最終更新日:

dodaのスカウトサービスならプレミアムオファーがもらえる?面接確約で転職をより確実に!

dodaのスカウトサービスは経歴やスキルを匿名で公開すると、興味を持った企業から求人のスカウトメールが届くサービスです。現在の職場に知られる心配もなく特定企業に対して完全に非公開にする設定もできます。

スカウトサービスの中には、書類選考なしで必ず面接を受けられる面接確約オファーや、dodaサイトでは公開されていない一般ユーザーより先に人気企業に申し込める非公開求人のオファーも。

本記事では転職活動を有利に進められるdodaのスカウトサービスの特徴や評判をご紹介します。

スカウトサービス一覧


doda
プレミアムオファー 面接確約のオファーで内定も通常のオファーより繋がりやすい。 25歳~30歳で、ある程度の経験がある人に届く。
オファー 非公開求人のオファー
条件の良い求人が見つかる可能性UP
スカウトサービスを登録し、WEB履歴書をしっかり記入していれば届く可能性あり。

リクルートエージェント
面接確約 書類選考がなく面接確約。 幅広い年齢層に対応し、経験がある人に届く。
企業スカウト 書類選考はあるものの、書類通過率は通常応募の3倍。 幅広い年齢に対応している。
担当者セレクト 担当キャリアアドバイザーから送られてくる求人情報。自分で探す手間が省けるのが特徴。 幅広い年齢層に対応している。

ビズリーチ
プラチナスカウト 役員面接確約や社長面接確約などがある。年収300万以上UPの実例もあり。
「ヘッドハンターと面談のパターンもある。」
年収500万以上の方におすすめ。
通常スカウト ヘッドハンターと面談。 年収500万以上の方におすすめ。
dodaスカウトサービス

dodaのスカウトサービスの特徴

企業から直接オファーを受け取れる

求人企業は、現在の会社や市場の状況で欲しい経験やスキルを持った人材を想定して、スカウトサービスを利用します。そのため、求職者側も詳細なWeb履歴書・職務経歴書を作成すると、お互いの希望が合致し、面接に繋がる可能性が上がります
また、オファーは経験者だけではなく、未経験者や第二新卒などの人にも、企業側が自社で活躍してもらえそうだと判断すれば、オファーが届く場合もあります。

スカウトサービスは、手動で行っている企業もあれば、ある程度希望の経験やスキルを設定し、自動で送信しているだけの企業もあります。つまり、求職者の希望に全く合致していないスカウトメールが届く場合もありますので、注意が必要です。

また、現在の勤務先の企業が人材を募集している場合もあります。その際に経験やスキルだけでも求職者の身元が判明してしまう心配があります。その場合には、スカウトブロック機能を利用すれば、特定の企業に対してWeb履歴書などを非公開にできるので、どうしても心配なら現在の勤務先の企業をブロックしておくと、スムーズな転職活動が可能です。
基本的には、名前や生年月日などの個人情報は、求人企業に公開されません。

スカウトサービスは「氏名」「生年月日」「都道府県以外の住所」「電話番号」「メールアドレス」などは求人企業に非公開。安心して利用が可能

登録者限定のオファー

スカウトサービス登録者だけにオファーが届く非公開求人もあります。
転職サイトでは公開されていない限定求人のため、条件の良い求人があるかもしれません。そのような機会を逃さないためにも、スカウトサービスを利用しておくと良いでしょう。

面接確約のプレミアムオファーがある

dodaのスカウトサービスを利用していると、書類選考がなく、面接確約のプレミアムオファーというオファーが届く可能性があります。プレミアムオファーは、企業側がWeb履歴書などの登録プロフィールを見て直接会ってみたいと考え、書類選考をしないで面接から選考するスカウトオファーです。プレミアムオファーの場合は、求人を募集している企業の担当者が、dodaに登録した経歴を見て個別でメールを送っています。そのため、採用率が通常のスカウトメールより高く、内定に繋がりやすくなっています。

スカウトサービスを利用した流れ

(※1)

プレミアムオファーなら期待せよ

プレミアムオファーは価値が高い

dodaから送られてくるプレミアムオファーに返信すると、その後はキャリアアドバイザーを介してではなく、企業の採用担当者と直接やり取りをします。プレミアムオファーは採用募集をしている企業がdodaに【一通〇〇円】とお金を払っています。なので、適当な無駄打ちがないです。プレミアムオファーが送られてきた場合は、相手企業からの熱いアプローチがきていると思って積極的に活用していきましょう。

プレミアムオファーかぁ。僕みたいに経験やスキルがない人間には、もらえないね。

卑屈になっちゃ駄目よヒロミ!!あんたにはまだ早いステージかもしれないけど、これからしっかりと経験やスキルをつけていけば、いつかもらえるわよ♡

でも、もらえないパターンを考えてしまうと……。はぁ。

あんたには経験やスキルの前に自信ってもんが必要のようね。

プレミアムオファーがくる確率

そういえば、dodaからプレミアムオファーがくる確率ってどれぐらいあるの?

