最終更新日:

40代はビズリーチで転職可能?転職成功への秘訣を大公開

40代はビズリーチで転職可能?転職成功への秘訣を大公開

「40代でもビズリーチを利用できるのか」
「ビズリーチで転職できるか」

ビズリーチが気になっているけど、40代で利用できるのか疑問に感じている人も少なくありません。

ビズリーチは30代・40代のハイクラス層をターゲットにしており、30代以上に支持される転職サービスでNo.1を獲得しているため40代でも転職可能です。

本記事では、40代がビズリーチで転職できる理由や転職成功のコツをご紹介。

40代で年収・キャリアアップを狙うなら必読の一記事!

40代はビズリーチで転職可能

ビズリーチは、30~40代のハイクラス向け転職サイト。

30代以上に支持される転職サービスでNo.1※1を獲得した実績や40代の転職成功実績がある2点から、40代はビズリーチで転職できると言えます。

40代はビズリーチで年収・キャリアアップを狙える

ビズリーチでは、企業やヘッドハンターが転職希望者にスカウトを送るダイレクトリクルーティング制度を導入。

経験やスキルがある40代は様々な企業から声が掛かり、選択肢が広がります。

スカウトは、職務経歴書を元に送付されるのでキャリアアップが実現できると共に、年収交渉しやすく年収アップも期待できるのです。

ビズリーチ 実力のある40代を逃さない

ビズリーチは、優秀なヘッドハンターに出会えるサービスNo.1※1を獲得するほどヘッドハンターへの満足度が高い転職サイトです。

ビズリーチに登録しているヘッドハンターは、約4,400人スカウトからの転職成功者は8割以上と実力者を逃がさない優秀なヘッドハンターが揃っています。※2020/10現在

40代がビズリーチで転職成功させるコツ

40代がビズリーチで転職成功させるには、下記の6点がポイントです。

  1. ”惹かれる”職務経歴書を意識する
  2. スカウト案件に応募する
  3. 1日数分でもログインする
  4. 求人に直接応募する
  5. ヘッドハンターを活用する
  6. 転職サイト・エージェントを併用する

情報を充実させ常に最新を心がける

企業やヘッドハンターは、登録者の職務経歴書を経験した業種・職種やキーワードで検索し、欲しい人材にメッセージを送ります。

そのため、情報を充実しなければ、スカウトが来ないどころか検索結果にも表示されません。

≪企業側の職務経歴書検索ページ≫
ビズリーチ 求職者検索

※2

検索にヒットしても、経験年数やスキルを過少表現すると”対象外”になるので正しく記入し、常に最新を心がけましょう。

≪企業側の職務経歴書検索結果ページ≫

※2

■ 企業名、役職や部署名について
企業名や役職・部署は自由編集できるので、一目で分かりやすく具体的に書くと目に留まりやすい。「商社」「部長」のように曖昧なものは避ける。

スカウト案件に応募する

職務経歴書を作成すると、スカウトが受信できます。スカウト案件に多く返信すると転職成功率は上がりますが、注意が必要です。

≪スカウトの選別基準≫
・職務経歴書を見て送られてきた内容か
・希望業種、職種に合った案件か
・ヘッドハンターランクや実績はどうか

また、スカウトには”通常スカウト”と”プラチナスカウト”の2種類あります。

≪スカウトの違い≫

通常スカウト
経歴・スキルに興味をもったヘッドハンターがスカウトを送ります。※無料会員だと閲覧や返信ができません。

プラチナスカウト
企業やヘッドハンターからの面談確約スカウト。社長オファーやいきなり役員面接に進める可能性もあります。※有料・無料関係なく返信や応募ができます。

上記を意識しながら、応募するスカウトを選定し返信するかを見極めましょう。



1日数分でもログインする

企業やヘッドハンターの職務経歴書検索結果は、スキルや経歴だけでなく頻繁にログインしているユーザーにも考慮されているのです。

ログイン履歴がある登録者が上位表示されるシステムなので、一日数分でもスカウトの状況を見るなど転職意欲を示すとスカウトされやすくなります。

希望求人に直接応募する

求人は、スカウトを待つだけでなく直接応募も可能。

ビズリーチは、年収1,000万円以上・部長クラス以上・30代以上から下記2つのNo.1を獲得しているので、直接応募でも良質な求人に出会えると言えます。

■ ビズリーチが獲得したNo.1
・自分の役職と同等以上の求人が多い
・自分の個人年収と同等以上の求人が多い

ヘッドハンターを活用する

ビズリーチで転職成功させるには、ヘッドハンターをいかに活用するかです。そのためには、転職希望者も攻めの姿勢で活動する必要があります。

≪活用方法≫

複数人とコネクションを作る
個人によって企業に特化した強みや業界知識が異なるため複数人から情報収集・アドバイスをもらう

ヘッドハンター検索機能を活用する
希望業界などに強いヘッドハンターを見つけて保有案件に応募。転職のパートナーとしてサポートしてもらい、転職成功への可能性を高める

複数のヘッドハンターと関り、必要な知識を抜粋していけば企業や業界に強くなれます。ヘッドハンターを有効活用して、転職活動をスムーズに進めましょう。

その他転職サイト・エージェントを併用する

転職サイト・エージェントを併用すれば、求人やサポートの幅を広げられ転職が実現しやすくなります。

40代もサポート対象になっている、ビズリーチ以外の転職エージェント・サイトを併用するといいでしょう。

40代ハイクラス層におすすめ転職サイト

JACリクルートメント キャリアカーバー
転職サイト
JACリクルートメント
キャリアカーバー
年齢層 30代~50代
タイプ 転職エージェント スカウト制転職サイト
入会審査 なし
実績 転職支援実績約43万人 転職時の平均年収900万円
特徴 アドバイザーの質が高い 年収600万円以上の人向け
面談 ~19時半
※土日祝要相談
ヘッドハンターとのやり取りで各自調整
案件年収 600~2,000万円
主な
業種・職種
外資系企業
技術/専門/管理職
IT系・管理職/役員・経営
公式サイト
iX
転職サイト
iX公式サイト
年齢層
タイプ スカウト制転職サイト
入会審査
なし
実績
特徴 長期の付き合いで市場価値を向上させるサポートが受けられる
面談 ヘッドハンターとのやり取りで各自調整
案件年収 1,000万円案件が豊富
主な
業種・職種
非公開
公式サイト


年収・キャリアアップを狙う40代はビズリーチ

ビズリーチは、転職サイトとしてNo.1を獲得した実績が多く、40代ハイクラス向けなので満足のいく転職が実現できると言えます。

年収・キャリアアップを狙うなら職務経歴書を充実させヘッドハンターや企業に見つけてもらうと共に、こまめにログインして転職への意思の強さを示しましょう。

また、他2社のサポートを併用するとスカウトや求人の幅が広がり転職しやすくなります。

※1 2016年8月~9月「転職サイトの利用動向調査」:シード・プランニング社調べ
※2 出典:ビズリーチ スカウト数を増やすための3つの工夫

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事

もっと見る