最終更新日:

【30代必見!】今こそ転職のタイミング!?理想を叶える30代の転職成功法とは?

【30代必見!】今こそ転職のタイミング!?理想を叶える30代の転職成功法とは?

「仕事にやりがいがない…」「年収アップしたい」「このまま今の会社にいていいのかな?」30代はそれなりにキャリアがあり、より良い環境を求めて転職をリアルに意識し始める年代です。しかし30代での転職は今後の人生を大きく左右します。

次の仕事が決まらないかもしれない。採用されたとしても、今より条件が悪いかもしれない。年齢が不安で転職に二の足を踏む30代は少なくありません。

しかし下記図の通り、昨今の転職成功者の年齢割合を見ても30代は決して転職に不利というわけではないのです。

転職成功者の成功割合

出典:転職成功者の年齢割合 / doda

今回は転職市場から30代が今転職するべき理由を紐解き、「30代が希望の転職を成功させる方法」「30代の転職の基本」「30代の転職とプライベートとの兼ね合い」を解説していきます。30代の転職を有利にする転職エージェントも併せてご紹介していきましょう。

30代の転職事情

30代は会社である程度のポジションにいたり、スキルや知識が磨かれて仕事をこなせるようになってるから、そう簡単に転職に踏み切れないわよね。とっても難しい年頃。

30代の今まで積み上げてきたキャリアもあるし、人脈だってあるだろうし…。そのすべてを一度手放さなくちゃいけないなんて、正直僕だったら怖いよ…。

“失う”よりも“得る”方が大きいかもしれないわ。自分の将来を見据えて、怖くても決断しなくちゃいけない時だってあるの。

このまま働き続けるべきか、全てリセットしてでも転職するべきか…。どちらがベストな選択なんだろう?

2019年も続く超売り手市場

転職市場は求職者よりも求人数が多い空前の売り手市場が継続中です。dodaによると、dodaエージェントサービスでの有効求人(仕事を探す1人に対し何件の求人があるかを示す)倍率は、2019年4月で2.19倍と高水準をキープしています。

中でも30~40代の人材は極端に少なく、マネジメントポジションのニーズも高まっています。深刻な人手不足で採用のハードルを下げる企業もあるとか。今の転職市場は求職者側が企業を選べる有利な状況です。

出典:転職求人倍率レポート(2019年4月)/doda

30代の人手不足の詳細はこちらの記事をチェック↓

30代前半の転職はネックにならない

一般的に30代で転職するのは難しいイメージがあるかもしれません。ですが、dodaの調査によると2018年上半期の転職成功者の平均年齢は31.6歳。全体の転職希望者の約3割を30代が占め、転職成功率は毎年増加しています。

さらに、30代前半の約6割が3ヶ月以内、約2割が1ヶ月以内に転職できたとのデータも。30代前半であればそこまで年齢がネックにはならないようです。

出典:転職成功者の年齢調査(2018年下半期)/doda

30代の転職は年齢を重ねれば不利

巷でまことしやかに囁かれている「35歳転職限界説」。決して“限界”ではありませんが、20代に比べて求人の範囲が狭まり、書類選考に通りにくくなるのは事実。未経験の採用チャンスも減少し、経験のある分野では求められる能力が高くなります。全く同じスキルの人材がいた場合、成長の伸びしろがある若手の方が選ばれやすいのは必然です。

転職は“年齢を重ねるにつれ不利になる”のが大前提。1歳年を取ると就職率は下がっていくとも言われています。

30代だからこそ今、転職する価値がある

いくら売り手市場とはいえ、求職者の全員が転職に成功するわけではありません。今の会社でそれなりに安定した道があるなら、わざわざリスクを負わず留まる方が賢明な選択です。

ただ、このまま働き続けた場合の将来を想定してみてください。

  • 会社の将来性に不安を感じる
  • 他にやりたい仕事がある
  • 給与や勤務時間、待遇に不満
  • もっと幅広い知識、専門的なスキルや経験を積みたい

上記は30代の上位に挙げられる転職理由。多くの人が上記の理由で転職を決断しています。

20代に比べて将来への見通しがきき、40代に比べて将来への見直しができる。それが30代の特徴です。もし今の会社に満足していない部分があるなら…

今、転職する価値があります。

30代が希望の転職を成功させる方法

市場も盛り上がってて30代のニーズもある。企業が人手不足っていうのは嬉しい悲鳴ね♪でも年齢を重ねると不利だなんてホント残酷。お肌と一緒だわ。少し急いだほうが良さそう。

そうだね。今ならまだ間に合いそうだよ。キャリアアップ、スキルアップ、年収アップ、待遇アップ。転職活動の進め方次第では、全ての条件アップだって可能なんじゃないかな!?

