最終更新日:

医療コーディネーターになりたい!そのための対策方法とは?

医療コーディネーターになりたい!そのための対策方法とは?

病気になるということは、体の不調と同時に心も不調になっていくものです。心の不調は、残念ながら医師では治せません。ここで登場するのが、医療コーディネーターの存在です。

医療コーディネーターは、比較的重い病で悩む人や、その家族の心の支えとなるように親身になって話を聞き、適切なアドバイスをしてあげます。誰にも相談できない悩みでも、医療コーディネーターなら気軽に話ができて、心強い支えとなる場合も多いです。

このように、やりがいのある医療コーディネーターは、現状では少ない人数しかいませんが、少子化や核家族の世情を反映し、今後さらに活躍する場面が増えてくるかもしれません。医療コーディネーターになりたいけれど、どうして良いのかわからないという人に、仕事内容の紹介と対策方法を解説します。

  • 心身ともに疲労している患者へのケアサポートをする
  • 患者だけではなく家族へもしっかりとフォロー
  • 医療コーディネーターは比較的人気の職種であること

医療コーディネーターは具体的に何をするのか?

親身になって相談に乗ってくれるということは理解できましたが、さらに具体的な仕事の流れや役割について見ていきましょう。

医療コーディネーターの知られざる仕事内容

検査結果で重い病気を患ってしまったという人で、家族に相談しにくいという人は意外と多いです。その理由の1つに、心配かけたくないという悩みがあります。初めて重い病気になってしまい、そのあとどうすれば良いのかもわからなくなってしまったという深刻なケースもあるでしょう。

それぞれの悩みを親身になって聞くのが、医療コーディネーターの仕事です。あくまでも相談に乗るのが仕事であって、医師ではないので治療や治療に関する指示は一切出しません

まずは患者の精神的な苦痛を取り除くのがメインで、そこからどうすれば良いのかを一緒になって考えて、導いてあげるというのが一連の仕事です。

病院において医療コーディネーターが果たす役割

病気について、人それぞれ受け止め方や考え方は違います。人によっては、重い病気でもなってしまったものは仕方ないと楽天的に考える人もいれば、もう死ぬしかないと極端に悲観的になる人もいるかもしれません。

それぞれの個性や性格、特徴に合わせて話を聞くことで、医師の手が回らない精神的なサポートを医療コーディネーターが、しっかりとサポートしていくという目的があります。

突然の申告で、家族がとても動揺してしまうこともあり、そのケアもしっかりと行っていくことで、スムーズに治療が進められるようにサポートするのも、医療コーディネーターの役割です。

医療コーディネーターの仕事の流れ

病気で悩んでいる患者と、メールや電話でのやり取りをしながら状況を聞いていきます。そのあと、患者の要望があれば契約です。

病院の待合室で待ち合わせをして、患者と一緒に診察室へ同行し、患者が伝えきれていないことがあれば、医師へ伝えるなど、問題点を明確にできるようにサポートします。

診察後に患者の意見を聞き、問題がなければ手術の手続きを進めますが、不満などがある場合はしっかりと聞いて、ほかの病院を探したり、再度医師に相談するなどのフォローもします。

医療コーディネーターは患者と医師のやり取りを円滑にするための存在です。

医療コーディネーターになりたい人必見!求められる経験や資格とは?


最近なりたいという人が増えている医療コーディネーターですが、気になるのは誰にでもなれるのか、どのような経験やスキルが必要なのかという点ですよね。

そこで、医療コーディネーターになるための資格はあるのか、どのような経験が必要なのかを解説します。

医療コーディネーターに必要な経験

  • 医療コーディネーターの経験
  • WordとExcel

仕事ではWordとExcelを使って仕事をするので、ある程度の仕事で使用した経験が必要です。あとはほとんどの求人で、医療コーディネーターの経験がある人を優遇と記載されていることが多く、未経験者には狭き門となっています。

ただし、なかには未経験でも不問としているところがあり、若くして経験を積んでいきたいという意欲のある人なら問題ないかもしれませんね。

医療コーディネーターに求められるスキルや資格

パソコンスキルは普通で問題ありませんが、問われる資格に看護師か、薬剤師が入っている求人があります

未経験者には狭き門となっている医療コーディネーターですから、業種未経験の人は看護師の資格を取ったうえで、医療コーディネーターの養成コースを受講するのがおすすめです。

医療コーディネーターに向いていない人の特徴

  • せっかちで短気な人
  • 思いやりのない冷たい性格の人
  • 話したい欲求が強い人
  • 威圧的な人、きつい口調で話す人

せっかちで短気な人や思いやりのない冷たい性格の人は、ただでさえショックな出来事を受けた人に対して傷付けるような発言をする危険性があるため、医療コーディネーターにはなれません。

人の話を聞くよりも、話したい欲求が強い人も向いていないでしょう。威圧的な人、きつい口調で話す人も向いていません。

精神的にまいっている相手の悩みや考えを引き出すために、相手のペースで話をすることが求められます。

医療コーディネーターの給与はいくら?将来性はあるのか?

ひそかな人気の医療コーディネーターはいくらもらっているのでしょうか?気になる給与や、将来性についても見ていきましょう。

医療コーディネーターの報酬

正社員で250万円~300万円と少なめの給与となっています。夜間勤務もあるので、少し低く感じるかもしれませんね。

あとはフリーランスで個別に契約し、相談料金をもらうケースです。こちらは契約数が多ければ多いほど、収入が増えていきます。

今後医療コーディネーターはどうなっていくのか?

医師ではとても手が回らないという点を考えると、今後も医療コーディネーターの存在は必要となっていくはずです。必要とする患者数は減ったとしても、医療コーディネーター過多とならない限りは需要があるでしょう。


RECOMMEND

関連記事