最終更新日:

公務員は30代でも民間企業に転職可能?公務員からの転職を成功させるコツ

30代公務員から転職はできる?民間企業への転職を成功させるコツ

「30代だと公務員からの転職は無理?」
「今からでも民間企業に転職するべき?

公務員として働いていて、今の仕事を続けるか悩んでいる30代の方は少なくないでしょう。

しかし、やみくもに転職すれば失敗してしまうリスクが高くなります。

本記事では30代が公務員から転職する主な理由や、公務員から転職を成功させるコツを解説。

民間企業に転職したい30代公務員の方はぜひこの記事を参考にしてください。

公務員からの転職で悩む30代は多い

30代は、公務員としても経験を積んできている年齢です。現状や今後を考え、公務員で居続ける自分に違和感を持つ人も少なくありません。

一方、公務員を30代で辞める方は少数派

周囲と違う道を選び、今の安定を手放すべきか悩む方は多いのではないでしょうか。

30代が公務員から転職する理由の例

  1. 責任・労働時間の増加
  2. 自分の将来に疑問を持つ
  3. 異業種への転職は年齢制限も多い

30代になると、主任や係長になり、責任とともに仕事量や労働時間も増えます

また、公務員の場合は今までの経歴や部署によって、出世コースかどうかが明白です。

定年まで同じ役所で働くイメージを持てず、葛藤する場合もあるでしょう。

未経験で一般企業に転職する場合、30代以降は応募要件に含まれないケースも増えてくるため、最後のチャンスとして転職を検討する方もいます。

30代でも公務員からの転職は可能

公務員からの転職は民間での異業種転職とほぼ同じ

公務員は「スキル・専門性」や「利益追求への意識」が一般的な職業に比べて低いと懸念する方もいます。

しかし、そういった点は異業種から未経験で転職する人材全てがぶつかる壁です。

民間企業への転職で「公務員だから不利になる」要素はそれほど多くありません

未経験から転職を志す場合、30代まではどの職種でも平等な目で見る企業が多いです。

「熱意がない」「短期間で辞めそう」…みたいな、職業に関わらないマイナス印象には気を付けるのよ!

若ければ若いほど有利になるのは事実

公務員からの転職は、どの職種であっても基本的に未経験での転職として扱われます。

そのため、企業側は求職者の将来性に期待して採用をしたいと考えているでしょう。

近いスキル・性質を持った20代の求職者がいれば、そちらを採用したいと判断される可能性は高いです。

すぐに転職が決まると考えず、慎重に転職活動を進めるのをおすすめします。

企業が30代に期待する経験

マネジメント経験があれば前面に出す

30代以降で公務員から転職する場合、調整・マネジメント能力が問われます。

熱意だけでなく、実績と共に部署間の調整や折衝などの「相手を動かす」「予定通りに進行する」能力をアピールするのがおすすめです。

積極的に取り組んだ経験をアピール

民間企業は変化や柔軟性を求められる機会も多いです。

前向きに仕事に取り組む姿勢や、会社の方向性に従って動く柔軟性をアピールできる経験があれば、自己PRに盛り込みましょう。

自分の長所が分からない方は、転職者向けの自己診断ツールを利用するのもおすすめです。

【おすすめ診断コンテンツ】
ミイダス(MIIDAS)
リクナビNEXT
診断名称
コンピテンシー診断
パーソナリティ診断
グッドポイント診断
所要時間
25分
15分
30分
質問数
152問
128問
293問
内容
職務適性
上下関係適性
ストレス要因
など
生まれ持った個性・コンディション
慎重性
感受性
親密性
など
診断可能
回数
1回のみ
料金
無料

30代が公務員から転職を成功させる方法

転職理由や希望条件の優先度を整理

書類選考・面接に通過するために、まずは自分の転職理由を明確にしましょう。

また、全くの未経験業界に転職するため、現在の労働条件と同等かそれ以上の求人を探すのは難しいです。

「ここだけは譲れない」と思う点を1つか2つ決め、他は優先度をつけて柔軟に対応する心構えが必要になります。

なるべく若いうちに転職する

未経験の仕事への転職は、若ければ若いほど有利です。

若い求職者はスキル・経験より今後のポテンシャルを優先されるので転職しやすいです。

年齢を重ねるうちに即戦力で使えるスキルを求められるようになり、民間企業の慣習に適応できるか不安を抱かれるケースもあるでしょう。

未経験からの採用をしている求人は、30代を上限にしている企業も少なくありません

転職を検討している30代の方は、早めに決断するのをおすすめします。

転職エージェントを活用する

転職エージェント系のサービスに登録すると、担当者が希望に合う求人を探してくれます。

公務員からの転職でもサポートを受けられるので、民間企業への転職活動に少しでも不安がある方におすすめです。

転職エージェントを利用するメリット
・応募書類の添削、面接練習
・面接日程の調整
・業界情報や企業の内部情報を聞ける
・年収交渉を行なってくれる場合もある

転職エージェントには一般的な転職サイトには掲載されない求人も多いので、登録しておいて損はありません。

公務員から転職する30代が利用したいサービス

公務員から30代で転職する場合、保有する求人数が多い大手転職サービスを利用するのがおすすめです。

また、現在一定の年収がある方はさらなる年収アップを目指せるスカウト型サービスとも相性が良いでしょう。

自分に合った転職サービスを複数社選び、多くの求人を見るのが転職への近道です。

転職エージェントでは担当者と反りが合わない可能性もあるため、担当の交代や複数サービスの併用を選択肢に入れましょう。

全ての30代におすすめ

リクルートエージェント Spring転職エージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~40代 20代~40代
主なサポート対象者
全転職者に対応
支援実績 採用成功実績は54万人超 大手優良企業への紹介実績多数
求人数 約30万件 約1万7000件+非公開求人
特徴 業界最大手求人数No.1
面接対策が充実
専門分野に精通年収UP率59%
IT系に強い
簡単登録(無料)

30代が利用できるスカウト型サービス

リクルートダイレクトスカウト ビズリーチ
転職エージェント
主な年齢層
30~40代
主なサポート対象者 年収600万円以上の転職者 年収500万円以上の転職者
入会審査 なし あり
支援実績 転職時の平均年収900万円 ハイクラスから支持される転職サイトNo.1
特徴 年収800万~2000万円求人を多数保有
一流ヘッドハンター指名可
求人の1/3が年収1000万円超
企業からの面談確約スカウトあり
簡単登録(無料)

30代は適切なサービスを利用すれば民間企業への転職が可能

公務員から転職する場合、多くの企業では未経験者として扱われるため、20代と比べると30代が不利になるのは否めません。

しかし、自分に合ったサービスを利用すれば、30代を採用したいと考えている企業を見つけるのは可能です。

年齢を重ねるごとに他の職種への転職は難しくなっていくので、本気で転職を検討している方は早めの行動をおすすめします

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事