最終更新日:

40代公務員から転職は可能?40代公務員が後悔しないための転職実現法

40代公務員から転職は可能?40代公務員が後悔しないための転職実現法

「今の仕事を続けるのが苦しい」
「40代でも公務員を辞めて転職できる?」

上記のように悩んでいる40代の公務員の方は少なくありません。

40代で公務員を辞める方は少数派ですが、アプローチの方法次第では希望に近い条件での転職も可能です。

本記事では40代公務員が転職できる可能性や転職をする方法、注意点などについて解説。

現在転職を検討している40代公務員の方は必見です!

40代からの転職は厳しい道のり

未経験からの転職では、多くの求人で30代までの求職者を募集しています。

40代で公務員以外に転職する場合、「マネジメント能力」や「専門的なスキル」を活かせる職種を選ばなければ転職は厳しいでしょう。

    40代公務員の転職が敬遠されやすい理由

  1. 民間企業は営利団体
  2. 仕事のスピード感が異なる
  3. 即戦力を求めている

営利目的で動く民間企業では能力や生産性が給与に直結するため、決まった業務を行なう能力だけで転職をするのは厳しいでしょう。

また、民間企業はまず行動して結果を検証していく動きが求められるため、公務員の仕事より業務のサイクルが早いです。

そして、最も大きい理由が民間企業で40代を採用する場合は「管理職としての即戦力」を求めている点でしょう。

40代公務員から転職する道はある?

    公務員から転職する理由の例

  1. 責任・労働時間の増加
  2. 自分の将来に疑問を持つ
  3. 人間関係の問題

年齢を重ねると、責任とともに仕事量や労働時間は増えていきます

また、公務員の場合は今までの経歴や部署によって、今後の出世や給与が想像しやすいです。

定年まで同じ役所で働くイメージを持てず、葛藤する場合もあるでしょう。

人間関係から来るストレスにつらさを感じ、公務員を辞めたいと考えている方も少なくありません。

公的機関への転職

地元での転職を希望する場合、自治体や区役所、図書館司書、臨時職員など公的機関へ就職するケースが考えられます。

転職を考えている理由が転属で解決する場合は、打診してみる価値があるでしょう。

民間企業への転職

公務員を辞める場合、多くの仕事は未経験の業種・職種となります。

公務員の場合「司法書士」「行政書士」「弁理士」など、職場や勤続年数によって取得に有利になる資格がいくつかあります。

これらを取得し、転職すれば安定した仕事への転職も可能になります。

また、資格を必要としない法人営業などの仕事も存在し、公務員時代に培ったマナーやスキルを活かせるため、公務員の方におすすめです。

40代が公務員から転職する際の注意点

40代から民間企業への転職を目指す場合、気を付けたいのは公務員と民間企業の違いです。

今までの職場とは違った働き方を求められる可能性が高いため、心構えをしておきましょう。

民間企業と公務員の違い

公務員の目的
利益追求ではなく社会で暮らす「市民への奉仕」
公務員の営業方針
国で定められた法令に基づき業務を遂行

公務員の職務は奉仕であり、経費の削減は行なっても利益を追求する機会は少ないでしょう。

法令や国の方針に従って業務を進めるのも、民間企業にはない特徴です。

民間企業の目的
事業拡大やサービス向上による「利益向上」
民間企業の営業方針
需要と供給に合わせ、消費者を満足させる

民間企業は利益が上がらなければ運営を続けられません。

そのため、消費者の需要と供給・ニーズを読んで行動する能力が求められます。

会社の経営が危うくなればボーナスカットやリストラもあり得る点にも注意が必要です。

給料は下がる可能性が高い

多くの場合、公務員は勤続年数によって一定の昇給が発生しています。

しかし、新しい職場では1からのスタートとなるため、給料は下がる可能性が高いでしょう。

また、ボーナスや各種手当、退職金などの待遇は一律ではなく転職先企業により異なります。

40代公務員が利用したい転職サービス

全ての情報を自力で探し、転職活動を行なうのは大変な労力です。

そんな人には、自分の情報を登録すると条件に合致する求人を紹介してくれる転職エージェントがおすすめ。

転職エージェントを利用するメリット

  • 企業との連絡や日程などは担当者が調整する
  • 40代向けの非公開求人を見られる
  • 応募書類の添削、面接対策のサポートがある

40代の方はまず対応年齢の広い大手転職エージェントを利用し、年収をアップさせたい方はハイクラス向け転職サービスも併用しましょう。

40代におすすめの転職エージェント

リクルートエージェント Spring転職エージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~40代 20代~40代
主なサポート対象者
全転職者に対応
支援実績 採用成功実績は54万人超 大手優良企業への紹介実績多数
求人数 約30万件 約1万7000件+非公開求人
特徴 業界最大手求人数No.1
面接対策が充実
専門分野に精通年収UP率59%
IT系に強い
簡単登録(無料)

実績がある方はスカウト型

リクルートダイレクトスカウト ビズリーチ
転職エージェント
主な年齢層
30~40代
主なサポート対象者
年収500万円以上の転職者
入会審査 なし あり
支援実績 転職時の平均年収900万円 ハイクラスから支持される転職サイトNo.1
求人数 約7万件 約12万件
特徴 年収800万~2000万円求人を多数保有
一流ヘッドハンター指名可
求人の1/3が年収1000万円超
企業からの面談確約スカウトあり
簡単登録(無料)

40代の転職活動を成功させるコツ

自身の強み・動機を自己分析

40代の転職者の場合、若い転職者とは異なり伸びしろに賭けてもらえる可能性は低いです。

まずは職歴・実績についての棚卸しと、自分の強みについて自己分析をする必要があります。

前向きに仕事に取り組む姿勢や、会社の方向性に従って動く柔軟性をアピールできる経験があれば、自己PRに盛り込みましょう。

自分の長所が分からない方は、転職者向けの自己診断ツールを利用するのもおすすめです。

【おすすめ診断コンテンツ】
ミイダス(MIIDAS)
リクナビNEXT
診断名称
コンピテンシー診断
パーソナリティ診断
グッドポイント診断
所要時間
25分
15分
30分
質問数
152問
128問
293問
内容
職務適性
上下関係適性
ストレス要因
など
生まれ持った個性・コンディション
慎重性
感受性
親密性
など
診断可能
回数
1回のみ
料金
無料

転職理由や希望条件の優先度を明確にする

書類選考・面接に通過するために、まずは自分の転職理由を明確にしましょう。

また、全くの未経験業界に転職するため、現在の労働条件と同等かそれ以上の求人を探すのは難しいです。

「ここだけは譲れない」と思う点を1つか2つ決め、他は優先度をつけて柔軟に対応する心構えが必要になります。

40代公務員でも転職は不可能ではない

公務員から民間企業へ転職する場合、多くの企業では未経験者として扱われるため、40代は不利な立場になります。

まずは自分の転職理由を整理し、転属願いや今のスキルを活かせる職場への転職を検討してみてください。

もちろん、自分に合ったサービスを利用すれば、40代を採用したいと考えている企業を見つけるのは不可能ではありません。

年齢を重ねるごとにどんどん転職は難しくなるので、本気で転職を検討している方は早めの行動をおすすめします。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事