最終更新日:

理学療法士から転職したい!理学療法士から後悔しない転職を実現させる方法

今の仕事がつらかったり、やりがいを感じなかったりして転職を考える理学療法士の方は少なくありません。

転職で資格を活かすのであれば理学療法士として別の職場に移るのが最適ですが、資格が必要ない職業も存在します。

本記事では、理学療法士から他の職場に転職する際に知っておきたい転職事情を解説。

転職を考えている理学療法士の方はこの記事を参考にしてください。

リハビリ職に特化した
おすすめ転職エージェントはコチラ

理学療法士から転職したい人の理由

理学療法士の世界では転職はそう珍しくありません。

理学療法士として働いている年齢層は20代が最も多く、年齢を重ねるごとに人数が減っていきます。

離職や転職を考える主な理由としては、以下の要因が挙げられるでしょう。

  1. 人間関係の不和\
  2. 激務による負担
  3. 仕事への適性に不安を感じた

人間関係の不和

理学療法士は医療施設、介護施設などで務める方が多いですが、どちらも一般企業に比べると人間関係が狭い傾向にあります。

誰かとの間に不和が生まれても避けるのが難しく、居づらくなる場合もあるでしょう。

人間関係に理由がある場合は、新しい職場でやり直すために同業を選ぶのをおすすめします。

激務による負担

拘束時間の長い不自由な勤務のなかで体力・精神的な負担を感じて転職したいと感じる方も多いようです。

サービス残業が当然、休日に勉強会などなど、職場によってはブラック企業に近い勤務になる場合もあります。

理学療法士の業務自体が負担な方は別の職種への転職を、労働条件に不満がある方は同業種を選ぶのがおすすめです。

同業界での転職ではスキル不足と判断されないよう、最低でも一年以上経験を積んでから転職するのをおすすめします。

仕事への適性に不安を感じた

理学療法士として働くには、既に得ている専門的な知識に満足せず、常に勉強し続ける必要があります。

最新の技術・知識を取り入れた治療を求められるため、仕事への適性がないと感じている方にとってはつらい状況です。

技術・経験が不足していて向いていないと思う場合は、経験年数によって解決する可能性もあります。

年数を重ねて努力をしたくないと感じるのであれば、今後のキャリアのためにも早めに転職を決意するのがよいでしょう。

理学療法士の資格を活かせる転職先

理学療法士の資格を活かせるのは、やはりリハビリテーションを行なうプロとして病院や介護施設に勤務する仕事です。

厚生労働省「理学療法士・作業療法士の需給推計を踏まえた今後の方向性について」によると、理学療法士の就業数は増えていく見込みです。

高齢化によって需要も高まり求人数も増えるため、理学療法士として働く将来に抵抗がない方は安心できるでしょう。

理学療法士として働ける場所の例

  • 病院、クリニックなど
  • 介護施設
  • 介護老人保健施設(機能回復ホーム、在宅医療など)
  • 障がい者施設
  • 特別支援学級

その他、大学や一般企業、スポーツ施設などでも求人が存在します。

高齢者や児童、患者のリハビリのほか、元気な高齢者向けの健康指導や、障がいのある児童と接するなどの選択肢もあるでしょう。

理学療法士から別の職種への転職は難しい?

理学療法士の資格が有利に働く業界はリハビリ関係以外では少ないため、別業種に行く場合は注意しておきましょう。

とはいえ、理学療法士としての知識・経験が生きる機会は必ずあるので、諦める必要はありません。

理学療法士から転職しやすい職種

理学療法士自体を辞めて違う仕事をしたい方は、理学療法士としての知識を活かせる異業種への転職も選択肢に入ります。

例えば、介護系メーカーやスポーツ用品メーカーの営業、フィットネスクラブの指導者など。

理学療法士は、職業柄、医療知識や動作分析・動作指導、トレーニング理論の知識を得ています。

健康や予防関連事業を行う企業への転職者は、年々増加傾向にあるようです。

働く企業や雇用形態にもよりますが、キャリア設計次第で大幅に将来の給与をアップさせるのも不可能ではありません。

もちろん、自分のやりたい仕事ができる業界へチャレンジするのも良い選択でしょう。

自分が本当にやりたい仕事が何か、見つめ直してから転職サービスに登録しましょう。

理学療法士から他業種に転職したい方におすすめの診断ツール

自分のスキルや長所、向いている職業を考える時は、転職サービスが提供している診断を利用するのがおすすめです。

ミイダス(MIIDAS)・リクナビNEXTなどは無料で全てのサービスを利用できるので、ぜひ活用してください。

おすすめ診断コンテンツ】※2021年1月時点
ミイダス(MIIDAS)
リクナビNEXT
診断名称
コンピテンシー診断
パーソナリティ診断
グッドポイント診断
所要時間
25分
15分
30分
質問数
152問
128問
293問
内容
職務適性
上下関係適性
ストレス要因
など
生まれ持った個性・コンディション
慎重性
感受性
親密性
など
診断可能
回数
1回のみ
料金
無料

40歳以降の転職は厳しい傾向

比較的難易度が低い理学療法士から理学療法士への転職でも、40代以降は厳しくなってくる可能性が高いです。

理学療法士は20代~30代の働き手が多く、責任者が年下の場合もあります。

現職で役職がある場合、妥当なポジションが空いてないと雇用を拒否されるケースもあるでしょう。

前職で主任などの役職があっても、転職後はその役職がなくなる可能性も考えられます。

40代以降が転職をする場合は、理学療法士に強い転職エージェントを複数社併用して条件に合う求人を探してください。

理学療法士の転職を成功させるコツ

理学療法士から転職を考えている方には、大きく分けて「違う職場で理学療法士として働きたい」「全く違う職種で働きたい」の2パターンに分けられます。

理学療法士として転職したい方は、PT・OT・STに強い専門職エージェントを、違う職種に興味がある方は様々な業界の求人を扱う大手エージェントを活用しましょう。

理学療法士に強い転職エージェント

PTOT
キャリアナビ
マイナビ
コメディカル
転職
エージェント
特徴 10年以上の支援実績に基づく手厚いキャリアサポート 求人数は業界トップクラスで質の高い案件が多い
求人数 非公開 約27,000件
求人
対応地域
東京・埼玉・
千葉・神奈川
・大阪・兵庫
全国対応
公式サイト


リハのお仕事 PTOTSTワーカー
転職エージェント
リハのお仕事
PT・OT・ST WORKER
特徴 人間関係や労働条件を重視した手厚いサービス 各職種専門のアドバイザーが専任で担当
求人数 非公開 非公開
求人対応地域 全国対応 全国対応
公式サイト


おすすめの大手転職エージェント

リクルート
エージェント
doda
転職エージェント
主な年齢層 20代~30代 26歳~35歳
主なサポート対象 全転職者に対応 大卒以上の転職希望者
支援実績 採用成功実績は41万人超 年間転職成功者は1万人以上
求人数 約20万件 約10万件
求人
対応地域
全地域対応 首都圏・関西圏・東海
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
スカウトサービスあり
丁寧な添削やサポートが好評
簡単登録
(無料)

理学療法士から転職するなら将来設計を固めて転職サービスを使おう

理学療法士からの転職を考える場合、まず自分が理学療法士を続けたいのか、資格を活かせる別職種が良いのか、全く違う業界に挑戦したいのかを明確にしましょう。

自分の適性について悩んでいる場合は、診断ツールを利用できるミイダス(MIIDAS)などがおすすめです。

希望する選択肢に適した転職エージェントを活用して、後悔のない転職を実現してください。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事