プレミアムオファーは相手企業から直接にオファーがくるものだから、その時に求めている人材だった場合にくるの。例えば、営業ができる人材を探している企業が、優秀なエンジニアスキルを持つ人にプレミアムオファーを送ると思う?

なるほど、優秀なスキル=プレミアムオファーがくるわけではないんだね。

タイミングによってオファーがくる確率は一概には言えないってわけよ。ただし、優秀なスキルや経験があるに越したことはないわ。優秀なエンジニアとそうでない場合だったら、もちろん優秀なエンジニアにオファーを送るわ。

スカウトサービスに登録している人すべてにプレミアムオファーがくるわけではありません。ですが、オファーをもらえる確率を少しでも上げる方法もあります。

スカウトサービスを利用してオファーをもらった時の注意点

オファーをもらった時に注意すべき事?

そうよ。まずオファーがもらえる=内定ではないから一喜一憂しては駄目よ。それと、一番重要なポイントがオファーのもらえた求人が自分が本当にしたい内容なのかをしっかり考え直さないと転職に失敗してしまう可能性もあるから気を付けて。

プレミアムオファー=内定確定ではない

プレミアムオファーからの内定率は普通のオファーに比べて確かに高いですが、確定ではありません。あくまで書類選考を突破した状態で進めるぐらいと考えておきましょう。

普通のオファーとプレミアムオファーでは内定率にどれぐらいの差があるのかな?

確実な差は言えないけど大体3倍~4倍よ。この数字から一つ言えるのは書類選考の壁が大きい事が分かるわね。つまりは書類選考を免除されるプレミアムオファーが熱いのは確かね。

スカウトサービスのメリット

大量の求人が届くため、意外な求人が見つかる

基本的には、一定の経験やスキルを持っている人に自動で送信されているため、大量の求人が届きます。大半は、希望する求人ではないかもしれませんが、中には思いがけない良い求人や新たに挑戦してみようと思う求人が見つかる場合もあります。また、企業の採用担当者が直接オファーを送っている面接確約のプレミアムオファーや非公開求人も届くため、より良い転職活動ができるでしょう。

見逃している採用の穴場を知れる

求人だけではなく、セミナーなどの案内も届くため、自分が全く知らなかった分野を知るきっかけになります。スカウトサービスからそのような穴場を知り、企業の開催するセミナーに参加できれば、自分の新たな可能性を見つけられるのも、メリットの一つです。

スカウトサービスのデメリット

スカウトメールが届かないパターンがある

スカウトサービスを利用しているのに、スカウトメールが届かない場合もあります。その理由として挙げられる一つは、登録しているWeb履歴書に問題があるかもしれません。

直接応募に比べて時間がかかる

直接応募と違い、企業からのスカウトを待つという動き方になるので、必然的に時間が掛かります。現在急ぎで転職活動を行っているならば、スカウトサービスだけでなく、エージェントサービスの併用がおすすめ。

スカウトサービスの口コミ

良い口コミ

    31歳 男性 飲食業 ★★★★★
    dodaのスカウトサービスを利用し、自分の市場価値など、視野を広げれました。私自身飲食業に関わる仕事をしていたのですが、自分になじみのない会社をメールから紹介してくれました。私は異業種や異職種に対してあまり抵抗がなかったので、すごくありがたかったです。
    28歳 女性 事務員 ★★★★★
    スカウトサービスを利用したところ、平均1日に2~3件はスカウトメールが来ていました。忙しくて求人活動に時間が割けない私にはピッタリのサービスで、転職活動の時間を短縮できました。
    27歳 男性 教育関係★★★★☆
    スカウトサービスとエージェントサービスの両方を使いました。スカウトされた求人をキャリアアドバイザーに聞きながら転職活動を進められたので、ミスマッチがなく、満足のいく結果になりました。僕自身はエージェントとスカウトサービスの併用がおすすめです。

悪い口コミ

    24歳 男性 営業 ★★★☆☆
    無駄なスカウトメールが多すぎるように感じました。自分の経験してきた業種ではない内容が多くて、自分の希望に合う求人を探すのに面倒です。
    30歳 男性 IT関係 ★★☆☆☆
    メールが多すぎて、正直疲れました。1日1件ならまだしも、3件は多い。基本的にどの企業が良いのかもよくわからない感じで、自分に合うものを見つける作業に時間がかかる。これならスカウトサービスを使うより、対面で話せるエージェントを使ったほうがまだマシ。

口コミからわかる共通点

なんだか、いい口コミと悪い口コミも内容は一緒だけど、受ける側によって評価が違うように見えるね。

その通りよヒロミ。あんたにしては良い所に目をつけたわね♡スカウトメールも一日一件だけじゃその人の希望に合うかわからない。だからこそできる限り多くのメールを送っているのよ。たしかにそれを面倒に思う人もいるかもしれないけれど、多くメールをもらっていろんな企業を見たい人もいるのよ♪

【SNS】スカウトサービスの評価

dodaのスカウトサービスに登録していた人達の評価はどのようになっているのかTwitterで確認した結果、長所・短所どちらも確認できました。

実際にdodaのスカウトサービスを利用している人の声では、キャリアアドバイザーが親身に対応してくれるなどの声が多いです。

スカウトサービスはこう使えば上手くいく!!