30代の今から動けば、希望を全て実現する理想の転職も夢じゃないわね☆

じゃあ実際に何をどうすれば理想の転職が叶えられるか。その方法を知りたいよ。

30代の転職に必要な即戦力性とマネジメント経験

20代は「今、何をしたいか」30代は「今、何ができるか」

30代の転職は企業から求められる能力やスキルが異なります。新卒や20代の頃とは勝手が違い、同じように進めてしまうと失敗する可能性が極めて高いです。

年代 求められる能力・経験 期待される能力・経験
20代 やる気
熱意
ポテンシャル
今後の成長性
30代 実務経験
業務実績
マネジメント経験
即戦力性
リーダーシップ

やる気や熱意、ポテンシャルなど、今後の成長に期待されるのが20代。それに対して30代に求められるのは、即戦力として力を発揮できる点、マネジメント経験があるか。「今、何ができるか」が、30代の転職において最も重要な条件の一つです。

即戦力性

ここで言う即戦力とは、他社でも応用できる実務経験+具体的な業務実績。他に業界の知識や専門スキル、様々な状況に対処できる適応力など。入社後すぐに企業に貢献できる能力を指します。

教えてレディ。なぜ即戦力が求められるの?

企業の立場になって考えてみて。人手が不足してたら、教育に割く時間は減らしたいじゃない?もう若手じゃない30代なんだから。すぐに仕事を任せられる優秀な子の方が、私だったら欲しいわ★

マネジメント経験

マネジメント経験はそれ相応の能力と捉えても構いません。管理職など役職についた経験があれば有利ですが、重要なのは“リーダーシップを発揮できる人材であるか”の点。新人の教育や育成経験、部下への指導やメンタル面でのケアなど、リーダーや主任といった呼称がなかったとしても同等の能力があればその限りです。

教えてレディ。なぜマネジメント経験が求められるの?

わざわざ30代をターゲットにする理由ってなにかしら?若い子や経験が浅い子には務まらない何かがあるのね。それがマネジメントよ♪企業は将来的な現場のリーダーだったり、管理職候補を採用したいって狙いがあるから経験を求めるのね。

30代の転職はキャリアの棚卸しで強みを絞り出す

徹底的に自分を見直す

今後のキャリアに深く関わるからこそ、30代には徹底的な自己分析が必要です。企業への応募前に「何のための転職なのか」の軸をしっかりと固めておきましょう。ここを疎かにすると転職に求める条件が曖昧になり、企業とのミスマッチを起こしかねません。キャリアの棚卸しをして自分を客観的に見直せば、転職理由や希望条件がより明確に今後の方向性がより具体的になっていきます。

教えてレディ。キャリアの棚卸しって?

これまで携わった仕事を全て書き出して整理する作業よ。これを土台に職務経歴書を作成するの。直近の仕事なら記憶も鮮明だけど、過去の仕事って意外と忘れてる。自分の中から絞り出した経験が企業にハマる場合もあるから、じっくりと思い返してみて☆経験と一緒に実績や評価も書き出せばアピールポイントがまとまるわ♪

スキルがない×スキルに気づいていない◎

全く職歴がない場合は除いて、30代になると誰しもがそれなりの経験を積んでいます。自分にはなんのスキルもないからと転職を諦めるのは早計です。社会人としての基本的な常識やビジネスマナー、コミュニケーション能力、ストレス耐性も立派なスキル。これまでのキャリアで気づかない内に備わってきた武器が、必ず転職の助けになります。

30代の転職は如何に企業の興味を惹けるかが肝

志望動機、自己PRの書き方

やる気や熱意だけで企業の目に留まるのは20代まで。それに加えて30代では、これまでのキャリアを活かして如何に企業に貢献できるかを論理的に説明しなければなりません。

    企業にアピールするべきポイント

  1. 即戦力になり得る裏付け(具体的な実績やエピソードを盛り込む)
  2. 企業が求める人材に自分が適している部分(マネジメント経験や相応の能力があれば強調する)
  3. 応募企業でなければならない明確な理由
  4. 入社後のイメージや中長期的なキャリアプラン

より具体的に、より明確に自身の強みをアピールできればその分高評価に繋がります。これは書類作成時はもちろん、面接の際も同様です。

書類選考の重要性

30代はそもそもが20代に比べて不利な立場。より優れた部分がなければ書類選考の時点で確実に埋もれてしまいます。まずは書類選考を通過し勝負の土俵に上がるためにも、20代とは一線を画すクオリティの高い書類を作成し、企業の興味を惹くのは必須です。

教えてレディ。どうしても書類選考で落とされてしまう時は?

