最終更新日:

出産・育児も安心!20代女性が転職するなら取得したい資格を紹介

出産・育児も安心!20代女性が転職するなら取得したい資格を紹介

「キャリアアップできる資格ってあるのかな」
「出産後も仕事を続けるために取っておいた方が良い資格って何だろう」

20代の女性であれば出産や育児なども考慮して、安定した仕事に就きたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

人事業界では20代女性の転職に関して以下のことが言われています。

  • 20代なら資格があれば新しい職種にチャレンジしやすい
  • 資格を活かして収入アップした人が多くいる
  • 資格持ちなら産休・育休後も復職しやすい

特に女性だと出産や育児のタイミングで働き方に変化が生じてしまうことも多いので、20代のうちに資格を取得して求められる人材になっておくことをおすすめします。

女性が長く働く上で役立つ資格のポイント

女性が長く働き続けるためには資格を取得すると良いでしょう。しかし、資格であれば何でも良いわけではありません。

長く働き続けたいなら、三つのポイントを押さえた資格を取得しましょう。

1.復職しやすい

女性であれば、出産や育児で職場を離れることがあります。しかし、育児が落ち着いてきたころにもう一度働きたいと考えることもあるでしょう。

復職しやすいかどうか見定めて資格を取得するのが良いです。例えば、看護師や保育士といった資格を持っていると復職しやすいでしょう。

一旦キャリアがストップしても、再びスキルを高めることができます。復職した先輩も多くいるので育児の大変さも理解してくれるでしょう。子どもの急な体調不良や学校行事にも対応しやすい傾向があります。

2.仕事がたくさんある

結婚すると夫の仕事に合わせて引っ越しすることもあるかもしれません。そのときに、仕事がたくさんある資格を取得していると大変助かります。

例えば、登録販売者(一般医薬品)の資格を持っていると近所のドラックストアや大型スーパーなどで働くチャンスに恵まれます。

薬剤師ではありませんが、医薬品を販売できる資格ですので、需要も多いでしょう。

3.働きながら独学で勉強してスキルアップできる

働き続けながら独学で勉強してスキルアップできる介護職もおすすめできます。超高齢社会において、活躍できる職種ですので、やりがいがあるでしょう。

「介護職員初任者研修」や「介護職員実務者研修」の他にも「介護福祉士(国家資格)」があり、スキルアップすると給与が上がる可能性があります。

今後も介護のニーズは高まっていくので、仕事がなくて困ることは考えにくいです。頑張れば頑張るだけ給与やできることが増えるのは嬉しいでしょう。

しかし、介護職は肉体労働や不規則勤務が多く、向き・不向きが顕著に表れやすいといわれています。

せっかく資格を取得しても「働いてみたら合わなくすぐに辞めてしまった」ということにならないようにしましょう。

介護職に対する正しい理解をした上で資格取得勉強に取り組むことをおすすめします。

【業界別】転職が有利になる資格

自分はどこの業界・業種で働きたいか考えてから、その業界・業種に合った資格を取得することをおすすめします。

金融・不動産業界ならファイナンシャル・プランニング技能士3級

以前、銀行や不動産会社に勤めていた経験を持つなら、そのスキルを活かしてみてはいかがでしょうか。

金融・不動産業界に興味があるなら、ファイナンシャル・プランニング技能士3級の受験をおすすめします。難易度は学科70~80%・実技80~90%と決して高くありません。

税金や保険、年金など身の回りのお金に関する幅広い視野を持ち、アドバイスを行う仕事です。自分の人生プランを設計するのにも役立てられます。

教育業界なら保育士

子どもが好きで教育業界に携わりたいと考えているなら、保育士を目指してみませんか。

資格を取得するためには、独学だと3万円程度、通信教育を活用すると7万円程度かかりますが、実際に保育士として働くことを考えると大して気になる金額ではないでしょう。

保育施設だけでなく、児童福祉施設でも働くことができます。

IT業界ならウェブデザイン技能士3級

勉強すれば会社勤めでもフリーランスでも働けるのが、ウェブデザイナーです。そのために役立つ資格がウェブデザイン技能士3級だといえます。

ウェブデザイナーの採用選考を受けるときに、どれだけの技術を持っているか伝えるのは難しいですが、ウェブデザイン技能士3級の資格を持っていると、客観的な視点でスキルをアピールできます。

