最終更新日:

公務員からの転職はサイト・エージェントどちらが最適?転職に成功するコツ

公務員からの転職はサイト・エージェントどちらが最適?転職に成功するコツ

「公務員から転職をするなら、転職サイトと転職エージェントどちらを使うべき?」
「転職を実現できるサービスを探したい」

上記のように悩み、転職活動をどう進めるか迷っている方は少なくないでしょう。

公務員からの転職は業種・職種未経験となるケースが多いため、サービス選びは重要です。

本記事では公務員には転職サイト・エージェントどちらがおすすめなのか、サービス選びのコツなどを解説します。

公務員からの転職を真剣に考えている方は必読の一記事です。

公務員からの転職にはサイト・エージェントどちらがおすすめ?

転職サイト・転職エージェントにはそれぞれの強みや傾向があります。

転職サイトのメリット
● 多数の求人情報から自由に応募できる
自分のペースで転職活動を進めたい方向け
転職エージェントのメリット
● 担当者から転職全般に関するサポートを受けられる
● 非公開求人に応募できる
確実に転職を成功させたい方向け

公務員から短期間で転職する場合は、手厚いサポートを受けられる転職エージェントの利用をおすすめします。

転職サイトの特徴

転職サイトとは、多数の求人情報が閲覧し、その中から自由に応募できるサービスです。

公務員としての仕事が忙しい中でも自分のペースで転職活動ができる点がメリットでしょう。

ただし、求人応募、書類作成、面接の日程調整などを全て自力でやる必要がある点はデメリットとなります。

転職は選択肢の一つとして考えていて、まずは情報収集をしたい公務員の方や、まだ転職を急いでいない公務員の方におすすめです。

転職エージェントの特徴

専属の担当者がつき、条件に合う求人探しや応募、面接日程の調整などの作業を代行するサービスが転職エージェントです。

履歴書・職務経歴書の作成や面接対策などもサポートしてもらえるので、転職慣れしていない公務員の方にもおすすめできます。

通常の転職サイトや企業ホームページからの募集では見られない非公開求人を取り扱っている転職エージェントも多いため、利用しておいて損はありません。

デメリットとしては、転職エージェントと二人三脚で転職活動を進めていくため、担当者との相性によってサービスの質が変わる点です。

担当者の変更は多くの転職エージェントで可能なので、相性が合わない時は遠慮なく変更の申し出を行なってください。

公務員が転職サイト・エージェントを選ぶコツ

転職サイト・エージェントは複数登録

転職サイトや転職エージェントには各社の特色があり、一社だけで理想的な求人を探し当てるには運が必要です。

そのため、3社以上のサービスを併用して自分に合う所を見つけながら転職活動を進めるのがおすすめ。

各社の非公開求人やサービス限定の求人を確認できるので、情報を得たい方にとってもメリットが大きいでしょう。

転職サイトだけを利用して自力で求人を探す場合、見られる求人が少なくなってしまう点には注意が必要です。

迷った時は大手サービスを利用する

公務員から実際に民間企業に転職する方の数はそれほど多くないため、完璧なサポートを受けるのが難しいケースも考えられます。

大手転職サービスには多くの求職者と接してきたノウハウがあるため、まずは大手から利用を検討していくのが良いでしょう。

求人情報を見て、ある程度希望する業界・職種や条件が定まってから特定の業界に強い中小の転職サービスを利用すると効率的です。

特にdoda転職サイト・エージェント両方の使い方ができる転職サービスなので、どちらを利用するか迷っている方におすすめできます。

公務員向けの転職エージェント活用法

大手転職エージェントを中心に活用

公務員から民間企業への転職は未経験業種・職種への転職となります。

大手の転職エージェントは取り扱い求人が多いのが強みで、様々な業種・職種への転職に対応可能です。

まずは大手サービスを利用して、足りない部分を中小規模のサービスで補いましょう。

おすすめの大手転職エージェント

リクルート
エージェント
doda
転職エージェント
主な年齢層 20代~30代 26歳~35歳
主なサポート対象 全転職者に対応 大卒以上の転職希望者
支援実績 採用成功実績は54万人超 年間転職成功者は1万人以上
求人
対応地域
全地域対応 首都圏・関西圏・東海
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
スカウトサービスあり
丁寧な添削やサポートが好評
簡単登録
(無料)

20~30代は若手向けの転職エージェントも有用

20~30代公務員の方には、若手に特化した転職エージェントの活用もおすすめします。

若手に特化した転職エージェントには、業種・職種未経験歓迎の正社員求人が多いです。

ただし、年収は公務員の水準より下がる傾向にある点には注意しましょう。

おすすめの若手向け転職エージェント

マイナビエージェント DYM就職
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 18~35歳
主なサポート対象者 第二新卒、1~3回目の転職者 第二新卒、既卒、女性もOK
特徴 サポートが◎
中小企業に特化
IT系にも強い
20代信頼No.1
優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
面接対策も充実
簡単登録
(無料)

公務員におすすめの転職サイト4選

年収を上げたいならハイクラス向け転職サイト

公務員からの転職で年収が下がるデメリットを回避したい方は、ハイクラス向けのスカウト型転職サービスがおすすめです。

ヘッドハンターからのスカウトで求人が紹介され、厳選された高収入求人を確認できます。

各サービスには年収制限や入会審査が存在するので全ての方が利用できるわけではありませんが、条件に合致する方は利用しましょう。

おすすめのスカウト型転職サービス

リクルートダイレクトスカウト ビズリーチ
転職サイト
主な年齢層
30~40代
主なサポート対象者 年収600万円以上の転職者 年収500万円以上の転職者
入会審査 なし あり
支援実績 転職時の平均年収900万円 ハイクラスから支持される転職サイトNo.1
特徴 年収800万~2000万円求人を多数保有
一流ヘッドハンター指名可
求人の1/3が年収1000万円超
企業からの面談確約スカウトあり
簡単登録(無料)

自己分析を深めたいなら診断が豊富な転職サイト

転職サイトの中には転職活動での自己分析に役立つ診断ツールが豊富なサービスがあります。

これから自己分析を深めたい方や、将来的に転職したいと考えている方はまず下記の転職サービスに登録してみましょう。

【おすすめ診断コンテンツ】
ミイダス(MIIDAS)
リクナビNEXT
診断名称
コンピテンシー診断
パーソナリティ診断
グッドポイント診断
所要時間
25分
15分
30分
質問数
152問
128問
293問
内容
職務適性
上下関係適性
ストレス要因
など
生まれ持った個性・コンディション
慎重性
感受性
親密性
など
診断可能
回数
1回のみ
料金
無料

公務員からの転職には複数サイト・エージェントの併用がおすすめ

公務員から転職をする場合、未経験でも応募可能な求人を探す必要があります。

より多くの求人情報を確認するため、複数社のサービスを併用するのがおすすめです。

また、公務員からの転職には転職エージェントを中心にした転職活動が向いています。

転職サイトだけを利用するデメリット

  1. 非公開求人を見られない
  2. 全ての転職活動を自力で行なう必要がある
  3. 転職活動に時間がかかりやすい

短期間での転職を実現したい方は、転職サイトをサブで併用しながら自分に合ったサービスを選択しましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事