最終更新日:

理学療法士は一般企業に転職できる?転職を成功させる効果的な方法

理学療法士は一般企業に転職できる?転職を成功させる効果的な方法

「今すぐ理学療法士を辞めたい」「この仕事に向いていないと思う」

悩みを抱え、一般企業への転職を検討している理学療法士の方は数多くいらっしゃります。

本記事では理学療法士が一般企業に転職するメリット・デメリット、一般企業への転職を成功させるコツを解説。

理学療法士から別の業界に行きたいと考えている方はこの記事を参考にしてみてください。

理学療法士を辞めて一般企業に入るのは可能?

理学療法士を辞めて、資格をある程度活かせる一般企業に転職できる可能性はあります。

ヘルスケアや福祉用具関連の企業、治験コーディネーター。医療介護系の人材紹介などが例に挙げられるでしょう。

募集要項に「PT・OT有資格者優遇」などと書かれている求人もあるので、希望条件に合わせて探してみてください。

もちろん、資格を利用しないで全く未経験の世界に挑戦するのも悪い選択ではありません。

転職して後悔しないよう、自分の適性や希望を整理して、ある程度的を絞っておくのをおすすめします。

自分の強みを知りたい方におすすめの診断サービス

リクナビNEXT MIIDAS(ミイダス)
転職サイト
主な年齢層 全年代 全年代
主な対象者 全転職者に対応 全転職者に対応
特徴 満足度No.1転職サイト
18種類の中から強みを診断!
15分程度で完了
面接確約オファー
3つの無料診断で自己分析できる
専用アプリあり
簡単登録
(無料)

理学療法士の職場は多くの場合一般企業ではない

理学療法士の仕事はそのままに、福利厚生の良い企業に行きたいと考える方もいるでしょう。

理学療法士の職場として最も多いのは病院やクリニックなどの医療機関。

そして、理学療法士は医療機関か介護施設のどちらかで勤務している人が約8割です。

残りの2割は医療機関と介護施設以外の勤務先で、ここに一般企業も含まれています。

公益社団法人理学療法士協会「会員の分布」

会員限定の統計のため理学療法士すべてを示す結果ではありませんが、参考程度にはなるでしょう。

理学療法士として医療機関や介護施設以外で働く場合、やはり整骨院やスポーツジムなどの求人が多いですが、リハビリ関連の一般企業に勤める理学療法士が一定数いるのも事実です。

理学療法士から一般企業に転職するメリット

  • 仕事内容の選択肢が多くなる
  • 多様な働き方を選べるようになる
  • 身体的な負担が少ない仕事もある

理学療法士の業務内容はある程度決められていて、仕事を続ける限り違う職務にあたる機会は少ないでしょう。

その点で言うと、一般企業であれば働き方や仕事内容の選択肢が多くなるのはメリットと言えます。

もちろん営業、企画、総務など色々な職種があり、その職種ごとに業務内容は決められていますが、対応する資格がなくても働ける企業は少なくありません。

また、仕事内容だけでなく働き方の選択肢も広がり、夜勤がない仕事も選べます。

「土日祝休み」「〇時始業」など、求人によってはワークライフバランスを重視した働き方も可能です。

理学療法士の仕事が体力的につらい方も、事務職などの比較的負担が少ない業務を選べるようになります。

理学療法士から一般企業に転職するデメリット

  1. 理学療法士の資格を活かせる仕事は多くない
  2. 転職直後の年収は下がる可能性が高い
  3. 理学療法士の仕事の知名度は低い

理学療法士が一般企業に転職する際、資格をそのまま生かせるケースはかなり少数派です。

一般企業ではリハビリ職に対応する求人が少ないため、基本的には一から新しい仕事をする必要があるでしょう。

メインの業務以外に名刺交換、接待、メールの返信マナーなどを求められる可能性があるため、経験がないと最初は大変かもしれません。

未経験の業務を行なう場合、勤務先にもよりますが有資格者でもすぐに給料をアップさせるのは難しいです。

そもそも面接をする採用担当者が理学療法士の仕事を詳しく知らない可能性もあります。

世間での知名度があまりなく、看護師や介護士と混同される機会もあるかもしれません。

理解してもらえなくてもあまり腹を立てずに面接を進められるよう、心構えをしておいて損はないでしょう。

一般企業への転職を選ぶ際も、理学療法士の国家資格は復帰したいと思った時にいつでも再使用できるのは覚えておいてください。

理学療法士から一般企業への転職を成功させる方法

理学療法士の資格を活かして一般企業に転職する場合、まず資格を活かせる仕事を探すのが大変ですよね。

転職のプロが所属する転職エージェントを利用すると、条件に合った求人探しをサポートしてもらえます。

理学療法士資格を活かして転職したい方は、PT・OT・STに強い専門職エージェントを、全く違う職種にも興味がある方は様々な業界の求人を扱う大手エージェントを重点的に活用しましょう。

理学療法士に強い転職エージェント

PTOT
キャリアナビ
マイナビ
コメディカル
転職
エージェント
特徴 10年以上の支援実績に基づく手厚いキャリアサポート 求人数は業界トップクラスで質の高い案件が多い
求人数 非公開 約27,000件
求人
対応地域
東京・埼玉・
千葉・神奈川
・大阪・兵庫
全国対応
公式サイト


リハのお仕事 PTOTSTワーカー
転職エージェント
リハのお仕事
PT・OT・ST WORKER
特徴 人間関係や労働条件を重視した手厚いサービス 各職種専門のアドバイザーが専任で担当
求人数 非公開 非公開
求人対応地域 全国対応 全国対応
公式サイト

おすすめの大手転職エージェント

リクルート
エージェント
doda
転職エージェント
主な年齢層 20代~30代 26歳~35歳
主なサポート対象 全転職者に対応 大卒以上の転職希望者
支援実績 採用成功実績は41万人超 年間転職成功者は1万人以上
求人数 約20万件 約10万件
求人
対応地域
全地域対応 首都圏・関西圏・東海
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
スカウトサービスあり
丁寧な添削やサポートが好評
簡単登録
(無料)

理学療法士から一般企業に転職は可能!まずは自分が仕事に何を求めるのか整理しよう

理学療法士として働いている今の職場から、一般企業に転職できる可能性は多くあります。

資格を活かす場合、一般企業に所属する理学療法士になる、または福祉・ヘルスケア関連の企業に勤める選択肢があるでしょう。

特殊な資格がいらない業種であれば、未経験の仕事にチャレンジするのも可能です。

様々な仕事から最適な求人を選びたい方は、転職エージェントを複数社活用して選択肢を増やしてから転職活動に挑みましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事