最終更新日:

20代の転職のきっかけとは?有利な20代だからこそ前向きな転職を

働く20代の中で『転職したい…』と悩む人は少なくないでしょう。
本当にやりたい仕事が見つかった、今よりもっとキャリアアップを目指したいなど、転職を決意するきっかけや理由は人によってさまざまです。

20代での転職は一般的になってきたと言われており、
ほかの年代と比べても有利なのでちょっとした理由でも転職を考えてみましょう。

「こんなきっかけで転職していいの?」「いざ転職するときってどうしたらいいの?」
などと悩んでいる方へ、なぜ20代での転職が有利なのか、そしてどんなきっかけで転職を考えているのかということをお伝えします。

20代で転職は早い?

20代で転職って周りの目から見て早すぎるのかな…
本当に今転職しちゃってもいいの?

dodaの調査によると転職成功者の割合は、20代が最も高くなっています。

出典:転職成功者の年齢割合(2018年比較)/転職するならdoda

20代での転職は決して早すぎることはなく、むしろ転職は20代のうちにするべきと言っても過言ではありません。
20代は失敗を取り返せる時期でもあり、ほかの年代と比べてかなり転職がしやすいので、前向きな転職は成功する可能性が高いのです。

20代で転職するか悩んでる人はたくさんいるの!
まずは後悔しないためにも行動あるのみ☆

20代に多い転職理由・きっかけ

仕事を続けるのがしんどい…でもこんな理由で辞めていいのか、我慢して働くべきなのかわからないよ…

転職理由とかきっかけって人によって違うの!
まだまだ努力が足りないなんて思って、自分を苦しめちゃダメ!
あなたが悩んでる転職理由はもしかしたらみんなも感じてるかもしれないわよ。

「ほかにやりたい仕事がある」

いざ入社して働き始めると、就職活動をする段階では分からなかった部分がどんどん見えてきます。
思っていた仕事内容じゃなかった、職種が自分に合っていない、希望していた部署とは違うところに配属されたなど、働いてみないと分からないことはたくさんあります。
仕事内容に興味が持てず、能力や個性を発揮することができないなども転職を考えるきっかけとして挙げられています。

ほかにやりたい仕事が見つかった際、30代を超えていると即戦力やこれまでのスキル・キャリアを求められることが多いです。
20代のうちに違う職種へ転職するときは、即戦力よりも情熱ややる気・ポテンシャルなどが重要視されるため転職成功の可能性が高いです。

異業種への転職や未経験からの転職は20代が格段に有利です。

「給与への不満」

就労者にとって譲れない大事なことの1つ、それは年収やボーナスなどの収入面ではないでしょうか。
20代の転職理由として必ず挙げられるのも「給与への不満」です。
仕事量と給与のバランスが取れていないと感じる20代も少なくありません。

そんな「給与への不満」がきっかけで転職をし、20代後半で前職より年収が上がった人もいます。
年収アップを狙う転職は、もちろんスキルやキャリアが必要になりますが、20代のうちはポテンシャルも加味してもらえるので、30代よりは積極的にチャレンジがしやすいでしょう。

30代だけでなく20代後半でもキャリアアップ転職は狙えるのです。
詳しくは、下のリンク先ページをご覧ください。

「人間関係・仕事がつらい」

20代の労働者の中で、社会に出たからこそ人間関係に悩んだり、仕事がつらいと感じたりする人は非常に多くいます。
入社したてで職場環境に馴染めない、業務に慣れていなくてつらい、誰に話していいのか分からないなど、悩みや不満はさまざまです。

学生時代とはまた違った働くことの大変さは誰もが痛感し経験することです。
どんな仕事でもつらい部分はありますが、これも1つのきっかけと思い転職を考えてみるいい機会ではないでしょうか。

人間関係や仕事のつらさでの転職はもっとも注意が必要で、自分が耐えられる部分と耐えられない部分をしっかり見極め、じっくり考えてから転職を見つめ直しましょう。

「労働条件・待遇が悪い」

仕事に精を出す一方で、休みは充実していますか?
入社して毎日のように残業をしたり、業務が終わらず休日出勤を余儀なくされたりなど、勤める前に確認した労働条件と異なるケースもあります。

プライベートの充実や、好きなことにお金を使うために働いているはずがいつの間にか仕事が中心となり、何のために働いているのか分からなくなる人もいます。
それに加えて、仕事量に見合った給与も支払われなければ、不満がたまりモチベーションも下がってしまいますよね。

挙句の果てに激務に耐えられず、体調を崩してしまっては元も子もありません。

プライベートの時間をつぶし、体調を崩してしまうほどつらい仕事であれば、転職をおすすめします。

「会社の将来が不安」

職場環境もいい、仕事内容も充実しているなど会社で働くことに不満はないが、会社が潰れそうだから…と転職を決意する人もいます。

業績不振が続くと、それを乗り越えようと企業は事業方針の変更を余儀なくされます。
しかし、それに伴って減給されたり解雇されたりするのでは、などと不安を抱いてしまうと安心して仕事なんてできませんよね。

不安を抱えたまま、いつ倒産してしまうか分からない企業で働くよりは、安定した将来性を見出せる会社へ転職を考えることも1つの手です。

20代の転職がマイナスにならないためには…

20代の転職っていうだけで不利になったり、悪い印象を持たれたりしないのかな?

