最終更新日:

公務員から転職する時に資格があると有利?後悔しない公務員の転職成功法

公務員から転職する時に資格があると有利?後悔しない転職のコツ

「公務員から転職したいけどスキルはない」
「資格を取ると公務員からの転職に有利?」

公務員から民間企業などに転職を考える際、資格が必要か悩む方は少なくありません。

結論から言えば、公務員の転職に資格は必須ではないですが、志望業界・企業次第では有利に働く可能性があります。

本記事では公務員転職での資格の必要性、公務員が転職で有利になる資格などについて解説。

転職を考えている公務員の方は要チェックの一記事です。

公務員からの転職に資格は必要?

資格よりも経験・スキルが求められる

企業が転職者に求めているのは、資格ではなく経験・スキルです。

実際に転職サイトの求人を見てみると、必須経験の欄に下記のような形で記載があります。

エンジニア
PHP・Javascriptを用いたWebアプリの開発経験
広告プランナー
アナログ・デジタル広告の運用経験

実際の採用において明確に有利なのは実務経験・スキルがある人間です。

もちろん、職種によっては資格が有利に働いたり、無資格者は応募自体が不可能なケースもあるでしょう。

応募したい業界・職種によって資格を取得する必要性は変わるので、注意してください。

資格を取得するメリットはある

  • 応募できる求人が少し増える
  • 書類選考の通過率が上がる

業界で必須ではない資格であっても、取得するメリットは存在します。

転職サイトやエージェントから紹介された求人の応募要件に資格が設定されているケースは少なくありません。

条件が魅力的な企業でも応募できなければ採用される可能性は0%なので、資格の取得が必要になる機会もあるでしょう。

また、書類選考で企業の目に留まるための努力として、資格が有効な場合もあります。

すでに資格を持っている方や、資格取得予定の方は転職サイトなどの登録情報に反映しておきましょう。スカウトによって良い求人を得られる可能性も上げられます。

公務員からの転職で取得すると有利な資格

資格によって転職を少しでも有利に進めるには、転職したい企業・業界で求められる資格を取得するのが重要です。

志望企業でどんなスキル・資格が求められるのか情報収集し、求人情報を確認しましょう。

公務員としての職歴によっては一部試験が免除される資格もあります。

公務員が試験を免除できる資格の例

行政書士
国や地方公共団体の公務員として行政事務を17年以上担当(※中学校卒業程度は20年以上)した者
司法書士
裁判所事務官、裁判所書記官、法務事務官、検察事務官として10年以上勤務し、法務大臣が認定した者

↓行政書士、司法書士を目指す方はこちらの記事もチェック↓

民間企業では汎用的なスキルが重宝

民間企業に転職する場合に、必須ではありませんが「簿記」「TOEIC」などは汎用性が高いスキルでしょう。

独学や通信講座で取得・または学習できる資格も多いため、まずは様々な資格を検討してみてください。

資格がなくても公務員から転職する方法

求人を出すほぼ全ての企業は経験者を求めていますが、公務員からの転職は多くの場合未経験者枠での応募となります。

そのため、経験を問わず「ポテンシャルが高い人なら採用したい」企業を探すのが重要です。

未経験者の場合、資格の有無よりも熱意や今後学んでいく姿勢が求められるでしょう。

経験がない時は作る

実務経験はなくても独自で経験を積んでいる場合、未経験者でもポテンシャルが高いと判断されやすいです。

個人レベルであっても活動さえしていれば、スキルや熱意をアピールできます。

個人レベルの活動例

エンジニア
独学・またはプログラミングスクールでアプリ作成
Webライター
ブログで100記事書き、PV数を管理する
経理事務
ボランティア等で経理事務を手伝う

NPO、一般財団法人などでのボランティア活動は敷居が比較的低いので、希望する業界に関わるボランティアがあれば参加してみましょう。

資格がなくても公務員から転職できるサービス

公務員から民間企業に転職する場合、自力で条件通りの求人を多く探すのは難しいです。

転職を考えている公務員の方は、下記のような手厚いサポートを受けられる転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントは特別な資格がなくても、年齢や希望する勤務地、経験などの条件が合致すれば利用可能です。

転職エージェントのサービス例

  1. 条件に合致する求人探し
  2. 履書や職務経歴書の添削
  3. 面接対策、模擬面接
  4. 面接日程の調整

多くの求職者が利用している大手転職サービスを利用すれば、公務員から応募できる求人情報を見られます。

20代~30代前半の方は若手向け転職エージェント、高収入を目指す方はハイクラス向け転職サービス併用すると転職成功率が上がります

おすすめの大手転職エージェント

リクルート
エージェント
doda
転職エージェント
主な年齢層 20代~30代 26歳~35歳
主なサポート対象 全転職者に対応 大卒以上の転職希望者
支援実績 採用成功実績は54万人超 年間転職成功者は1万人以上
求人数 約20万件 約10万件
求人
対応地域
全地域対応 首都圏・関西圏・東海
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
スカウトサービスあり
丁寧な添削やサポートが好評
簡単登録
(無料)

若手におすすめの転職エージェント

第二新卒エージェントneo 就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 20代 20代
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、新卒 フリーター、既卒、中卒も可
支援実績 1万人を超える採用決定実績 利用者累計10万人超
特徴 5千件の正社員限定求人あり 書類選考なし
優良企業1万社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)

DYM就職 ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~35歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 中退者、フリーター、ニート
支援実績 経験が浅い若年層を積極支援 入社後の定着率91.5%
特徴 優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)

ハイクラス向け転職サービス

リクルートダイレクトスカウト ビズリーチ
転職エージェント
主な年齢層
30~40代
主なサポート対象者 年収600万円以上の転職者 年収500万円以上の転職者
入会審査 なし あり
支援実績 転職時の平均年収900万円 ハイクラスから支持される転職サイトNo.1
特徴 年収800万~2000万円求人を多数保有
一流ヘッドハンター指名可
求人の1/3が年収1000万円超
企業からの面談確約スカウトあり
簡単登録(無料)

公務員からの転職に資格は必須ではない!業界・企業に合わせて選択しよう

公務員からの転職では、多くの場合未経験者としての採用を目指します。

未経験者の採用では本人の熱意やポテンシャルが重視され、特定の業界・企業を目指す場合を除くと資格が必須になるケースは少ないです。

資格を取得するなら、志望する業界・企業に合わせた資格から検討するのをおすすめします。

また、希望に合った転職サービスを複数社併用すると転職できる可能性が上がるでしょう。

最適な選択をして、公務員からの転職を成功させてくださいね!

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事