最終更新日:

転職エージェントにブラックリストがある?ブラックリスト者の転職成功法

転職エージェントにブラックリストはあるのか

「転職エージェントのブラックリストとは?」
「紹介求人がない!ブラックリストが原因?」

転職活動が上手くいかず、転職エージェントのブラックリストに載ってしまったと思う人も少なくありません。

転職エージェントには金融機関のようなブラックリストはなく、会社独自の類似する記録は存在しますが、リスト入りしても転職は可能

今回は転職エージェントのブラックリストの有無や存在を疑う理由、リスト入りを防いで転職する方法について解説していきましょう。

転職エージェントにブラックリスト?

転職エージェントって、金融機関みたいに他社と顧客の情報を共有するブラックリストってあるのかな?

求職者は個人情報保護法で守られてるから、他社共通の転職情報版ブラックリストは存在しないわよ☆

他社転職エージェントと共有するブラックリストはない

政府広報オンランによると個人情報の取り扱いルールは下記の通りでした。(※1)

転職エージェントにブラックリストはあるのか

個人情報保護法で氏名や転職状況など、求職者の情報を公開・提供は禁じられています

悪質な転職エージェントではない限り、求職者の情報を他社と共有するブラックリストはありません。

消費者金融は信用情報機関の登録を許可しないと利用できないため、ブラックリストに情報が残ります。

転職エージェント内のブラックリストはある

転職エージェントは紹介した人材が企業に採用されて内定が出ると、企業から報酬を得られる仕組みで成り立っています。

転職エージェントの仕組み

転職エージェントにとって求職者も求人を募集している企業も顧客ですが、報酬をもらえる企業の方が優先順位は高いです。

嘘をつく・時間を守らないなど入社後も問題になる行動を社内で記録し、企業からの信頼を守る転職エージェントもいるでしょう。

消費者金融などのブラックリストのように他社と共有はできませんが、ブラックリストに類似する記録があると言えます。

企業が選考状況を記録している

ブラックリストではありませんが、企業の採用管理システムで公募者の選考状況や評価などの情報が残ります。

落選に納得がいかず再応募しても記録が残っているので選考は進めないでしょう。

入社したい企業に落ちてしまったら、他の会社で経験や強みを得てからチャレンジするのが賢明です。

転職エージェントのブラックリストを疑う要因

転職エージェントごとの記録がブラックリストと思われるんだね。ブラックリスト入りしたと思うきっかけは?

転職エージェントを利用しても転職活動が上手くいかなくてブラックリスト入りしたと思う子もいるわ★

後ろめたさから転職エージェントのブラックリストを危惧

転職活動中にドタキャンしたり転職エージェントで紹介してもらった求人に直接応募したりする人もいます。

転職エージェントに後ろめたい行動をしていると、ブラックリスト入りして利用できなくなると心配する人も少なくありません。

求人を紹介されず転職エージェントのブラックリストを危惧

転職エージェントに登録したての頃はさまざまな求人を紹介してもらっていても、次第に紹介求人が少なくなる人もいます。

求人を紹介してもらえなくなると、転職エージェントのブラックリストに載ってしまったと不安になる人も少なくありません。

借金で転職エージェントのブラックリストを危惧

借金の返済のためにより給料が高い会社に転職を決意する人もいます。

借金がある人は、計画性がない・だらしがないと思われがちです。

ブラックリスト入りしていて、転職エージェントに借金がバレたら求人を紹介してもらえないのではと不安になるでしょう。

求職者の借金の有無は転職エージェントが知る方法はなく、言わなければ問題ありません。

転職エージェントのブラックリスト入りを防ぐ

転職活動が難航するとブラックリストが原因だと思うんだね。ブラックリスト入りしないためにはどうするの?

転職エージェントへの礼儀やこまめな連絡を心がければ、ブラックリスト入りしないわ♪

    ブラックリスト入りしない方法

  1. 礼儀正しくする
  2. 前向きな姿勢で挑む
  3. 嘘は書かない
  4. こまめに連絡する
  5. 直接応募はしない
  6. 内定受諾は慎重にする

