最終更新日:

テレワークのメリット・デメリットは?テレワーク利用者の声と上手な活用法

テレワークのメリット・デメリットは?テレワーク利用者の声と上手な活用法

政府が働き方改革の一環で推進している「テレワーク(リモートワーク)」。

テレワーク導入企業・テレワークで働く労働者も増えておりメリットが多い働き方ですが、少なからずデメリットもありテレワークに不安を感じる方も一定数います。

テレワークは、メリット・デメリットを理解し上手に活用すれば、ワーク・ライフ・バランスを保ちつつ効率良く仕事ができる働き方です。

この記事ではテレワークの実際の利用者の感想からメリット・デメリットを取り上げ、テレワークのデメリットを最小限に抑える対処法やテレワークの上手な活用法を解説します。

メリット・デメリットの前に…テレワークとは

テレワークとは情報通信技術(ICT)を活用した、「場所や時間にとらわれない柔軟な働き方」を指します。

出典:テレワークとは/日本テレワーク協会

テレワークは「tele = 離れた所」と「work = 働く」をあわせた造語

つまりテレワークとはオフィスや会社に出社せず自宅やその他の場所でPCやモバイル端末を利用して仕事をする働き方です。

テレワークとリモートワークの違い

「テレワーク」の意味は分かったけど「リモートワーク」はどんな働き方を指すんだろう?

「テレワーク」と「リモートワーク」は同じ意味と解釈して差し支えありません。

「リモートワーク」も「テレワーク」と同じく会社やオフィス以外の場所で仕事をする働き方を指します。

雇用型のテレワーク

テレワーク(リモートワーク)で場所や時間に縛られず働く=「フリーランス」ってイメージが強かったけど、最近は雇用型のテレワークが増加中よ☆

    雇用型テレワークは3種類

  1. 在宅勤務
  2. サテライトオフィス勤務
  3. モバイルワーク

在宅勤務

会社に出社せず自宅で仕事をする働き方です。

会社とはPCや電話でやり取りをします。

テレワーク時はビデオチャットを活用して会議を行う企業が多いのよ♪

サテライトオフィス勤務

会社ではなくサテライトオフィスやシェアオフィスなどの遠隔勤務用の施設で、PCやモバイル端末を利用して仕事をする働き方です。

サテライトオフィスは社員が通勤しやすい場所や取引先と近い場所に設置されるケースが多いわ☆

モバイルワーク

電車やバスなどに乗っている移動中や取引先、外出先のカフェなどで、PCやモバイル端末を利用して仕事をする働き方を指します。

モバイルワークは外出が多い営業職などに多い働き方よ☆

雇用型テレワークの導入状況

平成30年度、テレワーク(リモートワーク)を導入している企業は19.1%で、雇用型のテレワークは年々増加傾向にあります。
平成30年の企業のテレワーク導入状況(※1)

導入したテレワーク(リモートワーク)の内訳はモバイルワークが63.5%、在宅勤務が37.6%、サテライトオフィス勤務が11.1%です。

【メリット・デメリット】実際のテレワーク利用者の感想

まずはテレワーク(リモートワーク)の実際の利用者が感じたメリット・デメリットや感想を紹介していくわ♪

テレワークの感想:メリット

時間を有効活用できる

PCさえあれば取引先から帰社しなくても移動中やカフェで仕事ができるので時間を有効活用できるメリットがある。

(男性・モバイルワーク)

通勤時間無し。業務効率アップ

通勤時間やそれに伴うストレスが無いプライベートが充実するので、業務に集中できて効率が上がるメリットがある。ビデオチャットを使えば会議や他の社員とのコミュニケーションも特に問題はなくスムーズ。

(男性・在宅勤務)

育児や介護と仕事を両立できる

在宅勤務であれば育児や介護と両立しながら働けるのが大きなメリット。テレワークはもっと普及すべき。

(女性・在宅勤務)

不測の事態にもテレワークは有効

災害や感染症対策としても有効。サテライトオフィスや在宅勤務など、会社以外でテレワークで働ける環境が整っていれば、有事の際の損失を最小限にできるかもしれない。

(男性・サテライトオフィス勤務)

