最終更新日:

レバテックキャリアの電話面談について紹介!テレビ電話面談もある!?

レバテックキャリアの電話面談について紹介!テレビ電話面談もある!?

「場所が遠い」「時間がない」「行くのが煩わしい」
レバテックキャリアの面談でこのように考えている人は少なくありません。

レバテックキャリアではテレビ電話面談を通じて通常面談に劣らない電話面談が受けられます。

今回は「レバテックキャリアの電話面談」をテーマに、電話面談までの流れ、電話面談の内容、注意点などを順に紹介していきます!

↓レバテックキャリアの面談についてはこちら↓

レバテックキャリアの電話面談までの流れ

レバテックキャリアの面談は「東京」「横浜」「大阪」「福岡」4カ所でしか行われていない為、地方に住んでいる人・行くのが煩わしい人は電話面談ができます。

その電話面談に至るまでの流れはこちらです。

  1. 公式サイトにて登録
  2. メール・電話で担当者より連絡がきて電話面談を希望する
  3. 面談日程調整
  4. 電話面談を開始

電話面談を利用するまでの流れは非常に簡単です。

登録後、レバテックキャリアの担当者から連絡が来た際に電話面談を希望する旨を伝えることで利用ができます。もしその時に伝えられなくても、面談当日までに電話面談をしたいと伝えれば変更は可能です。

レバテックキャリアの電話面談の準備

さて、気になるレバテックキャリアの電話面談はどういったものなのでしょうか。

面談の服装

電話面談はもちらん電話で相手にはわからないので服装は何でも大丈夫です。

パジャマ等でも大丈夫ですが、あまり気が緩んでしまわないように注意が必要です。

電話面談の準備物

必須の準備物はありませんが、準備しておくと良い物を紹介していきます。

    <準備しておくと良い物>

  1. 筆記用具
  2. メモ
  3. 履歴書(任意)
  4. 職務経歴書(任意)

サービスの仕組みや注意事項などの説明があるのでメモと筆記用具は用意しておきましょう。
聞かれたこともメモしておくと後で見返したときに、自分が伝えられてないこともわかるのでおすすめです。

履歴書や職務経歴書は面談前or面談後にインターネットで提出になりますが、手元に用意しておくことで経歴をスムーズに話すことができます。

レバテックキャリアの電話面談の概要

電話面談の所要時間

通常面談が約1時間かかるのに比べ電話面談は約30分程です。面談内容自体は同じで、それぞれの内容が短くなるのでやや急ぎ足となるようです。

ただし実際に電話面談が1時間かかったという情報もあります。あくまで予定は30分ですが、アドバイザーのスケジュールが許す限りは多少時間の融通は効くと考えられます。

今までの経歴や、転職理由などはある程度ノート等に事前に整理しておくとスムーズに話せ有意義な電話面談になるでしょう。

電話面談は通常面談に比べ30分と短い

電話面談の可能時間

【平日】10:00~20:30
最終20時30分開始まで大丈夫です。

通常面談は土曜日も可能ですが、電話面談は平日のみ行われているので注意が必要です

いずれにしても面談は事前予約が必要になります。

電話面談は平日のみ

電話面談の内容

電話面談で話す内容は以下の通りです。

  1. レバテックキャリアのサービス案内・今後の流れ
  2. 退職理由
  3. あなたの長所・短所
  4. 希望の転職条件(転職時期・勤務地・年収など)
  5. 今までの経歴・実績
  6. 求人紹介
  7. 転職に関する悩み・相談

レバテックキャリアに実際に電話で確認しましたが、通常の面談と違いは無いとのことでした。

この内容を元にある程度話すことを決めてから電話面談に望みましょう!

もし電話面談以降でも、わからないことや聞きたいことは担当のアドバイザーに電話またはメールで聞けば時間がある時に対応してくれるのでご安心を。

面談内容を元に話す内容を事前に決めておく

テレビ電話面談もある

この情報はレバテックキャリアに実際に電話して聞いている中で分かったのですが、希望をすればテレビ電話面談ができるそうです。

テレビ電話は実際に担当アドバイザーの顔が分かるので電話面談と違い安心感があります。相手の表情もお互いに分かるので、自宅で通常面談を受けているような感覚が味わえます。

人間のコミュニケーションは、話だけでなく表情や身振りから伝わるものも多いと言われています。なにより安心感をもって話せる事が大切です。

テレビ電話面談は安心感があり話しやすい

レバテックキャリアの電話面談の注意点

電話面談で気を付けるべき点を知って失敗を防ぎましょう!

