最終更新日:

ビズリーチのプラチナスカウトがスゴイ!その理由や特徴を紹介!

ビズリーチのプラチナスカウトがスゴイ!その理由や特徴を紹介!

ハイクラス転職を検討する際に、最近では必ずと言っていいほど名前を聞くのが「ビズリーチ」。そんなビズリーチの特徴の1つに「スカウト」というサービスがあるのをご存知ですか?中でもプラチナスカウトはキャリアアップをしたい方にはオススメです。今日はこの「プラチナスカウト」について、その特徴やオススメの理由を解説していきます。

スカウトサービス一覧

転職エージェント スカウトの種類 特徴 おすすめな人

ビズリーチ
プラチナスカウト 企業やヘッドハンターから送られる面談確約スカウト。書類選考免除や役員・社長との面接確約の可能性も。年収300万以上UPの実例あり。 年収500万以上の方におすすめ。
通常スカウト ヘッドハンターからのみ送られるスカウト。面談や求人応募を勧められる。 年収500万以上の方におすすめ。

doda
プレミアムオファー 面接確約のオファーで内定も通常のオファーより繋がりやすい。 25歳~30歳で、ある程度の経験がある人に届く。
オファー 非公開求人のオファー
条件の良い求人が見つかる可能性UP
スカウトサービスを登録し、WEB履歴書をしっかり記入していれば届く可能性あり。
エグゼクティブオファー 非公開求人のオファー
年収1,000万以上や経営幹部クラスの求人多数。
dodaの登録者でキャリアに自信のある人。サービスの詳しい利用方法はこちら

リクルートエージェント
面接確約 書類選考がなく面接確約。 幅広い年齢層に対応し、経験がある人に届く。
企業スカウト 書類選考はあるものの、書類通過率は通常応募の3倍。 幅広い年齢に対応している。
担当者セレクト 担当キャリアアドバイザーから送られてくる求人情報。自分で探す手間が省けるのが特徴。 幅広い年齢層に対応している。

ビズリーチのスカウトってどんなサービス?

登録した職務経歴書を元に、企業やヘッドハンターから直接勧誘を受けるサービスです。一般に公開していない秘匿性の高い求人や、自力で探し出すことが難しいような情報を受け取れます。ビズリーチの場合は、通常スカウトとプラチナスカウトの2種類のスカウトが存在します。

転職につながる2つのアプローチ
(※1)

スカウトって企業側から連絡が来るサービスなんだね。
これって求職者は職務経歴書を書いて待ってればいいの?

そうよ☆当然求職者から応募するよりも企業側からスカウトが来た方が採用確率は高くなるわ♪しかもビズリーチのスカウトでは、社長や役員から直々の連絡もあるそうよ♡

ヘッドハンティング型ハイクラス転職サイト。
年収600万円以上の対象者からの求人内容評価No.1!

>>ビズリーチでスカウトを受けてみる

面談確約って本当?通常スカウトとプラチナスカウトの違いとは

届いた時点で面談/面接が確約されている

プラチナスカウトは、届いた時点で面接が確約されている「特別なスカウト」です。職務経歴書に記載された経歴やスキルを見て、求める経験やスキルを備えていそうだと判断された場合に、企業やヘッドハンターから届く可能性があります。中には「役員面接確約」や「社長面接確約」といったスカウトも存在します。ただし、ヘッドハンターからのプラチナスカウトの場合、企業ではなく、ヘッドハンターとの面談確約なだけの場合もあるので注意が必要です。

よく混同されがちだけれど、「面談」は「双方がお互いを理解するために話をするもの」、「面接」は「企業が候補者を採用するかどうか評価するもの」、といった違いがあるわ☆ヘッドハンターから「面談確約」のスカウトが来たとしても、企業との面接が確約されているわけじゃない場合もあるから注意しなさい♡

無料会員でもメッセージの閲覧と返信が可能

ビズリーチにはスタンダードプラン(無料会員)とプレミアムプラン(有料会員)が存在します。通常スカウトの場合、プレミアムプランでないと閲覧や返信ができませんが、プラチナスカウトの場合は、スタンダードプランでも閲覧や返信ができるといった違いがあります。そのため、これまでの経歴やスキルに自信のある方は、スタンダードプランでも高収入求人に応募できるかもしれません。

プラチナスカウトっていうだけあって、やっぱり特別なんだね。
でも登録すれば誰にでも来るってわけじゃないんでしょ?

