最終更新日:

既卒者の就職率は低い?数字に惑わされず確実に正社員になる方法も紹介

既卒者の就職率は低い?数字に惑わされず確実に正社員になる方法も紹介

既卒は新卒と比べて就職できる可能性が低い

そんな話を耳にして不安に感じている既卒者の方は少なくないでしょう。

しかし、実際の所、既卒者の就職率はどれくらいで、本当に就職は難しいのでしょうか?

本記事では既卒者の就職率について、そして就職率に関わらず既卒者が就職するための方法を紹介しています。

数字に惑わされずに確実に正社員になりたい人はぜひ参考にしてください。

就職率なんか気にせず
確実に正社員になりたい方は
就職エージェントの利用がおすすめ
↓↓↓

既卒者の就職率は参考にならない

マイナビの「2019年度マイナビ既卒者の就職活動に関する調査」によれば、2019年度の既卒者の正社員就職率は43%でした。

およそ2人に1人が就職できている計算になり、この数字はここ3年ほどはほとんど変わっていません。

既卒者の内定率※内定率=就職率

一方新卒の就職率は82.6%。これはほぼ就職できていると考えて良い数字です。

2020年度は新型コロナウィルスの影響で既卒者の就職率が「34.4%」、新卒の就職率が「77.6%」へと落ち込みました。

しかし、既卒者は新卒と比べて就活の状況にばらつきがあるため一括りにはできません。

学校を卒業して半年の既卒者と2年の既卒者では就職できる可能性は当然変わりますし、受ける企業も違います。

そのため、既卒者の場合は数字はあまり参考にならないと考え、目の前の就職活動に集中する方が大切でしょう。

\ 本気で就職したいなら既卒専門の就職エージェント /

既卒者の就職率が低くなる要因

既卒者は就職活動の状況が人によって様々なため、就職率はあまり参考にならないとお伝えしました。

とはいえ、どうして既卒者は就職率が低いのでしょうか?

ここでは、既卒者の就職率が低くなる要因について解説していきます。

    ■ 既卒者の就職率が低いと言われる要因

  1. 既卒者の就活は競争率が高い
  2. 就職活動量の低下

既卒者の就活は競争率が高い

既卒者の就活市場には一度就職をしたにも関わらず、すぐに退職して就活を行なっている就活やり直し組の人も多く存在します。

ですので、一口に既卒者といっても社会人経験のある人とない人がおり、ある意味競争は激しいのです。

一度就職している既卒者は厳密には「第二新卒」と呼ばれます。

就職活動量の低下

既卒者は時間が経てば就活の行動量が減少する人が多いようです。

2018年度に卒業した既卒は平均してその年18.7社エントリーしているのに対して、2017年度以前に卒業した既卒者は9.1社のエントリーでした。

人によって理由は様々かと思いますが、エントリー数が減れば就職率が低くなるのは当然と言えるでしょう。

既卒者の就職率を少しでも上げるには

就職に失敗した理由のアンケート調査では「自己分析が不十分だった」が51%、「企業研究が不十分だった」が40%と、この2つの理由だけで全体の9割を占めています。

企業研究については、自分のやりたい仕事や自分の強みが明確になり、それを活かせる企業がここしかないといった強い思いがあれば自ずとできるようになるとも言えるでしょう。