面接のときに、20代での転職は理由によっては不利になるのではないか、マイナスに捉えられるのではないかなど、転職に後ろ向きになっていませんか?
そんな方へ、ちょっとしたアドバイスをお伝えします。

前向きな転職理由をアピールしよう

前述したとおり、転職する際のきっかけや理由は人それぞれ違います。
仕事を続けていく困難さから転職をする人などもいる中、20代では前向きな理由で転職をする人が数多くいます。

前向きな転職理由で面接をする際に気をつけなければいけないのは、自分の問題点を解決するために転職をしようとしているというアピールをすることです。
前職を辞めた理由を正直に話すのではなく、きっかけはどうであれ企業側にアピールするときは前向きでポジティブな理由を強調しましょう。

たとえば、「会社の人間関係が悪く、空気が耐えられない」や「お給料が少ない!」といった転職理由の場合、
「周りと意思疎通を取りつつ、チームワークを活かして働きたい」「努力や実績を正当に評価してもらいたい」など、企業側に仕事に対する前向きな気持ちを評価してもらえる理由をアピールしましょう。

「新しいスキルを身につけたい」「ステップアップをしたい」っていう前向きな転職理由とかは企業側も魅力的に捉えてくれるはずよ♪

将来のキャリアプランをしっかり立てる

なぜ転職をしようと思ったのか、どうして前職を辞めてしまったのかなど、転職理由は面接の際に必ず聞かれます。
しかしそれと同時に、企業が知りたいことは「なぜうちの会社に応募したのか?」という疑問です。

転職理由をつらつらと語るだけでは、魅力は感じません。
入社後会社にどう貢献するのか」「将来自分はどうなりたいのか」を説明することが求められます。
そのためには、身に付いたスキルや経験から自分の強み新たな可能性を見つけなければいけません。

そこで必要になってくるのが自己分析をすることです。
自身の可能性や納得のいく転職を実現するために、自分のやりたいことを見つめ直すことが欠かせません。
そして、入社後自分に足りないものをどう補っていくのか、どのように会社で頑張っていくのか、将来的に会社でどうなりたいか、キャリアプランを明確に説明しましょう。

客観的に自分のことを見て、自己分析ができれば企業側へのアピールにもつながるんだね!

20代で転職をする際に覚えておくこと

「じゃあ今すぐ転職をしよう!」って早まったらだめ!
20代だから誰しもが成功するとは限らないの。
転職するときに注意しておいてほしいことがあるの!

なるべく3年は勤めたほうがいい

入社したては、慣れない業務や合わない職場環境に「つらい」「しんどい」と感じませんか?
しかし、それは誰もが経験する通り道であり、現職の先輩も感じていたことです。

どうしても耐え難い状況でなければ、ひと通り仕事を覚えるのに必要と言われる3年は働き続けることをおすすめします。
1、2年以内で転職活動を行うと、企業側に「採用をしてもすぐに辞めてしまうのではないか?」と疑いの目を向けられてしまいます。
特に20代であればなおさらその偏見は強まるのが現状です。

希望の職種でなかったとしても、3年働いたという我慢強さが転職活動の際に評価されることもあるでしょう。

どうしても3年間勤めるのは厳しい、すぐにでも転職したい場合は就職に失敗した経験を次にどう活かすのか、明確な根拠を用意しておきましょう。

第三者に相談しながら転職活動をする

転職を決めたきっかけや転職動機は、企業側の目線に立っていないといけません。
「嫌だったから」「不満があったから」とネガティブな理由ではなく、言い回しや伝え方を工夫して企業側がポジティブな理由だと捉える転職動機を作りましょう。

その際、自分では気づかないところを客観的にアドバイスできる第三者が必要です。
30代や40代といった上の世代からの視点を知ることで新たに見えてくることもあります。

一度気軽に話せる家族や友人に相談してみましょう。

ちょっとしたきっかけでも転職を考える

20代は就職の失敗を取り返すことができ、新しい挑戦をするにはうってつけの年代です。
ほかの年代に比べて20代はポテンシャルも高く、転職市場では非常に有利であるため、どんなきっかけでも転職を選択肢に入れてみましょう。

自分の将来のキャリアプランを見つめ直すいい機会にもなるので、興味がある人や悩んでいる人はまず企業の情報収集から始めてみてはいかがでしょうか。

この程度で…って転職のチャンスを逃すのはもったいない!
どんなきっかけであっても悩んで後悔しないためには、一歩踏み出してみよう!


RECOMMEND

関連記事