残念だけどその通りよ☆職務経歴書を見て企業側が会いたい!って思う子にだけプラチナスカウトが届くの♪割合としては、全体の3~4割くらいがプラチナスカウトってところかしら♡

ビズリーチのプラチナスカウトがキャリアアップにオススメな理由

自分の市場価値を知り、無理のないキャリアアップができる

いくらキャリアアップしたくても、自分の能力以上の求人に手を出しては採用に繋がりません。しかし、自分の能力を過小評価してしまえば、本来狙えた案件を妥協してしまうかもしれません。
つまり、キャリアアップをするには、自分の市場価値を正しく把握することがとても重要なのです。
その点でプラチナスカウトは、職務経歴書の内容をしっかり読んだ企業やヘッドハンターからのリアルな評価を元に送られてきますので、自分の市場価値を図るためには最適のサービスと言えるでしょう。自分の経歴やスキルを活かしつつ、自分にとって無理のないキャリアアップをしたい方にはとてもオススメです。

無茶な応募で不採用が続くと、かえって自信をなくしそうだね。
キャリアアップするためには、自分の市場価値を知ることも大切なんだ!

優秀なヘッドハンターとつながりができる

ビズリーチではヘッドハンターの評価をS~Dまででランク付けした、「ビズリーチスコア」があります。中でもS/Aランクのヘッドハンターは全体の2%しかおらず、多くの高収入求人を抱えている人ばかりです。また、ヘッドハンター側がビズリーチを利用するための条件も他の転職サイトに比べて厳しく、ある程度の実績がないと利用できないようになっています。そんな優秀なヘッドハンターとつながる可能性があるのも、プラチナスカウトがオススメの理由です。

ビズリーチスコアは以下の3項目を元に評価された5点満点のスコアです。
 ・直近6カ月間の採用決定人数
 ・採用された会員様の決定年収
 ・送信したプラチナスカウトの返信率

ビズリーチは利用するだけでお金がかかる、少し敷居が高い転職サイトと言えるわ☆でもその分、ユーザー(求職者)の質が高いと評判なの♪だから自然と優秀なヘッドハンターが集まってくるってわけね♡

ビズリーチの「ヘッドハンター」について詳しくはこちらの記事をチェック↓

ビズリーチ[BIZREACH]公式サイト

ビズリーチでもプラチナスカウトが来ない場合は?

プラチナスカウトがスゴイのはわかったけど、きっと僕の所には来ないよ…少しでも多く受け取るコツみたいなのはあるの?

大丈夫☆ちゃんとあるわよ、プラチナスカウトを多く受け取るコツが♪これから説明するから一緒に見ていきましょう♡

職務経歴書を充実させる

プラチナスカウトが面接確約なのは、職務経歴書の内容で書類審査を通過しているからです。そのため、職務経歴書の内容が評価されなければプラチナスカウトが来ることはありません。採用担当者にしっかりと内容が伝わるよう、職務経歴書を充実させておくことが最も重要になるでしょう。特に「職務要約」「スキル」「職務経歴」は重要で、これがあるかないかで転職成功率も大きく変わってくるようです。それぞれの書き方のポイントを以下にまとめます。

職務要約

職務要約とは、後述する「スキル」を簡潔に説明するためのものです。ただし、これまでの経歴を箇条書きで書くのではなく、400文字程度のストーリーに組み立てて書きましょう。また、成果や実績を書く時には具体的な数字を入れるようにすれば、より説得力が増します。

☆レディのワンポイントアドバイス★

職務要約では、主観的な表現を避けた方がいいわ☆客観的な視点で事実だけを伝えることを意識してみて♡

スキル

スキルは職務経歴書の核となるものです。職務要約との一貫性も意識しつつ、これまでの経歴から5~8個ほど記載するとよいでしょう。ただ、やみくもに書いてもどの仕事ができるかわからない、という印象を与えてしまいます。これまでの業務内容や役割につながるもの、成果や実績につながるもの、業界特有のものなど、自分の経歴を説明する上で必要なものだけに絞って記載した方が良いでしょう。

☆レディのワンポイントアドバイス★

単語の羅列ではなく、簡潔な文章としてスキルを説明した方がいいわよ☆例えば「マネジメント能力」ではなく「複数組織をまとめるマネジメント力」みたいな感じね♡

職務経歴

職務経歴は、記載したスキルを証明するためのキャリアヒストリーです。職務要約よりもさらに詳細な数字や実績を用いた構成にしましょう。
また、職務経歴書内で注目されるのは「直近の業務内容と実績」です。今までの経歴をすべて書く必要はなく、重要な経歴にボリュームを持たせるようにしましょう。

