事は外国人が来院するまでただひたすら待つわけではなく、大抵は医療事務や医療秘書と兼任で、医療通訳もできる人材を募集している病院が多いようです。

医療事務や医療秘書の仕事をしつつ、通訳が必要な場合にだけ通訳の業務が発生する。

医療事務の詳細はこちらの記事をチェック↓

医療秘書の詳細はこちらの記事をチェック↓

医療通訳が担う役割

このまま日本の少子化が進めば、外国からさらに多くの労働者が来日してくるでしょう。外国人が病院へ通う機会も増えるため、病院側でも通訳のできる人材は重宝されます。外国人が安心して治療を受けられるように、外国人と病院の架け橋として医療通訳は病院に欠かせない存在です。

医療通訳に転職するために必要な経験・スキル

病院に医療通訳がいなかったら、外国人の来院者に適切な診察・診療ができないわ。医療通訳は病院の間口を広げるとっても重要な役割を担ってるの☆次は医療通訳に転職するために必要な経験やスキル、資格をチェックしていきましょ♪

医療通訳への転職に有利になる経験

  • 医療事務
  • 医療秘書
  • 通訳

医療事務や医療秘書の経験があったうえで通訳もできれば、転職はかなり有利に進められます。通訳で確かな実績があるとより重宝されるでしょう。医療事務と医療秘書の両方の経験があればベストですが、どちらかの経験があれば十分転職の強みになります。

医療通訳への転職に有利になるスキル・資格

  • 英語力
  • 国際医療英語認定試験

東南アジア諸国から日本へ来る人のほとんどは、日常会話程度の英語なら問題ないレベルなので、十分な英語スキルがあれば転職のアピールポイントになります。台湾や中国から日本へ来る人も多いので、中国語もできるとさらに有利です。

資格はTOEICだけでも有利にならないわけではありませんが、TOEICなどの英語検定だけでは大きい総合病院での採用が難しい場合があります。「国際医療英語認定試験(CBMS)」は医療英語のスキルを表す指標となり、医療通訳への転職やキャリアアップに活かせるので余裕があれば取得を目指すと良いでしょう。

医療通訳向きな人、不向きな人の特徴

医療事務や医療秘書と同様に、親身になって話を聞いてあげられる人正確に通訳できる確かな実力がある人に医療通訳は向いている仕事です。

逆に一人で黙々と作業したい人他人と話すのが苦手な人には不向きでしょう。

医療通訳の年収と将来性

医療通訳の平均年収

医療通訳の平均年収は、医療事務を主体とした業務の場合、400万円~500万円と高めの年収です。求人募集には派遣や契約、パートなどの非正規雇用も目立ちます。

なかには医療知識を求めず、医療とは切り離して通訳能力のみを募集している求人もあるようです。あくまでも通訳の可能な一般事務として雇用し、通訳が必要な場面では医療知識なしで通訳し、あとは一般的な事務作業をこなします。そのため、一般事務とあまり変わらない給与で、パートに至っては1,000円~1,500円の低賃金の求人も多いです。

医療通訳の将来性

東京オリンピックの影響もありグローバル化が加速していく日本では、今後も外国人の流入が増え続けていくでしょう。日本語を話せない外国人の来院者もより多くなるため、医療通訳の需要は今後も高まり続けていくと考えられます。

病院が閉院、業界自体が縮小するなどしても、医療通訳の能力や通訳の需要はなくならないため、医療通訳は一生役に立つ経験・スキルになるでしょう。

AI(人工知能)などの進化により、いずれは通訳の仕事自体が必要なくなる可能性もありますが、それはまだ先の話。医療通訳は間違いなく将来性がある職種だと言えます。

転職エージェントの活用で医療通訳への転職を効率化

一人でできる転職活動には限界があり、自分一人での作業が多いのは否めません。転職エージェントは転職活動の手間のかかる作業をすべて代行してくれる存在です。

    転職エージェントが代行する転職活動

  1. 求人の検索、紹介、応募、推薦
  2. 応募書類の添削
  3. 面接日程の調節、面接対策
  4. 採用条件、給与、配属先、ポジションなど企業との交渉
  5. 契約書や入社関連の手続き、入社日のすり合わせ

