最終更新日:

20代でUターン転職は可能?20代のUターン転職市場と効率的な転職成功法

20代のUターン転職成功

「Uターン転職したい20代は多い?」
「Uターン転職に向いている20代の特徴は?」
「20代でUターン転職する方法は?」

Uターン転職を検討しているものの、スムーズに転職できるかわからず悩んでいる20代は少なくありません。

転職支援サービスを活用して企業調査を徹底し具体的な志望動機を伝えれば効率よく20代のUターン転職に成功します。

本記事では、20代のUターン転職市場やUターン転職に向いている20代・20代のUターン転職成功法を解説していきましょう。

20代のUターン転職市場

Uターン転職したい20代は多い

地元を一度出たけどまた戻って働くのをUターン転職って言うんだよね。Uターン転職したい20代って多いの?

総務省の調査によると、出身県へUターンする年齢別の分布は下記の通りでした。

20代のUターン転職の割合

22歳が突出して多いですが、25歳頃までは高い割合でUターンしています。

Uターン転職したい20代は多い

出身市町村へのUターン希望も29歳以下の割合が最も高く、Uターン転職したい20代は多いと言えるでしょう。

引用:総務省 地域への人の流れに関するデータ

Uターン転職すると収入減の人が多い

総務省の調査によると、Uターン転職によって多くの人が収入が減ったと回答しました。

20代のUターン転職の注意点

収入が増えた・変わらない人を合わせても減った人の割合の方が高く、Uターン転職すると年収は今より低くなる人が多いです。

自治体によってはUターン転職支援制度もあるので上手く活用するのが賢明。

在職中の20代はUターン転職しにくい

現在住んでいる場所と地元が遠いと、働きながら転職活動を進めるのが困難です。

現職の業務が忙しく転職活動のスケジュールが確保できない20代は、退職してから転職活動を始める方がスムーズにUターン転職できます

失業期間中も不安なく過ごせる貯金があるか、貯金がなくても地元でアルバイトできるかをまずは確認しましょう。

次の転職先が決まってない状態で今の会社を辞めるのが不安なら転職支援サービスを利用しましょ♪

働きながらUターン転職を目指す⇒

Uターン転職に向いている20代

Uターン転職すると収入が減るかもしれないのか。Uターン転職に向いてるのはどんな20代なの?

    Uターン転職に向いている20代の特徴

  1. 年収よりも優先したい条件がある20代
  2. やりたい仕事がある20代
  3. 車での移動が苦にならない20代
  4. 在宅勤務可能な職種に就きたい20代

年収よりも優先したい条件がある20代

年収より優先したい条件がある20代は、Uターン転職に向いています。

★優先したい条件の例★
・親の介護を考えて地元で働きたい
・首都圏での生活にどうしても慣れない
・子供が産まれたので自然のある環境で育てたい

20代はポテンシャルに期待して採用されやすくなるので、収入が減っても地元に戻りたい理由が明確にあるなら早めに行動しましょう。

やりたい仕事がある20代

林業や農業など地方ならではの仕事に就きたい・地元でやりたい仕事がある20代は、Uターン転職に向いています。

希望の仕事・職種が決まっているなら、地元周辺の求人情報をなるべく多く集めてから自分にマッチする職場があるか確認しましょう。

やりたい仕事でも希望条件とのミスマッチが起こると転職してもすぐ退職・転職する事態になるので、初めの段階で防ぐのが賢明です。

労働環境、給与など希望条件に優先順位をつけて譲れない条件・妥協できる条件を明確にしてね☆

車での移動が苦にならない20代

電車やバスなどの交通手段が限られる地方では、基本的に車での移動が多いです。

普通自動車免許を必須とする求人や車でしか通勤できない企業も珍しくありません。

自家用車がある・車通勤が苦にならない20代ならUターン転職に向いているでしょう。

在宅勤務可能な職種に就きたい20代

在宅勤務やリモートワーク可能な企業であれば、会社の所在地に関係なく働けます。

希望とマッチする地元企業が見つからない20代は、在宅勤務可能な企業に転職して地元へ帰るのが向いているでしょう。

20代のUターン転職成功法

地元に帰りたい理由が明確な20代はUターン転職に向いてるんだね。Uターン転職に成功する方法はある?

転職支援サービスを利用する・余裕を持つ・企業調査を徹底すると、20代でUターン転職に成功するわ♡

20代のUターン転職では転職支援サービスを利用

転職支援サービスを利用すると、書類添削や面接対策など手厚いサポートを受けられます。

面接日程の調整・入社手続きなど企業との面倒なやり取りも代行してくれるので、働きながらでも効率的な転職活動が可能です。

Uターン転職したい20代は転職支援サービスを利用して、希望の転職を実現しましょう。

20代向け転職サービス

リクルートエージェント マイナビエージェント
就職支援サービス
主な年齢層 20~40代 20代~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 20代、第二新卒、1~3回目の転職者
支援実績 採用成功実績は54万人超 20代の信頼No.1を獲得
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
サポートが◎
中小企業に特化
IT系にも強い
簡単登録
(無料)

経験が浅い20代向け転職サービス

DYM就職 ジェイック
就職支援サービス
主な年齢層 18~35歳 18~35歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 中退者、フリーター、ニート
支援実績 経験が浅い若年層を積極支援 入社後の定着率91.5%
特徴 優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)


20代のUターン転職は余裕を持つ

一般的に転職活動にかかる期間は3ヶ月程度とされていますが、引っ越しも伴うUターン転職は通常より時間がかかります

Uターン転職する20代は、まず初めに余裕のある転職スケジュールを立てましょう

あまりにも忙しいと疲れて、転職活動の途中でモチベーションややる気を失うよね。

20代のUターン転職は企業調査する

企業調査を怠ってしまうと、具体的な志望動機が作れません。

    志望動機を組み立てる順番

  1. Uターン転職する経緯
  2. その企業で働きたい理由
  3. 企業で活かせる自分の強み

事業内容や会社理念などを把握した上で、働きたい理由を明確に伝えましょう

企業の求める人物像も把握できれば的確に自己PRでき、Uターン転職の成功率がUPします

ポテンシャル採用がある20代は熱意ややる気をアピールすると効果的よ★

効率的に20代のUターン転職成功!

Uターン転職を希望する20代は多いですが、現在地と地元が遠いと働きながら転職活動を進めるのは困難です。

手厚いサポートがある転職支援サービスを活用すれば、働きながらでも効率よくUターン転職できます

企業調査も徹底して、20代で希望のUターン転職を実現しましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と、専門分野に精通する『Spring転職エージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』や自分の仕事の適性がわかる『グッドポイント診断』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

転職実績No.1!非公開求人10万件超!! 圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

世界最大級の総合人材サービス企業「Adecco Group」の転職支援サービス。専門分野に精通し、年収UP率は59%!

第二新卒、20~40代まで幅広い年齢層のキャリアにベストマッチな求人を提案

フリーター・未経験・既卒なら無料就活講座がある就職サービスを利用!

未経験からの就職成功率80%超!18~35歳なら誰でも利用可能な研修が無料

5日間の研修でビジネスマナーの基礎から面接対策まで、就職活動の全スキルを一気に学べる!

関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事