2級や1級もあるので、順番にスキルアップしていくことをおすすめします。

ただしIT業界は資格よりも経験を重視するため、資格だけにこだわらず独学でもHPなど作成しておくと良いでしょう。

キャリアアップしたい20代女性が取得したい資格

長期的な視点でキャリア形成を考える人は、社会保険労務士や介護関連の資格を取得しています。それぞれの資格について紹介しましょう。

人事・総務を目指すなら社会保険労務士

社会保険労務士は女性会社員が多く取得している資格です。キャリアアップや転職に有利に働きます。

試験が年1回で合格率が5%ほどですので、簡単な資格ではありませんが、だからこそ取得できると大きなアピール力になります。

社会保険に関する申請書類作成や手続き代行、労務に関する相談やコンサルティングなどに興味があればチャレンジしてみると良いのではないでしょうか。

介護を極めるなら介護福祉士実務者研修や介護福祉士

介護を極めたいなら介護福祉士(国家資格)を目指してみませんか。働きながら介護のスタート資格である介護福祉実務者研修から徐々に難易度を上げていけます。

介護福祉士の合格率は60%前後と国家資格の中では高い方です。働きながらの資格勉強は大変なところもありますが、努力するときちんと成果を出せるのではないでしょうか。

20代女性が転職するならおすすめしたい三つの資格

20代女性が転職するならおすすめしたい資格を三つ選びました。おすすめする理由は以下の通りです。

  1. 女性に人気の職種
  2. 取得しやすい
  3. 取得費用が5万円以下

それでは詳しく見ていきましょう。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

おすすめする職種 事務職
難易度 ★★★☆☆
金額 3万円~20万円
勉強時間 1週間~6カ月(1科目)
取得方法 毎月1~2回ある全国一斉試験か随時試験のいずれかを受験する

事務職に就きたいなら、客観的にパソコンスキルを証明できるMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の資格を取ると良いでしょう。

ワードやエクセル、パワーポイントなどの操作スキルは事務職をするなら必要不可欠だといえます。転職で有利になることがあるので、人気の資格です。

医療事務認定実務者(R)

おすすめする職種 医療事務職
難易度 ★★☆☆☆
金額 5万円~9万円
勉強時間 3ヶ月~6カ月
取得方法 毎月1回実施される試験を受験する

医療事務認定実務者(R)も女性に人気の資格です。

医療事務認定実務者(R)は、医療機関における各種制度や医療事務業務の流れ、診療報酬に関する知識などの理解を証明します。

合格率はおおむね60%から80%で、非常に難しいわけではありません。

介護職員初任者研修

おすすめする職種 介護職
難易度 ★★★☆☆
金額 2万円~10万円
勉強時間 1ヶ月~3カ月
取得方法 130時間の講習を受講する(全てのカリキュラム終了後に1時間程度の筆記試験を受ける)

介護職員初任者研修は、介護のスタート資格です。資格を取得すると、資格手当がつき給料がアップすることがあります。さらに、仕事の幅が広がるので、やりがいを感じるでしょう。

通信講座や短期集中講座など、さまざまな種類があるので、働きながらでも主婦でも取得しやすいです。

↓↓事務職を目指す20代女性の転職を成功させるポイントはコチラ↓↓

20代女性が転職するなら資格取得がおすすめ

20代女性が転職するなら資格を取得して客観的にスキルや知識を証明すると良いでしょう。資格を取得していると採用されやすい傾向があります。

もし、あなたが人事担当者だったらと想像してみてください。似た人材がいれば、資格保有者を選びませんか。

さまざまな資格があるので、自分が働きたい業界はどこなのか考えて選んでみましょう。


RECOMMEND

関連記事