最終更新日:

フリーランスから正社員になれる?転職・再就職するための手段・対策とは

フリーランスから正社員になれる?転職・再就職するための手段・対策とは

「フリーランスから正社員への転職は可能?」「フリーランスから正社員へ再就職できる?」

フリーランスから正社員への転職・再就職を目指す際にすぐに採用されるのか不安ですよね。

フリーランスから正社員なるには企業に求められる要素や要点をあらかじめ把握しておくと効率よく転職できます

今回はフリーランスから正社員になる手段・メリット・効率よくフリーランスから正社員になる方法を紹介しましょう。

フリーランスから正社員になるのは可能

正社員からフリーランスになり、また正社員へ転職・再就職を志す人は珍しくありません。

フリーランスから正社員になるのは難しいと思われがちですが、実際は積極的にフリーランスを採用する企業も多数存在します。

特にIT業界でのエンジニア職のフリーランスは正社員への再就職をする人が多いです。

フリーランスは普通の転職活動より経験やスキルは厳しくみられるケースが多いけど、ほとんど通常の転職活動と変わらないわ。

フリーランスから正社員に再就職する理由

フリーランスから正社員への再就職を目指す多くの理由は下記の通りです。

・収入が不安定
本業以外の手続きや申請が大変
・孤独感を感じる
・チームで活動したい
・業務の幅を広げてスキルアップしたい

フリーランスで活動する際は本業より、委託契約のための営業活動や確定申告などの本業以外の業務に割と時間を取られます。

業務を委託される内容もワンパターンになりやすく、新しい挑戦ができる機会がないと感じる人も多いです。

フリーランスは成果報酬型が多いから失敗できる機会がないって声も多いみたいだね。

フリーランスから正社員になる手段

転職エージェントを利用

フリーランスの転職・再就職でも転職エージェントが活用できます。

1人でできる転職活動には限界があるので、特に時間がないフリーランスは転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントを利用すれば転職の手間が大幅に省けます

    【転職エージェントのサポート内容】

  1. 求人の検索・紹介・応募・推薦
  2. 応募書類の添削
  3. 面接日程の調節・面接対策
  4. 採用条件/給与/配属先/ポジションなど企業との交渉
  5. 契約書や入社関連の手続き・入社日のすり合わせ

転職活動は自己流でやるより、転職エージェントに任せられる業務は代行してもらった方が効率よく転職できます。

どの転職エージェントも基本的に無料なので、利用して損はないでしょう。

IT業界のフリーランスの子ならITに特化した転職エージェントの利用がおすすめよ☆

転職サイトで自己応募

リクナビNEXTdodaなどの転職サイトも活用できるでしょう。

転職サイトを用いると大量の企業・求人情報の収集が可能で、自分が気になる求人を好きな時間に気軽に探せます。

【フリーランスにおすすめの転職サイト】

転職サイト
対象年代
得意職種
求人
特徴
リクナビ
NEXT
全年代
・IT系
・建築
・営業
4万件以上 利用者
満足度
No.1!
doda
全年代
・IT系
・技術職
・専門職
5万件以上 エージェントサービスあり
キャリトレ
20~30代
・IT系
・営業
・企画
約13万件 若年層向
スカウトあり
とらばーゆ
20~30代
・事務
・医療
・営業
・販売
約4500件 女性に人気の求人が豊富

自分のペースで再就職を目指すフリーランスは転職サイトからの応募がおすすめです。

取引先からの引き抜き

フリーランスから正社員になる人の中には、今まで取引をしていた企業からの引き抜きで採用に至るケースも。

業務内容や社内の雰囲気・人間関係を事前に理解できているのでミスマッチを防げます

お互いのタイミングが合えば引き抜きもアリよね☆自分に合った再就職の方法を選びましょ♪

フリーランスにおすすめ転職エージェント

フリーランスでも利用しやすい転職エージェントは下記の通りです。

年齢や専門分野によって使いやすいと感じる転職エージェントは異なるので、自分に合った転職エージェントを利用しましょう。

20代・30代におすすめ転職エージェント

リクルート
エージェント
マイナビ
エージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 20代~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 20代、第二新卒、1~3回目の転職者
支援実績 採用成功実績は41万人超 20代の信頼
No.1を獲得
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
手厚いサポート
中小企業に特化
簡単登録
(無料)


IT業界特化型転職エージェント

レバテック
キャリア
ギークリー
(Geekly)
転職エージェント
主な年齢層 20代~40代 全世代
主なサポート対象者 キャリアアップを目指す
IT経験者
IT・Web・ゲーム業界での転職を目指す経験者
支援実績 利用者実績
15万人突破
ユーザー満足度85.3%
特徴 ITエンジニア
デザイナーの
求人が豊富
内定率が高い
利用者の75%が年収UP
非公開求人・
独占求人が豊富
簡単登録
(無料)


フリーランスから正社員になるメリット

フリーランスから正社員になるメリットは以下の通りです。

  1. 収入が安定する
  2. 仕事がなくなる心配がない
  3. 社会への影響が大きい事業に携われる
  4. パラレルキャリアが可能

収入が安定する

フリーランスから正社員になると収入はかなり安定します。

フリーランス 収入項目 正社員
成果報酬
(自分がこなした仕事分の報酬)
月の給料
月給制
なし
ボーナス
あり
なし
退職金
あり
国民年金のみ
年金
国民年金
厚生年金

