最終更新日:

既卒ニートだって就職できる!心を整えて就活に臨もう!

既卒ニートだって就職できる!心を整えて就活に臨もう!

結局就職できないまま大学を卒業してしまった。今は実家でこもりきりでアルバイトもしていない。世間から隔絶された生活で今更社会復帰できないのではないか。もう就職は諦めるしかないのだろうか。このように絶望している人も割と多いかもしれません。

  • 既卒でニートになったらもう終わり?
  • 既卒ニートでも就職できるんだろうか?
  • 既卒ニートが就職するためのポイントを知りたい

今回は自称既卒ニートのみなさんが明るい将来を思い描けるような内容の記事です。

そもそもあなたはニートではない

既卒ニートと書きましたが、そもそもあなたはニートではありません。ニートとはNEETと書き、Not in Education, Employment or Trainingの略です。直訳すると教育を受けておらず雇用もされず、訓練も受けていないという意味です。

ここでいう訓練とは「将来仕事をするための準備」といったニュアンスのため、就職活動をしている人は厳密に言うとニートではないのです

「それはあくまで用語としての話で就職が難しい状況なのに変わりはない」かもしれません。もちろん既卒で無職が10年続きその間アルバイトもほとんどしていないような状況では、正社員としての就職は難しくなっていくでしょう。

しかし、まだ卒業してそれほど時間が経っていないのであれば、極論無職であることを気にする必要は皆無です。堂々と社会生活を営み就活に臨めば良いのです。

3年間は新卒として扱われる場合もある

あくまで原則としての話ですが、厚生労働省が打ち出した指針で「卒業後3年間は新卒として扱う」ことを推奨しています。これにより正社員経験のない既卒でも、正社員経験のある第二新卒でも、卒業後3年間は新卒として採用してくれる場合があるのです。

もちろん卒業してすぐの既卒と卒業してから2年間無職だった既卒を同列に扱えません。しかし3年間は猶予期間と捉えられます。実際に大手企業を中心に卒業後3年以内の既卒を新卒と同じ枠で採用するのは珍しくありません。

ですので、既卒ニートだからといって絶望する必要は全くありません。「3年以内に理想の正社員就職をできればいいや」くらいの気持ちで、まずは自分のペースで行動開始してはいかがでしょうか

実際既卒ニートが就職できるか

「そんな綺麗事言うけれども、就職できると言ったってブラック企業とか、大卒じゃなくても入社できる中小企業とかなんじゃないの?」と思う人もいるかもしれません。しかしその考え方はあまりにも世間に流されすぎています。

そもそも、「いい企業に就職したい」前に「自分が何をしたいのか」「自分がどうなりたいのか」と言うことを突き詰めて考える必要があります。それがないのに単に「定時であがれて上司がウザくなくて給料が良くて休みが多い会社」と言うくらいの気持ちで就活をしていると、結局企業の悪いところばかりが目についてどうにも気乗りしない就活になってしまうのです。

在学中は闇雲に応募してことごとく選考に落ちた人もいるでしょう。その場合スタート地点が間違っている可能性があるので、既卒になって同じことをしていてはダメです。もちろんその方法で就職に成功した人もたくさんいますし、そのような同期と比べて劣等感を抱いてしまうこともあるでしょう。しかし、あなたの人生なので他人は関係ありません。あなたに合ったやり方を試行錯誤し続けることが必要なのです。

アルバイトをしていないニートなのであれば時間はたっぷりあるはずです。「仕事を探さないといけない」ではなく「どんな生き方をしたいか」「どんな仕事をしたいか」をじっくり考えてみましょう。

もし「やりたい仕事がない」「このままの生活を送りたい」と言うのであれば「このままの生活を送るためにはどうすべきか」を考えれば良いのです。そこを突き詰めていくともしかすると就職する以外でお金を稼ぐ方法を見つける人もいるかもしれません。また、そのノウハウを身につけられる企業なら就活してもいいと言う気持ちになる可能性だってあります。

