最終更新日:

自己分析は30代の転職を大きく左右する。抑えておくべきポイントを紹介!

30代で一念発起の転職!でも自分にどんな仕事が向いているか正直わからない…選考を有利に進めたいのに自己アピールに何を書けばいいかわからない…とつまずく人は多いです。自己分析ではミスマッチを防ぐブレない転職の軸選考で有利になる自己PRを手に入れられます。経験や柔軟性が求められる30代の転職に自己分析は欠かせません

今回は30代だからこそ成せる自己分析の意味や活用方法注意点など今更聞けない情報をお届けします。

自己分析で何がわかるの?

自己分析は転職活動の最初に取り組む作業です。これからの転職を円滑・有利に進めていくための要になります。

転職活動の自分軸ができる

自己分析では、自分がどういう人間か、の考察が可能です。大切にしたいこと→仕事の位置づけ→重視すること…と落とし込んでいけば、自分に合った仕事・やりたい仕事を見つける術になります。一筋縄ではいかない転職活動で、より正確かつブレのない自分の基準を持つことは、ミスマッチを防ぐ為にも重要です。

    例:

  1. 価値観を自己分析で把握
     A「わくわくする気持ちをずっと持っている人生が送りたい」
     B「家族を大切にしたい」
     C「負けず嫌いで上を目指すことにやりがいを感じる」
     D「誰かに干渉されるのが苦手」
     E「平和主義で温かい雰囲気が好き」
  2. どんな仕事がしたいのかに変換
     A「単調な業務よりは毎日内容が異なるような仕事」
     B「プライベートも大切にできる仕事」
     C「自分の成果に見合った評価をしてくれる仕事」
     D「自分のペースで進められるような仕事」
     E「周りと和やかに仕事ができる職場」
  3. 具体的に転職先を選ぶ条件を導き出す
     A「接客や観光業、ベンチャー企業」
     B「残業が少ない事、給料は低すぎないように○○万円以上」
     C「年功序列より実力主義の企業、成果が数値化されて見えやすい営業職」
     D「研究開発職やエンジニア、フレックスタイム制度がある会社」
     E「人間関係が良好な職場、中小企業」

説得力のある自己PRができる

自己分析は価値観、人生設計、強み、弱みなど自分でも認識のなかったことも発見できます。自己分析で導き出した要素が、応募先の会社でどう活かせるのか、ということを論理立てて説明できれば、非常に説得力のある自己アピールとして活用できます。

    例:

  1. 価値観を自己分析で把握
    「じっくり考えてから行動する」
    「一つのものをみんなで作り上げるのが好き」
  2. 業務に活かせる要素に変換
    「きめ細やかで慎重な仕事ができる」
    「チームの潤滑油的な存在になれる」

    前職での具体的なエピソード
    「新事業立ち上げの際、入念なチェックにより先方との情報伝達不足の可能性に事前に気づき改善することで、重大なミスを防ぐことができた」
    「部署内で仲違いがあった際、緩衝材としてお互いの言い分をじっくりと聞き、勘違いを訂正することで雰囲気も良くなり仕事の効率も上がった」

  3. 説得力のあるPR
    「私は熟慮断行な性格で、(エピソード)ことがあり、御社でも抜かりない円滑な業務の遂行に貢献できると考えています。」
    「私はグループ内の親睦に重きを置く性格で、(エピソード)こともあり、御社でもチームワークの向上によって作業効率を最大限に上げる努力をするつもりです。」

自分の強みとか出すのが苦手って人結構多いよね…けどこうやって客観的に出せたら臆せずアピールできそう!

どんな仕事がいいのかわからなくて悩んでる子にも、少しでも選考を有利に進めたい子にも自己分析はとても有効なのよ。

30代の転職だからこそ自己分析が必要

…でも自己分析って新社会人のときにやるイメージだな。30代に入ってから転職するのにも必要なの?

あったり前でしょ! 30代で転職するからこそ自己分析はとっても大切なのよ!

満足のいく転職につながる

パソナキャリアが2015年に行った調査では、転職に大変満足だった人の約半数が転職成功にもっとも大切なことは自己分析だったと回答しています。対象は、2012年~2015年に転職をした25歳~44歳の男女891名です。

参考:転職後の満足度が高い人ほど「自己分析」を大切にする傾向に /マイナビニュース

新卒にはない経験値という武器

新卒時と30代の転職の大きな違いは、社会人経験の有無。転職する企業にいかに貢献できるか、かつ即戦力性が問われる30代の選考では、より説得力を増すためにこれまでの仕事で培ってきた実践的な経験やスキルこそ一番アピールすべきです。30代の自己分析では新卒の時とは全く別物の内容が抽出されます。

新卒のときみたいに学生時代の話ばっかりされても、企業の人も困っちゃうわ。月日を経た社会人としての自分を見つめ、万全に転職に臨むためには自己分析は欠かせないわよ。

未経験の業種や職種への転職にも重要

他業種や他職種への転職を考えている人は、30代に求められる即戦力としての経験や技術が不足していることが不利になりがちです。その対策として仕事の領域にとらわれないマネジメント力、意欲や人柄などのアピールが重要となってきます。より深く吟味された魅力ある内容にするために自己分析が活用できます。

