最終更新日:

医療コーディネーターになるには?必要な資格や仕事内容を知り転職成功

医療コーディネーターになるには?必要な資格や仕事内容を知り転職成功

「医療コーディネーターって何をする仕事?」
「医療コーディネーターになるには?」

医療コーディネーターの仕事内容や資格取得の方法が分からず、目指すか迷う方も少なくありません。

医療コーディネーターは、患者と医者の間に立ち、治療に関する質疑応答や、希望に近い治療方法を紹介する職業です。

今回は、医療コーディネーターの仕事内容や向いている人の特徴、資格取得後におすすめの転職サービスについて解説します。

医療コーディネーターをこれから目指す方はぜひ最後までご覧ください。

医療コーディネーターとは

そもそも医療コーディネーターってどういう職業だろう…?

医療コーディネーターとは、患者が希望する治療法を受けられるよう医者との間で調整をする仕事です。

患者からの医療全般に対する質疑応答や、患者の不安を医師に伝えるなど第三者的な役割が求められます

医療コーディネーターの業務内容の例
●医療機関への患者紹介や助言
●支払い能力に合わせた診療の助言
●支払能力や保険加入状況の確認
●委員会や勉強会による院内体制強化
●診断書翻訳や英文診断書の確認
●同意書や委任状などの多言語文書が適切に使用されているかの確認

医療コーディネーターは、治療に関する知識だけでなく、保険や国外の患者にも対応できるコミュニケーション能力が必要でしょう。

医療コーディネーターはどこで働く?

医療コーディネーターは、各病院・医療法人にて雇用される働き方が一般的です。

医療コーディネーターの資格取得後は、自分が働きたい場所・条件を考えておくと転職活動が捗るかもしれません。

転職エージェントを使えば、医療コーディネーターの求人を探しやすいわ♥

参照:医療従事者から見た医療コーディネーターの役割と必要性

医療コーディネーターになるには

医療コーディネーターは各医療学会が運営している認定資格です。

受験に必要な資格は運営している学会によって違いますが、医療関係者向けの資格だと言えるでしょう。

医療コーディネーターの資格を取得

医療コーディネーターの資格を取得する流れの一例を紹介するわ♥

セミナーの受講
医療コーディネーターのセミナーを受講し、行動指針や理念について学びます。
資質面接への参加
応募者の医療コーディネーターとしての資質を元に面接を評価。
OJTおよび継続学習
OJTを通じて各々の基準点を満たした方が、医療コーディネーターとして認定されます。
OJTとは、上司が部下に対して、実際の仕事を指導し、知識・技術などを身に付けさせる教育方法。

医療コーディネーター合格後は転職支援

医療コーディネーターの資格を取得後、転職先をどのように探すか分からない方も少なくありません。

転職エージェントを利用すれば、求人探しや雇用条件の交渉などを代行してくれるため、転職活動が初めての方でも成功させられます

転職エージェントのサポート内容
● 求人の検索や紹介
● 応募書類の添削や面接対策
● 面接日程の調節や雇用条件の交渉
● 契約書や入社関連の手続き
● 入社日のすり合わせ

各社の特徴を見比べ、自分に合った転職エージェントを活用しましょう。

リクルートエージェント マイナビエージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 20代~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 20代、第二新卒、1~3回目の転職者
支援実績 採用成功実績は54万人超 20代の満足度
No.1
を獲得
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
サポートが◎
中小企業に特化
IT系にも強い
簡単登録<Br> (無料)
LHH転職エージェント doda
転職エージェント
主な年齢層 20~40代 26歳~35歳
主なサポート対象 全転職者に対応 大卒以上の転職希望者
支援実績 大手優良企業への紹介実績多数 年間転職成功者は1万人以上
特徴 専門分野に精通
IT/外資系に強い
面談を断らない
スカウトサービスあり
丁寧な添削やサポートが好評
簡単登録
(無料)

医療コーディネーターに向く人の特徴

医療コーディネーターに必要なスキル
● 医療の基礎知識
● 医療保険に関する知識
● コミュニケーション能力
● 情報収集能力

医療コーディネーターは、患者が希望する治療を受けられるよう仲介をする職業です。

治療法や適用される保険など、医療行為や事務についての知識が求められるでしょう。

医療コーディネーターは患者や医者との間に立つ第三者的な役割が求められるため、どちらにも信頼を得られるようコミュニケーション能力が大切だと言えます。

患者からの質問に答えられるよう常に医療に関する知識は更新していく必要があります。

医療行為に関する勉強会やセミナー、メディアによる情報収集力も大切でしょう。

医療コーディネーターの仕事内容

医者からの説明を受けた後、どのように判断をすればいいか困る患者も少なくありません。

医療コーディネーターは、患者の価値観に合った治療を実現するためのアドバイスをします。

● 医療コーディネーターの支援例

初回面談(2時間)
治療や病院選択について説明します。
診察同行(30分)
医者との話し合いの場に同行。医者からの情報をかみ砕いて説明します。
転院調整(3時間)
主治医の変更希望や今後の日程を打ち合わせ。
電話相談(20分)
病院での状況確認を家族間で相談します。
電話相談(30分)
医師との調整や術前説明のすり合わせ。
電話相談(30分)
術後の経過や今後の生活について相談します。

患者に出来るだけ合うよう、病院や主治医、治療方法を調整するんだね!

参照:医療コーディネーター●24時間365日相談できる“主治看護師”

医療コーディネーターは転職支援が◎

医療コーディネーターは患者に対して、適切な治療法の提案や医者からの説明を分かりやすいく伝える医療専門職業です。

医療コーディネーターになるためには、各医学会や社団法人が提供している医療コーディネーターに関する講習を受けなければなりません。

資格取得後は転職エージェントを使えば、医療コーディネーターの仕事が探しやすいです。

転職エージェントを上手に活用して、効率良く医療コーディネーターへの転職を成功させましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティーワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、業界・職種が幅広い『doda』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人多数
幅広い業界・職種から希望条件にマッチする求人を紹介可能

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

doda公式へ

求人数20万件超!非公開求人多数!!
こだわり条件にマッチする求人を提供する国内最大級の求人情報・転職サイト

特に営業職に強く、丁寧なサポートとアフターフォローに定評あり。大卒以上の26~35歳関東、関西、東海の求職者向け。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

会員登録時に基本情報や職務経歴まで入力するとスカウト率アップ!
関連記事:転職エージェント23社を徹底比較!自分に合う転職エージェントを選ぶコツ

RECOMMEND

関連記事