最終更新日:

公務員からの転職で「よかった」と思う人は多い?転職の失敗を避けるコツ

公務員からの転職で「よかった」と思う人は多い?転職の失敗を避けるコツ

「”公務員から転職してよかった”と思いたい」
「民間企業への転職はやめるべき?」

事前に公務員から転職する際の注意点失敗しやすいポイントを知っておくと、希望に近い結果を得やすいです。

本記事では公務員から転職してよかったと思う方法や、転職しないほうがよかったと思いやすい人の特徴を解説。

転職で得たい職場の環境やスキルなどがある公務員の方はぜひ参考にしてください。

公務員が転職してよかったと思える基準

公務員が転職して、よかったと思うか後悔するかはその人の選択次第です。

転職活動で自分と向き合い、適性のある仕事を選べば「公務員からの転職をしてよかった」と思える可能性は上がります。

転職活動の際は転職すべきかどうか、転職で自分の希望が叶うか比較・検討してください。

よかったと思える転職を公務員がするコツ

転職したい理由・目標を明確にする

公務員から転職しなければよかったと思う方は、多くの場合「想像していた仕事・職場と違った」と感じます。

転職先を決める前に、転職後の生活リズムや仕事内容など、全てをイメージしてみましょう。

ここで転職後のイメージがあまりできない場合、今の仕事を続けるか別の仕事を探すのをおすすめします。

なぜ転職したいのか、仕事に何を求めるのかを明確にして転職すると「よかった」と思える職場を見つけやすいです。

早めに転職活動をスタートさせる

採用をする企業としては極力長く求職者に働いて欲しいので、若い人材が好まれます。

そのため、異業種・異職種に応募する際は1年でも早く転職活動を始めるのが大事です。

特に、20代のうちに転職活動をスタートさせると、転職成功率が高くなります。

30代以降で公務員から転職する場合は、公務員での経験や転職先で活かせるスキルを具体的にアピールするのが大切です。

転職エージェントを活用

公務員からの転職を成功させたい方は、転職エージェントを活用するのがおすすめ。

転職エージェントは希望に沿った求人紹介や必要書類の添削など、転職活動を幅広くサポートするサービスです。

担当者から一般の転職サイトでは見られない非公開求人も紹介してもらえるので、働きながらスムーズに転職活動を進められます。

公務員が「転職しなければよかった」と感じやすい転職理由

年収を高くしたい

転職後の年収は現職と同等、あるいは現職以上を希望する方が多いでしょう。

しかし、公務員からの転職では同等・それ以上の年収は望めません

2020年の「地方公務員給与実態調査結果の概要」 によると、地方公務員(一般行政職)の平均年収は約659万円

一方で、日本人の平均年収は国税庁企画課が発表した「平成30年分民間給与実態統計調査結果について」によると、約441万円でした。

年収が理由で公務員からの転職を考えている人は、現在の年収と平均的な年収を比較してから決断すると良いでしょう。

人間関係の悪化

公務員に関わらず、人間関係の悪化で転職を考える方は多いです。

人間関係を理由に転職をする場合、民間企業へ転職しても他の人間関係が存在する点には注意してください。

転職先でも人間関係が悪化してしまい、転職しなければよかったと感じる可能性はあります。

まずは今の職場の問題を解決できないか考え、転職する場合は同じ問題を繰り返さないよう対策を練りましょう。

勤務時間を短くしたい

公務員の中には長時間のサービス残業を強いられて転職を考える方もいるでしょう。

しかし、公務員から民間企業の正社員への転職で勤務時間を短くするのは難しいです。

職種によって残業時間は異なりますが、公務員の平均残業時間はおよそ20時間〜25時間

民間企業の平均残業時間は約24時間と言われているため、「残業がなく勤務時間の少ない民間企業」に絞って転職する必要があります。

仕事に飽きた

公務員に限らず、「仕事内容に飽きたから」以外の理由がない状態で転職するのはおすすめできません。

ルーチンワークの多い公務員の仕事は飽きを感じやすいです。

しかし、転職先によっては公務員の時より労働環境が悪化する可能性は否めません。

公務員のほうがよかった、と後悔する可能性がないかよく検討するのをおすすめします。

公務員から転職したほうがよい人の特徴

人脈を広げたい

「人脈を広げたい」と考えている方は、公務員から転職すべきです。

公務員は仕事するうえで関わる方が限られているので、民間企業に勤めている方が人脈を広げやすいです。

特に営業職になると様々な相手とコミュニケーションを取る機会が多くなるでしょう。

「人脈を広げて何をしたいか」「自分は今後どうなりたいか」考えておくと、実りのある経験を得られるはずです。

専門的なスキルを身に付けたい

職種にもよりますが、公務員は異動が多いので専門的なスキルを得にくい傾向にあります。

転職してどんなスキルを身に付けたいのか考えておく重要性は、人脈と同様に高いです。

公務員特有のスキルは他の業種では応用しづらいため、民間企業に転職したい方は早めの転職を検討しましょう。

公務員におすすめの優良転職サービス

公務員から民間企業に転職する場合、自力で条件通りの求人を多く探すのは難しいです。

転職を考えている公務員の方は手厚いサポートを受けられる転職サービスを利用しましょう。

多くの求職者が利用している大手転職サービスを利用すれば、公務員から応募できる求人情報を見られます。

また、20代の方は若手向けの転職エージェントを併用すると転職成功率がグンと上がります。

履歴書や職務経歴書の添削、面接対策、面接日程の調整……、心強いサービスがたくさんあるのよ!

おすすめの大手転職エージェント

リクルート
エージェント
doda
転職エージェント
主な年齢層 20代~30代 26歳~35歳
主なサポート対象 全転職者に対応 大卒以上の転職希望者
支援実績 採用成功実績は54万人超 年間転職成功者は1万人以上
求人数 約20万件 約10万件
求人
対応地域
全地域対応 首都圏・関西圏・東海
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
スカウトサービスあり
丁寧な添削やサポートが好評
簡単登録
(無料)

20代におすすめの転職エージェント

第二新卒エージェントneo 就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 20代 20代
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、新卒 フリーター、既卒、中卒も可
支援実績 1万人を超える採用決定実績 利用者累計10万人超
特徴 5千件の正社員限定求人あり 書類選考なし
優良企業1万社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)

公務員から転職してよかったと思うには転職活動の質が重要

公務員から転職を考えている方は、自分がなぜ転職したいのか、何を仕事に求めるのか見つめ直すのをおすすめします。

転職理由によっては、今の仕事を続ける方が結果的に良い場合もあるかもしれません。

本格的に転職活動をする際は、手厚いサポートを受けられる転職サービスを複数社利用し、自分に合った仕事を探しましょう。

適切なサービスを活用して、希望通りの転職を実現してください!

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人21万件!幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サービス。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターからスカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事