ハッキリ言っちゃうと、単純に全く適性がないのかもしれない。でもちょっと待って。もしかしたら、同じジャンルの業界にしか応募してなかったりしない?どうやっても選考に通過しないなら、その業界自体に需要がない時期の可能性もあるわ。少し志向を変えて違う業界に目を向けてみるのも一つの手よ★

30代の転職はキャリアが活かせる企業に絞る

転職の難易度

同業種同職種
(最善策)
異業種同職種
(未経験ならコレ!)
同業種異職種 異業種異職種
最も転職しやすい やや転職しやすい やや転職しにくい 最も転職しにくい

30代に企業は即戦力を期待しているため、今の仕事になるべく近い業務内容の方がより重宝されます。選択肢を“前職でのキャリアが活かせる企業に絞る”のが、転職を成功へ導く最善策です。

未経験は不可能ではないが厳しい

即戦力に期待できない上に30代は給与ベースも高いため、未経験だと年齢だけで敬遠されるケースもしばしば。30代前半でもチャンスは限られ後半はさらに厳しくなります。給与レベルを含むキャリアダウン、転職活動の長期化は覚悟してください。

それでも挑戦する場合は、未経験の職種よりも未経験の業種(異業種同職種)の方が難易度は低いです。業界は違っても職種が同じなら基本はそこまで変わりません。応用できる経験があれば十分強みになります。

教えてレディ。転職活動を長引かせないコツは?

あんまり自分の希望だけに拘りすぎちゃダメ。恋愛だってお互いに歩み寄りが大切でしょ?妥協って聞こえは悪いけど、企業のグレードを落としたり、希望年収を下げたり…絶対に譲れない条件以外は譲ってあげるの。そうすれば、きっとスムーズに活動は進むわ。

30代の転職は必ず年収交渉する

企業の言い値を鵜呑みにしない

30代での転職だからといって年収がダウンするとは限りません。これまでの経験をどう活かせるかで年収は上下します。求人情報に記載された額は言わば企業側の言い値。鵜呑みにすれば年収アップの可能性はそこで途絶えます。求人の年収レンジを考慮した上で、こちらからも希望の額を提示し根拠となる経験や実績をアピールしましょう。見合った能力があれば交渉は十分に可能です。

30代の転職で年収アップする方法はこちらの記事をチェック↓

30代の転職で気をつけるべき基本の基

30代だからこそやらなくちゃいけない作業が見えてきたわね。でもまだ安心はできない。せっかく理想の転職を叶える方法を実践しても、基本的なところで躓いちゃったら本末転倒よ。

成功への道が見えたからこそ、そこを確実に進んでいかなきゃだね。30代が転職に失敗しないために気をつけた方がいい点ってあるのかな?

30代の転職に最適なタイミングは?

求人が多い時期はライバルも多い

転職市場が活発な時期(3月や9月)に活動するのが一般的ですが、同時期は求人数の増加に合わせて求職者も増加。当然倍率は高く、20代と比較される機会も増えます。30代は無理に市場に合わせずライバルの少ない時期を狙う方が逆に成功率は上がるかもしれません。常に求人をチェックし、キャリアに合った良い求人が出たタイミングでいつでも動けるように準備しておきましょう。

30代は面接時にリクルートスーツはNG?

ビジネススーツがベター

リクルートスーツには新卒のフレッシュなイメージがあります。年齢を重ねた転職者が着ていると違和感があり、未熟で頼りない印象を与えかねません。ビジネスシーンで年齢に合った格好ができないと好ましく思わない企業もあるので、30代ではビジネススーツの着用がベターです。

☆レディのワンポイントアドバイス★

30代は服装にも大人の余裕があったら素敵♪インナーやネクタイで就活生の子とは違う社会人らしさを演出するの。この子は仕事ができそうって面接官に思わせたら勝ちね☆ただし、ビジネスシーンに合う服装っていうのは最低条件。遊びすぎは危険よ。

30代は資格があれば転職に有利?

資格よりも経験が重要

ただ資格を持っているだけでは有利とは言えません。30代は資格よりも実務経験が重要視されます。希望する仕事に活かせる経験とそれにマッチした資格の両方があれば非常に有利です。

  • 経験+資格経験のみ資格のみどちらもなし

資格取得には時間と費用がかかります。特に難関資格は負担が大きく、30代からでは現実的でない資格もあるでしょう。本当に時間とお金をかけるだけの価値があるのか、キャリアビジョンと照らし合わせての判断が必要です。あれば有利だからと安易に取得を目指すのは得策ではありません。

30代の転職に勤続年数、転職回数、ブランク期間は影響する?

