最終更新日:

既卒で契約社員や派遣社員は避けるべき?既卒に契約・派遣をすすめない理由

既卒で契約社員や派遣社員はやめとけ!長期的に損をしないための選択とは

「既卒に契約社員はおすすめできない?」
「既卒は契約社員で働きにくい?」
「既卒でも契約社員以外の選択肢はある?」

就職活動を始めようと思っていても、既卒で契約社員になるメリットやデメリット、就職活動の進め方がわからず悩んでいる人は少なくありません。

既卒者は自己分析や企業分析を徹底すれば選考の通過率が上がり、就職エージェントを活用するとより効率的に就職活動が成功します

本記事では、既卒で契約社員を避けるべき理由とメリット・デメリット、就職成功法を詳しく解説していきましょう。

【既卒者向け】
就職エージェントはこちら
↓ ↓ ↓

既卒が目指す正社員・契約社員・派遣の違い

既卒の求人には正社員・契約社員・派遣社員など違った雇用形態の記載があるけど具体的な違いはなんだろう?

正社員・契約社員・派遣社員はそれぞれ契約期間や契約先が違うのよ♪順番に見ていきましょ♡

既卒が契約社員以外で目指せる正社員

一般的に「正規雇用」と呼ばれ、働いている企業と直接雇用契約を結ぶのが正社員です。

契約社員や派遣社員とは異なり、仕事での裁量が大きいのが特徴。

責任や負担は大きいですが、ボーナスや業績賞与の対象となり昇給もあるなど収入アップが見込めます。

就業期間に定めがないので、社内規定に違反する行為や自主退社をしない限り定年まで安定して働けるでしょう

既卒が目指せる契約社員

契約社員は正社員と同じく働いている会社と直接契約を結びますが、半年や1年など契約期間が決まっているのが正社員との違いです。

契約期間の長さに決まりはなく、契約更新の時期が近づくと双方の意思を確認して契約継続か契約終了を決定します。

ボーナスや業績賞与、昇給の対象かどうかは企業によって異なり、特殊な場合を除き契約社員は正社員よりも給料は低いです

契約社員は直接契約なのでスキルや実績を見て正社員登用する企業もあります。

既卒が契約社員以外で目指せる派遣

正社員や契約社員とは違い、働く会社ではなく派遣登録した会社と雇用契約を結ぶのが派遣社員です。

雇用期間は派遣会社や派遣先の会社、求職者の状況や希望を考慮して決定します。

契約期間が過ぎると次の仕事を派遣会社と相談して確定し、仕事内容は契約時に規定した業務のみです。

一般的にボーナスや交通費は支給されず、給料は時給制で派遣会社から振り込まれます。

派遣先の企業が希望すれば正社員として引き抜かれるでしょう。

既卒が契約社員・派遣社員になるメリット

正社員・契約社員・派遣社員は全然違うんだ!既卒が正社員ではなく契約社員・派遣になるメリットはあるの?

既卒が【契約社員】になるメリット

  1. 正社員よりも選考のハードルが低い
  2. 会社によっては社員登用がある

既卒が正社員ではなく契約社員になる1番のメリットは、選考通過率の高さです

会社によっては正社員登用があるので、効率よく就職活動を進めるために契約社員を目指す既卒者もいます。

社会経験のない既卒者や未経験の業界に挑戦する人には有力な選択肢になるでしょう

既卒が【派遣社員】になるメリット

  1. 最も採用率が高い
  2. 時給制で残業が少ない
  3. 会社によっては研修に参加できる

派遣社員は派遣会社の支援が受けられるので他の雇用形態と比べて最も採用されやすいです

基本的に時給制なので不要な残業を避けやすく、ワーク・ライフ・バランスが充実するのでメリハリのある生活を送れます。

派遣会社では様々な研修を無料で受けられるので、社会経験のない既卒者も安心して働けるでしょう

既卒が契約社員・派遣になるデメリット

既卒が契約社員・派遣社員になるメリットはあるけどデメリットも確認すべきよ♪一緒に見ていきましょ♡

既卒が【契約社員】になるデメリット

  1. 給料・待遇面で正社員より不利
  2. 人員整理の対象になりやすい
  3. 有効期限5年で雇止めになる
  4. 転職時にキャリアが認められにくい

契約社員は正社員と比べて給料が低く、福利厚生などの待遇面でも不利になります。

会社の業績が悪化すると真っ先に人員整理の対象となり失業のリスクも高いです

契約内容によっては転職時にキャリアが認められない人もいるので、契約時に作業内容も確認しておきましょう

既卒が【派遣社員】になるデメリット

  1. 希望しても契約更新されない
  2. 時給制なので給与が不安定
  3. ボーナスや交通費の支給がない
  4. 転職時にキャリアが認められにくい

派遣社員は時給制なので、体調不良での欠席や祝日・長期休暇など仕事が休みになると給料が下がります

ボーナスや交通費の支給がないので、時給が高くても年収にすると他の雇用形態よりも少なくなる人も多いです。

契約社員と同じく会社都合で契約が更新されない・転職時にキャリアが認められないのも不利になります

既卒に契約社員・派遣をすすめない理由

既卒が契約社員・派遣社員になるデメリットは多いんだ。具体的におすすめしない理由はなにかな?

