最終更新日:

福祉事務の仕事内容とは?福祉事務の給料や必要な資格を知り転職成功

「福祉事務って何をする仕事?」
「福祉事務に有利な資格は?」

福祉事務の仕事内容や必要な資格が分からず、目指すか迷う方も少なくありません。

福祉事務は、一般的な事務業務に加え、介護・福祉に関する手続きをする仕事です。

今回は、福祉事務の仕事内容や平均給与、福祉事務に向いている転職サービスについて解説します。

福祉事務の仕事内容が気になる方や、これから目指す方はぜひ最後までご覧ください。

福祉事務の仕事内容や給料は?

福祉事務って普通の事務職と何が違うんだろう…?

福祉事務とは、介護・福祉業務に関する手続きや受付業務の他、診療報酬を請求するレセプト業務などを担当する仕事です。

福祉事務は、ケアマネジャーのような専門職員のサポートもするため、介護や福祉に関する知識やスキルが必要だと言われます

福祉事務の仕事内容
● 請求業務
● 受付業務
● 事務的業務
● 勤怠・労務管理業務
● 備品・施設管理業務
● サポート業務

介護報酬を請求する期間が毎月1日から10日までと定められているため、どの事業所で働いても繁忙期が変わらないのが福祉事務の特徴。

【仕事内容】福祉事務の1日の流れ

実際に福祉事務として働く子の一日の流れを紹介していくわ★

9:00 始業
1日のスケジュール確認や報告を受けます。
10:00 午前業務の開始
窓口での来客対応や書類作成、備品の確認・修繕などを実施。
12:00 昼休憩
他の職員と順番に休憩をとります。
13:00 午後業務開始
引き続き窓口対応や書類作成に取り組みます。
18:00 勤務終了
スタッフの勤務管理や明日の準備、実績集計をして一日の業務が終了。

福祉事務の給料

厚生労働省の調査によると、令和4年度における福祉事務(正社員)の平均給与は308,430円でした。(1)

dodaの調査では、事務職全体の平均給与が約28万円と発表されており、福祉事務は一般事務よりも稼げる仕事だと言えるでしょう(2)

福祉事務は介護・福祉に強い転職支援が◎

福祉事務の仕事に就きたいけど、求人の探し方が分からない方も少なくありません。

介護職に強い転職サービスを利用すれば、求人探しや雇用条件の交渉などを代行してくれるため、転職活動が初めてでも成功させられます

転職エージェントのサポート内容
● 求人の検索や紹介
● 応募書類の添削や面接対策
● 面接日程の調節や雇用条件の交渉
● 契約書や入社関連の手続き
● 入社日のすり合わせ

各社の特徴を見比べ、自分に合った転職エージェントを活用しましょう。

未経験・無資格OKのエージェント

レバウェル介護(旧:きらケア) かいご畑
転職エージェント
主なサポート対象 無資格・未経験
経験者も
幅広く対応
無資格・未経験の介護業界転職希望者
実績 幅広いニーズに対応可能 40代の転職成功実績あり
求人数 4万8000件
+非公開求人
1万件
+非公開求人
雇用形態 正社員/契約社員/派遣/パート/アルバイト 正社員/派遣に強い
特徴 面接同行など抜群のサポート
無料資格支援制度あり
無料で資格取得を目指せるキャリアアップ応援制度がある
公式サイト


ミラクス介護 カイゴジョブエージェント
転職エージェント カイゴジョブエージェント
主なサポート対象 介護業界経験者
未経験者も可
介護業界経験者
無資格・未経験者も可
実績 介護職がすすめる転職サイトNo.1 転職実績30,000件以上
求人数 21万3000件 6万件以上
雇用形態 正社員/契約社員/パート 正社員/非常勤/パート
特徴 求人の5割が正社員求人
非公開求人は高年収が多い
資格取得サービスを無料で受講可。専任で徹底サポート
公式サイト


福祉事務に役立つ資格・スキル

福祉事務ってどんな資格が必要なんだろう…?

福祉事務の仕事内容で必須な資格はありませんが、業務で役立つ資格は存在します

福祉事務向けの資格・スキルを保有しておけば、即戦力として働けるかもしれないので、福祉事務を目指す方は取得して損はありません。

介護事務管理士

介護事務管理士とは、介護請求業務に関する受付・会計の知識を証明する資格です。

利用者への待遇力に加え、ケアプランから介護報酬を計算する能力が問われる資格で、取得すれば福祉事務に役立つと言えるでしょう。

● 介護事務管理士の試験情報

試験会場
現在では在宅での受験を実施中
試験日
毎月第4土曜日翌日の日曜日
試験方法
実技試験/レセプト点検問題2問
学科試験/マークシート(択一)10問
受験資格
なし
合格率
70%程度
受験料
5500円(税込)

参照:技能認定振興協会/介護事務管理士

ケアクラーク

ケアクラークとは、日本医療教育財団が運営する介護報酬請求事務に関する民間資格です。

ケアクラークを取得すれば、社会福祉や介護技術に関する知識と技能を証明でき、福祉事務への転職に役立ちます

介護事務管理士よりも問題の出題範囲が広く、介護・福祉の知識だけでなくコミュニケーション技法なども問われるのがケアクラークの特徴です。

試験会場
現在では在宅での受験を実施中
試験日
年3回(5月、9月、1月)
試験方法
学科 介護事務知識/筆記(択一式)/25問
実技 介護報酬請求事務/介護給付費明細書作成/2問
受験資格
なし
受験料
6,900円(税込)

参照:一般財団法人日本医療教育財団/ケアクラーク

福祉事務を目指すなら転職サービス利用

福祉事務は、介護・福祉施設での事務員を指し、介護保険の請求業務や受付業務に加え現場作業員のサポートもします。

福祉事務の仕事に就くために必須の資格はありませんが、「介護事務管理士」「ケアクラーク」の資格を取得すれば、即戦力として働けるかもしれません。

転職サービスを利用すれば、福祉事務に関する求人情報が探しやすいだけでなく、面接や書類作成支援も無料で受けられます

福祉事務の仕事に就きたい方は転職サービスを活用し、転職活動を成功させてくださいね。

(1)令和4年度介護従事者処遇状況等調査結果
(2)doda/平均年収ランキング

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティーワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、業界・職種が幅広い『doda』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人多数
幅広い業界・職種から希望条件にマッチする求人を紹介可能

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

doda公式へ

求人数20万件超!非公開求人多数!!
こだわり条件にマッチする求人を提供する国内最大級の求人情報・転職サイト

特に営業職に強く、丁寧なサポートとアフターフォローに定評あり。大卒以上の26~35歳関東、関西、東海の求職者向け。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

会員登録時に基本情報や職務経歴まで入力するとスカウト率アップ!
関連記事:転職エージェント23社を徹底比較!自分に合う転職エージェントを選ぶコツ

RECOMMEND

関連記事