短い勤続、多い転職回数、長いブランクは不利

実務経験が3年以下だとスキルが身に付いていないと判断されやすく、30代では勤続が極端に短い転職はマイナス評価に繋がりやすいです。転職回数も5回以上など年齢的に多いと感じられる場合は書類選考が通りにくくなるケースも。ブランク期間は長引くとそれだけ厳しくなります。

☆レディのワンポイントアドバイス★

企業が心配なのはストレス耐性や忍耐力不足よ。勤続が短い子はまたすぐ辞めちゃうかも。転職回数が多い子は辞めるのに慣れてるかも。ブランクが長い子はストレスに弱いかも。だから企業は避けたいのね。先のビジョンがあっての前向きな転職だって理由を明確にして挽回の熱意を示せば、影響は緩和されるわ★

30代がブラック企業に転職しないためには?

離職率に注意

転職活動が長引けば焦りが募ります。30代後半ともなれば尚更、高い給料や緩い採用条件に目を奪われ冷静な判断ができない場合もあるでしょう。ですがその先に待ち受けているのは激務と過酷な労働環境です。

ブラック企業に転職しないためには、求人情報だけでなく口コミサイトも活用しましょう。福利厚生や休暇制度の他に、業績や将来性もチェックします。右肩上がりでも社員の入れ替わりが激しい企業には要注意離職率の低い企業に絞ると良い結果を招きます。

30代のプライベートの状況で変わる転職への影響

転職に躓かないための基本も押さえられたわ。あと忘れちゃいけないのが、プライベートとの兼ね合いね。

今後のライフプランを形成していく上で、30代は“人生の分岐点”とも言える年代だよね。プライベートでもいろんなイベントがあるし、それが転職にも大きく影響しそうだよ?

良い悪いは一概に言えないわよね。男か女かでも影響は全然違うし、独身か既婚か、子供がいるかいないか、それぞれの状況で転職の進め方が変わってくるから。

30代のプライベートの状況って実際に転職にどんな影響を及ぼすのかな?

30代男性の転職~既婚者がやや有利、嫁ブロックに注意~

既婚者は責任感が強く、独身者は退職しやすいイメージ

既婚者は結婚している点で社会的に信用が得やすく、家族のために働く責任感が強いと判断されます。家庭の維持で簡単には退職しないと長期的な活躍を期待されるケースが多いです。

逆に独身者は未婚なだけで「どこか人間的に欠点がある」と判断する企業も少なくありません。守る家庭もないため退職しやすい点が多少不利に働くようです。フットワークが軽く、残業や休日出勤にも対応しやすい独身者ならではの強みもありますが、30代はやや既婚が有利な傾向と言えます。

嫁ブロック

嫁ブロックをされた経験はありますか?

出典:「嫁ブロック」を理由に、約4割が転職先の内定を辞退 / MOMOist

有利とはいえ既婚男性も油断は禁物。転職で年収ダウンや勤務条件が悪くなる場合、嫁に転職を反対されるケースが多いようです。通称「嫁ブロック」。

上の図の通り、30歳以上の男性の約4人に1人が嫁ブロックされた経験があり、その半数近くが内定を辞退したデータもあります。

助けてレディ。嫁ブロックが起こったらどうすればいいかな?

パートナーから理由もなしに転職したいなんて言われたら、私だってブロックしちゃうわ。嫁ブロックされた時には、転職のメリットをしっかりと伝えてあげるの。年収がダウンしても勤務条件がグッと良くなるかもしれない。お休みが増えたりするなら、家族がいるからこそ前向きに転職した方がいいでしょ?パートナーと一緒に総合的な将来性を見て意見をすり合わせるのよ♡

30代女性の転職~早めの転職を考えるのも吉~

年齢的に検討すべき点が多い

30代の女性が転職するには、より多くの問題と向き合わなければなりません。独身でとくに結婚を予定していない場合でも、年齢的にどうしても結婚や出産の可能性が高いと一般的には判断されてしまうことがあるからです。

ただ、独身の場合は既婚者に比べると結婚前の転職はまだ選択肢が多く、転職の条件が限定されないことも多いでしょう。反対に結婚後の転職は、既に結婚生活をしているため現実的な選択肢から求人を選べるでしょう。

産休育休と転職

企業によっては取得を認めている場合もありますが、基本的に入社1年未満は育児休暇の対象外です。出産休暇の取得は勤続に関係ありませんが、どちらも転職後すぐは企業にあまり良い印象を与えないことが多いです。

独身や、既婚でも出産の予定が遠いなら早めに転職してしまうのも一つの手段。ライフプランを明確にして出産前にできるだけキャリアを築けば転職の幅も大きく広がります。

助けてレディ。ママが転職するのは無理なの?

