最終更新日:

医療通訳ってどんな仕事?年収や将来性は?医療通訳への確実な転職成功法

「医療通訳は他の業界と何が違う?」「特別な経験やスキルは必要?」

通訳の仕事は理解していても、“医療通訳”となると業務を想像しにくい求職者も少なくありません。

医療通訳は人の命に関わる特殊な業務ですがその分需要も年収も高く、将来性がある職種だと言えます。

今回は医療通訳の仕事内容、転職に必要な経験・スキル、年収から将来性まで詳しく解説していきましょう。

医療通訳への転職をより確実にする転職エージェントも併せてご紹介します。

あなたが「医療通訳に向いているか」適性診断するにはこちら→

医療通訳の仕事内容

医療通訳は一般的な通訳以上に正確さが重要

医療通訳は、来院者(患者、医療関係者含め)が日本語を話せない場合、医師や医療事務に代わって来院者と会話します。

日本語を話せない来院者が適切な医療サービスを受けられるようにコミュニケーションをサポートするのが医療通訳の仕事です。

医療通訳の仕事を自分で探したい人はこちら→
(※会員登録すると求人に応募できます)

医療通訳の仕事は一字一句正確に訳すのはもちろん、文化や言語宗教の違いを理解して、患者に自分の意思で適切な治療を受けさせなければなりません。

一般的な通訳では何となくニュアンスで意味が通じる場合もありますが、医療通訳ではNG。患者の症状や医師の指示が間違って伝われば、最悪の場合命に関わります。

他の業界の通訳との違いは、人の命に関わるかどうかね。決して大げさじゃなく、伝え方一つ違えば助かる命も助からない可能性だってあるの。医療通訳は一般の通訳の何倍も正確さや理解力が求められるわ。

医療通訳は他の業務と兼任のケースが多い

日本語ができない来院者が増えているとは言え、日本の病院の来院者の多くは日本人です。

医療通訳の仕事は外国人が来院するまでただひたすら待つわけではなく、大抵は医療事務や医療秘書と兼任で、医療通訳もできる人材を募集している病院が多いようです。

医療事務や医療秘書の仕事をしつつ、通訳が必要な場合にだけ通訳の業務が発生する。

医療事務の詳細はこちらの記事をチェック↓

医療秘書の詳細はこちらの記事をチェック↓

医療通訳が担う役割

このまま日本の少子化が進めば、外国からさらに多くの労働者が来日してくるでしょう。

外国人が病院へ通う機会も増えるため、病院側でも通訳のできる人材は重宝されます。

外国人が安心して治療を受けられるように、外国人と病院の架け橋として医療通訳は病院に欠かせない存在です。

医療通訳に転職するために必要な経験・スキル

病院に医療通訳がいなかったら、外国人の来院者に適切な診察・診療ができないわ。医療通訳は病院の間口を広げるとっても重要な役割を担ってるの☆次は医療通訳に転職するために必要な経験やスキル、資格をチェックしていきましょ♪

