最終更新日:

福祉コンサルタントの年収・必要な資格は?福祉コンサルタントの転職成功法

福祉施設の経営で重要な福祉コンサルタントとは?

※内容に広告・プロモーションを含みます

福祉施設の利用者や利用者の家族が快適に暮らすために必須の職業「福祉コンサルタント」。

福祉コンサルタントは、介護施設、児童施設、障がい者施設などさまざまな福祉施設の運営をサポートします。

本記事では福祉コンサルタントの仕事内容や福祉コンサルタントになる方法、有利になる資格、年収について解説。

福祉コンサルタントに転職・就職したいと考えている方は要チェックの一記事です!

福祉コンサルタントの仕事内容

福祉コンサルタントは、福祉施設を実際に見て回り、打ち合わせをしながら経営の問題点を見つけるのが主な仕事です。

介護施設なら、高齢者に不満や不便な点はないかを聞いて回ったり、児童施設では実際に両親に話を聞いたりして、問題点や改善点を抽出します。

問題点についてチームで対応策を検討し、担当者と相談しながら計画書を作成。了承が得られれば関係者と協力して目標を実現します。

福祉業界における福祉コンサルタントの役割

  • 利用者が快適に過ごせる環境作り
  • 安定した環境の供給

利用者が気持ちよくいられる空間、ストレスや不快感のない環境を創り出すのが福祉コンサルタントの役割です。

当事者だけではなく、家族全員が幸せに暮らせる場の提供も求められています。

福祉コンサルタントの業務フロー

  1. メールチェック
  2. 会議・スケジュール確認
  3. 訪問先での見回り・打ち合わせ
  4. 帰社後に解決策を話し合う
  5. 報告書作成

出勤後はメールのチェックから業務開始。

始業早々に会議が始まり、情報共有や当日のスケジュール確認、業務の事前チェックが済んだあと、訪問先へ向かいます。

訪問先ではスケジュールに沿って、担当者や各関係者、施設の見回りをこなし、打ち合わせの後に帰社するのが一般的なスケジュールです。

帰社後もチーム内で打ち合わせがあり、検討事項や対応策を話し合います。

当日の業務について報告書を作成し、翌日の準備が終われば、その日の仕事は終わりです。

福祉コンサルタントに必要なスキル・資格

福祉コンサルタントを目指すなら対人関係のスキルが高いと有利になるでしょう。

コンサルタントは営業に近いスキルを求められやすいほか、介護系の資格も強みになります。

一般社団法人日本介護福祉経営人材教育協会が実施している「介護福祉経営士」は必須資格ではありませんが、今後福祉コンサルタントを目指すなら要チェックの資格です。

介護福祉経営士には2級と1級があり、2級に受かると1級を受験できます。

介護福祉経営士 受験と資格認定について
参考URL
http://www.nkfk.jp/setsumei.html

福祉コンサルタントに必要な経験

  • 福祉業界での経験
  • コンサルタントの経験
  • 医療・介護業界での営業経験

福祉関係の仕事に就いていた経験があれば、福祉施設に詳しい人材として重宝されます。

他業種でコンサルタント業務に就いていた経験があると、顧客の信頼も厚くなるでしょう。

医療・介護業界での営業経験も、福祉コンサルタントへの転職をするなら大きな強みです。

福祉コンサルタントに不向きな人

  • 気難しい人
  • 勉強が苦手な人
  • 地道な努力が嫌いな人

福祉施設ではさまざまな人と関わって仕事をするため、誰とでもうまくやっていけるスキルが求められます。

人の好き嫌いが多い、いわゆる気難しい人には向いていない仕事です。

地道に覚える仕事も多いので、勉強や努力が苦手な人にも不向きと言えるでしょう。

福祉コンサルタントへの転職前に自己分析

福祉コンサルタントに転職する前に、徹底的な自己分析をしておきましょう。

自分の強みや適性を理解していれば志望動機に説得力が生まれ、納得感のある自己アピールができます。

急に自己分析なんてハードルが高いよ…。自分の強みや適性・市場価値が簡単にわかる方法はないのかな?