☆レディのワンポイントアドバイス★

1つの業務内容ごとに、3行を目安に作成すると読みやすくなるわよ☆あと、当然だけど「企業名」「役職・部署名」「在籍期間」は正確に記載することね♡

ログイン間隔をなるべく空けない

採用担当者が応募者を検索する場合、最終ログイン日時が新しい応募者から順に表示されるような仕組みになっています。また、ログイン頻度が高いほど「転職意欲が高い、積極的に活動している」と判断されるでしょう。どれだけいい職務経歴書を作っても見てもらえなければ意味がないので、プラチナスカウトをもらうためにもこまめなログインを心がけましょう。

恋愛も転職活動もマメな子がモテるってことかしらね♪
キャリアアップ実現のためだからできる努力は全てやっておきましょ☆

他社のスカウト機能も活用する

職務経歴を充実させ、頻繁にログインしてもプラチナスカウトが来ない場合はビズリーチ以外の転職サービスにおけるスカウト機能を利用しましょう。
例えば大手のdodaには「エグゼクティブ向け」のスカウトサービスが存在します。年収1千万円以上重要なポジションでの求人が多いことが特徴で、ハイクラス向けのビズリーチを利用しているあなたが目指すところに近いのではないでしょうか。扱っている企業が同じではないので、ビズリーチでスカウトが来なくてもdodaなら来る可能性は十分にあります。ちなみにdodaには通常の「スカウトサービス」も用意されているのでキャリアに自信がない人も安心です。どちらも無料で利用できます。

dodaのスカウトサービス利用の流れ

  1. doda」に登録する。
  2. TOPページより「エグゼクティブ」or「スカウトサービス」を利用開始する。
  3. 「オファー」がキャリアアドバイザーまたは企業から届く。
  4. スカウトメールに返信する
  5. キャリアアドバイザーからの場合は「情報提供・案件紹介」。
  6. 企業へ推薦される or 応募する。
  7. 書類選考(免除されることもある)。
  8. 面接を通過すれば内定獲得。

さらに、同じく大手のリクルートエージェントにもスカウトサービスがあります。業界最大手だけあってその求人数の多さはナンバー1です。最大手ならではの厳重な管理体制が整っているので、秘密で転職活動している人も安心して利用できます。ハイキャリア層向けのビズリーチでスカウトが来なくても、一般層向けの転職エージェントに登録すればスカウトが届くことがあります。こちらももちろん利用は無料です。doda、リクルートエージェントどちらも「面接確約のスカウト」は存在します。

リクルートエージェントのスカウトサービス利用の流れ

  1. リクルートエージェント「転職支援サービス」に登録する。
  2. メールでアカウントの利用方法(ID・パスワードなど)が届く。
  3. 申込の翌日~7日程度でキャリアーアドバイザーから連絡が入り、面談日時を決める。
  4. 求職者専用サイト「パーソナルデスクトップ」内で「レジュメ」を作成しスカウトサービスの設定をする。
  5. 求人企業またはリクルートエージェントのキャリアアドバイザーからスカウトメールが届く。
  6. スカウトメールに返信する
  7. 書類選考(免除されることもある)。
  8. 面接を通過すれば内定獲得。

求職者が優位に立てる「スカウト」はビズリーチのものだけじゃないのね。審査を通過したアナタならきっと他社ではひっぱりだこよ☆

リクルートエージェントのスカウトについて詳しくはこちらの記事をチェック↓

ビズリーチのプラチナスカウトを使いこなしてキャリアアップを目指そう!

キャリアアップをしたいならビズリーチのスカウトを利用しないともったいないね!

自分の経験やスキルを活かしつつ、キャリアアップする求人を自力で探し続けるのはとても大変だわ☆その点、ビズリーチのスカウトなら、職務経歴書さえ充実させておくだけで、向こうから連絡が来るんだもの♪これを使わない手はないわよね♡

もし優秀なヘッドハンターとつながれたら、キャリアアップの可能性が一気に上がるのも魅力的だよね!

今すぐ転職する意思はなくても、市場価値を知る目的だけでも十分に利用する価値はあると思うの☆もし迷っているのなら、まずは無料会員に登録してみることをオススメするわ♡

(※1 出典:ビズリーチとは|選ばれた人だけのハイクラス転職サイト【ビズリーチ】)


RECOMMEND

関連記事