最終更新日:

第二新卒でUターン転職するには?転職で後悔しないための方法を解説

第二新卒でUターン転職するには?転職で後悔しないための方法を解説

第二新卒からUターン転職を検討する際、経験年数や応募条件に不安を覚える方は多いです。

Uターン転職は年齢を問わず可能なため、第二新卒でも実現不可能ではありません。

本記事では第二新卒がUターン転職をするメリット・デメリットやUターン転職を成功させるコツを解説。

転職でもう後悔したくない第二新卒の方は必読の一記事です!

第二新卒もUターン転職できる

Uターン就職(転職)とは

一般的に言う「Uターン就職」は、進学で地元を出て東京などの都市部に住んでいた人が地元で就職する状態を指します。

地元を出てそのまま就職する場合は、「Iターン就職」となります。

もちろん、就職後に転職して地元に戻る(Uターン転職)ケースも少なくありません。

Uターン転職は年齢に関係なく可能なので、地元で働きたい方は転職活動を始めましょう。

Uターン転職であっても第二新卒の定義は変わらない

転職活動をする中で、第二新卒枠を狙いたい方は年齢に注意しましょう。

転職で第二新卒として扱われるのは、学校を卒業して就職した後3年以内までのケースがほとんど。

3年を越えると通常の中途採用枠となり、年上の経験者と比べられやすくなります。

特に未経験の仕事に第二新卒として転職したい場合は、早めの決断が大切です。

第二新卒がUターン転職をするメリット・デメリット

Uターン転職のメリット

  1. 実家付近での生活ができる
  2. 家賃や物価が安くなる
  3. 助成金がもらえる可能性がある

Uターン転職をするメリットとして大きいのは、地元・実家付近での生活ができる点でしょう。

出産・育児・介護などのために、親族の近くで暮らしたい方にとってUターン転職の意義は大きいです。

その他、都会と比べると家賃や物価が安いのも、Uターン転職のメリット。

地方で暮らす場合、都心と同じ家賃でもより広くて良い環境の家に住める可能性が高いです。

自治体によってはUターン・Iターン転職によって助成金がもらえる場合もあるので確認しておきましょう。

Uターン転職のデメリット

  1. 年収が下がりやすい
  2. 求人数が都心より少ない
  3. 地域によっては免許や車が必要になる

全国平均と比べて賃金が高いのは、東京都、神奈川県、大阪府、愛知県などです。

職種やスキル、転職先での待遇によってはその限りではありませんが、都市部のある都府県から離れると年収が下がる可能性が高くなります。

また、地方では求人数自体が少ないのにも注意が必要です。

事前に希望している職種・業種の求人数や募集要項は調べておきましょう。

移動手段が車のみになる地域へ転職する場合は、免許を取るか交通網がある地方都市を選ぶのをおすすめします。

職種によっては普通自動車免許が必須になる仕事も多いです。Uターン転職をする際、免許を取得しておいて損はないでしょう。

第二新卒がUターン転職を成功させるコツ

退職のタイミングに気を付ける

転職をする場合、転職活動に集中するために働いている企業を退職する方も一定数いらっしゃいます。

次の就職先が決まるまで、雇用保険やアルバイトで生活をするケースが多いですが、地方では都会ほどアルバイトも求人がありません

会社を辞める前に次の就職先やアルバイトを決めるか、一旦都会でアルバイトをしつつ、面接のときにだけ地元に帰るのがおすすめです。

自分にあったやり方で、転職活動を続けられるように準備はしておきましょう。

転職の理由を明確にする

都会の企業から地元の企業に転職する場合、その理由が重要です。

面接では必ず転職したい理由を聞かれるため、事前に考えておけば困りません。

「地元に帰りたい」以外の理由として「故郷のために貢献したい」「家庭の事情」など、説得力がある理由を用意しておきましょう。

第二新卒がUターン就職する際の注意点

空白期間をなるべく作らない

Uターン転職をする際、退職時期に気を付けないと履歴書に何も書けない「空白期間」が出来てしまいます。

選考時の印象が良くない以外にも、余裕がない状態で転職活動をすると、焦って希望とは違う転職をしてしまう可能性が高いです。

心身の健康への被害やパワハラなど、すぐに辞める必要があるケース以外では次の職場が決まってから転職するのをおすすめします。

転職エージェントに相談する

本格的に転職活動を始めるなら、まずは第二新卒や20代に強い転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントでは希望条件に合った求人を紹介してくれるほか、履歴書の書き方や面接対策などのアドバイスを受けられます。

エージェントのサポートを受けると、経験が浅い人や未経験からでも採用されやすくなるでしょう。

Uターン転職など、個別の要望がある場合でも適切な転職活動の進め方を提案してもらえるので、まず利用するのがおすすめです。

Uターンしたい第二新卒におすすめの転職エージェント

第二新卒の転職では、若手の転職に対応している転職エージェントを活用するのが大切です。

地方都市であればオフィスを構えて対応しているエージェントも多いですし、オンライン面談に対応している場合もあります。

転職を希望する地域の求人が少ない場合は、対応地域の広い大手であるリクルートエージェントdodaを併用しましょう。

第二新卒に強い転職エージェント

DYM就職 就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 20代
オフィス所在地 東京、大阪、北海道、仙台、静岡、愛知、京都、岡山、広島、福岡(オンライン面談可) 東京、神奈川、宮城、大阪、愛知、広島、福岡、熊本
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK フリーター、既卒、中卒も可
支援実績 20000名以上を支援 利用者累計10万人超
特徴 書類選考なし
優良企業2千社
就職率96%
書類選考なし
優良企業8千社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)

第二新卒のUターン転職では理由付けと利用するサービスが重要

第二新卒のUターン転職では、若さと将来性の他、その地域で仕事をしたい理由付けが重要になります。

大きな空白期間を作らず、転職を成功させるためには第二新卒に対応できる転職エージェントを利用しましょう。

第二新卒を採用したい会社とのパイプを持っているので、地方で就職したい第二新卒でも効率的に就職活動が進みます。

適切な就職・転職エージェントを活用して、希望通りの仕事を見つけてください!

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事