  1. 辞めるタイミングを失いやすい
  2. 正社員ではない期間が延びる
  3. 収入や契約期間を気にした生活になる
  4. 次の転職が年齢的に不利になる

辞めるタイミングを失いやすい

契約社員や派遣社員として就職して、ビジネスマナーやスキルを身に付けてから正社員に転職しようとする既卒者は多いです。

働き出すと仕事と転職活動を両立できずに、収入面や雇用期間を考えて辞めるタイミングを失ってしまう既卒者が増えています

正社員ではない期間が延びる

既卒者は卒業後3年以内であれば新卒として求人に応募できます

契約社員や派遣社員は正規雇用ではないため、実績があっても転職時にキャリアとして認められません。

正社員の経験がない既卒にとって不用意に既卒期間を延ばすのは、大きなリスクがあると言えるでしょう

収入や契約期間を気にした生活になる

既卒に限らず、契約社員や派遣社員として働くデメリットは雇用の不安定さです

収入や契約期間を気にしたストレスのある生活が続き、雇い止め・契約更新されないなど急に収入が不安定になります

次の転職が年齢的に不利になる

契約社員や派遣社員として働く期間が長くなり、正社員としての経験がないまま年齢を重ねると転職は難しいです

一般的に転職しやすいのは20代までと言われ、年齢が上がるにつれて求人数は減少します。

安定した仕事に就きたいなら研修制度が整っている企業も多いので、できる限り早いうちに正社員を目指しましょう

既卒が契約社員ではなく正社員になる方法

既卒に契約社員が向かない理由はたくさんあるんだね。具体的にどうすれば正社員をめざせるのかな?

既卒が契約社員以外を目指すなら資格取得や自己分析、エージェントの利用がおすすめ♪順番に見ていきましょ♡

既卒は資格取得で契約社員にならない

既卒が契約社員以外に正社員を目指すなら、専門性の高い知識やスキルを持っている証明になる資格取得がおすすめです。

資格を取得すれば応募できる求人の幅が広がり、高収入・好待遇の企業へ就職できます

書店にある参考書や、資格を取得できる通信講座も豊富なので独学でも学習は可能です。

1人で内容を理解して疑問点を解決するには時間がかかるため、効率よく学習を進めたい人は通信講座の利用も検討しましょう

資格取得を目指す通信教育一覧

サービス名 特徴
ユーキャン 学習サポートが充実
受講料がやや高め
クレアール 価格がリーズナブル
テキストが白黒
ラーキャリ 学習期間の縛りなし
教材はテキストのみ
アガルートアカデミー 平均より高い合格率
初学者には不向き


既卒は自己分析で契約社員にならない

既卒で契約社員ではなく正社員を目指したい人は、自己分析をしておくと向いている業界やアピールすべきポイントがわかります

自分の性質・強みや就職市場価値を無料で診断できるサービスを活用すれば、スマホやパソコンで簡単に自己分析が可能です。

【グッドポイント診断】

自分の適性をすぐ知りたい人はリクナビNEXTのサービス「グッドポイント診断」を利用しましょう。

診断結果ではあなたならではの5つの強みが分かり、仕事の向き不向きの適性をチェックできます。

既卒の契約社員と診断

自己分析をしておけば自分に向いてる手に職とは何かがわかるわよ♡

グッドポイント診断の詳しい手順はコチラ→

【グッドポイント診断のメリット】
・リクナビNEXT会員限定で本格診断が無料
・どこでも手軽に診断可
・自分の強みを客観的に把握できる
・診断結果は求人応募時に添付OK
・自己分析の負担が軽減され就職効率アップ
\無料で手軽に適性がわかる!/

【ミイダス】

既卒の契約社員と診断【公式サイト】https://miidas.jp/

ミイダスはあなたの本当の価値を『見い出す』アプリで、簡単な質問に答えるだけ就職市場価値や行動特性、適正などを診断できます。

登録すると条件にマッチする企業からオファーが届くので、就職活動が効率的です。

ミイダスの適性診断の開始手順はこちら→

【ミイダスのメリット】
家で手軽に適性診断可
5分程度かつ無料で就職市場価値がわかる
スマホだけで企業からオファーが届く体制に
・オファーが届いた時点で面接確約
・求人を探す手間が省けて就職の負担を軽減

既卒は就職エージェントで契約社員にならない

既卒が契約社員ではなく正社員を目指すなら、既卒者向けの就職エージェントの利用がおすすめです。

    就職エージェントを利用するメリット

  1. 状況に合わせた求人の紹介
  2. 非公開・独占求人がある
  3. 厳選された優良企業に出会える
  4. エージェントによっては書類審査不要

就職エージェントは応募書類の添削や面接対策などの手厚いサポートがあります。

登録・利用はすべて無料なので、それぞれを比較して自分に合うサービスを選びましょう。

マイナビジョブ20’s 就職Shop
就職支援サービス
主な年齢層 24~29歳、24歳未満の既卒 20代
主なサポート対象者 東名阪の既卒、第二新卒 学歴不問・中卒でも可、フリーター
支援実績 年間3万人以上が登録 利用者累計10万人超
特徴 20代対象の求人のみ。ポテンシャル採用中心 書類選考なし
優良企業1万社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)

DYM就職 ジェイック
(JAIC)
就職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~35歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 中退者、フリーター、ニート
支援実績 経験が浅い若年層を積極支援 入社後の定着率91.5%
特徴 優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)


既卒は契約社員ではなく正社員に就職

既卒は正社員・契約社員・派遣社員それぞれのメリット・デメリットを理解すれば就職活動をスムーズに進められます。

少しでも選考通過率を上げたい既卒者は企業分析や自己分析を徹底するのがおすすめです

契約社員・派遣社員ではなく正社員を目指すなら、手厚いサポートのある就職エージェントを上手く活用し希望の就職を成功させましょう

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事