最終更新日:

システムエンジニア(SE)が独立するには?メリットと独立後の仕事獲得法

システムエンジニア独立

「システムエンジニアとして独立したい」
「独立後の仕事の獲得方法は?」
「独立するのに必要なスキルはある?」

独立を考えているシステムエンジニアの中には、必要なスキルや独立後の仕事の獲得方法が分からず不安な人も少なくありません。

会社員で経験と実績を積み重ねてから独立し、フリーランス向けのエージェントなどを活用すれば安定した働き方が実現できます

本記事ではシステムエンジニアが独立する方法や必要スキル、独立のメリット・デメリットと効率的な案件獲得法を解説していきましょう。

システムエンジニアの独立する方法は?

システムエンジニアが独立するにはどうすればいいの?

システムエンジニア(SE)が独立後、安定して働くには最低でも5年以上の企業での勤務が必要とされています。

システムエンジニア(SE)は、ヒアリングや要件定義、設計などの上流工程や基本設計・詳細設計など幅広い分野の経験や知識が必要不可欠。

独学でプログラミングのスキルを習得していても、実務経験がない人が独立して働くのは非常に困難です。

会社員時代に十分な実績を積めていれば、独立したてでも案件の獲得がしやすいでしょう。

十分な経験があれば独立後の働き方の選択肢が多くなるわ♪

フリーランスSEとして働く

独立後、会社員時代に築いた人脈やフリーランス向けのエージェントを活用してフリーランスとして働くシステムエンジニアは多いです。

フリーランスSEは主に上流工程を担当するため、案件は『常駐型』がほとんどですが、『リモート型』も増えています。

経験やスキルを活かして自由な働き方がしたい、収入アップしたい人はフリーランスに向いているでしょう。

起業・会社設立する

独立したシステムエンジニアの中には、会社員時代に培った人脈やスキルを活かして会社を設立、起業する人もいます。

事業内容はサービス提供や業務委託など様々ですが、フリーランスよりも社会的信用度が高く、大幅な年収アップも可能です。

成功すればより自由度の高い働き方が実現できますが、思うように資金調達や仕事獲得できないなどの大きなリスクも。

新しいサービスの提供や自分の考えたサービスで挑戦したい人は起業が向いているでしょう。

独立して成功するために必要なスキル

まずは会社員で経験を積んだ方が良いんだね!

システムエンジニアが独立して成功するためには、実務経験以外にも色々なスキルが必要なの。

技術以外にSEに必要な能力
  • ・ヒアリング力・対応力
  • ・コミュニケーション能力
  • ・トレンドを察知する能力
  • ・税金や保険などに対する知識
  • ・資料作成のスキル
  • システムエンジニアがフリーランスで働く際には、コミュニケーション能力や顧客のニーズを的確に見抜く能力も重要です。

    営業活動だけでなく見積書や報告書類などの書類作成、開業届の提出・確定申告などの事務業務も自分1人でこなさなければなりません。

    また、IT業界のトレンドは目まぐるしく変わるため、いち早く人気のシステムやプログラムの技術を取得できれば需要が高まります。

    システムエンジニアが独立するメリット

    幅広い分野の知識が必要になるから、システムエンジニアが独立するのは大変そうだね…。

    もちろん簡単じゃないけど、システムエンジニアが独立するメリットはたくさんあるわ♡

    収入がアップする人が多い

    システムエンジニアが独立すると、案件の単価は自分で交渉できます。

    レバテックフリーランスによるとシステムエンジニアの案件の単価平均は71万、年収換算すると500万円~1000万円ほど。※1
    フリーランスシステムエンジニア年収

    能力や経験年数によって収入は人それぞれですが能力が高いほど高単価案件を受注できるため、会社員時代より年収アップするシステムエンジニアが多いです。

    常駐とリモート案件の掛け持ちや副業ができるようになれば、より効率的に多くの収入が得られるでしょう。

    効率的にスキルを高められる

    自分のスキルを効率的に高められるのも、システムエンジニアが独立するメリットの1つ。

    興味がある仕事スキルアップしたい技能が必要な案件など、ピンポイントで受注できます。

    取得したい技術・スキルを効率的に伸ばせるのは、自由に仕事が選べるフリーランスならではの魅力でしょう。

    自由な働き方ができる

    システムエンジニアは独立後、受注する仕事を全て自分で選べます。

    案件に参画する期間や、働く場所や勤務時間も自分で決められるため、自由度の高い働き方が実現可能です

    システムエンジニアが独立するデメリット

    独立すれば自由な働き方ができるし収入もアップする人が多いんだね!