本格的な適性診断が無料

自己分析が苦手・自分の適性を今すぐ診断したい人は、リクナビNEXTのグッドポイント診断を利用しましょう。

簡単な質問に答えるだけで自分の強みが見つかる本格診断サービスで、時間もお金もかけずに仕事の向き不向きの適性をチェックできます

物流コンサルタントの適性検査(※会員登録すると無料で診断できます)

業界最大手の「RECRUIT」が開発しているため、診断結果の精度も信頼性も抜群です。

たった数分で適性が見えてくるので、福祉コンサルタントが向いているか知りたい人はさっそくチェックしてみましょう。

福祉コンサルタントは高収入?

コンサルタント業務は総じて高収入の職業ですが、福祉コンサルタントの収入は他業界のコンサルタントに比べると低めです。

一般的な経営コンサルタントの平均年収は559万円ですが、福祉コンサルタントの想定年収はおよそ450万円~500万円

コンサルタント全体の平均より1~2割低くなると考えておきましょう。

福祉コンサルタントの将来性について

医療業界や福祉業界は景気の影響を受けにくいので、実績さえ重ねれば、将来的に安定した仕事ができるようになります。

福祉コンサルタントは今後も需要が増え続ける見込みが大きく、転職を目指す価値のある仕事と言えるでしょう。

福祉コンサルタント向けの転職サービス

福祉コンサルタントを目指すなら自分に合った転職エージェントを利用するのがおすすめ。

転職エージェント_サービス一覧

転職エージェントでは一人一人の要望に合ったサポートをしてくれるため、忙しい方もスムーズに転職活動を進められます。

多くの転職サービスは無料で利用できるので、まずは気軽に相談してみましょう。

コンサル業界を扱う大手サービス

リクルート
エージェント
doda
転職エージェント
主な年齢層 20~40代 26~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 関東・関西・東海の大卒以上
支援実績 採用成功実績は54万人超 業界30年の採用成功実績
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
求人が幅広い
非公開求人多数
丁寧なサポート
簡単登録
(無料)

高年収を目指せる転職サービス

リクルートダイレクトスカウト doda X
ハイクラス転職サービス
主な年齢層 20~50代 25歳~50代
主なサポート対象者
ハイキャリア
管理職クラス
現年収600万円以上の転職者
入会審査 なし なし
利用料金 完全無料 完全無料
特徴 年収800万~2千万の求人多数
一流ヘッドハンター指名可能
年収800万~2千万の求人多数
高内定率ダイヤモンドスカウト
簡単登録
(無料)
ASSIGN AGENT ビズリーチ
ハイクラス転職サービス
主な年齢層 22~35歳 20代後半
~50代
主なサポート対象者 キャリア志向の20~30代
営業・コンサル経験者
ハイキャリア
管理職クラス
年収500万円以上の転職者
入会審査 なし あり
利用料金 完全無料 無料
(一部有料)
特徴 コンサル企業への内定者の平均年収850万円 求人の1/3が年収1000万円超
企業からの面談確約スカウト
簡単登録
(無料)

適切なサービスで福祉コンサルタントを目指そう

福祉コンサルタントは福祉施設の経営を安定させ、利用者の快適な生活を維持する職業です。

コミュニケーション能力や医療・福祉業界での業務経験、営業としてのスキルがあると転職で有利になるでしょう。

福祉コンサルタントを目指すなら、多くのコンサルタント求人を扱っている転職サービスを利用するのがおすすめ。

自分に合ったサービスを活用して、福祉コンサルタントへの転職を成功させましょう!

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人多数
幅広い業界・職種から希望条件にマッチする求人を紹介可能

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

会員登録時に基本情報や職務経歴まで入力するとスカウト率アップ!
関連記事:転職エージェント23社を徹底比較!自分に合う転職エージェントを選ぶコツ

RECOMMEND

関連記事