ママの転職市場はかなりシビア。特に子どもが小さいうちは厳しいって考えて。時短勤務なだけで年収の大幅ダウンもあり得るの。ホント女って大変。でもその反面、ロールモデルとして積極採用する企業も少しずつ増えてるみたい♪産休と育休の取得実績にも注目して女性に理解のある企業に絞れば、転職は決して無理じゃないわ☆

30代の親や周囲からの反対~転職は悪くない~

日本では、一つの企業で長く働くのが美徳とされる古い考え方があります。30代で転職するとなると、親や周囲から悪いイメージを持たれ反対されるかもしれません。しかし近年では、日本を代表する企業において「早期退職・希望退職」の募集が実施されるなど、終身雇用を継続できる企業が減少しているのも事実。転職自体を悪く捉え悩む必要はありません。

転職エージェントの活用で30代の転職活動を効率化

一人でできる転職活動には限界があり、自分一人での作業が多いのは否めません。転職エージェントは転職活動の手間のかかる作業をすべて代行してくれる存在です。

    転職エージェントが代行する転職活動

  1. 求人の検索、紹介、応募、推薦
  2. 応募書類の添削
  3. 面接日程の調節、面接対策
  4. 採用条件、給与、配属先、ポジションなど企業との交渉
  5. 契約書や入社関連の手続き、入社日のすり合わせ

転職エージェントを利用すれば、面接の本番以外で企業と直接やり取りする機会はほぼ0。転職エージェントは企業との繋がりも深く自分一人だけでは知りえない企業の内部情報まで知れる場合もあり、企業とのミスマッチも未然に防げます。

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

転職エージェントの仕組みはこちらの記事をチェック↓

転職エージェントの選び方はこちらの記事をチェック↓

30代の転職をより有利にしてくれる転職エージェント

転職エージェントによって特性やサポートの質、得意な求人は異なるため、下記から自分に合う転職エージェントをピックアップしましょう。

公式サイトから各転職エージェントの転職支援サービスに申し込み後、キャリアコンサルタントと面談すると様々な転職サポートが受けられます。登録・利用はすべて無料です。

転職エージェントは複数併用すると転職活動がより円滑に進みます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
あらゆる業種・職種を網羅する圧倒的な求人数で幅広い求職者のニーズに応える業界最大手の転職エージェント。
充実の面接対策も人気!

リクルートエージェントの詳細はこちらの記事をチェック↓

doda

doda
求人数10万件以上!非公開求人80%超!!
履歴書添削や面接対策など丁寧なサポートが人気で転職後のアフターフォローも手厚い。
女性の求職者にも高評価!

dodaの詳細はこちらの記事をチェック↓

マイナビエージェント

マイナビエージェント
20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。
主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。
転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

マイナビエージェントの詳細はこちらの記事をチェック↓

JACリクルートメント

JACリクルートメント
ハイキャリア実績No.1!年収800万超の求人多数!
管理職や役員経験有のキャリアに自信がある35歳以上の求職者が中心。サービスの質が高くサポートも充実しているが、求められるレベルに満たないと対応が×。

JACリクルートメントの詳細はこちらの記事をチェック↓

パソナキャリア

パソナキャリア
オリコン顧客満足度調査 転職エージェント部門1位!
首都圏など大都市圏の求人数が豊富。25~35歳の転職初心者やキャリアのある女性の転職サポートに特化。
転職成功者の年収アップ率は驚異の67.1%!

パソナキャリアの詳細はこちらの記事をチェック↓

Spring転職エージェント

Spring転職エージェント
2018年利用者満足度No.1!
管理職や金融、営業やマーケティング、ITやメディカルなど4つの職種専門部があり専門領域に特化。
企業と求職者が同じ担当でマッチング率が高い。

Spring転職エージェントの詳細はこちらの記事をチェック↓

30代の転職は怖くない

30代での転職には、30代ならではの強み、30代だからこその弱み、有利な部分も不利な部分もあったね。

でも、弱い部分にも不利な部分にもちゃんと対処する方法があるわ。意識して転職を進めていけば、弱みは強みに、不利は有利に変えられるの♪

つまり、転職の不安は解消できるんだね。不安がないならもう二の足を踏まないでいいよ。30代の転職は怖くない!

30代だからこそ今、転職する価値があるのね!転職するならせめて30代のうちに動き出しましょ★少しでも若い段階で行動を起こすのが成功の鍵なんだから。


RECOMMEND

関連記事