最終更新日:

シニアに高需要!福祉ネイリストはどんな職業?

シニアに高需要!福祉ネイリストはどんな職業?

おしゃれに敏感な高齢者は、ヘアスタイルや洋服、美容はもちろんのこと、ネイルケアにまで気を使っています。実は年齢が上がるにつれて気になってくるのが肌や髪以外で、爪に対しても気になることが多くなっているようです。

それは、ずばり爪の質が悪くなってきていると感じていることです。昔は手入れをしなくても大丈夫だったのに、年齢が上がるにつれて「色が悪くなってきたり」「欠けやすくなってくる」など、爪にもさまざまな加齢による影響が少なからずあります。

そこで登場するのが福祉ネイリストです。福祉ネイリストは、爪までおしゃれに保ちたいという高齢者にサービスを提供する仕事で、今後ますます注目を浴びる職業と言えるでしょう。

魅力的な福祉ネイリストになるためにはどうすれば良いのか、具体的な仕事内容や収入、将来性など、さまざまなポイントを解説していきます。

福祉ネイリストはおしゃれな高齢者の救世主!

福祉ネイリストの仕事はやりがいが多い仕事と言えますが、具体的にどのような仕事をしているのか詳しく見ていきましょう。

福祉ネイリストの具体的な仕事内容

高齢者相手の仕事となるので、高齢者施設や個人宅を訪問して施術するのがメインとなる仕事です。ネイルケア道具を持参し、高齢者施設や個人宅の一部をお借りして施術を行います。

爪をきれいに保つためにケアするので、十分なカウンセリングをしたあとに施術開始です。仕上がりイメージなど十分に打ち合わせしておくことがポイントになります。

福祉ネイリストの高齢化社会における役割

おしゃれに気を使う高齢者にとって、ネイルケアも大切なケアの1つです。体が思うように動かなくなったとしても、トータル的な美しさを保つために、努力を惜しみません。

そのため、福祉ネイリストはとても重要な役割を担っていると言っても過言ではないでしょう。いつまでも若々しくありたいと願う高齢者の夢をかなえる仕事と言えます。

年を重ねても女性は美しくありたいもの。その一端を担うのが福祉ネイリストの役目です。

福祉ネイリストの1日の流れ

  1. 所属団体からの指示で高齢者施設or個人宅へ訪問
  2. できるだけ素早く的確に施術
  3. 後片付けと会計を済ませて終了

福祉ネイリストの場合、どこかのネイルサロンに入るというわけではなく、介護団体や介護サービスに所属して派遣される形式で仕事を行うことが多いです。そこから訪問先に行くように指示があってから、予約時間に合わせて訪問し、施術を行います。

高齢者施設か個人宅のスペースで施術しますが、大掛かりな移動や用意などは必要ないので、比較的簡単に施術を開始できるのが特徴です。体への負担を考慮し、できるだけ素早く的確に施術していきます。終わった後は後片付けと会計を済ませて終了です。

高齢者にうれしいサービスを提供する福祉ネイリストになるには?

まだまだ働く環境自体が整えられていない職業なので、福祉ネイリストに正式になれると決まったわけではありません。福祉ネイリストに興味のある人は、応募要項を事前に良く確認してから進めていきましょう。

福祉ネイリストになるために必要な経験

すべてがそうだとは限りませんが、ほとんどの応募でネイルサロンで施術経験がある人が条件となっています。そのため、福祉ネイリストになるには、まずネイルサロンへ入り、何年か働いたあとに福祉ネイリストになるのが近道です。

ネイリストとしての経験が必要です。

福祉ネイリストに求められるスキル・資格

必須となるスキルはありませんが、資格についてはNPO法人日本ネイリスト協会(JNA)が主催する「ネイリスト技能検定試験」を受ける必要があります。3級以上としている応募が多いので、最低でも3級は取得しておいた方がいいでしょう。

ネイリスト技能検定試験 概要
参考URL
http://www.nail-kentei.or.jp/about/about.html#01

そのあと、ネイルサロンで経験を積み、福祉ネイリストになるためのスクールを受講する必要があります。全部で約25時間の講習があり、1週間で卒業となる「福祉ネイリスト認定制度」です。

福祉ネイリスト認定制度 概要
参考URL
http://fukushinail.jp/recognition

福祉ネイリストに向いていない人の特徴

  • 表情や態度が顔に出やすい人
  • 短気な人
  • マイペース過ぎる人

向き合いながらの仕事となりますので、態度が顔に出やすい人は要注意です。何か気に障ることを言われて、カッとしやすい短気な人も向いていません。

手早く仕上げることが必要なので、マイペース過ぎる人も止めておいた方が良いでしょう。

福祉ネイリストの収入は?将来性のある仕事なのか?

福祉ネイリストは稼げるのか、将来性についてはどうなのかをメインに説明していきます。

福祉ネイリストの収入は低めの水準

実は福祉ネイリストは、しっかりとした環境がまだ整えられていない職種です。従って、どこかに入社して働くわけではないので、月給制よりは報酬制にしているところが多いのでしょう。

現実的なことを考えると、自分でネイルサロンを開業したあと、同時に福祉ネイリストとしても仕事をして、収入を得るというのが妥当と言えます。

ネイル・ネイリストの求人募集
参考URL
http://www.kajidokoro.com/article/14427332.html
(福祉ネイリストは比較的新しい職業のため、データが不十分の可能性はあります。)

福祉ネイリストの将来性について

まだまだこれからと言える福祉ネイリストですが、需要自体は増えつつある職業でもあります。今後、働く環境も整っていくことを考えると、今のうちから準備しておけば、将来的に安定した技術職となっていく可能性も高いです。


RECOMMEND

関連記事