最終更新日:

警察官から転職するのは難しい?警察官が後悔しない転職を実現する方法

警察官から転職するのは難しい?警察官が後悔しない転職を実現する方法

「警察官を辞めたい……」
「警察官から一般企業への転職はできる?」

警察官として働いていて、今の仕事を辞めたいと悩む方は一定数いらっしゃります。

個人の状況にもよりますが、基本的に警察官から転職するのは難しい話ではありません

本記事では警察官が転職したくなる理由や警察官におすすめの転職先について解説します。

転職を本気で検討している警察官の方は要チェックの一記事です!

警察官からの転職は難しい?

一昔前は、30歳を超えると警察官からの転職が難しくなるとされていました。

警察官は事件や事故などによる拘束時間が長いため、転職活動できる時間が限られてくるのは事実です。

しかし、人手不足の業界や警察官としての経験を活かせる職種を選べば、警察官以外への転職自体は難しくありません。

↓自分の適性を知りたい方は下の記事をチェック↓

警察官に選ばれやすい転職先

警察官から転職しやすい職業の例として、下記のような仕事が挙げられます。

警備員
見回りや点検などが主で、警察官の仕事とも共通点が多いため経歴を活かせます。
トラックドライバー
トラックドライバーは1人で過ごす時間が多く、人間関係のトラブルを避けやすいです。また、地元密着型の運送会社に転職すると、パトロールで得た土地勘が活かせます。
市役所等の職員
デスクワークが好きな方に向いています。警察官と同じく公務員のため、比較的職場に馴染みやすいです。
営業職
業界未経験でも採用されやすく、体力・精神力を求められます。警察官として鍛えてきた心身が役立つ場面も多いでしょう。

給与面や心身への負担、業務内容などを鑑みて、自分に合った職業選択を検討しましょう。

警察官の離職は25歳以下が最も多い

総務省が発表した「令和元年度 地方公務員の退職状況等調査」の調査結果では定年退職者、勧奨退職、懲戒免職などを除いた「普通退職者」は3,893人(39.6%)でした。

さらに、普通退職者のうち1509人(51.9%)が25歳未満で、他の年代よりも退職者が多いのが見て取れます。

総務省「令和元年度 地方公務員の退職状況等調査」

若い世代であればあるほど未経験の仕事へ転職しやすいため、警察官を辞めたい方は早めに決断するのも手でしょう。

警察官から転職する主な理由

拘束時間が長い

警察官の勤務形態は「交替勤務制」と「毎日勤務制」の2種類。交替勤務制は非番の日、毎日勤務制は土日祝日が休みです。

しかし、事件や事故などが発生して勤務時間の通りに帰宅できない日や、休みなのに働かなければならなくなる日もあるでしょう。

事件解決後の後処理や手続きにも時間がかかるため、拘束時間が長くなるのが実情。

勤務体系や拘束時間に不満を感じ、辞めたいと考える警察官の方は多いです。

理想との差が大きい

警察官の仕事では、職場の上下関係やキャリア・ノンキャリアの格差に直面する機会もあるでしょう。

理想と現実のギャップだけでなく、「仕事量が多い割に給料が安い」給与面のギャップも挙げられます。

また、事件や事故の処理にあたり、凄惨な現場を目にする機会も多いです。精神的に疲弊してしまう方は少なくありません。

家庭を優先したい

事件や事故の発生状況に左右され、休日も働く必要が出てくる警察官は、必然的にプライベートの時間が少なくなります

約束を反故にしたり予定の変更が相次いだりして、家族との関係が悪化してしまう場合もあるでしょう。

子どもを持つ警察官の場合、家族との時間を優先して転職を考える方も多いようです。

警察官から転職する際の注意点

年収が下がりやすい

警察官は公務員のなかでも比較的給与・年収が高い職業です。

他の仕事に転職した場合、基本的に給与は下がってしまいます

以前のような給与をもらえなくなっても生活が成り立つかどうか、考えておきましょう。

民間企業に適応するには努力が必要

民間企業での勤務経験がない元警察官には、民間企業の営利目的で進めるやり方に馴染めない方もいるでしょう。

警察官時代とは違うルールを覚える必要があり、戸惑うシーンもあるはずです。

新しく気持ちを切り替えて、1からスタートするつもりで働くのをおすすめします。

転職するタイミングに注意

転職活動は、自分のコンディションや体力、時間に余裕がある時に始めましょう。

当直明けなどハードな勤務の後に転職活動をするのはつらく、思った通りの結果を出すのも難しいです。

在職中に転職するか、退職してから転職するか迷う方は、それぞれのメリットを比べて自分に合った選択をしてください。

在職中に転職活動をするメリット
● 収入の心配をしなくて良い
● 企業から安心感を抱かれやすい
退職後に転職活動をするメリット
● 時間に余裕を持てる
● 心身の負担が少ない

警察官から転職したい方におすすめのサービス

警察官から民間企業に転職する方の多くは、業種・職種未経験で転職活動を行ないます。

転職先に迷っている方は幅広い業種・職種に対応できる大手転職サービスを活用しましょう。

また、20~30代の方は若手向け転職エージェント、高年収を目指したい方はハイクラス向け転職サービスがおすすめです。

転職サイトだけを利用して自力で求人を探す場合、見られる求人が少なくなってしまう点には注意が必要です。

大手転職サービス

リクルート
エージェント
doda
転職エージェント
主な年齢層 20代~30代 26歳~35歳
主なサポート対象 全転職者に対応 大卒以上の転職希望者
支援実績 採用成功実績は54万人超 年間転職成功者は1万人以上
求人
対応地域
全地域対応 首都圏・関西圏・東海
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
スカウトサービスあり
丁寧な添削やサポートが好評
簡単登録
(無料)

若手におすすめの転職エージェント

マイナビエージェント DYM就職
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 18~35歳
主なサポート対象者 第二新卒、1~3回目の転職者 第二新卒、既卒、女性もOK
特徴 サポートが◎
中小企業に特化
IT系にも強い
20代信頼No.1
優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
面接対策も充実
簡単登録
(無料)

30代が利用できるスカウト型サービス

リクルートダイレクトスカウト ビズリーチ
転職エージェント
主な年齢層
30~40代
主なサポート対象者 年収600万円以上の転職者 年収500万円以上の転職者
入会審査 なし あり
支援実績 転職時の平均年収900万円 ハイクラスから支持される転職サイトNo.1
特徴 年収800万~2000万円求人を多数保有
一流ヘッドハンター指名可
求人の1/3が年収1000万円超
企業からの面談確約スカウトあり
簡単登録(無料)

警察から一般企業への転職は難しくない!

警察官は業務の拘束時間や規定から、在職中の転職活動が難しい方もいるでしょう。

しかし、経歴を活かせる職業を選べば、一般企業へ転職するのは難しくありません。

未経験の仕事に就きたい方は、30代前半までに転職するのをおすすめします。

適切なサービスを活用しながら、希望通りの転職を成功させてくださいね!

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人21万件!幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サービス。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターからスカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事