転職エージェントにも礼儀正しくしてブラックリスト回避

転職エージェントとのやり取りからも求職者の人間性を見られます。

希望条件と少しでも違うと怒鳴る、横暴な態度を取ると社会人としてのマナーがないと判断されかねません。

転職エージェントとのやり取りも企業と接するように丁寧さや礼儀正しさを意識すればブラックリスト入りは避けられるでしょう。

主体性で転職エージェントのブラックリスト回避

転職エージェントは転職をトータルサポートしてくれるサービスですが、転職活動の主体は求職者です。

転職エージェントが提案してくれた求人も、面接準備を怠れば面接をしても採用率は低くなるでしょう。

希望する企業に入れなくても責任を押し付けず、前向きな姿勢ならブラックリスト入りにはなりません

誠実さで転職エージェントのブラックリスト回避

勤続年数や実績を誇張した履歴書で入社しても、源泉徴収票・実際の仕事ぶりから嘘が判明する人もいます。

虚偽は業務についていけず退職になるだけで済まず、企業から苦情が入り転職エージェントのブラックリスト入りになりかねません。

履歴書は求職者の能力を判断するための重要な書類なので、正直に記入すれば今後の転職が不利にならないでしょう

転職エージェントなら、伝えにくい経歴も印象が悪くならないよう書き方の相談も可能です。

連絡を怠らず転職エージェントのブラックリスト回避

体調不良や不測の事態が起きて面談や面接に行けなくなる人もいます。

予定の時間になっても連絡がつかないと、責任感がないと判断され転職エージェントのブラックリスト入りしかねません。

行けないと分かったらすぐに、スケジュールを空けてくれた相手へ連絡して謝罪を伝えればブラックリスト入りを避けられるでしょう。

転職エージェントで応募でブラックリスト回避

転職エージェントを介した採用は企業側が紹介手数料を払うため、採用難易度が上がるのを懸念して直接応募する人もいます。

転職エージェントは求人提案など転職活動のサポートをしても、求職者が内定しなければ報酬は得られません。

恩恵だけ受け取ろうと考える人はブラックリスト入りは避けられないため、利用した転職エージェントから応募するのが無難です。

内定受諾は慎重にして転職エージェントのブラックリスト回避

内定を受諾すると、企業に入社する契約を締結したと見なされます。

内定受諾後に現在働いている会社の労働条件が改善したなどで転職を辞めると、契約を守らない人だと警戒されるでしょう。

転職エージェントも企業からの信頼をなくしかねず、ブラックリスト入りしやすいため、内定受諾は慎重にすべきです。

エージェント利用のブラックリスト者の転職方法

社会人としてマナーを守ればブラックリスト入りしないんだね。もう入ってしまった人はどうしたらいいの?

ブラックリスト入りしても、希望条件の拡大や他社転職エージェントを利用すれば転職できるわ♡

転職エージェントのブラックリストを疑うなら条件を広げる

ブラックリストに関わらず、高年収・家から近い・勤務時間が短いなど希望条件を全て満たす転職先を見つけるのは困難です。

転職したい理由を書き出して、譲れない・譲れる条件に点数を付けて自分の転職の軸を明確にしましょう。

転職エージェントに譲れる条件も伝えれば、選択肢が増えて求人を紹介してもらいやすくなるでしょう

ブラックリスト入りなら市場価値を把握して転職

転職活動が上手くいかずブラックリスト入りしたのかと悩んでいる人の中には、自分の価値を見誤り高望みし過ぎている人もいます。

ミイダスの市場価値診断を利用すると、想定年収の算出や自分に興味がある企業を把握可能。

面接が確約されているオファー機能もあるため、転職が難航している人でも効率的に市場価値に合った転職ができるでしょう。

40代でキャリアチェンジするなら市場価値診断するべき

ブラックリスト入りなら強みを把握して転職

いくら転職活動をしても、自信を持ってアピールできる強みがないと採用されません

適性診断なら、強みや自分の向いている仕事が分かります。

ブラックリスト入りさせられていると疑う前に、今の自分の強みや適職を把握した上で転職活動すれば採用率が上がるでしょう。

キャリアチェンジしたい40代のためのリクナビNEXTのグッドポイント診断の手順2

ブラックリスト入りなら他社エージェントが最適

希望条件を緩和しても求人を紹介してもらえない人もゼロではありません。

若手向けやハイクラス向けなど、主なサポート対象者は転職エージェントにより異なります

今の自分の状況にあった転職エージェントを選べばブラックリスト入りしている人でも転職しやすくなるでしょう。

経験が浅い20代向け

DYM就職 UZUZ
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 20代
主なサポート対象者
既卒、第二新卒、中退者、
フリーター、ニート
支援実績 経験が浅い若年層を積極支援 11万人以上の就業をサポート
特徴 優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
定着率93.6%
ブラック企業を徹底排除
簡単登録
(無料)
えーかお
キャリア
ハタラクティブ
転職エージェント
主な年齢層 18〜29歳 20代
主なサポート対象者 中退者、ニート 既卒、フリーター
支援実績 毎月300名以上の面談に対応 6万人以上の支援実績
特徴 20代に特化
Google口コミ評価☆4.8
就職成功率8割
未経験職種への転職成功者多数
簡単登録
(無料)

経験がある20~30代向け

リクルート
エージェント
doda
転職エージェント
主な年齢層 20代~30代 26歳~35歳
主なサポート対象 全転職者に対応 大卒以上の
転職希望者
支援実績 採用成功実績は54万人超 年間転職成功者は1万人以上
求人
対応地域
全地域対応 首都圏・関西圏・東海
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
スカウトあり
丁寧な添削やサポートが好評
簡単登録
(無料)

ハイクラスの20代~40代向け

リクルートダイレクトスカウト ビズリーチ
ハイクラス
転職
サービス
リクルートダイレクトスカウト BIZREACH
入会審査 なし あり
料金 完全無料 一部有料
年齢層 20代~40代 30代~40代
主なサポート対象 年収600万円以上の方
実績 転職時の
平均年収
900万円
年収600万円以上の支持No.1
転職サービス
主な
業種/職種
IT系・管理職/役員・経営
登録

ブラックリスト入りでもエージェントで転職成功

転職エージェントは求職者の情報を他社と共有できるブラックリストはありませんが、問題がある求職者の記録は残しています。

会社独自のブラックリスト入りを懸念している人も、希望条件の拡大や他社の転職エージェントの利用で転職が可能です。

転職エージェントによって特徴やサービスは異なるので、ブラックリスト入りしても最適なサービスを利用して転職を成功させましょう

(※1 引用:政府広報オンライン 個人情報保護法をわかりやすく解説)

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティーワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、業界・職種が幅広い『doda』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人多数
幅広い業界・職種から希望条件にマッチする求人を紹介可能

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

doda公式へ

求人数20万件超!非公開求人多数!!
こだわり条件にマッチする求人を提供する国内最大級の求人情報・転職サイト

特に営業職に強く、丁寧なサポートとアフターフォローに定評あり。大卒以上の26~35歳関東、関西、東海の求職者向け。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

会員登録時に基本情報や職務経歴まで入力するとスカウト率アップ!
関連記事:転職エージェント23社を徹底比較!自分に合う転職エージェントを選ぶコツ

RECOMMEND

関連記事