テレワークの感想:デメリット

時間を自己管理する必要があり、仕事とプライベートを別けにくい

業務に集中できるが、気が付くと遅くまで作業していることがある。時間を自分で管理する必要があり、自宅で仕事をしているとプライベートとのメリハリをつけにくい。

(男性・在宅勤務)

コミュニケーションがとりにくく、何かと不便

ビデオチャットで会議をしたりメールで連絡を取っているが、上手く意思疎通を図れないケースも。捺印が必要な書類は出社するか郵送で対応する必要があるので不便

(男性・在宅勤務)

セキュリティ面に不安がある

外出先でPCを使用する場合があるのでセキュリティ面で不安がある。気を付けてはいるが、社用PCを持ち出してどこかに忘れてきたり盗難されて機密情報が流出するリスクもある。

(男性・モバイルワーク)

業務効率が悪い。正当な評価をされるのか心配

自宅のネット環境が悪く、思うように業務が進まないし集中もできないので効率が悪い。リモートワークでは社員の勤務態度を把握しづらいし、コミュニケーションも希薄になるので正当な評価をされるのか心配。

(女性・在宅勤務)

テレワークの労働者のメリット

テレワークの実際の利用者の感想から判明した、テレワークの労働者のメリットを解説するわ♡

    テレワークの労働者のメリット

  1. 通勤時間がかからない・どこでも仕事ができる
  2. 育児・介護と仕事を両立できる
  3. ストレスの軽減・生産性の向上
  4. 災害や感染症の流行など有事の際にも働ける

通勤時間がかからない・どこでも仕事ができる

テレワーク(リモートワーク)はオフィスや会社以外の場所で仕事をするので、通勤時間が短い、もしくは通勤時間がかかりません。

通勤時間がない分、プライベートに時間を使えるので生活の質が向上します。

どこでも仕事ができるので、完全テレワークであれば地方や海外で暮らしながら仕事をする働き方も可能です。

通勤時間がない分、たくさん寝たり朝ご飯を食べる時間ができるから、心身ともに健康になれるわね♪お肌もキレイになること間違えナシよ♡

育児・介護と仕事を両立できる

テレワークは時間に融通が効くので、育児・介護と仕事を両立できる働き方です。

育児や介護のスキマ時間を使って自宅で仕事ができるので、出産後も退職せずにテレワークで働き続ける女性も増えています。

ストレスの軽減・生産性の向上

通勤や人間関係など仕事上のストレスを軽減できるのはテレワークの大きなメリットです。

テレワークはプライベートに使える時間が増えるのでワーク・ライフ・バランスが整います

プライベートが充実すれば仕事のパフォーマンスが向上し、相乗効果で更にプライベートが充実するのです。

災害や感染症の流行など有事の際にも働ける

災害や感染症の流行などで会社に出社できない状況でも、被害が少ない/被害がない地域ではテレワークで勤務できます。

被害状況にもよりますが、テレワークは不測の事態でも仕事ができる働き方です。

新型コロナウイルスの世界的な流行が問題になっているけど、感染拡大防止として出社せずにテレワーク(リモートワーク)で働く人が増えているわ☆

テレワーク可能な仕事へ転職したい方は以下の記事も参考にして下さい↓↓。

テレワークの労働者のデメリットと対処法

テレワークの実際の利用者の感想から判明した、テレワークの労働者のデメリットと対処法を解説するわ☆

    テレワークの労働者のデメリット

  1. コミュニケーション不足・孤立感を感じる
  2. 業務が進まない・非効率的
  3. 時間を自己管理する必要がある

コミュニケーション不足・孤立感を感じる

テレワークは自宅など会社以外の場所で一人で仕事をする場合がほとんどなので、他の社員とのコミュニケーションが不足しがちです。

コミュニケーションが不足すると情報共有や引継ぎが円滑に進まず、業務効率が低下する可能性があります。

中には孤立感を感じたり、モチベーションを保つのを難しく思う方もいるでしょう。

ビデオチャットを利用して意識的にコミュニケーションをとれば、ある程度防げます。

メールで済むようなちょっとした社員同士の情報共有でも、ビデオチャットを利用してコミュニケーションをとるようにしましょう。

会議や朝礼以外でのビデオチャットの利用が問題なければ、ビデオチャットでちょっとした世間話をしたり、ビデオチャットを繋ぎながらお昼を一緒に食べるのもおもしろいかもね♡

《対処法》
ビデオチャットを活用し、社員同士で積極的にコミュニケーションをとろう!

