最終更新日:

理学療法士を辞めたい人は多い?理学療法士を辞める判断基準と転職成功方法

理学療法士を辞めたい人は多い?理学療法士を辞める判断基準と転職成功方法

「人間関係に疲れて理学療法士を辞めたい」
「職場の環境にうんざり」

仕事にやりがいを感じながらも、上司や同僚、職場の雰囲気と合わず辞めたいと考える理学療法士(PT)は少なくありません。

辞めたい理由を可視化できると理学療法士として職場を変えるか、他職種で転職すべきかが分かります。

今回は理学療法士が辞めたい理由や辞めない方がいい人の特徴、辞める判断基準とおすすめの転職エージェントを紹介しましょう。

今の仕事や職場から解放されたい理学療法士はご覧ください。

理学療法士を辞めたい人は多い

理学療法士の離職率

理学療法士(PT)には大別して医療機関と介護福祉領域の勤務先があります。

平成28年に厚生労働省が発表した理学療法士・作業療法士分科会の資料によると、離職率の差は約2倍です。

理学療法士の離職率
勤務先 医療機関 介護福祉領域
離職率 10.2% 18.8%

理学療法士の離職率は医療・福祉業界の中では高いのかな?

業種別の離職率

同じく令和元年の雇用動向調査結果の概況では医療・介護業界全体の離職率は14.4%でした。

理学療法士の離職率は、医療・福祉業界全体と比べて医療機関では低く介護福祉領域では高いです。

介護業界は慢性的な人手不足で、本来の業務以外の作業に携わる理学療法士も多いため、離職率の高さに繋がっています

理学療法士を辞めたい理由

理学療法士が(PT)辞めたいと思う理由は何なのかしら?