    確かに独立するメリットは多いけど、リスクもあるの。

    収入が不安定になる

    年収が上がる人がいる一方で、働き方が安定しないうちは思うように仕事を受注できず収入が不安定になる人も。

    固定給がある会社員時代と比較して、手取り額が少なくなってしまうシステムエンジニアも少なくありません

    事務作業などに時間がかかる

    システムエンジニアが独立した後は、案件獲得のための営業以外にも見積書や請求書発行など様々な事務作業に時間を取られてしまいます

    経費の計算や確定申告なども全て1人でしないといけないため、会社員時代に必要のなかった作業に嫌気がさす人も少なくないようです。

    福利厚生・保障が手薄い

    システムエンジニアの独立後は、自分で国民年金や健康保険に加入する必要があります。

    有給や労災などもないため、病気での休業やトラブルに巻き込まれた際には1人で解決しなければなりません

    不安な人や将来に備えたいなら「付加年金制度」「フリーランス協会」を利用するなど、具体的に決めてから独立するのが得策でしょう。

    独立したSEの仕事の探し方

    仕事の獲得方法は色々あるから、自分に合ったやり方を選びましょ♡

    独立後の仕事の獲得方法
  • ・知人に紹介してもらう
  • ・HP/SNSで発信
  • ・クラウドソーシングで仕事を探す
  • ・フリーランス向けエージェントを利用
  • フリーランス協会の調査によると、フリーランスの案件の受注経路の70%が『人脈』

    会社員時代や知り合いの紹介から仕事に繋がるケースが多いようです。※2

    他にも自分の㏋やブログでスキルや実績をアピールしたり、SNSでの情報発信も有益な営業活動になります。

    人脈などがないならクラウドソーシングサイトやフリーランス向けのエージェントを有効活用して、安定した働き方を実現させましょう。

    フリーランスエージェントを利用

    システムエンジニアがフリーランスで働くなら、フリーランス向けのエージェントを利用するのが最も効率的です。

    エージェントを利用すれば、手厚いサポートでフリーランス特有のリスクが解消できます。

    エージェントのサポート内容
    ・適切な案件を紹介
    ・企業との交渉を代行
    ・福利厚生や各種補償も充実
    ・税務サポート
    ・自分の市場価値を知れる など

    エージェントによって取り扱う案件やサポート内容が異なるため、希望の働き方に合ったサービスを利用しましょう

    エージェントは2~3社併用すると選択肢が広がります。
    レバテックフリーランス Midworks(ミッドワークス)
    フリーランスエージェント
    主な年齢層 20代~40代 20代~40代
    主なサポート対象者 実務経験1年以上のITエンジニア・Webデザイナー ITエンジニア(実務経験目安:3年以上)
    支援実績 フリーランスエージェント登録者数・業界認知度No.1 IT系フリーランス専門エージェントサービス3部門で第1位
    対応地域 東京/神奈川/埼玉/千葉/大阪/兵庫/京都/愛知/福岡 東京/神奈川/埼玉/千葉/大阪/京都/兵庫/滋賀
    特徴 業界最大級の案件数。契約更新率90%超。最短1週間で参画 正社員並みの保障付き
    給与保障あり
    簡単登録
    (無料)


    フォスターフリーランス テックビズフリーランス
    フリーランスエージェント
    主な年齢層 20代~40代 20代半ば
    ~40代前半
    主なサポート対象者 年収700万円以上のエンジニア・Webデザイナー 1年以上の開発経験・類する実績のあるITエンジニア
    支援実績 20年の実績・登録者1万7000人 案件決定率・継続率90%超
    対応地域 東京/神奈川/埼玉/千葉 全国対応
    特徴 非公開案件多数
    案件の半数上は直取引で高単価
    案件登録数3万件超抜群のバックアップ体制
    簡単登録
    (無料)

    選択肢が豊富な案件検索サイト

    エンジニアスタイル東京
    フリーランスエージェント
    主な年齢層 20代~40代
    主なサポート対象者 ITエンジニア経験者
    支援実績 平均単価67万円
    最高単価240万円
    対応地域 東京
    特徴 案件・求人数は16万件超。AIが最適な案件を紹介
    簡単登録
    (無料)

    システムエンジニアは経験を積んで独立

    独立するメリット 独立するデメリット
    ・収入がアップする
    ・仕事を選べる
    ・働き方が自由
    ・収入が不安定になる
    ・事務処理は全て自分
    ・保障が手薄

    システムエンジニアが独立するなら、まずは企業に数年勤務して経験を積むのが得策

    独立するメリットとデメリットはそれぞれありますが、自由な働き方を選択できます。

    独立後、フリーランスとして働くなら人脈やクラウドソーシング、フリーランス向けのエージェントを有効活用して理想の働き方を実現させましょう

    (※1 引用:レバテックフリーランス/案件検索/絞り込み求人・案件検索)

    (※2 引用:フリーランス白書2020|フリーランス協会)

    働く悩みを“ゼロ”に
    今よりいい会社に転職しませんか?

    転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

    複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

    リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

    『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

    登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
    転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

    リクルートエージェント公式へ

    転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
    幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

    特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

    マイナビエージェント公式へ

    20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

    主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

    現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
    ビズリーチ公式へ

    求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

    必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

    \Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
    ビズリーチ公式へ
    関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

    RECOMMEND

    関連記事