最終更新日:

薬剤師転職にベストな時期は?最適なタイミングと時期に左右されない転職成功方法

薬剤師転職にベストな時期は?最適なタイミングと時期に左右されない転職成功方法

「薬剤師転職しやすい時期はある?」
「今、転職するべきタイミングか?」

薬剤師すべき時期やタイミングが分からず、悩んでいる人は少なくありません。

薬剤師は、第二新卒や求人が増える1~3月や7~9月が転職に最適。しかし時期に関係なく、経験やスキルを活かせる求人がある時期がベストなタイミングです。

本記事では、勤続年数・時期別に薬剤師転職が最適なタイミングや時期を気にしない転職成功方法をご紹介。

転職しやすい時期に動き出したい・今転職したい薬剤師は必見です。

【年数別】薬剤師転職が最適なタイミング

・第二新卒(調剤経験2.3年~)
・即戦力スキルがある30代~40代薬剤師

第二新卒(調剤経験2.3年~)

学校卒業後から1~3年で転職する第二新卒の薬剤師は、転職しやすい傾向があります。

調剤経験が2・3年あれば、一般的な薬剤師スキル・知識があり新卒と比べて即戦力になるため第二新卒を採用している企業は多いです。

第二新卒歓迎求人には「調剤経験1年以上」が条件の企業もありますが、退職までの期間が短いとマイナス要素になりかねません。

やむを得ない理由以外、最低でも1年程度はとどまり経験を積むと転職しやすいです。

即戦力スキルがある30代~40代薬剤師

薬剤師転職では、前職の業務やポジションなどの経験が重視されます。

管理職経験やマネジメント経験など経験年数に伴う即戦力スキルがある30代~40代は、転職しやすいです。

好条件求人では、管理薬剤師経験が必須。経験の有無で転職できるかが左右されます。

【時期別】薬剤師転職が最適なタイミング

・薬剤師求人が増える1~3月、7~9月
・ボーナス後の7月/1月
・転職がマイナスにならない時期

薬剤師求人が増える時期

薬剤師の求人が増えるのは、12月ボーナス後の1~3月・10月入社を前にした7~9月

1~3月にはめったに求人を出さない薬局や病院が募集をかけるケースも少なくありません。好条件の転職先を狙うなら、1~3月がベスト。

7~9月の求人数は1~3月に比べて多くはないものの、幅広い選択肢から転職先を選べます。

しかし求人数が多いと転職者も増えるため、好条件求人での競争率も高くなるでしょう。

ボーナス後の時期

「辞めるならボーナスを貰ってから」と考える人は少なくありません。一般的なボーナス支給月は6月・12月のため、7月・1月が転職のタイミング

しかしボーナス支給前に退職の意思を伝えると、ボーナスを払わない企業もあります。

有給消化や引継ぎを考慮したうえでボーナス後、会社に報告しましょう。

転職がマイナスにならない時期

2016年厚生労働省の調査では、薬剤師の男女比は4:6。

女性の割合が多い職場では、結婚や出産・引っ越しなどライフスタイルの変化による転職の理解を得やすいです。

また超高齢化により病院や薬局の「オープニングスタッフ求人」の増加時期もマイナスになりにくいでしょう。

転職時期を気にせず薬剤師転職を成功させる方法

転職に最適な時期は状況によって異なりますが、希望条件に合った企業がある時期こそベストなタイミング

転職したいタイミングが最適な時期と被っていない・すぐに転職したい薬剤師は、時期に左右されない転職方法を実践しましょう。

  • キャリアの棚卸をする
  • 先を見据えた転職先を選択する
  • 求人情報を見極める・企業調査を徹底
  • 薬剤師専門の転職エージェントを利用する

キャリアの棚卸をする

薬剤師は専門職のため、経験やスキル・専門性の高さが重視されます。実績やスキルをしっかりと言語化できれば志望動機・面接でアピールしやすいです。

棚卸後、現在の経験やスキルの市場価値・好条件転職に欠かせないマネジメント資質があるかを確認しましょう。

自己診断ツールミイダスなら簡単な質問に答えるだけで、自分の市場価値(適正年収)やマネジメント資質・自分の強みが分かります。

ミイダス

■ ミイダスでできる3つの診断
・市場価値診断(想定年収)
>年収アップのヒントになる
・コンピテンシー診断(総合適性検査)
>管理薬剤師の向き不向き/人間関係で失敗したくない人におすすめ
・パーソナリティ診断
>自分がどんな人か客観的に見たい人向け

