最終更新日:

医療事務で必要な資格はどれ?試験の内容や資格を取るメリットを解説!

医療事務で必要な資格はどれ?試験の内容や資格を取るメリットを解説!

「医療事務に必要な資格ってどれ?」
「医療事務の資格を取るメリットってある?」

病院での受付業務や、診療請求書の作成などをする医療事務ですが、医療事務になるのに必要な資格はあるの?と思う人も多いですよね。

今回は、医療事務に必要な資格や試験の内容医療事務の資格を取るメリットを詳しく解説していきます。

医療事務を目指して資格の取得を考えている人はぜひご覧ください!

医療事務に必要な資格はどれ?

医療事務になるために必要な資格ってなに?

医療事務には資格は必須ではありません

しかし、医療事務を目指す際には資格があった方が有利になるため、取得しておくのがおすすめです。

    代表的な医療事務の資格

  1. 医療事務技能審査試験
  2. 医療事務管理士
  3. 診療報酬請求事務能力認定試験
  4. 医療事務認定実務者

医療事務技能審査試験

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク(R))は、医療事務の資格の中でも受験数が多い資格で、試験は毎月実施され各都道府県の会場で受験可能で合格率は50~60%

勉強期間は約3~6ヵ月程度で、試験に合格すると「メディカルクラーク」の称号が得られ、医療事務として窓口業務や診療報酬請求業務などで求められるスキルを証明できます

試験は学科・実技I・実技IIの3つで構成されており、学科では医療事務の知識に関して25問(洗濯式)、実技Iでは患者接遇に関して2問、実技IIはレセプト点検に関して4問が出題。

資格試験の勉強を通して医療事務で必要な業務内容を覚えられるので、医療事務が初めての人は取得しておいて損はない資格です。

医療事務管理士

医療事務管理士(技能認定振興協会)の試験は、合格すると医療事務のエキスパートとして活躍できるので、医療事務になる就職・転職活動を有利に進められます。

勉強期間は約5ヵ月で試験は2ヶ月ごとに実施され、学科試験では知識問題10問(マークシート)、実技試験ではレセプト作成と点検問題が3問出題で、合格率は約50%です。

診療報酬請求事務能力認定試験

診療報酬請求事務能力認定試験(日本医療保険事務協会)は医療事務の資格としては最も難易度の高い資格で、厚生労働省が唯一認定している資格です。

診療報酬請求事務・受付・会計・オペレーター業務など、医療事務に必要なスキル全般が試験内容となり、学科・実技で試験を実施。

勉強期間は約9ヵ月程度で、合格率は約30%と非常に難易度の高い資格となっています。

医療事務認定実務者

医療事務認定実務者(R)(全国医療福祉教育協会)は2016年に開設された比較的新しい資格で、医療事務の基礎知識があると証明できる資格です。

合格率が約60~80%と高く、初めて医療事務の資格を取得する人向けの資格と言えます。

試験内容は学科試験30問、実技試験(外来1症例のレセプト作成)で、全てマークシート形式

勉強期間は約4ヶ月合格率は60~80%と高く、参考資料・ノート・電卓などの持ち込みや在宅受験も可能なので未経験からでもチャレンジしやすい資格試験です。

初めて医療事務を目指す人には「医療事務認定実務者」がおすすめなのね!

「医療事務認定実務者」の資格はユーキャンの通信講座を活用すればより効率的に取得できるわよ☆

医療事務の資格を取るメリット

経験不足を補うための知識を得られる

医療事務は資格は必須ではありませんが、その分経験や知識を求められる仕事です。

初めて医療事務の仕事を目指す人は、医療事務の資格を取得していると基礎的な知識やスキルがあると証明できます。

また、資格の勉強をすると実践的な知識も身につくので、無資格で全く知識がない状態より理解や業務が早く身につきます。

資格によっては手当が発生する場合も

取得している資格によっては資格手当が発生するなど収入面で優遇される場合もあります。

医療事務の仕事を長く続けるのであれば収入面は非常に大切な要素となり、徐々に難しい資格を取得していけばキャリアアップにもつながるでしょう。

医療事務でおすすめの転職サービス

医療事務を目指したい子は転職サービスを利用すれば自分の希望に合う求人と出会える確率が大幅にアップするわ☆

リクルートエージェント マイナビエージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 20代~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 20代、第二新卒、1~3回目の転職者
支援実績 採用成功実績は54万人超 20代の満足度
No.1
を獲得
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
サポートが◎
中小企業に特化
独占企業も多数
簡単登録
(無料)

医療事務の未経験可求人がある人材派遣会社

パソナ
[人材派遣]
テンプスタッフ
人材派遣会社 テンプスタッフ公式
雇用形態
派遣・紹介予定派遣・契約社員・正社員
特徴 充実の福利厚生
Web面談も可能
スキルアップできる講座も多数
業界最大級の求人数
未経験者へのサポート◎
専用アプリで簡単管理!
無料相談

医療事務の資格取得におすすめの通信講座

<ユーキャン>

ユーキャン-全講座一覧
【公式】https://www.u-can.co.jp/

    ユーキャンのおすすめポイント!

  1. 講座数は160種類以上!
  2. 受講料がお得で受けやすく月々払いもOK
  3. 教材到着後8日以内までは返品可能
  4. 講師陣にいつでも質問できてサポート体制も充実

CMでもおなじみの『生涯学習のユーキャン』は幅広いジャンルの講座があり、160種類以上の講座の中から自分に合った資格の取得を目指せます

「興味はあるけどどんな資格を取るべき?」「自分に向いている講座はどれ?」と悩む人は、ぴったり講座診断まなびスタイル診断などで最適な講座を診断してみましょう。

また、受講した人が効率的に勉強ができる「学びオンラインプラス」を活用すれば、学習スケジュールの管理やテストの復習が可能で、専用サイトから簡単に質問もできるので、資格取得を目指す人には非常におすすめです。

ユーキャンは講座によっては受講料の割引キャンペーンもあるから、気になる講座をぜひチェックしてみて☆

医療事務で必要とされる知識の証明に資格を取得しておこう

医療事務では資格は必ずしも必要ではありませんが、基礎的な知識やスキルを証明するためにも資格は取得しておくのがおすすめです。

医療事務は資格を取得しておくと資格手当が発生する場合もあり、収入面でも役立つだけでなく、キャリアアップも目指せます。

医療事務に関する資格は通信講座を活用すれば効率的に取得ができるので、医療事務を目指したい人はぜひ利用してみましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人21万件!幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サービス。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターからスカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事