医療通訳への転職に有利になる経験

  • 医療事務
  • 医療秘書
  • 通訳

医療事務や医療秘書の経験があって通訳もできれば、転職はかなり有利に進められます。

通訳で確かな実績があるとより重宝されるでしょう。

医療事務と医療秘書の両方の経験があればベストですが、どちらかの経験があれば十分転職の強みになります。

医療通訳への転職に有利になるスキル・資格

  • 英語力
  • 国際医療英語認定試験

東南アジア諸国から日本へ来る人のほとんどは、日常会話程度の英語なら問題ないレベルなので、十分な英語スキルがあれば転職のアピールポイントになります。

台湾や中国から日本へ来る人も多いので、中国語もできるとさらに有利です。

TOEICが有利にならないわけではありませんが、TOEICなどの英語検定だけでは大きい総合病院での採用が難しい場合があります。

「国際医療英語認定試験(CBMS)」は医療英語のスキルを表す指標となり、医療通訳への転職やキャリアアップに活かせるので余裕があれば取得を目指すと良いでしょう。

自分が「医療通訳に向いているか」診断するにはこちら→

医療通訳向きな人、不向きな人の特徴

医療事務や医療秘書と同様に、親身になって話を聞ける人正確に通訳できる確かな実力がある人に医療通訳は向いている仕事です。

逆に一人で黙々と作業したい人他人と話すのが苦手な人には不向きでしょう。

医療通訳の年収と将来性

医療通訳の平均年収

医療通訳の平均年収は、医療事務を主体とした業務の場合、400万円~500万円と高めの年収です。

求人募集には派遣や契約、パートなどの非正規雇用も目立ちます。

なかには医療知識を求めず、医療とは切り離して通訳能力のみを募集している求人もあるようです。

あくまでも通訳の可能な一般事務として雇用し、通訳が必要な場面では医療知識なしで通訳し、あとは一般的な事務作業をこなします。

そのため、一般事務とあまり変わらない給与で、パートに至っては1,000円~1,500円の低賃金の求人も多いです。

医療通訳の将来性

東京オリンピックの影響もありグローバル化が加速していく日本では、今後も外国人の流入が増え続けていくでしょう。

日本語を話せない外国人の来院者もより多くなるため、医療通訳の需要は今後も高まり続けていくと考えられます。

病院が閉院、業界自体が縮小するなどしても、医療通訳の能力や通訳の需要はなくならないため、医療通訳は一生役に立つ経験・スキルになるでしょう。

AI(人工知能)などの進化により、いずれは通訳の仕事自体が必要なくなる可能性もありますが、それはまだ先の話。

医療通訳は間違いなく将来性がある職種だと言えます。

医療通訳への適性を手軽に診断する方法

自分に医療通訳が向いているか今すぐ診断しませんか?

医療通訳への適性を今すぐ診断したい求職者は、リクナビNEXTのグッドポイント診断を利用しましょう。

簡単な質問に答えるだけで自分の強みが見つかる本格診断サービスで、時間もお金もかけずに仕事の向き不向きの適性をチェックできます

医療通訳の適性検査(※会員登録完了後に診断できます)

業界最大手の「RECRUIT」が開発しているため、診断結果の精度も信頼性も抜群

あなたのグッドポイントを企業にアピールできれば、確実に転職成功率がUPします。

\無料で手軽に適性がわかる!/

グッドポイント診断の手順は非常に簡単です。

診断をスタートすると出題される質問に順番に回答していくだけ。

スムーズに答えれば15分程度であなたならではの5つの強みが分かります。

医療通訳の適性検査

例えば「独創性」や「柔軟性」に長けていると診断された人は、新しいものを創り出すクリエイティブな仕事や新たなアイディアを出す企画職に向いているでしょう。

正確さや理解力、親身に話を聞くコミュニケーション能力が重視される医療通訳は「慎重性」や「受容力」「社交性」や「親密性」に長けている人にピッタリの仕事と言えます。

たった数分で適性が見えてくるので、自分に医療通訳が向いているか知りたい人はさっそくチェックしてみましょう。

\無料で簡単に診断できる!/
リクナビNEXTの求人数は約4万件。診断後にはそのままマッチする求人を探せるのでスピーディー。
    【適性診断の開始手順】
    ※会員登録が完了すると無料で利用できます

  1. リクナビNEXTに会員登録
  2. 医療通訳の適性検査

  3. 診断ページへ
  4. 医療通訳の適性検査

  5. 診断スタート
  6. 医療通訳の適性検査

適性診断の詳しい手順はこちら→

    グッドポイント診断のメリット

  • リクナビNEXT会員限定で本格診断が無料
  • どこでも手軽に診断可
  • 自分の強みを客観的に把握できる
  • 診断結果は求人応募時に添付OK
  • 自己分析の負担が軽減され転職効率アップ
リクナビNEXT

求人数4万件超!利用満足度No.1
日本最大級の求人データベースから検索可能&AIが最適な求人をレコメンドする転職サイト。
本格診断サービス「グッドポイント診断」で自分の適性を把握できる。

【公式サイト】https://next.rikunabi.com/
登録は5分で完了!

