最終更新日:

理学療法士の給料平均額は安い?高い?理学療法士が給料を上げる方法を解説

理学療法士の給料平均額は高い?低い?理学療法士が給料を上げる方法を解説

「理学療法士の給料は平均でどのぐらい?」
「理学療法士としてもっとたくさんの給料をもらえるようになりたい!」

そのように疑問を持ち、考えている方は少なくありません。

他の業界で働く人からは収入が高いイメージを持たれやすい理学療法士ですが、目立って高収入なのはレアケースです。

この記事では理学療法士の平均的な給料と、高収入の理学療法士求人を探す方法について解説します。

今の給料に不満を持っている理学療法士の方は必見です!

リハビリ職に特化した
おすすめ転職エージェントはコチラ

理学療法士の平均給与は高い?低い?

厚生労働省より発表されている理学療法士の平均年収は、約408万5千円です。

理学療法士の年収はほかの医療系専門職と比べて、とくに高いわけではありません。

一般的なサラリーマンの平均年収は約440万円前後と言われているため、それよりも下回っているとも読み取れます。

ただ、理学療法士の平均年収が高くないのは働いている人の年齢の影響が大きいです。

理学療法士として働く人は若い世代が多いため、まだ昇給できていない若い世代が平均値を下げている側面もあるでしょう。

厚生労働省の平成30年賃金構造基本統計調査によると、理学療法士の平均初任給額は約23万円、初年度の平均年収額は約303万円です。

理学療法士の年齢ごとの平均的な給料

理学療法士は平均年齢が31.8歳で、全体的な年齢層としては20代の割合が多いです。

厚生労働省の平成30年賃金構造基本統計調査によると、理学療法士(作業療法士を含む)の平均月収は男性が約29.2万円、女性が約27.7万円でした。

理学療法士として給料を得ている人の比率

理学療法士に簡単に誰でもなれる職業ではありませんが、国家試験の合格率は約8割と高いです。

資格を取得さえすれば働けるため、理学療法士として働く人には若い世代が多く存在します。

約11万人の理学療法士が加入する公益社団法人日本理学療法士協会のデータから見ても、20代は最も会員数が多いです。

会員数が最も多いのは26~30歳で、最も少ないのが76歳以上で、20代、30代、40代と年齢を重ねるごとに人数は減っています

理学療法士が平均年収をアップさせる方法

理学療法士として働くなかで給与アップを目指すなら、ある程度のキャリアを積んでから自分が希望する働き方を見直すのが大切です。

とはいえ、今すぐに見切りをつけて転職をするのもあまりおすすめできません。

最低でも一つの職場で1年以上は継続して働いた方が、経験・キャリアを得ていると判断されて転職後に評価されやすくなります。

一つの勤務先で働き続ける選択肢もある

確実に給料を上げたいなら、ひとつの勤務先で経験年数を増やして、将来的に管理職になれるよう努力するのも良いでしょう。

ただし、理学療法士の管理職は40代が主な層で、全ての理学療法士が管理職になれるわけでもありません。

30代までで職務に励み、理学療法士として評価されるようなキャリアを持っておくのをおすすめします。

ただし、パワハラや劣悪な労働条件など、心身に支障をきたす職場なら期間を気にせず辞める判断をするのも重要です。

理学療法士が給料アップを目指すなら転職エージェントを活用しよう

転職する際はコメディカル分野に特化した転職エージェントを利用しましょう。

数多くの転職実績があるエージェントを利用すれば、希望年収や昇給の条件を満たす職場を見つけやすくなります。

理学療法士におすすめの転職エージェント

PTOT
キャリアナビ
マイナビ
コメディカル
転職
エージェント
特徴 10年以上の支援実績に基づく手厚いキャリアサポート 求人数は業界トップクラスで質の高い案件が多い
求人数 非公開 約27,000件
求人
対応地域
東京・埼玉・
千葉・神奈川
・大阪・兵庫
全国対応
公式サイト


リハのお仕事 PTOTSTワーカー
転職エージェント
リハのお仕事
PT・OT・ST WORKER
特徴 人間関係や労働条件を重視した手厚いサービス 各職種専門のアドバイザーが専任で担当
求人数 非公開 非公開
求人対応地域 全国対応 全国対応
公式サイト


給料を理由に職場を辞めたい理学療法士は退職代行を活用しよう

理学療法士の職場が人材不足の傾向があり、理由によらず引き留めに遭う可能性は多くあります。

給料が不満で他の職場に行きたい、とは言いづらい方もいるのではないでしょうか。

本当に給料の条件面だけが不満であれば交渉も選択肢に入りますが、交渉に失敗すると職場での人間関係が悪化してしまうおそれもあります。

ストレスなく確実に退職したい方は、退職のやり取りをすべて代行してくれる退職代行サービスを利用しましょう

労働組合の退職代行サービス

退職代行Jobs(ジョブズ) 退職代行ガーディアン
退職代行サービス
依頼費 ■安心パックプラン
退職代行+労働組合

29,000円
■シンプルプラン
退職代行

27,000円
一律29,800円
相談窓口 電話
メール
LINE
電話
LINE
特徴 顧問弁護士監修
労働組合と連携
現金後払いOK
追加費用なし
東京都労働委員会認証の労働組合法人が運営
追加費用なし
無料相談

弁護士の退職代行サービス

退職代行サービスのNEXT 弁護士法人みやびの退職代行サービス
退職代行サービス
依頼費 33,000円 55,000円
相談窓口 電話
メール
LINE
メール
LINE
相談料 無料 無料
特徴 日本全国対応
退職できなかった場合全額返金
退職率100%
日本全国対応
出社なしの引継ぎや私物引取り可能
完全退職までフルサポート
無料相談

理学療法士で給料を上げたいなら勤め続けたい職場を選ぼう

理学療法士として働く中で、給料は気になる条件の一つです。

基本的に理学療法士は経験年数やスキルを基準に、勤続年数が長くなるほど給料が上がっていくケースが多いです。

今の職場が長く働き続けたい環境でない場合や、昇給の望みが薄い場合は転職をおすすめします。

理学療法士の転職に強いエージェントを活用して、希望通りの年収を手に入れましょう!

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事