最終更新日:

ワーママの時短転職はハードルが高い?仕事と家庭を両立できる転職成功法

転職 ワーママ 時短

「時短転職できるワーママは少ない?」
「ワーママが時短転職する方法は?」
「ワーママも時短転職で育児と両立可能?」

時短勤務を導入している企業に転職したいと思っていても、難しいのではと躊躇しているワーママ(ワーキングマザー)も少なくありません。

多数の企業でワーママの時短転職の実績があるため、会社に貢献する意志経験をアピールしてエージェントも活用すれば効率良く転職が成功します。

今回はワーママが時短転職できる理由や時短のメリット、ワーママが働きやすい会社に転職する方法を紹介していきましょう。

時短で働きたいワーママ向け転職サービス

最初に、時短勤務したいワーママ向けの転職サービスを紹介するわ♡

経験があるワーママ向け

リクルート
エージェント
LHH転職エージェント
転職エージェント
主な年齢層 20~50代 20~40代
主なサポート対象者
全転職者に対応。経験やスキルがあるワーママ歓迎◎
支援実績 採用成功実績は54万人超 平均101万円
年収アップ
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
専門分野に精通
年収UP率62%
面談を断らない
簡単登録
(無料)

ハイキャリアのワーママ向け

リクルートダイレクトスカウト doda X
ハイクラス転職サービス
主な年齢層 25歳~50代
主なサポート対象者
ハイキャリア
管理職クラス
現年収600万円以上の転職者
入会審査 なし なし
利用料金 完全無料 完全無料
支援実績 転職決定年収の平均925万円以上 40代女性で
年収200万UP
特徴 年収800万~2千万の求人多数
一流ヘッドハンター指名可能
年収800万~2千万の求人多数
高内定率ダイヤモンドスカウト
簡単登録
(無料)
会員登録後にレジュメを入力するとスカウト率アップ!

選択肢重視のワーママ向け

doda リクナビNEXT
転職サイト
主な年齢層 26~35歳
大卒以上
全年代
主なサポート対象者 関東、関西、東海の転職者ならワーママも歓迎 全転職者に対応。ワーママ可の求人多数
支援実績 業界30年の採用成功実績 求人データベースが日本最大級
特徴 求人が幅広い
営業職に強い
丁寧なサポート
利用満足度No.1!企業からのスカウト機能も
簡単登録
(無料)

正社員に拘らないワーママ向け

派遣は労働時間・期間を指定しやすくて、育児と仕事を両立させたいワーママは働きやすいわよ♡

テンプスタッフ パソナ[人材派遣]
派遣会社 テンプスタッフ公式
雇用
形態
派遣・紹介予定派遣・契約社員等
特徴 業界最大級の求人数。未経験者へのサポート◎ 充実の福利厚生
働きながらスキルアップ可能
簡単登録
(無料)

ワーママも時短転職できる

ワーママの時短転職の実績ってどのくらいなのかしら?

時短勤務を導入している企業はとっても多いのよ♬

多数の企業でワーママの時短実績あり

2021年度に厚生労働省が発表した雇用均等基本調査によると、時短勤務を導入・適用している企業数は下記の通りでした。(※1)

全国の企業の時短勤務状況
・有効回答数3,538企業
・時短勤務導入2,437企業
時短勤務適用414企業

時短勤務の制度を導入している企業は多いものの、実際に適用にまで至っている企業は1/6程度に留まっています。

ただし時短勤務で雇用されているのは女性が98%なので、ワーママでも十分に時短転職は可能です。

ワーママが時短転職するメリット

2千以上の企業が時短勤務を導入しているのね!ワーママが時短転職するとどんなメリットがあるのかしら?

時短転職すると自由に使える時間が増えて、仕事と育児の両方に時間が使えるようになるわ☆

ワーママは時短転職で余裕ができる

時短勤務は一般的に6時間労働ですが、5時間や7時間、30分単位で短く設定できる企業などさまざまです。

育児状況に合わせて時短勤務ができれば、子育てがしやすくなります。

    時間の余裕ができる具体例

  1. 子どもの送り迎えをしやすい
  2. ごはんをゆっくり作れる
  3. 急かす必要がなくイライラが減少

お迎えが遅くなって子どもを寂しくさせてしまう、ドタバタしながら料理や掃除をする機会が少なくなり心に余裕ができるでしょう

ワーママは時短転職で会話が増える

mamastaの子どもがいる40代以上の男女への調査によると、回答者が子育て・教育に後悔している内容は下記の通りでした。(※2)

転職 ワーママ 時短

勉強やしつけを抑えてコミュニケーションを後悔している人が3割以上を占めています。

会話が後回しになると、子どもが寂しさを感じる子どもが何を考えているのか理解できないなどの問題が発生。

時短勤務をすれば、子どもと一緒にいる時間やコミュニケーションが増えて、子どもに悲しい思いをさせにくいのが大きなメリットです。

\*親子の時間を増やす*/
ワーママ転職に強いエージェントはこちら

ワーママが時短転職するデメリット

時短勤務はメリットばっかりね!ワーママなら全員が時短できる企業に転職するべきじゃない?

