最終更新日:

30代で専門学校?やりたい仕事をするための方法

30代で専門学校?やりたい仕事をするための方法

30代から一念発起して資格が必要な仕事にチャレンジしたい方もいるでしょう。

そこで資格を取るために専門学校に通いたいけれど年齢的に無理かなとか、卒業して資格が取れても30代で転職先はあるのかとか、20代と転職を戦うのは厳しいんじゃないかなど、色々と不安がありますよね。

結論からお伝えすると、資格が必要な仕事へ転職を考える場合、どうしてもやりたいのなら専門学校に通うべきです。この記事では30代から専門学校に通い卒業後に転職を成功させる方法をお伝えします。

卒業後に転職を成功させる方法はこちら

30代で専門学校に通うべきか

そもそも30代から専門学校に通う人っているのかな?

5人に1人は学校で学び直している

社会人になってから学校で学んだ経験がある30代の割合

出典:平成27年度教育・生涯学習に関する世論調査/内閣府政府広報室

平成27年度の内閣府の世論調査によると、「あなたは、学校を出て一度社会人になった後に、大学、大学院、短大、専門学校などの学校において学んだことがありますか。」の質問に対して30代の回答結果は、「学んだことがある(現在学んでいる)」が21.4%、「学んだことは無いが、今後は学んでみたい」が42.3%となっており、30代の5人に1人は実際に学び直しています。

30代から学び直すなんて、お金もかかるのにみんな凄いな~。僕だったら今の仕事で手一杯だよ…

目的はみんなそれぞれあると思うけれど、それだけ学びへの熱意が強い子が多いのが伺えるわね★

本当にやりたい職業・職種なら通うべき

30代は社会人生活においてキャリアを積んでいく大事な時期。単に学びたいといった理由で専門学校に通い始めるのではなく、時間とお金を費やす価値のある転職につながるのかしっかりと自分と向き合うのが大切です。

30代から資格を取るのってハードル高そうだなぁ…

優先順位を考えて頭の中をキッチリ整理するといいわ♪そこでどうしてもやりたい気持ちが変わらなければ資格を取る準備を進めましょッ☆

やりたい仕事にチャレンジする当初の目的を見失わないように注意しましょう。なんとなく頑張っているうちに専門学校への通学や資格の取得が目的になってしまいがちです。あくまでも資格は転職するための手段にすぎません。

仕事をしながら通う方が無難

内閣府の調査によると平均初婚年齢は2014年で、夫が 31.1歳、妻が 29.4歳となっており、さらに同じ年の第一子出生平均年齢は、男性32.5歳、女性で30.6歳となっています。

出典:平成28年版 少子化社会対策白書/内閣府

結婚と子育てを始める人はだいたい30代に入ってからが多いんだね。

なにかと出費が嵩む大事な時期だから専門学校に通い始めるとしても仕事は続けておく方が良いわね。

平日の夜間や土日に授業を行い、働いている人でも無理なく通える学校が増えてきています。

転職に必要な資格だけに集中して学ぶ

学校によってはとにかくたくさんの資格を扱っているところもあり目移りしますが、転職に必要な資格のみに集中するのが大事です。

例えば医療系やMBA、免許や国家資格、プログラミングスクールなど実務に直結しやすく専門性の高いものがあります。希望職種に必要な資格と取得条件についてまとめておきましょう。

資格を持っていればなんでも良いっていうワケでもないのか…

例えば人気の資格だからと言ってそれが転職に有利なワケじゃないの。あまり甘く見ちゃダメよ♪

人気の資格は取得している人の割合が多いので、他の転職者と差をつけにくいです。逆に取得率が低い資格ほど転職に有利と考えられます。

30代で学校・専門学校を活用するメリット・デメリット

専門性の高い資格は片手間の努力だけでなかなか取得できません。資格を取ってから転職が完了するまでに長いものでは数年かかる場合もあるため、時間の使い方次第でメリットにもデメリットにもなります。

学びの環境を確保できる

通勤時間や自宅学習はなかなか効率よく勉強できないかもしれません。学校で受講すると日常生活にメリハリができ集中して勉学にいそしめます

カリキュラムやスケジュールも体系的に組まれている場合が多く、講師からのアドバイスももらえるので資格取得に向けてテンポ良く効率的に学べます。

いざ通うとなっても、仕事も忙しかったら本当に継続できるか心配だろうな…

学校に通えば同じように頑張っている人がたくさんいるから刺激になるわ★通信教材や独学で勉強するよりモチベーションも保てるのよ♪特に家庭を持っている30代にとって勉強に集中できる学校という環境はありがたいわね。

新しい人脈や価値観を広げられる

これまでと違った環境に飛び込むときに新しい人脈が生まれます。学校に通い始めればもちろん同じように資格取得を目指す人がたくさんいるので刺激的な出会いがあるでしょう。

また豊富な社会人経験をベースに受講するので30代ならではの視点で学べます。例えば自身が勤める会社の職員とは異なった価値観を持つ人たちとの会話は現職での課題に参考となる気づきや発見が見つかるかもしれません。

勉学以外で得られるものがある点も学校に通うメリットの1つです。

新しい人脈は今後の人生に活きる財産になるね。

専門学校に通うと学生証が発行されるところがほとんどです。映画館や水族館、通学定期など社会人学生であっても学割が適用されるものが多く存在します。学生証を持てるのは卒業するまでの期間なので、普段は行かなかった場所や利用しなかったサービスなどお得なうちに体験しておくと良いかも知れません。仕事や勉強の息抜きにはピッタリです。