市場価値診断では、職務経歴や実務経験などの4つから想定年収を算出。目指せる年収額が分かり無理のない範囲で年収アップが可能です。

コンピテンシー診断(総合適性検査)は管理薬剤師に必須のマネジメント資質や統率力・ストレス要因の有無が分かります。

生涯で変化しにくい生まれ持った個性・環境や経験で変化する現在のコンディションは、パーソナリティ診断で可視化。

精神医学をベースにした診断サービス「PSA」を基にしているため、信頼性が高いです。

先を見据えた転職先を選択する

薬剤師を続けるなら、5・10年後のキャリアプランビジョンを見据えた転職がベスト。

現在の理想や悩みだけでなく、何年後にどの程度年収・ポジションで働いていたいかなどを考えましょう。

結婚や出産を視野に入れている人は、産休や育休取得率の確認も必須。

直近で理想の転職ができないなら、かかりつけ薬剤師や在宅医療などの経験を積み市場価値を高めてからの転職も一つの手段です。

求人情報を見極める・企業調査を徹底

薬キャリの調査では、薬剤師転職で失敗した人の原因は人間関係や業務内容・給与の情報収集不足が多いです。

薬剤師転職が失敗した原因
※1

求人情報や公式HPだけでなく、転職会議やLighthouse(旧会社の評判)で現場の雰囲気や残業時間・有給消化率など細かい情報まで事前に調査しましょう。

薬剤師専門の転職エージェントを利用する

薬剤師専門の転職エージェントでは、コンサルタントが様々な角度から希望条件や経験をヒアリング・書類や面接対策で薬剤師転職を徹底サポート

薬剤師の転職市場や企業の内部情報を把握し、惜しみなく提供してくれます。

転職しやすい時期に関係なく、転職エージェントを利用すると薬剤師転職が効率よく進められるでしょう。

■ 転職エージェントを利用するメリット
・転職のプロにアドバイスをもらえる
・薬剤師業界や企業に精通しており有利な転職が可能
・独占求人や非公開求人の紹介あり
・面接の失敗も担当のプッシュで挽回
・入社後のミスマッチを防止

薬剤師におすすめ転職エージェント

マイナビ薬剤師 薬キャリ
サイト
マイナビ薬剤師-公式
薬キャリ
年齢 20代~40代 20代~50代
対応地域 全国
実績 薬剤師転職支援サービス「利用者満足度No.1 利用者満足度
95%

薬剤師登録者数No.1
薬剤師
求人数
6万件以上 5万件以上
求人
紹介数
一人当たり
約19.5件
一人当たり
最大10件
施設訪問 求人元の薬局・病院に出向き現場職員にヒアリング
独自ネットワークで求人情報や裏内情を収集し調査結果も提供
業界への
強み
薬剤師転職専門のアドバイザーが担当 医療専門情報サイト「エムスリー」運営で独自求人が多数
公式
サイト


ファルマ
スタッフ
JobBuddy
(ジョブバディ)
サイト
ファルマスタッフ公式
JobBuddy(ジョブバディ)
年齢 20代~50代
対応地域 全国 1都3県
※東京/神奈川/千葉/埼玉
実績 転職成功率
90%超
コンサルタント満足度96.3%
幅広い年齢層の薬剤師転職実績
薬剤師
求人数
5万件以上 非公開
施設訪問 各エリアの転職状況・求人先への訪問で職場の雰囲気や忙しさを把握 薬局や企業に出向き採用担当者や現場の薬剤師にヒアリング
業界への
強み
調剤薬局が母体の転職エージェント 薬局側・利用者の両者を1人のコンサルタントが担当
公式
サイト


ファーマ
キャリア
お仕事ラボ
サイト ファーマキャリア公式 お仕事ラボ
年齢 20代~50代
対応地域 全国
実績 求人はオーダーメイド制で好条件転職が可能 利用者満足度90%超
求人紹介後の定着率95.6%
薬剤師
求人数
5万件以上 2万件以上
施設訪問
薬局と利用者の両方を同じ人が担当。転職先の事情を把握した担当者が面談
業界への
強み
業界の知識に富んだ精鋭なコンサルタントが集い質の高いサポートを提供 求人の逆指名が可能
(株)アイセイ薬局の100%完全子会社運営
公式
サイト


薬剤師転職は焦らずタイミングを見極める

薬剤師の求人が増える時期や転職しやすい時期はありますが、経験やスキルを活かせる職場がある時期こそ転職のタイミング。

経験やスキルを棚卸・企業の事前調査を徹底し、焦らず応募する企業を見極めましょう。

転職エージェントを利用すれば、転職のプロが薬剤師転職を徹底サポートしてくれるため効率良く有利に転職活動を進められます。

■ 薬剤師専門転職エージェント
マイナビ薬剤師
薬キャリ
ファルマスタッフ
JobBuddy(ジョブバディ)
ファーマキャリア
お仕事ラボ

※1 出典:薬キャリ―薬剤師の転職実態調査

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事