これまでは、dodaスカウトサービスの特徴や、メリット・デメリット、口コミなどをお伝えしました。ここからは、具体的にスカウトサービスを上手く使って転職活動を成功させていくための方法をご紹介します。

Web履歴書の完成度100%を目指そう!

スカウトサービスは、求職者が登録した経歴やスキル、または活躍の度合いを考慮して企業がオファーを送るサービスです。自分の希望する業界・職種の企業から効率よくオファーを受け取るには、その業界などの採用担当者が気にするポイントを考えて入力をすると目に留まりやすくなります。また、普段の業務から何か新しい業務に従事したならば、Web履歴書を最新情報にアップデートすれば、より興味・関心を惹きやすくなります。

基本的に、人の心理行動として、

  1. あなたのWeb履歴書に注目し、あなたについて知る
  2. 経歴やスキルからあなたに興味を持つ
  3. 現在の自社にとって、あなたのスキルが欲しいという欲求
  4. あなたという人材が居るという記憶
  5. 必要な時に思い出してあなたにオファーを送る

このようなプロセスを経て、企業の採用担当者はオファーを送っていると考えられます。なので、Web履歴書を充実させるのが重要となってきます。
さらに、採用担当者が登録情報を検索する際に、「最終レジュメ更新日」を重要視するのも忘れないようにしましょう。何故ならば、熱心に転職活動をしているならば、自社へと確実に応募してくれるのではないかと企業側が期待をしてオファーを送るからです。

Web履歴書を完全に埋めるという基本を出来ていない人は案外多いものよ。他の求職者と差別化を図り、良い求人に巡り合いたいならば、基本的な部分はしっかりね♡

Web履歴書のこだわるべきところ

学歴補足事項について

Web履歴書の記入項目は様々ありますが、【学歴補足事項】欄のように具体的に記入すると、企業にとってオファーを送る判断材料の一つになるものがあります。専攻や研究内容など自らが学んできた内容があるならば、何故その専攻を選び研究してきたのか、その学んできたものを現在どのように活用しているのか、などを詳細に記入をしましょう。特に研究・開発系の企業やIT企業などからすると重要な判断材料となります。

専攻や研究内容のテーマなどを選んだ理由とその後の活用方法を伝えるのが重要

語学経験がある場合

語学経験がある場合などは経験年数を入力するだけではなく、いつ(使用していた期間)、どこで(ビジネスの現場、海外留学など)、何を(英語、中国語など)、どのように(流暢に話せるのか、片言なのか、読み書きができるレベルなのか)などを具体的に記入するとオファーに繋がるのではないでしょうか。

どの程度の語学レベルがあるかはTOEICなどの得点だけではわからない場合が多い。具体的に経験を記入すると担当者の判断がしやすくなる

自己PRについて

自己PRは、自らの過去や経験、スキル、考え方や仕事の仕方など、その人の個性を100%アピールできる項目です。
この項目は、自分自身を求人企業に見てもらう場であるとはっきりと判断した上で記入しないと、ミスマッチに繋がる恐れがあります。

仕事の上で、困難あるいは壁にぶつかった時に、自分はどうしてその困難や壁を乗り越えたのか、そしてどのような結果に繋がったのかなどを記入すると採用担当者の目に留まりやすくて良いでしょう。
また、客観的事実(仕事上の実績や資格取得、現在勉強しているもの)なども合わせて記入するとアピールポイントの高い自己PRとなるでしょう。

自分を知ってもらうなら、きちんと経験やスキル、考え方なんかを記入しないとわからないよね。

スカウトサービスは上手く使えば効率の良い転職活動ができる

dodaのスカウトサービスは、あくまで補足のように使うと、意外な求人や新たな可能性に気づける為、便利かもしれません。
また、dodaのスカウトサービスの中でも、面接が確約されているプレミアムオファーは企業の採用担当者が実際に求職者の経歴やスキルを見た上でオファーを送っているために転職活動をする上で有利。プレミアムオファーは自分の経験やスキルをWeb履歴書にしっかりと記載すれば、届く可能性もアップします。dodaのスカウトサービスを使って、幅広く求人情報を集めて、転職活動を成功へと繋げましょう。

スカウトサービスと一緒にエージェントサービスも利用すれば、転職成功率は大幅に変わるわ。興味があるならエージェントにも登録するのをおススメするわよ♡

(※1,出典:doda/doda)

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかるアプリ「MIIDAS(ミイダス)」も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ

年収500万円から利用できるハイクラス転職サイト。
求人の3割以上が年収1,000万円超え!登録時に入力した情報をもとに企業から直接スカウトされる。

中でも「プラチナスカウト」を受け取ると企業やヘッドハンターと必ず面談できる。キャリアアップを望む人は必ず登録しておきたい転職サービス。

関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事