転職エージェントを利用すれば面接の本番以外で企業と直接やり取りする機会はほぼ0。転職エージェントは企業との繋がりも深く自分一人だけでは知りえない企業の内部情報まで知れる場合もあり、医療通訳のニーズを最大限活かした転職が可能です。企業とのミスマッチも未然に防げます。

転職活動は転職エージェントを活用した方が確実に効率的です。

転職エージェントの仕組みはこちらの記事をチェック↓

転職エージェントの選び方はこちらの記事をチェック↓

医療通訳への転職を有利にする転職エージェント

転職エージェントによって特性やサポートの質、得意な求人は異なるため、下記から自分に合う転職エージェントを選んで効率的に転職活動を進めましょう。

公式サイトから各転職エージェントの転職支援サービスに申し込み後、キャリアコンサルタントと面談すると様々な転職サポートが受けられます。登録・利用はすべて無料です。

転職エージェントは複数併用すると転職活動がより円滑に進みます。

doda

doda

求人数10万件以上!非公開求人80%超!!
履歴書添削や面接対策など丁寧なサポートが人気で転職後のアフターフォローも手厚い。
女性の求職者にも高評価!

【公式サイト】https://doda.jp/
登録は3分で完了!

dodaの詳細はこちらの記事をチェック↓

マイナビエージェント

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。
主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。女性の転職に特化した専門サイト有り。
転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/
登録は3分で完了!

マイナビエージェントの詳細はこちらの記事をチェック↓

パソナキャリア

パソナキャリア

オリコン顧客満足度調査 転職エージェント部門1位!
首都圏など大都市圏の求人数が豊富。25~35歳転職初心者キャリアのある女性の転職サポートに特化。
転職成功者の年収アップ率は驚異の67.1%!

【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/
登録は3分で完了!

パソナキャリアの詳細はこちらの記事をチェック↓

Spring転職エージェント(アデコ)

Spring転職エージェント(アデコ)

2018年利用者満足度No.1!
管理職や金融、営業やマーケティング、ITやメディカルなど4つの職種専門部があり専門領域に特化
企業と求職者が同じ担当でマッチング率が高い。

【公式サイト】https://www.springjapan.com/
登録は3分で完了!

Spring転職エージェント(アデコ)の詳細はこちらの記事をチェック↓

市場価値を把握して転職をより確実に

自分の市場価値が分かるアプリ「MIIDAS(ミイダス)」

MIIDAS(ミイダス)は、あなたの本当の価値を“見いだす”、効率的な転職活動ができるアプリです。dodaを運営するパーソルキャリアの新ブランドで、同社が持つ数百万人の過去の転職者データから自分のキャリアの分析が可能。

簡単な質問に答えるだけでおおよその年収が算出され、自分の今の市場価値がわかります。すぐに優良企業40,000社にあなたの経歴が公開され、あなたを必要としている企業からオファーが届くシステムです。

    MIIDASのメリット

  • 家で手軽に適性チェック可
  • 5分程度の短時間かつ無料で、転職市場での自分の価値がわかる
  • スマホだけで企業からオファーが届く体制ができる
  • オファーがきた時点で書類選考合格済み(面接確約!)
  • 求人を探す手間が省けて書類選考もなし。転職の負担を大幅軽減
MIIDAS

自分のキャリアを見いだす適正チェックができるアプリ。
社会人だけでなくニートでも想定年収が算出される。自分の市場価値がわかり、転職するべきか客観的な判断が可能に。
オファーはすべて面接確約で転職活動が効率的。

【公式サイト】https://miidas.jp/
市場価値を5分で算出!

MIIDASの詳細はこちらの記事をチェック↓


RECOMMEND

関連記事