時短で評価や収入の変化が心配・多忙で求人を探す時間がなくて転職に踏み切れないワーママもいるのよ★

日経xwoman DUALの時短ママ(現在時短勤務中、または時短勤務経験がある)への読者アンケートによると、時短勤務制度の悩みは下記の通りでした。(※3)

転職 ワーママ 時短

時短勤務に悩みがないと回答したワーママはごく少数しかおらず、ほどんどが何かしらの悩みを抱えています

ワーママは時短転職で収入ダウン

2021年の厚生労働省の雇用均等基本調査によると、企業の短縮分賃金の取り扱いは下記の通りでした。(※4)

転職 ワーママ 時短

約2割の企業が時間を短縮した分の賃金の一部or全額を支払っていますが、時短勤務は労働時間が減るため収入も減るのが一般的です。

多くの企業では8→6時間労働になる時短が適用されるので、フルタイムで働いた給与の75%しか支給されないのは念頭におきましょう。

ワーママは時短転職でのギャップも

ワーママは時短勤務する目的によってさまざまな悩みがあります。

時間の余裕が欲しいワーママ
・他の人に仕事を任せる罪悪感
・時短前と同じ量の業務を任される
・業務が終わらなくて帰宅してからも仕事
キャリアアップしたいワーママ
・サポート業務ばかり
・責任のある仕事を任せてもらえない
・昇進面に響きそうで怖い 

自身の転職する目的と入社した会社から求められる働き方にギャップがあると、時短勤務を後悔しやすいです。

ワーママが働きやすい会社に転職する方法

家庭と仕事の狭間で時短を迷うワーママが多いのね。ワーママが働きやすい会社に転職する方法はないのかしら?

時短でも会社に貢献する意志と経験を活かせばワーママも転職できるわよ♡

ワーママは貢献できる表明で時短転職

2023年1月の帝国データバンクの調査(有効回答企業数:11,719社)によると、正社員が不足している企業の割合は51.7%、非正社員では31.0%でした。(※5)

半数以上の企業が人手不足を実感しているため、昨今の転職市場では30代以降・ブランクがある人・ワーママでも不利になりません

時短勤務になっても経験やスキルを活かして会社に貢献できると積極的にアピールすればワーママでも採用率がアップします。

ワーママが活かせる経験と適職の例
・PCスキル/データ管理力→事務
・接客力→保険営業
・説明力→コールセンター

\*適職を相談する*/
ワーママ転職に心強いエージェントはこちら

ワーママの転職での時短求人の探し方

ワーママが時短勤務できる求人を探すには、下記の条件で検索すると効率的です。

時短勤務しやすい条件
テレワーク
→通勤時間分が浮く
フレックスタイム制
→行事があっても有給を消費せずにすむ
事業所内保育施設
→保育園への送り迎え短縮

時短だけに絞らず時間を自由に使える会社も候補に入れれば、ワーママも働きやすい仕事に転職できるでしょう。

フレックスタイム制は1カ月間の労働時間が決められていますが、1日の労働時間は自由に設定可能です。

ワーママの時短転職ならエージェント

仕事・家事・子育てに忙しく、目まぐるしい毎日で時間も体力もないワーママは多いです。

自分のやりたい仕事内容や時短勤務の会社に転職するには、大量の求人を確認・履歴書作成・選考対策までしなくてはいけません。

転職エージェントは1人1人の求職者に合わせたトータルサポートで、多数のワーママの転職を成功させています

転職時短ワーママ

サポート内容や求人は異なるため、自分に合った転職エージェントを活用しましょう。

ワーママも効率良く時短転職成功

多数の企業でワーママの時短実績はありますが、キャリアアップや収入面が不安・多忙で転職できないワーママも多いです。

会社に貢献したい意思や今までの経験で活かせる強みを伝えると、時短勤務したいワーママの転職は不利になりません。

仕事と育児を両立しやすい求人を提案してくれる転職エージェントを上手に活用して転職を成功させましょう。

(※1.4 引用:厚生労働省 令和3年度雇用均等基本調査)
(※2 引用:mamasta 子育ての後悔に関するアンケート調査)
(※3 引用:日経 WOMAN)
(※5 引用:帝国データバンク 人手不足に対する企業の動向調査)

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティーワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、業界・職種が幅広い『doda』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人多数
幅広い業界・職種から希望条件にマッチする求人を紹介可能

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

doda公式へ

求人数20万件超!非公開求人多数!!
こだわり条件にマッチする求人を提供する国内最大級の求人情報・転職サイト

特に営業職に強く、丁寧なサポートとアフターフォローに定評あり。大卒以上の26~35歳関東、関西、東海の求職者向け。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

会員登録時に基本情報や職務経歴まで入力するとスカウト率アップ!
関連記事:転職エージェント23社を徹底比較!自分に合う転職エージェントを選ぶコツ

RECOMMEND

関連記事