電話面談の注意点

静かで電波の良い場所選び
⇒自宅の環境が良くない場合は、友人の家や静かな公園、ホテルやレンタルの会議室でも良いでしょう
相槌をしっかりうつ
⇒相槌がなければ担当アドバイザーも理解されているか不安になります。相槌はよりスムーズに進む効果もあります。
答えるときは短く分かりやすく
⇒視覚情報がない場合、言葉だけで伝えることは意外と難しいです。まず質問に対しての答えを簡単に述べて、その後詳細に説明するのが良いでしょう。
普段よりハキハキ話す
⇒電話は対面で話すよりも聞き取りづらいものです。お互い気持ちよくコミュニケーションをとれるよう心がけましょう

テレビ電話面談の注意点

上記に加え、テレビ電話面談を利用する場合は以下の注意点も抑えておきましょう。

背景はきれいな状態に
⇒友達と電話するわけではないので、背景が散らかっていたりするのは良くないです。理想は壁だけが望ましいです。
失礼のない身なり
⇒スーツを着る必要はないですが、寝ぐせがついたパジャマで受けることのないようにしましょう。テレビ電話では相手にわかります。
明るい場所で
⇒画面越しに見ると意外と暗く映ってしまいます。お昼でも部屋の電気をつけるくらいのほうが良いでしょう。

レバテックキャリアの電話面談のメリット・デメリット

ここまでレバテックキャリアの電話面談について紹介してきましたが、実際の面談と比べてどうなのかが気になっている人もいると思います。

ここで一度メリット・デメリットを確認してみましょう。

メリット

    レバテックキャリアの電話面談のメリット

  • 多忙・遠方でも利用可能
  • 移動費・移動時間の節約
  • オフィス行く手間を省ける

地方に住んでいたり多忙で直接面談ができない人にとって電話面談はとてもありがたいサービスです。
また単純にオフィスに行くのが面倒くさい人も中にはいるでしょう。

時間と費用の節約できるのが電話面談の大きなメリットですね。

オフィスに行かずに転職サービス使えるのはとても効率的です。

デメリット

    レバテックキャリアの電話面談のデメリット

  • お互いを良く知れず熱意や意欲が伝わりにくい
  • 希望条件などの誤解が生まれる場合も
  • 通常の面談よりも時間が短く伝えきれない

電話面談では、顔が見えないのでお互い相手のイメージが掴みにくいです。通常の面談と比べて熱意は伝わりづらく希望条件などの誤解がうまれる可能性もあります。

通常面談より短い時間で、言葉だけであなたの魅力をすべてを伝えるのは簡単ではありません。コミュニケーションの取りづらさと時間の少なさはミスマッチを引き起こすこともあるでしょう。

テレビ電話面談では、時間の短さは同条件ですがコミュニケーション面でのデメリットは解消できるので、どうしても電話面談しか受けられない人はテレビ電話面談の利用を大いにお勧めします。

レバテックキャリアの電話面談前にすること

レバテックキャリアの電話面談を受ける前に、電話面談で必要となる「ポートフォリオ」や「スキルシート」を送付しておきましょう

キャリアアドバイザーから見たらあなたは転職者の一人にすぎません。あなたがどんな人物なのかといった情報をアドバイザーに事前に知らせておけば、よりスムーズな電話面談ができます。

直接会って面談をしないからこそ、また電話面談の時間が短いからこそ、有意義な活動ができるようにしっかりと準備を行いましょう。

レバテックキャリアの電話面談の口コミ

Twitterの口コミ

電話面談についての口コミは2件と少なかったです。また電話面談自体の評価には触れられていませんでした。
他にも2chなどでも探してみましたが0件でした。

レバテックキャリアで電話面談を利用する人はあまり多くないかもしれません。
ただ悪い評判はないので実際、利用に不便はないのでしょう。

レバテックキャリアの電話面談するならテレビ電話面談!

    <レバテックキャリアの電話面談>
    メリット—どこの場所でもできる為、時間と費用の節約になる
    デメリット—コミュニケーションが取りづらくミスマッチの可能性がある

オフィスが近くにあり時間もある人には電話面談はおすすめできないです。
やはり実際にフェイスtoフェイスには劣る部分があるでしょう。

ただ面談場所が遠い、時間がない人にとってはとても便利なサービスです。
テレビ電話面談であればコミュニケーションのとりづらさも解消できます!

あなたの強みを思いっきり引き出してもらい、転職活動を成功させましょう!


RECOMMEND

関連記事