もちろん仕事や勉強が最優先よ♪

学びに対する姿勢と熱意がアピールできる

30代の転職は年齢的に不利と言われていますが、30代からでも働きながら通学する積極性と行動力は転職活動中も高く評価されます。

資格の取得はなかなか難しいかもしれませんがそれだけの価値が認められますし、なにより仕事のスキルがアップして企業への貢献度もアピールできます。

万が一転職が失敗したとしても資格を取得していれば勤務中の会社で資格手当が支給される可能性があります。もらえたらラッキー程度で考える方が無難ですが、中には月に3万円ほど手当が付く企業もあるのでメリットは大きいでしょう。

時間に制限が生まれてしまう

仕事が終わった後に通うようになるため当然通学時間がかかります。それに講義開始時間は決まっているのでそれに間に合うように仕事を終わらせる工夫をしなければなりません。

また専門性の高い資格は取得に時間がかかる人がほとんど。時間に追われる日々が続く可能性もあるので事前に注意が必要です。

30代は仕事のキャリアを積むために特に大事な時期だから、時間の使い方に注意が必要よ♪

一定期間の専門教育を受けないと取得できない資格もあります。また卒業すれば取得できるものと、受験資格が得られるものは異なるので要注意です。

・教員免許
小中高の第一種普通免許は四年制大学で一定の専門科目を習得し学士を取得するのが取得条件
・美容師免許
美容師養成施設を卒業後に国家試験を受け合格して初めて美容師の資格を取得

入学前の準備が成功のカギ

30代から専門学校に通い卒業後に転職を成功させる方法はズバリ事前準備にあります。通うと決めた学校の30代就職事情希望職種の求人数などの情報を入学前に調べておきましょう。

学校選びを慎重に行うのが大切

キャリアプランや人生設計から逆算して計画的に勉強を進めるのが重要です。資格取得に時間がかかる旨を理解した上で、最大限の成果を出せるようにタイムマネジメントしましょう。そのための学校選びは重要なポイントです。

専門学校って実際どういうところなんだろう…?30代で学校選びって絶対に失敗したくないだろうな…

オープンキャンパスや個別相談会を開催している専門学校も多いわ♪積極的に参加して学校の雰囲気を知ることも大事よ★これからチャレンジする職業・職種に必要な資格取得のために十分な対策が施されているか自分の目で確かめましょッ☆

資格を活かした面接対策を忘れずに

無事に資格が取得できたら次に転職活動です。履歴書に資格の記入欄がありますが、書くだけではなく面接のときに伝えると印象に残ります。

特に逆質問のときはアピールのチャンス。キッチリと準備をして面接に臨めば良い結果に結びつきます。

資格やスキルだけに頼ってしまうのはダメよ♪チャレンジしたいという熱意を第一に伝えるといいわ☆

アピールかつ熱意を伝える逆質問例

  • 「御社で活躍するべく○○なスキル(資格)を身に付けましたが、さらに入社後に必要なスキルはどのようなものがありますか。」
  • 「○○なスキル(資格)を持っている方で活躍している人に共通していることはどのようなところですか。」

せっかく資格を取得しても熱意を上手く伝えられなかったら水の泡だよね。何かいい方法はないかな…。

個別的に面接対策をしてくれる転職エージェントの利用をオススメするわ☆彡

卒業後は転職エージェントでスムーズに転職活動する

30代で資格を取得してから自分で転職活動をすると、労力や時間がかかります。また熱意や思いを伝えるにも効果的な方法がわからなければなおさらです。

効率よく転職活動を行うなら転職エージェントを利用するのが良いでしょう。その中でも、30代の転職に強いエージェントを紹介します。

リクルートエージェント



転職成功実績No.1の手厚いサポートで圧倒的な支持を集めているのが『リクルートエージェント』です。リクルートグループならではの企業との幅広いパイプがあり、求人数は群を抜いています

30代に特化しているわけではありませんが、キャリアアドバイザーの評価も高く、圧倒的求人数を誇るリクルートエージェントは登録しておいて損はない転職エージェントです。

パソナキャリア


パソナキャリア

『パソナキャリア』は、転職者の年収アップ率が67.1%で転職支援実績が25万人以上の大手転職エージェントで、特に女性から高い評価を受けています

2019年、オリコン顧客満足度調査において転職エージェント第1位を獲得しています。総合型ですので、どの業界を選ぶべきか決めかねている人はキャリアコンサルタントに相談してみると良いでしょう。

口コミでは、誰に対しても履歴書・職務経歴書の添削や面接対策が丁寧で、電話やメールのレスポンスが早いと好評です。

計画的な勉強で30代転職を達成する

本当にやりたい職業・職種か、必要な資格は何か整理するといいわよ★

入学から資格取得、転職成功までは時間がかかることを分かった上で、計画的に進めれば大丈夫だね。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかるアプリ「ミイダス」も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ

年収500万円から利用できるハイクラス転職サイト。
求人の3割以上が年収1,000万円超え!登録時に入力した情報をもとに企業から直接スカウトされる。

中でも「プラチナスカウト」を受け取ると企業やヘッドハンターと必ず面談できる。キャリアアップを望む人は必ず登録しておきたい転職サービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事