最終更新日:

【公務員から転職】志望動機はどう書く?転職が成功する志望動機の考え方

【公務員から転職】志望動機はどう書く?転職が成功する志望動機の考え方

「公務員から転職したい」
「民間企業で好印象を与える志望動機とは?」

公務員から民間企業に転職する際、どのような志望動機・転職理由を伝えるべきか迷っていますか?

本記事では公務員の強みを活かす志望動機、書いてはいけない志望動機などについて解説。

公務員からの転職で書類選考・面接の通過率を上げたい方は必読の一記事です。

公務員から転職する場合の志望動機とは?

なぜその企業に転職したいのか、どこに魅力を感じたのかを企業に伝えるのが志望動機です。

多くの企業は書類選考・面接の志望動機で熱意や貢献する意思を見ています

  1. なぜ転職したいのか
  2. なぜこの会社を選んだのか
  3. 入社後は何ができるのか

上記3点は必ず志望動機に盛り込んでおくのが、選考に通過する第一歩です。

スキルを活かせる理由付けも重要

民間企業への転職では、今の経験・スキルが活かせる仕事かどうかも重要です。

  • 税金を扱う部署にいたので、経理職をやりたい
  • 人事の仕事をやっていたので、人事や総務の職業に就きたい

上記のような経緯があれば、公務員であっても今までの経験を活かした志望動機が考えられるはずです。

まったくの異業種へ転職する場合も、理由付けを考えて志望動機に盛り込みましょう。

公務員の志望動機で企業が見るポイント

長期的に勤務できる人材か

民間企業は利益を追求し、給料(人件費)以上の成果を求める組織です。

採用活動は企業側にとって高いコストがかかる行為なので、なるべく長く自社で働いてもらえる人を採用したいと考えています。

キャリアプランが企業と合致しているか、志望動機・転職理由などから見られるので留意しておきましょう。

自社に貢献してくれるか

当然ですが、採用後企業にどれだけ貢献できる人材かは、民間企業への転職で重要です。

志望動機で示した強みをこの企業で発揮できるか、企業側から見て魅力的に感じられるか、見つめ直してみて下さい。

公務員からの転職で志望動機を考えるコツ

自分の経験・スキルをアピール

公務員の方は多くの場合、なんらかの調整業務をこなした経験があるはずです。

その場合「大人数での会議体を企画・運営した経験」としてアピール材料になるでしょう。

Webサイト更新や改善業務、経理作業、対外交渉など民間企業に活かせる経験は多いです。

公務員での経験を結び付けるのが、最も簡単な志望動機の作り方でしょう。

チャレンジ精神をアピール

公務員は税金を使って仕事をするため、自分の意思を通しづらいケースがほとんどです。

それに対して、民間では様々な業務に挑戦できる環境がある企業も多いでしょう。

前向きにチャレンジする気持ちを志望動機・転職理由で示すと好印象を与えやすいです。

公務員からの転職でNGな志望動機

応募先を選んだ理由を述べるのが志望動機の基本的な作り方です。

しかし、ネガティブな内容を出しすぎると逆効果になるので注意してください。

NGな志望動機の例は下記の通りです。

  1. 公務員の仕事が嫌
  2. 人間関係への不満
  3. 給料面などの待遇

公務員の仕事が嫌

志望動機だけにとどまらず面接の際にも気をつけると良いのですが、公務員の悪い点を口にするのは避けましょう。

  • 長時間労働で自分の時間が持てない
  • 自分の権限でできる仕事が少なかった

上記のようなマイナスな内容を志望動機に書くと、求職者の人間性にも悪い印象が付きやすくなります

これからの志望企業で自分ができる仕事について目を向け、前向きな志望動機を考えると良いでしょう。

人間関係への不満

人間関係への不満を志望動機にするのもあまり良くない手段です。

公務員の場合、特に人間関係の悩みは異動で解決するかもしれない問題だと受け取られるのでマイナス印象を与えやすいでしょう。

給料面などの待遇

給料や駅からのアクセスなど、前職の待遇・職場環境の悪さを理由にすると「前職の悪口を言っている」ととられやすいです。

また、条件面だけで企業を選んでいる印象もついてしまうので、仕事内容に関係のない部分を志望動機とするのは避けましょう。

志望動機に不安がある公務員向けの転職サービス

公務員から民間企業を目指す場合、自力での転職活動は難航しやすい傾向にあります。

そのため、志望動機や職務経歴、スキルの整理などをサポートしてくれる転職エージェントを利用するのが効率的です。

転職エージェントのサポート例

  1. 求人情報の紹介
  2. 職務経歴書、履歴書の添削
  3. 面接練習・フィードバック
  4. 内定後の条件交渉

まずは多くの求職者に対応できる大手転職サービスを利用し、20代・30代前半の方は若手向けの転職エージェントを併用しましょう。

高年収を希望する方は、ハイクラス向けのスカウトサービスを利用するのがおすすめです。

おすすめの大手転職エージェント

リクルート
エージェント
doda
転職エージェント
主な年齢層 20代~30代 26歳~35歳
主なサポート対象 全転職者に対応 大卒以上の転職希望者
支援実績 採用成功実績は54万人超 年間転職成功者は1万人以上
求人数 約20万件 約10万件
求人
対応地域
全地域対応 首都圏・関西圏・東海
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
スカウトサービスあり
丁寧な添削やサポートが好評
簡単登録
(無料)

20代公務員におすすめ

第二新卒エージェントneo 就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 20代 20代
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、新卒 フリーター、既卒、中卒も可
支援実績 1万人を超える採用決定実績 利用者累計10万人超
特徴 5千件の正社員限定求人あり 書類選考なし
優良企業1万社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)

高年収が望めるスカウト型サービス

リクルートダイレクトスカウト ビズリーチ
転職エージェント
主な年齢層
30~40代
主なサポート対象者 年収600万円以上の転職者 年収500万円以上の転職者
入会審査 なし あり
支援実績 転職時の平均年収900万円 ハイクラスから支持される転職サイトNo.1
特徴 年収800万~2000万円求人を多数保有
一流ヘッドハンター指名可
求人の1/3が年収1000万円超
企業からの面談確約スカウトあり
簡単登録(無料)

公務員からの転職を成功させるには志望動機が大切!

前職から新しい企業に転職する理由や、どういった貢献ができるかを伝える「志望動機」。

多くの職場では未経験者としての転職になる公務員は、志望動機や転職理由から自分の熱意・強みを伝える必要があります。

自力で志望動機を考えるのが難しいと感じる方は、転職エージェントを利用して書類添削・面接対策などのサポートを受けましょう。

適切なサービスを活用して、希望に近い転職を実現してくださいね。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事