業務が進まない・非効率的

ネット環境によっては会社のように業務が進まなかったり、捺印が必要な書類のやりとりや商談などテレワークでは対応しづらい業務もあるので、効率が悪いと感じる方もいます。

またオン/オフを切り替えれないので、自宅では仕事に集中できない方もいるようです。

ネット環境は会社に相談して効率良く業務ができる環境を作っていくしかありません。

テレワーク社員の通信費を負担する、ポケットWi-Fiを支給する企業があります。

在宅勤務のテレワークが集中できない方は、朝早く起きて身支度をするなど、会社に出社するのと同じルーティンで動けばメリハリがついて業務に集中できるでしょう。

私は在宅勤務のテレワークでも、ちゃんと着替えてバッチリお化粧してから仕事をしているわよ♪

《対処法》
ネット環境は会社に相談。出社するのと同じルーティンで動いてオン/オフを切り替える!

時間を自己管理する必要がある

テレワーク(リモートワーク)は自分のペースで仕事ができる反面、労働時間や業務の自己管理が難しい場合があります。

テレワークは「遅くまで仕事をしてしまう」「仕事を切り上げるタイミングが分からない」など長時間労働を招くケースもあるのです。

一日のタイムスケジュールを組みながら業務内容を調整し、スケジュールに沿って仕事を進めて、メリハリをつけて働くようにしましょう。

《対処法》
一日のタイムスケジュールを組み、メリハリをつけて業務に取り組む!

テレワークの企業のメリット・デメリット

テレワークの労働者のメリット・デメリットはよく分かったけど、企業にもメリットやデメリットはあるのかな?

テレワークの企業側のメリット・デメリットも一部紹介するわ♪

テレワークの企業のメリット

    テレワークの企業のメリット

  1. 生産性が向上する
  2. 企業イメージのアップに繋がる
  3. 優秀な人材の確保・離職率の低下
  4. 災害や感染症の流行など有事の際にも業務継続が可能

テレワークを導入すれば働き方にこだわらず優秀な人材を確保できるし、テレワークなら仕事を続けられる子もいるから離職率が下がるのよ☆

テレワークを導入すれば有事の際も可能な限り事業を継続できるし、損失を最小限に抑えられるんだね!

テレワークの企業のデメリット

    テレワークの企業のデメリット

  1. 情報漏洩などセキュリティが不安
  2. 導入コストがかかる
  3. 勤怠管理システム・社内ルールを見直す必要がある

テレワークの為のツールやセキュリティ対策、外部から会社のデータにアクセスできるよう環境を整備したり、導入にコストがかかるんだね。

テレワークの導入コストはそこまで高額じゃないし、国から助成金が出る場合もあるから検討してみて。それにテレワーク導入後は通勤手当やオフィス賃料などのコスト削減に繋がるから、長い目で見たらオトクなの♪

テレワークだと社員の就労状況や勤務態度を把握しづらいから、管理や人事評価が難しそうだね。

勤怠管理システムやビデオチャットなどで勤務実態は把握できるわ☆他にはテレワーク対応の就業規則や社内ルールを策定する必要があるのよ。

テレワークのメリット・デメリットを踏まえ、柔軟な働き方を

テレワーク(リモートワーク)は企業と労働者のどちらにとっても、大きなメリットと注意すべきデメリットがある働き方です。

状況などにより通常出勤とテレワークを選択・切り替えできる柔軟な働き方が、テレワークの上手な活用法と言えます。

テレワーク(リモートワーク)を導入している企業で働く子は、この記事で解説したメリットとデメリットの対処法を踏まえて、テレワークを最大限に活用してちょうだい☆

テレワーク可能な仕事へ転職したい方は以下の記事も参考にして下さい↓↓。

(※1出典:平成30年通信利用動向調査の結果|総務省)

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事