マネジメント力について詳しく知りたい子はここも読んでみて☆

自己分析の方法

紙とペンでできるもの・書籍

アナログですが、それぞれのルールに従って自分で紙に書き込んでいく方式です。真っ白な紙から自分で始めるもの、書籍で提示される流れに沿って進めるものなどがあります。

メリット

自分の手で行っていくこのタイプの分析は時間をかける分、自分と向き合う作業過程を通してより深く考えられます。紙に直接書くほうが集中しやすいという人にも向いているでしょう。

デメリット

手間がどうしてもかかってしまうこと、1人で進めるため客観的な視点が欠けやすくなることが難点です。過度のポジティブは的を得ない内容に、過度のネガティブは自信喪失になるリスクがあるので、主観的になりすぎていないか常に意識しましょう。書籍の場合は購入に費用がかかります。

紙とペンでできる自己分析の例

【キャリアの棚卸し】所定のシートにこれまでの職歴や業務内容・業績を全て具体的に書き出し、今後の展望を理由とともに挙げる。実績の伴った強み、自分に合った仕事の条件などが見えてくる。

【自分史】過去の経験(30代は特に社会人時代)を遡って、出来事とその時の考えを年表のようにいくつも書き連ねる。それぞれの事象になぜ?と自問しながら掘り下げていき、自分らしさを抽出していく。

【モチベーショングラフ】年齢とモチベーションの高低を両軸に曲線グラフを作成し、グラフが変動した理由を深掘りしていく。要因の共通要素を導き出し、そこから自分の価値観などを考察する。

【マインドマップ】ある言葉から連想される別のキーワードを線で結びながらいくつも書き出していき、またそこから連想される言葉を書き出すことを数回繰り返す。出てきた言葉から自分の考え方の傾向について考察する。

【Want, Can, Must】やりたいこと・在り方、できること、企業や周囲から求められていることをそれぞれ書き出し、3グループに共通するもの・しないものを探し出す。自分の強みや補うべき部分、分析を経ての新たな欲求などが表出される。

ウェブサイトや転職エージェント

パソコンやスマホがあれば気軽に取り組みやすいのが、心理分析のサイトや、転職エージェントが展開している自己分析です。「自己分析・転職」や「自己分析ツール」などの検索からそれぞれのサイトにアクセスできます。

メリット

数十個~数百個の項目でそれぞれ自分に一番当てはまるものを選択していく方式が多く、時間を省略しやすいです。転職エージェントは自己PR作成までフォロー企業に直接閲覧してもらえるのでさらに効率よく就職活動につなげられます。心理分析サイトの診断方法は学術的根拠に裏付けられたものがほとんどなので信頼性も高いです。

デメリット

この方法には結果を吟味せず妄信してしまうリスクも潜んでいます。迷い・焦っている人ほど複雑で表しにくい自分の思いよりも明瞭に言語化されたものにすがりたくなります。しかし結果と自分の思いを照らし合わせる作業が抜け落ちると転職先のミスマッチにもつながりかねません。分析の種類によっては有料の場合もあります。

そもそも分析結果の種類が少ないと限定的な結果になりがち。でも世の中の人間がほんの数種類に分類しきれるわけないじゃない? 分析結果が自分の全てではないはずよ。

結果に振り回されないで、良い転職にする参考としての自己分析なんだってことを意識して活用しなくちゃね。

自己分析の方法、種類、かかる時間は様々です。それぞれの特徴をつかんで、業務や家庭とのバランスを考慮つつ、いろいろ試しながら自分に合った方法を見つけましょう。余裕があれば紙とウェブ両方を行うのもいいかもしれません。

自己分析活用のポイント

効率的に、でも手は抜かない

自己分析は深く自分と向き合いこれからを考えていく作業です。数日~数週間はかかります。複数種で多角的に見たほうが自分を浮彫りにしやすいです。転職活動を通して、自分の心境の変化に合わせて何度でも行い、常に最新の自分を把握しておきましょう。

30代って今の職場でも責任を負う立場だったりするし、平行して取り組むのって結構大変だねぇ…結婚してたら家庭との両立もあるだろうし…

確かに負担はあるわ。けど手を抜けばそれだけ内容の薄い自分で転職に挑むことになるの。ライバルとの差もひらく。他とのバランスを測りながら、ここはしっかり取り組んでほしいところだわ。

んー、確かに。より良い未来のために転職するんだから、中途半端に取り組んで後悔はしたくないよね!

PRは応募先に合わせてコーディネート

自己アピールは1つ完成させればいいというものではありません。アピールできる要素はいくつも出せるようにしておいて、自分の応募する企業のニーズに合うようにアピールする内容を調整していく必要があります。企業研究・業界研究もしっかりと行うことが大切です。

企業研究は、理念・方針や待遇、雰囲気、業界でのポジションその他、企業の情報を集めるのよ。

そこから企業の求める人材をイメージするんだね。これもある程度時間が必要そう。スケジュールをしっかり立てなくちゃね。

ホームページや求人広告・四季報なんかを使うと便利よ。自分に合う会社かどうかを見極めるのにも使えるわ。

自己分析で自分の武器をさらに輝かせる

自分の状況に合わせてかしこく使うことで、自己分析が転職成功の強力な武器になるんだね!

30代の転職での自己分析は、選考を突破するためだけじゃなく、人生の半ばで自分を見つめなおす意味でも本当に大事。大変だけど、頑張ればかならず報われる日が来るわ!しっかり向き合って、ハッピーな人生につなげましょ♡


RECOMMEND

関連記事