仕事をするのはお金を稼ぐため、生きていくためです。あなたの好きな生き方ができれば他の人の評価や世間体は本来気にする必要がありません。ただ、正社員になっておけば何かと人生で有利なことが多いため、どうせなら正社員就職が有利なうちにしておいたほうがいいだけの話です。

既卒ニートが就活を成功させるためのポイント

それでは実際に既卒ニートが就活を成功させるためにはどのような点に注意すべきなのでしょうか。既卒ニートが気をつけるべきはテクニックよりも心持ちです。

既卒になった理由と現状についてきちんと話せるように練習する

全ての既卒が頭を悩ますのが「面接の際に既卒になった理由をなんと話すか」です。おそらく既卒ニートになった皆さんは印象を良くする話し方がわからず、面接でも受け答えに毎回失敗してしまう人もいるのではないでしょうか。

もちろん立派な理由があるに越したことはないですし、たとえ無くても破綻なく話をでっち上げられればそれでもいいかもしれません。しかし、自分には無理だと思うのであれば、正直に話したほうが印象は良いです。極論、「在学中はことごとく面接に落ちてしまい、自信をなくしてしまった。途中から面接恐怖症にもなり就活ができなくなった」など言ってしまえばいいのです。

もちろんその時点で落ちる企業もあるでしょうが、むしろそのほうが良いのです。入ってから合わなくて辛い思いをする企業に入社する危険を回避できたと考えましょう。

重要なのは現在とこれからの話です。「結局就職できないまま卒業してしまい、無職の状態です。ただ、今後自分がどのような生き方をしたいのかを見つめ直し、何がしたいのか突き詰めて考えた結果〜」のように自分の現状を変えたい思いを伝えましょう。

受からなくても思いつめないこと

志望企業で上手に話せなかった、あまりまともに話を聞いてもらえなかったと感じ、凹むこともあるでしょう。しかしそこで「自分は社会で必要とされていないんだ…」とまで落ち込んでしまうのはやりすぎです。

逆に考えてみましょう。「話づらい空気を作って面接する会社」「まともに話を聞いてくれない担当者がいる会社」で働きたいと思いますか?少なくとも働きやすくはなさそうです。

就活はあなたにも入社する会社を選ぶ権利があります。落とされても卑屈にならず「入社してもろくなことにならなそうだから、気にせず行こう」と考えましょう。

業界や職種の志望理由を可能な限り明確にする

志望理由を明確にするといっても「家から近かったから」「給料が良かったから」を第一の理由にしてはいけません。それはあなたにとってのメリットで、企業にとってのメリットではないからです。

企業にとって社会人未経験の新卒や既卒を正社員として採用するメリットは、組織の中核を担う人材を育成できることです。つまり企業の経営や新たな価値の創出に関わってほしいから採用するのであって、単に給料分の作業をしてもらうだけなら派遣社員やアルバイトに時給分の給料を払ったほうがいいのです。

ですので、志望理由は「企業に入って何をしたいか」とか「この部分に興味を持った」「こういう自己実現をしたい」などに焦点を当てて話しましょう

既卒ニートは全く問題なし!

既卒ニートでも就職はできます。ただし、就活を行わなければもちろん仕事は決まりませんし、既卒ニートの期間が長くなれば長くなるほど正社員就職の難易度は上がります。歩みを止めないこと、自分を責めないこと、他人の評価を気にしないことを心がけて、自分のために就活を行いましょう!

一人での就職活動が不安な場合は就職エージェントの力を借りるのも一つの手です。以下の記事で既卒におすすめの就職エージェントを紹介していますので参考にしてみてください。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかるアプリ「MIIDAS(ミイダス)」も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ

年収500万円から利用できるハイクラス転職サイト。
求人の3割以上が年収1,000万円超え!登録時に入力した情報をもとに企業から直接スカウトされる。

中でも「プラチナスカウト」を受け取ると企業やヘッドハンターと必ず面談できる。キャリアアップを望む人は必ず登録しておきたい転職サービス。

関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事