最終更新日:

サーバーエンジニアが独立するメリットは?独立後のスムーズな案件獲得法

サーバーエンジニア独立

「サーバーエンジニアが独立する方法は?」「必要なスキルや経験はある?」
「独立後の仕事の探し方は?」

独立を検討しているサーバーエンジニアの中には、独立に必要なスキルや仕事の獲得方法が分からず悩んでいる人も少なくありません。

まずは会社員エンジニアでスキルを身に付けてから独立し、フリーランス向けエージェントなどを活用すれば理想の働き方が実現します

本記事ではサーバーエンジニアが独立する方法や独立するメリット・デメリット、仕事の獲得方法を解説していきましょう。

フリーランスで安定するならエージェント

フリーランスサーバーエンジニアで安定して働くなら、フリーランス向けエージェントの利用も検討しましょ☆

レバテックフリーランス Midworks(ミッドワークス)
フリーランスエージェント
主な年齢層 20代~40代 20代~40代
主なサポート対象者 実務経験1年以上のITエンジニア・Webデザイナー ITエンジニア(実務経験目安:3年以上)
支援実績 フリーランスエージェント登録者数・業界認知度No.1 IT系フリーランス専門エージェントサービス3部門で第1位
対応地域 東京/神奈川/埼玉/千葉/大阪/兵庫/京都/愛知/福岡 東京/神奈川/埼玉/千葉/大阪/京都/兵庫/滋賀
特徴 業界最大級の案件数。契約更新率90%超。最短1週間で参画 正社員並みの保障付き
給与保障あり
簡単登録
(無料)


テックビズフリーランス テクフリ
フリーランスエージェント
主な年齢層 20代半ば~40代前半 20代後半~40代
主なサポート対象者 1年以上の開発経験・類する実績のあるITエンジニア 年収700万円以上のエンジニア・Webデザイナー
支援実績 案件決定率・継続率90%超 平均単価81.2万円。3人に1人が収入120%アップ
対応地域 全国対応 東京/神奈川/埼玉/千葉
特徴 案件登録数3万件超抜群のバックアップ体制 90%以上の人が希望単価を下げずに参画。参画まで最短2日
簡単登録
(無料)


サーバーエンジニアが独立するには?

サーバーエンジニアが独立するまでの基本的な流れって?

    サーバーエンジニアの独立の流れ

  1. スキルを身に付けて独立
  2. 独立の手続き
    (健康保険/年金の切り替え/開業届の提出/青色申告の申請など)
  3. スキルシート・ポートフォリオの作成
  4. 仕事を探す

サーバーエンジニアはサーバシステムの設計や運用、負荷分散、障害発生時の対応、トラブル予防、セキュリティ対策などインフラエンジニアの作業領域を細分化した職業。

扱うサーバーはWWWサーバーやデータベースサーバー、メールサーバーなど多岐に渡り、主に以下のような知識も必要不可欠です。

サーバーエンジニアに必要な知識
・OSの知識
・ネットワークの知識
・セキュリティの知識
・言語の知識

未経験からでも参画できる案件はありますが、サーバーに関する専門的な知識や一定以上のスキルが必要になります。

独学やプログラミングスクールでスキルを身に付けるか、会社員で2~3年以上は経験を積んでから独立しましょう

サーバーエンジニアがネットワークエンジニアを兼任するケースもあるみたい♪

未経験ならプログラミングスクール

未経験からサーバーエンジニアを目指すなら、プログラミングスクールの利用を検討しましょう。

GEEK JOB WORKPORT(みんスク)
プログラミングスクール
対象年齢 20代のみ 20~30代
対応地域 全国
(オンライン)
(※求人は首都圏のみ)
全国
(オンライン)
主なサポート対象者 IT未経験者・正社員経験者・高卒・第二新卒など IT未経験者・正社員経験者・高卒・第二新卒・既卒・フリーターなど
実績 転職成功率
97.8%
転職決定人数
No.1
特徴 未経験97.8%
完全無料
講師に質問可能
手厚いサポート
最短22日就職
未経験者向け求人500社
完全無料
未経験者多数
自己学習形式
講師に質問可能
手厚いサポート
限定求人多数
オンラインで相談する
(無料)


フリーランス向けの案件内容

サーバーエンジニアの仕事内容ってフリーランスになると変わるの?

サーバーエンジニアの作業内容は、独立後もほとんど同じよ♪

フリーランスサーバーエンジニア向けの案件はSNSサイトやWebサービス、ゲーム開発など様々ですが、在宅案件は少ないです。

サーバーエンジニアはインフラエンジニアから派生したため、インフラ系の経験・スキルが求められる案件も少なくありません。

レバテックフリーランスによると、サーバーエンジニアの案件のほとんどが開発・実務経験が問われるため、会社員で経験を積んでから独立するのが効率的でしょう。

レバテックフリーランス
サーバーエンジニアの案件※1

サーバーエンジニア案件
サーバーエンジニア案件

フリーランスサーバーエンジニアの年収

フリーランスエンジニアの年収は、経験年数や保有スキルによって大きく変動します。

レバテックフリーランスでサーバーエンジニア向け案件の平均単価は66万円で、年収換算すると790万円~1000万円ほどと考えられます。※1

サーバーエンジニア独学年収

経験年数が長くなるほど高単価案件が受注できますが、専門的なスキルや資格を取得すれば、より効率的に高収入が目指せるでしょう

以下のような資格はフリーランスになってからも活かせるわ☆

サーバーエンジニアで活かせる資格
・LPIC(Linux技術者認定資格)
・CCNA
・CCNP
・MCP(マイクロソフト認定資格) など

サーバーエンジニアが独立するメリット

会社員の方が安心して働けるよね?サーバーエンジニアが独立するメリットってあるのかな?

