最終更新日:

メンテナンスに徹する医療機器サービスエンジニアとは?

メンテナンスに徹する医療機器サービスエンジニアとは?

医療機器を病院などの医療機関へ納品したあとに活躍をする医療機器サービスエンジニアとは、具体的にどのような仕事をする人なのでしょうか。

名前は知っていても具体的にどんな仕事をしているのかわからないという人のために、仕事内容やなるための経験や資格などを紹介していきます。

併せて平均的な年収や将来性についても解説していくので、興味のある人は参考にしてみてください。

医療機器サービスエンジニアはどんな仕事をしているのか?

医療機器サービスエンジニアは完結に言うと、医療機器のメンテンナンス&保守を行う仕事です。毎日使用するものなので、メンテナンス&保守は欠かせません。人間の命に係わる機械で問題が起こるようなことがあれば、それこそ大問題になってしまいます。重要な仕事である医療機器サービスエンジニアの仕事について見ていきましょう。

医療機器サービスエンジニアの仕事内容

医療機器サービスエンジニアは、手術や検査で使う医療精密機械のメンテナンス&保守を行います。ちなみに、医療機器フィールドエンジニアという職業もありますが、ほぼ同じ仕事内容だと考えても問題ありません。

医療精密機器の導入、設置、点検や保守、修理などをしていくのですが、病院に常駐して行う場合と、要望に応じて現場へ赴き作業をするなど、大きく分けて2種類です。

医療機器サービスエンジニアの役割

患者を治すのは、高い技術を持つ医師によるものですが、実際は医療機器を使用しての治療となるので、医療機器自体の影響が大きいのも事実です。医療機器が正常に使えてこそ、安心して治療が進められます。

心電図やCTスキャンなどの機器が正常に動かなければ、重大な病気を見逃す恐れがあるため、医療機器サービスエンジニアの仕事はとても重要な役割を持っていると言えるでしょう。

手術中に使う医療機器についても、どんなに腕の良い外科医でも、異常のある医療機器を使用すれば、手術の成功率が下がってしまいます。いかに、日頃のメンテナンスや保守が大切かがわかる仕事です。

医療機器を常に正常に機能する状態にさせ、医師による機器を利用する検査・治療に不具合を生じさせないようにするのが役割

医療機器サービスエンジニアの仕事の流れ

常駐の場合
病院内の各医療機器すべてを点検するところからスタートです。異常が見つかった医療機器は即座に修理し、正常に動くまで何度もテストをしていきます。

午後は医師や看護師と情報共有や報告などの打ち合わせがあり、最後は報告書を書いて終了です。

自社から病院へ訪問する場合
朝はミーティングからスタートし、担当の病院へ訪問し、点検や保守を行い、自社へ戻ってから報告書を上げます。

医療機器サービスエンジニアに必要なスキルや経験は何か?

医療機器サービスエンジニアなら、それほど難しいスキルは必要とはしませんが、実際にどのようなスキルや経験が必要なのか見てみましょう。

医療機器サービスエンジニアになるために必要な経験

  • 必須経験なし
  • 高卒/専門学校レベルの電気・機械知識があると有利
  • 自動車整備工場・医療業界の営業経験は有利

必須と言われる必要な経験はないので、未経験でも応募可能な仕事です。あると有利になるくらいなので、とくに重視しなくても大丈夫ですが、高校か専門学校レベルの電気や機械の知識があるといいでしょう。

自動車の整備工場などで働いた経験があると、転職時に有利になることもあります。あとは医療業界での営業経験がある人も歓迎されやすいです。

医療機器サービスエンジニアに求められるスキル・資格

必要なスキルや資格はとくにありませんが、「エックス線作業主任者」の資格保持者が優遇されることもありますが、入社してから資格を取るための支援制度が整っている会社が多いので、資格を持っていないからといって、諦める必要はありません。

英検などの資格も持っていれば優遇されますが、必須ではないです。

知識や資格に関しては、入社後に資格取得の支援制度で蓄えていきましょう。

医療機器サービスエンジニアに向いていない人の特徴

  • 地道な作業が苦手な人
  • 勉強が嫌いな人
  • コミュニケーションが苦手な人

黙々と作業をすることが多いので、地道な作業が苦手な人は向いていません。覚えなければならないことも多いため、勉強が嫌いな人も不向きと言えるでしょう。

顧客と接しながらの仕事となるのでコミュニケーションが苦手な人はあまり向いていないかもしれません。

医療機器サービスエンジニアの年収はいくら?将来性はあるのか?

医療機器サービスエンジニアの場合、年収はどのくらいになるのでしょうか。気になる年収と将来性について解説していきます。

医療機器サービスエンジニアの年収

年代別の平均年収 20代 30代 40代
平均年収 385万円 436万円 486万円

平均的な年収は、20代385万円、30代436万円、40代で486万円となっています。ほかの専門的な知識を要する仕事に比べると少し低くはなりますが、それなりに長く続ければ少しは上がっていくのが救いです。

平均年収ランキング2010 サービスエンジニアの平均年収
参考URL
https://doda.jp/guide/heikin/2010/003_08.html

医療機器サービスエンジニアの将来性について

今後もさまざまな医療機器が開発され、各病院に導入されていくので、この先も需要は高いと言えます。ある程度の専門的な知識を身に付ければ、どこの病院でも必要とされるでしょう。全体的に見て、医療機器サービスエンジニアとしての需要は年々高まっているので、今後もさらに求人が増えていきます。それから、エンジニアとして腕を磨けば、医療業界だけではなくほかの業界でも活躍できるでしょう。


RECOMMEND

関連記事