白書委員会の理学療法士実態調査報告によると、職場を辞める理由は以下の通りです。

理学療法士が辞める理由

帰郷やライフワークバランスといったやむを得ない事情もありますが、消極的な理由が多くの割合を占めています

職場に魅力を感じない

理学療法士の教育機関学校法人たちばな学園によると、理学療法士の魅力は「患者を笑顔にするやりがい」。

しかし理学療法士・作業療法士分科会の資料では人員不足が深刻で、実際には患者に合わせたリハビリができず魅力を感じにくい環境が多いようです。

人員を充足できない理由

理学療法士の人員増加ができない理由と割合
理学療法士の人員増加が見込めない理由

職場の人間関係が悪い

理学療法士は、職員や医療関係者、患者と頻繁にコミュニケーションをとる機会があります。

入職した施設に相性の悪い人がいれば、人間関係の悩みは絶えません。

理学療法士の人間関係の悩み例
・先輩や上司と方針が合わない
・周囲となじめない
・意見を出しにくい
・利用者や患者と気が合わない など

理学療法士としてのやる気や熱意を削がれ精神的な負担も大きくなれば、退職を決断せざるを得ないでしょう。

嫌いな人を意識すると注意散漫になって仕事のミスも起こりそうだね。

給料の低さ

理学療法士実態調査報告では、他職種と比べて給料が恵まれていないと思っている人が全体の44%を占めています。

理学療法士の給料が多いかどうかのアンケート結果

厚生労働省国税局の調査を比較すると、全国平均より理学療法士の平均年収の方が30万円ほど低いです。

比較対象 理学療法士 全体
平均年収 409万円 436万円

仕事の大変さと給料の安さが見合わないため、理学療法士は仕事を辞める選択をしています。

平均年収は「きまって支給する現金給与額×12か月」+「年間賞与その他特別賞与」を参考。

辞めない方がいい理学療法士の特徴

辞めたい理由を説明できない

理学療法士(PT)を辞めたい状況は様々ですが、「なぜ辞めたいのか」が漠然としたまま決断するのは早計です。

理由を言語化できない内は転職先を選ぶ基準も定まらないでしょう。

同じような条件・待遇の職場に転職して環境が変わらなければ、短期間で転職を繰り返しかねません。

まずは理学療法士の仕事の何が嫌でどう改善したいのかを明確にしましょ。今の職場で改善の余地があるなら、辞める選択肢は最善じゃないわ。

理学療法士を辞める判断基準

辞めたい理由を整理して明確にできれば、今の職場を続けるか、職場を変えて理学療法士(PT)を続けるか、理学療法士自体を辞めるべきかが判断できます。

職場に不満はあるが環境が悪くないなら継続

人間関係や待遇に不満はあるものの職場の環境がそこまで悪くないなら、上司や労働組合などの窓口に相談して問題の解決を試みましょう。

交渉次第では状況が改善され辞めたい理由がなくなるため、今の職場で理学療法士を続けられます。

何も行動を起こさず退職すると、転職時にもすぐに辞めてしまう人材と判断され不利になりやすいです。

状況が改善されないなら職場を変える

どうやっても状況が変わらない職場は、見切りをつけて退職するのが賢明です。

今の職場とは合わないものの理学療法士の仕事は続けたいなら、理学療法士の職種のみに絞って転職しましょう。

理学療法士に特化した転職支援サービスを利用すると転職活動の効率が大幅にアップします。

PTOTキャリアナビ マイナビコメディカル
転職
エージェント
特徴 10年以上の支援実績に基づく手厚いキャリアサポート 求人数は業界トップクラスで質の高い案件が多い
求人数 非公開 約27,000件
求人
対応地域
東京・埼玉・千葉・神奈川
・大阪・兵庫
全国対応
公式サイト


理学療法士を辞めたいなら他職種への転職

理学療法士として仕事を続けるのが限界なら、全く別の仕事への転職を検討しましょう。

リハビリ職や医療・介護業界以外でも、理学療法士の経験は応用して活かせます

一般職にも応用が利く理学療法士のスキル
・高いコミュニケーション能力
・人とじっくり向き合える親密性・協調性
・問題の抽出能力
・人の話を深く聞く傾聴力

キャリアチェンジには、求人数が多く業界・職種が幅広い業界大手の転職エージェントを利用すると効率的です。

リクルート
エージェント
doda
転職
エージェント
特徴 業界最大手
求人数No.1
充実した面接対策
スカウトサービスあり
丁寧な添削や支援が好評
求人数 約20万件 約10万件
求人
対応地域
全地域対応 首都圏・関西圏・東海
公式サイト

理学療法士を辞め辛いなら退職代行を利用

理学療法士(PT)の離職率は低くなく人材不足の施設が多いため、辞めたいと会社に言い出しづらい・上司に退職を引き止められている理学療法士も多いです。

時間や手間をかけずに退職したいなら、退職のやり取りをすべて代行してくれる退職代行サービスを利用しましょう

料金は約3~5万円と安い金額ではないものの、面倒なやり取りなしで今すぐ理学療法士を辞められます。

労働組合の退職代行サービス

退職代行Jobs(ジョブズ) 退職代行ガーディアン
退職代行サービス
依頼費 ■安心パックプラン
退職代行+労働組合

29,000円
■シンプルプラン
退職代行

27,000円
一律29,800円
相談窓口 電話
メール
LINE
電話
LINE
特徴 顧問弁護士監修
労働組合と連携
現金後払いOK
追加費用なし
東京都労働委員会認証の労働組合法人が運営
追加費用なし
無料相談

弁護士の退職代行サービス

退職代行サービスのNEXT 弁護士法人みやびの退職代行サービス
退職代行サービス
依頼費 33,000円 55,000円
相談窓口 電話
メール
LINE
メール
LINE
相談料 無料 無料
特徴 日本全国対応
退職できなかった場合全額返金
退職率100%
日本全国対応
出社なしの引継ぎや私物引取り可能
完全退職までフルサポート
無料相談

理学療法士を辞めたいなら理由を明確にすると現状が改善する

理学療法士(PT)に限らず介護業界は人手不足が顕著なため、労働環境は恵まれていません。

仕事のやりがいや人間関係、給料の安さを理由に辞めたいと考える理学療法士は多いです。

まずは辞めたい理由を明確にし、状況に合わせて今後の方針を選択してください

  • 理由を説明できない
    →辞めたい理由を言語化できるまでは継続
  • 理由は明確で改善の余地あり
    →相談して改善されれば継続
  • 理由は明確だが改善されない
    →理学療法士の職場を変える
  • 理学療法士そのものを辞めたい
    →他職種へ転職

転職すべきか悩んでいる段階でも、転職エージェントには相談可能です。

理学療法士に特化orあらゆる業界・職種を網羅した転職エージェントを活用して、スムーズに現状を改善していきましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事