確かに会社員の方が安定はするけど、独立するメリットもたくさんあるわ♡

会社員より高収入が目指せる

フリーランスエンジニアは案件や交渉次第で、会社員時代よりも高収入が目指せるでしょう。

実績を積み重ねスキルが高くなるほど、高単価の案件を受注しやすいです。

フリーランスになると日々の勉強やスキルアップは必須ですが、自由に働きたい・収入をアップさせたい人には向いています。

人間関係のストレスを軽減できる

サーバーエンジニアはリモート案件が多く、他者とのコミュニーケーションの頻度は会社員と比べて少ないです。

フリーランスエンジニアは定期的にクライアントが変わるので、人間関係のストレスを感じず仕事ができるでしょう

仕事は全て自分で選択できる

サーバーエンジニアが独立すれば、興味があるシステムや経験を積みたい分野の案件など仕事は全て自由に選択可能

自分が取得したい、スキルアップしたい分野をピンポイントで選べるのは、フリーランスならではの魅力でしょう。

サーバーエンジニアの案件は常駐型がほとんどですが、案件によっては働く場所や勤務時間も自由なため、自分のペースで働けます。

サーバーエンジニアの独立のデメリット

独立すれば収入がアップするし、自分のペースで自由に働けるんだね!

独立するメリットもあるけど、もちろんデメリットもあるの。

自分で営業活動しなければならない

フ独立後は自分で案件を探す必要がありますが、思うように案件が受注できず収入が不安定になってしまうサーバーエンジニアも。

フリーランスサーバーエンジニア向けの案件は高単価が多いですが、参画期間が長く時給換算すると報酬が低いケースもあります。

一般的な会社員と比較して、労働時間に見合った給与がもらえないと感じる人も少なくありません。

事務業務もこなす必要がある

フリーランスになると、作業以外にも見積書や請求書発行など様々な事務作業に時間を割く必要があります。

経費の計算や年に一度の確定申告なども手続きをしなければならないため、慣れないうちは面倒だと感じる人もいるでしょう。

福利厚生や保障が手薄い

サーバーエンジニアは独立した後、国民年金や健康保険に加入する必要があります。

有給休暇や休業補償などもないので、病気やケガの休業で給与がなくなったりトラブルに巻き込まれても1人で対処しなければなりません。

将来に保障が手薄く不安を感じるなら、「付加年金制度」や「フリーランス協会」などへの加入を検討しましょう。

サーバーエンジニアの仕事の獲得方法

フリーランスエンジニアの仕事の探し方は色々あるから、自分に合ったやり方を選びましょ☆

独立後の仕事の獲得方法
  • ・人脈を活用する
  • ・HP/SNSで発信
  • ・クラウドソーシングで仕事を探す
  • ・フリーランス向けエージェントを利用
  • フリーランス協会の調査によると、フリーランスの案件の受注経路の70%が『人脈』※2

    人脈などがないならクラウドソーシングサイトやフリーランス向けのエージェントを利用しましょう。

    他にも自身のSNSやブログで実績や経験をアピールするのも有益な営業活動になります。

    フリーランス向けエージェントを利用

    サーバーエンジニアが独立後仕事を探すなら、フリーランス向けのエージェントを利用するのが最も効率的です。

    フリーランス特有のリスクが解消できるため、営業活動する時間がない・案件の探し方が分からない人は利用してみましょう。

    エージェントのサポート内容
    ・適切な案件を紹介
    ・企業との交渉を代行
    ・福利厚生や各種補償も充実
    ・税務サポート
    ・自分の市場価値を知れる など

    エージェントなら独立前の相談も聞いてもらえるから、悩んでいる人は気軽に相談してみましょ♪

    エージェントは2~3社併用すると選択肢が広がります。
    【フリーランスエンジニア向けエージェント】
    サービス名 特徴
    レバテックフリーランス 登録者数・業界認知度No.1。最短1週間で参画
    Midworks(ミッドワークス) 正社員並みの手厚い保証制度。常駐・リモート案件多数。
    テックビズフリーランス 案件決定率・継続率90%超。案件登録数3万件超。全国対応。
    テクフリ 平均単価81.2万円。3人に1人が収入120%アップ。

    フリーランスで理想の働き方を実現

    サーバーエンジニアが独立するメリットとデメリットはそれぞれありますが、まずは会社員で働いてから独立するのが得策です。

    フリーランスサーバーエンジニアは専門的な知識やスキルを身に付ければ、会社員よりも効率的に高収入が得られます。

    独立後は人脈やSNS、フリーランス向けのエージェントを有効活用して、自由な働き方を実現させましょう。

    (※1 引用:単価相場 | レバテックフリーランス)
    (※2 引用:フリーランス白書2020|フリーランス協会)

    働く悩みを“ゼロ”に
    今よりいい会社に転職しませんか?

    転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

    複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

    リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

    自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

    登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
    転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

    リクルートエージェント公式へ

    転職成功実績No.1!非公開求人21万件!幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

    年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

    マイナビエージェント公式へ

    20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

    主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

    現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
    ビズリーチ公式へ

    求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サービス。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターからスカウトされるため採用率が高い

    必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

    \Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
    ビズリーチ公式へ
    関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

    RECOMMEND

    関連記事