最終更新日:

dodaでの直接応募は有利?不利?転職に失敗しない応募方法の選び方

dodaでの直接応募は有利?不利?転職に失敗しない応募方法の選び方

転職サイトから直接応募するのと、転職エージェントを利用しての応募、どちらが有利なのか気になる人も多いのではないでしょうか。

転職サイトからの直接応募と転職エージェント経由の応募にはそれぞれメリット・デメリットがあります。

dodaは転職サイト・転職エージェント両方の機能を持っているので、どちらを選ぶ人にもおすすめなサービスです。

今回はdodaで企業に直接応募する方法、エージェント経由での応募と比べた直接応募のメリット・デメリットなどをお伝えします。

自分に合った形式の転職サービスを活用して、希望通りの企業への転職を目指しましょう。

dodaは直接応募・エージェント経由での応募どちらも可能

転職エージェントからの応募と、転職サイトで直接応募するのってどっちが有利なのかな?

それは一概には言えないわ。色々使ってみて、その子の希望に合うものを探すのが一番の近道よ。もし最初のサービス選びに迷ってるなら、イチオシは転職エージェントと転職サイトが一体化したdodaね。

一体化…?じゃあ、1つのサービスで2つの使い方ができるのかな?

そういうこと。それぞれにメリットとデメリットがあるから、dodaを使った後に好みの方をメインにすればいいのよ!

dodaの応募ボタンは2種類ある

dodaのエージェントサービスを利用していなくても、直接企業に応募できる求人の目印は青色の「応募する」ボタン

オレンジ色の「応募する(エージェントサービス)」ボタンがある求人は、エージェントサービスに登録していないと応募できません。

転職サイトから直接応募

こちらはdodaが転職サイトとして企業に掲載スペースを提供している状態で、公開求人80,914件中、5,675件が直接応募の求人です。(2020年2月12日時点の情報)

入力した情報は直接企業へ送られるので、その後の企業とのやり取りや面接の日程調整なども自力で行なう必要があります。

掲載が終了した6カ月後には求人情報が確認ができなくなるので、後から必要になる可能性がある場合はスクリーンショットや印刷で保管しておきましょう。

エージェントサービスを利用して応募

dodaの公開求人80,626件中74,943件がエージェントサービスの登録が必要になる求人でした。

公開求人のうち約93%がエージェント経由でしか応募できない求人なので、dodaの主力はエージェントサービスだと言えます。(2020年2月12日時点の情報)

さらに、エージェントを利用すると自社・他社を含めた転職サイト上では見られない非公開求人も紹介されるので、エージェントサービスに登録しておいて損はありません。

dodaではスキルや経験に興味を持った企業からオファーが来るスカウトサービスも提供しています。ここでしか受けられないオファーもあるので、自分から求人を探す時間がない方におすすめです。

dodaで直接応募をするメリット

  • 経験やスキルが募集要件に満たなくても応募できる
  • 企業への熱意を伝えやすい
  • 多くの人材が必要な企業には重宝される

経験やスキルが募集要件に満たなくても応募できる

エージェント経由での応募ではdodaが企業側の求める人材を選別して提案するため、一定水準に満たない求職者はdoda内の選考で落とされてしまう場合があります。

それに対して、応募書類が確実に企業へ届くのが直接応募です。

現段階では募集要件に満たなくても挑戦したい気持ちがある企業には、直接応募してみるのがおすすめです。

企業への熱意を伝えやすい

dodaのエージェントサービスから応募する場合は提出書類の内容を変えられないので、汎用的な内容にする必要があります。

自己PRを企業に合わせて変えて熱意をアピールしたい場合は、エージェントを利用しないのも一つの手段です。

エージェントサービスを利用しない場合も、dodaが提供している履歴書テンプレートはダウンロードできるので、ぜひ活用してください。

多くの人材が必要な企業には重宝される

エージェント経由で求職者を採用した企業は、一人あたり年収の30%前後を報酬として支払うのが一般的です。

仮に年収300万円の求職者を採用すると、90万円前後が支払われる計算になります。

一方、dodaを転職サイトとして利用する場合の掲載料は4週間で25~180万。こちらは人数ではなく、掲載期間ごとの金額です。(2020年2月12日時点の情報)

大量の人材を確保したいと考えている企業や採用コストを惜しむベンチャー企業などに応募する場合は、直接応募の方がコスト面で有利になる可能性があります。

dodaで直接応募をするデメリット

  • 応募できる求人数が少ない
  • 質の悪い求人もある
  • アドバイスやフィードバックをもらえない

応募できる求人数が少ない

dodaの公開求人の中で、エージェントサービスの利用が前提になっているのが75,366件、直接応募できるのは5,540件とその差は約13.6倍

加えて、エージェントサービスを利用しないと見られない非公開求人も存在します。

直接応募だけに絞ると選択肢が大幅に狭くなってしまうので、色々な求人を見て検討したい人にはおすすめできません。

質の悪い求人もある

全ての企業に当てはまるわけではありませんが、事業拡大などの理由がなく、直接応募で大量の人材を採用する企業は離職率が高い場合もあります。

ただし、エージェントから紹介される求人にも質の悪い求人は存在するので最終的には、自分で慎重に判断するのが重要です。

アドバイスやフィードバックをもらえない

転職のプロに相談し、アドバイスや面接へのフィードバックをもらえるのがエージェントサービスの大きなメリットです。

直接応募では興味のある企業の求人だけを狙って長期間待つのも可能な代わりに、一人で転職活動を続ける必要があります。

アドバイスを求める人はエージェントからの応募、自分のペースで転職したい人は直接応募を中心にするとよいでしょう。

それぞれにメリットとデメリットがあるから、直接応募とエージェントからの応募を使い分けるのが理想的ね♡

doda以外の直接応募におすすめな転職サイト

  • リクナビNEXT

    リクルートエージェントが運営する日本最大級の求人データベースを持つ転職サイトで、求人件数は4万件以上

    直接応募を主軸に転職活動したい人は、最初に大手転職サイトのリクナビNEXTとdodaに同時登録するのがおすすめです。

  • ミイダス

    企業からのオファーのみで成り立つ転職サイトで、自分の市場価値や適性がわかる診断が魅力です。

    情報を入力して待つだけで面接確約オファーがもらえるので、転職活動に割く時間がない人にもおすすめできます。

  • dodaの直接応募とエージェント経由の応募、両方を駆使すれば希望通りの転職が実現できる!

    dodaは転職サイト、転職エージェント両方の機能を持っている数少ない転職サービスです。

    一つのサービスだけで転職を決める必要はないので、後から他の応募方法に乗り換えても問題ありません。

    複数のサービスを利用するのに抵抗感がある方は、まず業界トップクラスの求人数を保有するdodaでそれぞれの長所を体感してみるのをおすすめします。

    手厚いアドバイスを求めるなら転職エージェント、自由なペースで転職活動をしたいなら転職サイトなど、自分の方針に合わせたサービスを選び、後悔のない転職を成功させましょう。

    doda

    総求人数約10万件
    豊富な求人層とサポート転職者満足度No.1
    CMでも有名な転職エージェントdoda

    働く悩みを“ゼロ”に
    今よりいい会社に転職しませんか?

    転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
    複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

    リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

    自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

    登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
    転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

    リクルートエージェント公式へ

    転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
    圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

    特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

    マイナビエージェント公式へ

    20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

    主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

    現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
    ビズリーチ公式へ

    求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

    必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

    \17の質問に答えるとスカウト率アップ!
    ビズリーチ公式へ
    関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事