つまり、既卒者が就職率を少しでも上げるためにまず大切なのは、自己分析を徹底的に行い、自分の強みや心からやりたいと思える仕事を明確にする作業です。

既卒者の自己分析におすすめの方法

自己分析が大切なのはわかっても実際にどう分析すればいいかわからない人も多いかもしれません。

ここでは、既卒者の自己分析におすすめの無料診断ツールを2つご紹介します。

どちらの診断も高い精度を誇っていますので、まずはツールから自分を知っていく方法もいいでしょう。

    ■ 自己分析におすすめの無料診断ツール

  1. 強みを診断する「グッドポイント診断」
  2. 市場価値を見出す「ミイダス」

強みを診断する「グッドポイント診断」

人の本当の強みとはその人にとって「できて当たり前」である場合が多いため、自分で気付くのは困難だと言われています。

しかし自分の本当の強みがわかれば、それを元にやりたい仕事や向いている仕事が見えてくるので就職活動が非常に効率的に

そのためにおすすめのツールが、18種類の強みの中から自分の持つ5つを診断できる『グッドポイント診断』です。

18種類の強み

簡単な質問に答えていけば15分程度で診断できる手軽さな上に、業界最大手の「RECRUIT」が開発しているため、診断結果の精度も信頼性も抜群です。

利用するには転職サイトのリクナビNEXTへの登録が必要ですが、誰でも無料で簡単に登録できます。

自分の強みや適性を知り、新しい分野へチャレンジするのもいいでしょう。

* あなたの5つの強みがすぐわかる *

市場価値を見出す「ミイダス」

既卒者の中には自分に自信をなくしてしまい、本来の実力を大幅に低く見積もった就職活動をしてしまう場合があります。

それを防ぐためには、自分の市場価値を知るのが非常に有効です。

そんな時におすすめなのが、自分の市場価値を“見いだす”アプリ「ミイダス」。


ミイダストップページ

dodaを運営するパーソルキャリアの新ブランドで、同社が持つ膨大な過去の転職者データから自分のキャリアの分析が可能になります。

簡単な質問に答えるだけでおおよその年収が算出され、自分の今の市場価値がわかります。

更に優良企業170,000社にあなたの経歴が公開され、あなたを必要としている企業からオファーが届くといったシステムになっています。

【公式サイト】https://miidas.jp/
市場価値を5分で算出!

一番確実なのは就職エージェントの利用

就職率の低い既卒の就活で確実に結果を出すためには、就職エージェントを利用するのが最も効果的です。

特に既卒者専門の就職エージェントを利用すれば以下のようなメリットがあるので、就職率に惑わされず確実に正社員を目指したい方はぜひ利用してください

    ■ 就職エージェントのメリット

  1. 状況に合わせた求人を紹介してくれる
  2. 求人サイトにはない非公開求人もある
  3. 厳選された優良企業に出会える
  4. エージェントによっては書類審査不要
  5. 利用は完全無料

ここでは既卒者専門の就職エージェントを4つ紹介します。(※複数社に登録して併用するのもおすすめのやり方です。

就職エージェント早見表

サービス名 特徴 どんな人に
おすすめ?
マイナビジョブ20’s 首都圏・関西・東海の求人が中心。既卒向け求人が豊富 良い求人の選び方がわからない人
就職shop 全ての求人が未経験歓迎で書類選考不要 書類を書くのが苦手な人
ハタラクティブ 内定率80.4%。カウンセリング実績6万人以上 じっくり話を聞いてほしい人
第二新卒エージェントneo 職歴なしからの転職成功実績1万人以上。面接対策の満足度が高い 面接が苦手な人
JAIC(ジェイック) 既卒専門の無料就活講座あり。就職成功率は81.1% 今の自分に自信がない人
詳細は後述

就職エージェント比較表

マイナビジョブ20’s 就職shop
サイト
年齢層
20代
サポート対象者
20代/既卒・第二新卒/フリーター/初めて就職/転職相談
支援実績 年間約3万4000人が登録 4人中3人が正社員未経験から内定獲得
特徴 首都圏・関西・東海の求人が中心。既卒向け求人が豊富 全ての求人が未経験歓迎で書類選考不要
公式
サイト
ハタラクティブ 第二新卒エージェントneo
サイト
年齢層 20代 18歳~28歳の就職/転職支援実績2万人超
サポート対象者
20代/既卒・第二新卒
フリーター/初めて就職/転職を検討する人
支援
実績
内定獲得まで最短1週間以内
内定率80.4%
内定獲得まで最短3日
特徴 内定率80.4%。カウンセリング実績6万人以上 職歴なしからの転職成功実績1万人以上。面接対策の満足度が高い
公式
サイト

研修付きの就職支援を受ける

既卒者の中には、「面接でアピールできるようなスキルや経験は全くない」と考えている方もいるかもしれません。

そんな方におすすめなのが、ビジネススキルを1から学べる研修と書類選考不要で20社と集団面接が可能な就職支援サービス「JAIC(ジェイック)」です。

JAICは既卒者だけでなく、フリーターやニートなど社会人経験がない・少ない方を対象にした就職支援サービス

企業に新卒入社した人が受けるのと同等の研修を事前に受けられるため、既卒者だからといって引け目を感じる必要がなくなります。

社会人として必要な能力を事前に習得してから余裕を持って就職したい方には非常におすすめのサービスです。

ジェイック(JAIC)

社会人未経験からの就職成功率80%超!
18~39歳なら誰でも研修に参加可能。
ビジネス基礎から面接対策まで、
就職活動に必要な全スキルを一気に学べる!

就職率に惑わされず既卒でも正社員を目指そう

既卒の就職率43%は確かにいい数字ではないかもしれません。

しかし、それを自分が内定を取れない理由にしても意味がありません。

多種多様な既卒がしのぎを削る就活市場ですので、使えるサービスは全て利用しつつ、まずは自己分析と業界・企業研究を徹底し、活動量を落とさないよう頑張って下さい。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事