最終更新日:

公務員から民間企業へ転職して後悔する人の特徴とは?後悔しない転職のコツ

公務員から民間企業へ転職して後悔する人の特徴とは?後悔しない転職のコツ

「公務員から転職しようか迷っている」
「転職に後悔したくないけど、今の仕事に不満がある…」

公務員から民間企業へ転職して、後悔しないか不安に思っている方は少なくありません。

事前に注意点を知り、後悔しない転職を実現できる算段を付けてから行動すれば、リスクは最小限になるでしょう。

本記事では公務員からの転職で後悔するケースや、転職で後悔しないために知っておきたい知識について解説します。

公務員から転職すべきか迷っている方はぜひこの記事を参考にしてください。

公務員からの転職時に後悔する人は多い?

世論では「安定している」とされる公務員ですが、公務員の労働環境が必ずしも一般職より良いわけではありません。

職種や勤務地、職場の人間関係などによって受けるストレスや耐性は大きく違います。

転職したことを後悔するか、転職してよかったと思うかは今の職場や本人の適性次第です。

本気で転職を検討している方や、現在過労、人間関係の問題など職場の環境について悩んでいる方は転職または休職・退職を視野に動きましょう。

公務員の離職率は低い

公務員の離職率はおよそ1~5%で、民間企業(10~20%)に比べると格段に低い数字となっています。

さらに新卒採用の場合、民間企業であれば3年以内の離職率は高卒者が40.8%、大卒者で32.2%です。

総務省「地方公務員の退職等状況調査」
厚生労働省「新規学卒者の離職状況」

公務員から民間企業へ転職する場合、全く同じ境遇の方はそれほど多くありません。

「別業種で働きたい」「スキルを磨きたい」「裁量権のある仕事をしたい」など、自身の目的を持って転職活動を進めるとよいでしょう。

転職で後悔したら公務員に戻れる?

転職をしてから後悔して、公務員に戻りたいと思っても年齢制限で戻れなくなるリスクが大きいでしょう。

公務員試験さえパスすれば過去の経験は問われないケースも多いですが、試験自体の年齢制限には注意が必要です。

多くの場合、公務員試験は30歳(一部35歳の場合もある)が上限

職種によって例外はありますが、元の職業に戻れなくなる可能性は考えておきましょう。

職場に問題があるだけで公務員の仕事が嫌ではない場合、まずは転職ではなく部署異動の願い出をおすすめします。

公務員からの転職で後悔しないための予備知識

一般職とはマネジメント経験の評価に差が出やすい

民間企業の場合、特に経営層には「公務員は役に立たない」と偏見を持つ人が残念ながら一定数います。

偏見がある相手から採用されるのは難しく、偏見がない経営者からも、自社の社風に合うかどうかは慎重に判断されるでしょう。

特に30代以上の求職者が管理職として働く場合、マネジメント能力については厳しく見られます。

民間企業では管理職の業務範囲が広く、同じ経験年数でも公務員より高く評価されるケースが少なくありません。

そういった評価を乗り越えるには、職務経歴書や面接での自己アピールで自分の能力を余さず伝えるのが大切です。

35歳以上は転職難易度が上がる

どの業種であっても、35歳を過ぎると異業種、未経験での転職はかなり難しくなります

公務員の場合、高い能力や綿密な計画性がないと民間企業への後悔しない転職は不可能と言っていいでしょう。

35歳以上の方は安定性より転職を優先するのかよく考えて決断するのをおすすめします。

資格保持者・特殊業務の公務員は転職に有利

公務員の中でも特定の資格・経験を持っている方であれば、スキルを活かせる職種で有利な転職が可能です。

資格を活かした転職の例

警察官
民間警備会社
医療機関職員
医師、看護師
労働基準監督署職員
人事労務、社会保険労務士事務所
教員
塾講師

ただし、転職しても待遇がよくなる保証はなく、給料が下がるケースは多いでしょう。

非常に高いスキルを持ち、民間企業から好待遇を確約されている状態でなければステップアップにはつながらない可能性が高いです。

公務員として働きたくないだけで業務の方向性は同じが良い、時間に融通が利く職場を探したい方は選択肢の一つになるかもしれません。

公務員から転職して後悔しやすい人の特徴

転職理由が曖昧

「なんとなく今の仕事が嫌」「人間関係をリセットしたい」など、曖昧な理由だけで転職をすると、後悔する可能性が高いです。

民間企業でも人間関係の問題はつきもので、労働環境も職場によって異なります。

転職の目的や、どんなキャリアを形成したいか事前に考えてから行動しましょう。

公務員への適性が高い

民間企業では上司に判断を仰ぐだけでなく、自分で情報を集め、判断する機会が多いです。

計画から実行まで関わり、仕事への裁量を持てる分、責任が大きくなります。

そのため、公務員としてのルーチンワークが好きな方は、民間企業への転職を後悔する可能性が高いでしょう。

公務員が後悔しないための転職サービス

公務員から民間企業に転職する多くの方は、業種・職種未経験での転職活動を行ないます。

様々な未経験者向け求人を比較検討するには、幅広い求職者に対応できる転職エージェントを活用しましょう。

20~30代の方は若手向け転職エージェント、高年収を目指したい方はハイクラス向け転職サービスがおすすめです。

転職サイトだけを利用して自力で求人を探す場合、見られる求人が少なくなってしまう点には注意が必要です。

大手転職サービス

リクルート
エージェント
doda
転職エージェント
主な年齢層 20代~30代 26歳~35歳
主なサポート対象 全転職者に対応 大卒以上の転職希望者
支援実績 採用成功実績は54万人超 年間転職成功者は1万人以上
求人
対応地域
全地域対応 首都圏・関西圏・東海
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
スカウトサービスあり
丁寧な添削やサポートが好評
簡単登録
(無料)

若手におすすめの転職エージェント

マイナビエージェント DYM就職
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 18~35歳
主なサポート対象者 第二新卒、1~3回目の転職者 第二新卒、既卒、女性もOK
特徴 サポートが◎
中小企業に特化
IT系にも強い
20代信頼No.1
優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
面接対策も充実
簡単登録
(無料)

30代が利用できるスカウト型サービス

リクルートダイレクトスカウト ビズリーチ
転職エージェント
主な年齢層
30~40代
主なサポート対象者 年収600万円以上の転職者 年収500万円以上の転職者
入会審査 なし あり
支援実績 転職時の平均年収900万円 ハイクラスから支持される転職サイトNo.1
特徴 年収800万~2000万円求人を多数保有
一流ヘッドハンター指名可
求人の1/3が年収1000万円超
企業からの面談確約スカウトあり
簡単登録(無料)

公務員からの転職で後悔しないためには目的意識が重要

公務員から民間企業に転職する場合、年齢・職種にもよりますが元の職業に戻れない可能性は高いでしょう。

しかし、35歳を超えると未経験の職種・業種での転職が難しくなるのも事実。

本気で転職を検討している方はなぜ転職したいのか、何を仕事に求めているのか、自分の中で整理を付けるのをおすすめします。

転職の際は全て自力でこなすのではなく、サポートを受けられるサービスを複数社利用するとスムーズに転職活動が進むでしょう。

自分に合ったサービスを活用して、後悔のない転職を実現してください!

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事