医療通訳への転職を転職エージェントの活用で効率化

一人でできる転職活動には限界があり、自分一人での作業が多いのは否めません。

転職エージェントは転職活動の手間のかかる作業をすべて代行してくれる存在です。

    転職エージェントのサポート内容

  1. 求人の検索、紹介、応募、推薦
  2. 応募書類の添削
  3. 面接日程の調節、面接対策
  4. 採用条件、給与、配属先、ポジションなど企業との交渉
  5. 契約書や入社関連の手続き、入社日のすり合わせ

転職エージェントを利用すれば面接の本番以外で企業と直接やり取りする機会はほぼ0。

転職エージェントは企業との繋がりも深く自分一人だけでは知りえない企業の内部情報まで知れる場合もあり、医療通訳のニーズを最大限活かした転職が可能

企業とのミスマッチも未然に防げます。

転職活動は転職エージェントを活用した方が確実に効率的です。


医療通訳への転職を有利にする転職エージェント

転職エージェントによって特性やサポートの質、得意な求人は異なるため、自分に合う転職エージェントを選んで効率的に転職活動を進めましょう。

公式サイトから各転職エージェントの転職支援サービスに申し込み後、キャリアコンサルタントと面談すると様々な転職サポートが受けられます。

登録・利用はすべて無料です。

転職エージェントは複数併用すると転職活動がより円滑に進みます。
リクルートエージェント マイナビエージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 20代~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 20代、第二新卒、1~3回目の転職者
支援実績 採用成功実績は41万人超 20代の信頼No.1を獲得
通訳・翻訳の求人数 100件以上 約60件
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
サポートが◎
中小企業に特化
独占求人も多い
簡単登録
(無料)


doda パソナキャリア
転職エージェント
主な年齢層 20~30代 25~35歳
主なサポート対象者 全転職者、女性にも好評 東名阪のハイクラス層、女性
支援実績 業界30年の採用成功実績 顧客満足度調査1位
通訳・翻訳の求人数 約60件 50件以上
特徴 求人約10万件
非公開多数
丁寧なサポート
年収UP率67%
大都市圏の求人が豊富
簡単登録
(無料)


市場価値を把握して医療通訳への転職を確実に

自分の市場価値が分かる「ミイダス」

医療通訳の適性検査2(※会員登録完了後に自動で市場価値を算出)

ミイダスは、あなたの本当の価値を“見いだす”効率的な転職活動ができるアプリです。

簡単な質問に答えるだけで想定年収が算出され、自分の今の市場価値がわかります。

すぐに優良企業140,000社にあなたの経歴が公開され、あなたを必要としている企業からオファーが届くシステムです。

    ミイダスのメリット

  • 家で手軽に適性診断可
  • 5分程度かつ無料で市場価値がわかる
  • スマホだけで企業からオファーが届く体制に
  • オファーが届いた時点で面接確約
  • 求人を探す手間が省けて転職の負担を軽減

適性診断の開始手順はこちら→

ミイダス

自分のキャリアを見いだす適性診断ができるアプリ。社会人だけでなくニートでも想定年収が算出され、客観的に自分の市場価値がわかる。
オファーはすべて面接確約で転職活動が効率的。

【公式サイト】https://miidas.jp/
市場価値を5分で算出!

医療通訳への転職を効率良く成功させよう

医療通訳は来院者への適切な治療のために、文化や言語、宗教の違いを理解しつつ他の業界の通訳以上の正確さが求められます。

英語や中国語のスキルとともに、医療事務や医療秘書の経験もあれば転職に有利です。

上記サービスを上手に活用して、効率良く医療通訳への転職を成功させましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事