月々の給料はフリーランスは仕事をこなした分だけの収入なので、最悪の場合月々の収入が0もあり得ます。

正社員になれば定額になるので毎月の生活が安定し、退職金やボーナスの支給がある企業ならまとまった収入も。

勤続年数によって昇給もあるので、フリーランスよりも正社員の方が稼げる場合もあります

年金はフリーランスは国民年金のみだから、老後が心配だって声も多いの。

仕事がなくなる心配がない

フリーランスは委託先企業の案件がなくなった・体調が悪くなった等で長期休暇を要した場合、仕事がなくなる可能性があります。

正社員であれば休職や有給を利用でき、簡単に解雇されないので職を失う心配はありません。

社会への影響が大きい事業に携われる

フリーランスの個人委託される業務には限界があります。

会社規模の方がチーム単位となって大きなプロジェクトなどに携われる機会は多いです。

また、フリーランスより正社員の方が今までの業務以外にも携われる可能性があるので、スキルアップが望めます

正社員なら失敗してもサポートしてもらえるから、思い切ってチャレンジしながらスキルアップできるわね。

パラレルキャリアが可能

正社員就職をすればパラレルキャリアとしてフリーランスの活動を続けながら安定した生活が可能です。

【パラレルキャリアとは?】
本業を持ちながら第二の活動行う。1つの仕事を本業と捉えない場合もあり、「複業」とも言われる。副業と異なる点は報酬を目的としない点。

フリーランスでの活動を第二の活動で続けたい場合、報酬が発生する可能性があるので副業可能な企業を選ぶ方が安心です。

フリーランス時代と全く異なる職種で正社員になってもフリーランスの業務を続ける道もあるんだね!

どちらも円滑にこなせるようにバランスを考えながら活動しましょ★

効率よくフリーランスから正社員になる方法

履歴書に経験・スキルは分かりやすく記載する

フリーランスとしての実績は開業届を提出していない人でも履歴書の職歴欄に記載できます。

フリーランスは一般の会社員より活動の範囲が広いので、こなした仕事内容やスキルが履歴書の文面では伝わりにくいケースが多いです。

履歴書に経歴を記載する際には以下のポイントを押さえておくと実績やスキルが伝わりやすくなります。

①なるべく実数を使う
②守秘義務がない場合は会社名も記載
③専門・得意分野は明確に/分かりやすく

書類選考でスキルが伝わらずに落ちてしまうのはもったいないので、今までの経験が明確に伝わるよう意識しましょう。

また、フリーランスでも働き方によって履歴書の書き方が異なるので、事前に確認してから記載して下さい。

開業届を提出してるかどうかでも履歴書の書き方が変わるみたいだね。

履歴書はまず採用担当者が目を通すから簡潔に伝えるのを意識してみて♥専門用語を多用した長くなる説明は避けましょ!

長期的に働きたい旨は必ず伝える

採用しても嫌な業務や人間関係が上手くいかないと「すぐにフリーランスに戻ってしまうのでは?」と企業側は懸念しています。

フリーランスから正社員になる際は長期的に働きたい旨を伝えるのが重要です。

フリーランスではできない長期的なプロジェクトなどにも積極的に携わりたいなど、すぐに退職しない意志が伝わるようにしましょう。

転職・再就職したい理由はポジティブに

再就職したい理由は明確にしておきましょう。

マイナスな理由で再就職を希望するフリーランスはポジティブな理由に変換して話せるようにしておくと好印象です。

    NG例)・収入が安定しない
       ・本業以外の事務作業が大変
       ・孤独感を感じて辛い

    OK例)・スキルアップをしたい
       ・マネジメントの経験をしたい
       ・チームで成し遂げたい

フリーランスでは経験できない、企業に勤めるからこそできる経験がしたい旨を伝えるように意識しましょう。

理由がまとまらない場合は転職エージェントに相談すればポジティブな理由に変換してもらえます。

再就職したい理由に合わせてフリーランスになった理由も用意しましょ★

スカウト型の転職エージェントを利用する

スキルや経験に自信がある人はスカウト型の転職エージェントの利用をおすすめします。

フリーランスから正社員になる際年収が下がってしまうケースが多いですが、スカウト型の転職エージェントを利用すれば年収が大幅に下がる心配はありません

【おすすめのスカウト型転職エージェント】

キャリア
カーバー
ビズリーチ
転職エージェント
公開求人数 約56,700件 約128,000件
登録審査 なし あり
求人 年収800万円~
2,000万円多数
1/3が年収
1000万円以上
特徴 リクルート運営で完全無料
転職決定年収の平均900万円超
一流ヘッドハンター指名可
ハイクラスNo.1
ヘッドハンターと企業からも
スカウトが届く
面談確約スカウトあり
簡単登録
(無料)

自分に合った手段でフリーランスから正社員へ

フリーランスの転職活動はスキルと志望動機が一般的な転職よりも厳しく見られるケースが多いです。

再就職の際に気を付けるポイントをしっかり押さえて、フリーランスから正社員への再就職を目指しましょう。

    【フリーランスの転職活動を有利にするポイント】

  • 履歴書は分かりやすく/簡潔に
  • 再就職したい理由はポジティブに話す
  • 長期的に勤務したい旨は必ず伝える
  • 転職エージェントを利用すればさらに効率UP!
  • 経験やスキルに自信がある人はスカウト型の転職エージェントがおすすめ
働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事