最終更新日:

40代の転職でUSCPAは有利になるか。経理未経験でも転職できる?

40代の転職でUSCPAは有利になるか。経理未経験でも転職できる?

近年USCPAは経理担当者の取得する資格として人気です。転職市場でも人気の資格ですが、40代でも若年層の転職と同じように有利に働くのでしょうか。

  • USCPAの資格をアピールして転職成功させるコツ
  • 40代の転職でUSCPAの資格は役に立つのか

今回は上記についてご紹介していきます。40代の転職ではUSCPAだけでなく、資格はこれまでのキャリアと合わせて転職市場で評価されることを覚えておく必要があります。

経理経験のある40代USCPA取得者の転職のコツ

40代でUSCPAをすでに取得している人は、経理経験がある人材が大部分を占めるはずです。これまでの経験を生かし転職を成功させるコツを考えてみます。

実務能力はあって当然

経理マンとして転職をする場合、即戦力として活躍できるのはもちろん重要なポイントです。しかし、40代の経理マンが実務能力を持っているのは当然です。単にUSCPAを持っているだけの経理経験者なら20代や30代でも存在するため、好条件の職場に転職を希望する場合にはアピールとしては弱いのです。

マネジメント経験をアピール

40代のUSCPAを取得している転職者がアピールすべきは、まずマネジメント経験です。「部下の管理や指導を行なったことがあるか」が重要なポイントになります。

実際に40代で入社してUSCPA取得者が、3年も4年もヒラの経理マンとして現場で実働するのは企業のニーズとしては考えづらいです。これまでのマネジメント経験を生かし、一番上の立場から活躍できるかが採用の鍵になります。

国際ビジネス経験をアピール

USCPAは試験が英語で行われるため、「ビジネス英語の理解度が高い」「英語力があることをアピールできる」と言われています。しかし、純粋に英語力だけを見るならばTOEICでも十分判断できますし 、ビジネス英語を使えるだけの人材なら20代や30代でもたくさんいます。

ですので単に英語が使えるだけでなく「USCPAを取得したことによって、国際的な業務に携わった」事実が重要です。

経理未経験の40代USCPA取得者の転職のコツ

中には「経理未経験だがUSCPAを取得した」40代の転職者もいるかもしれません。またこれからUSCPAを取得しようとしている40代の経理未経験者もいるでしょう。

40代で実務経験がない転職者が新人経理マンとして転職できる可能性はほぼゼロですので、経理の仕事以外でUSCPAを生かすことを考えなければなりません。これまでの経験をベースにして転職活動を行い、USCPAは補完する資格としてアピールするのが合理的です。

コンサルとしての転職を目指す

外資系企業の経営コンサルを行う上でUSCPAを持っているのは武器になります。また、国際的な取引をおこなう日本企業のコンサルを行う上でも信頼度を高めます。

直接的な経理業務ではなく、USCPAを取得したことによる国際取引や経営に関する専門性を活かせる転職がいいでしょう。場合によっては営業やマーケティングのような職種でも、アピールできる可能性はあります。

企業経営に携わる

日本で経理系の資格と言うと日商簿記や税理士になりますが、アメリカを代表する海外ではUSCPAが共通の資格です。 日商簿記とUSCPAの大きな違いとしては、日商簿記はあくまで経理実務に重きをおいた資格であるのに対し、USCPAは監査や税法などを含めた経営面に役立つ資格といえます。

ですので、 USCPAを取得している人が経理実務に携わらないのはおかしなことではありません。 企業経営に携わりたい人や独立を考えている人が、国際的な経理の考え方を身につけるためにUSCPAを取得するのは合理的です。

海外での業務経験がある

「海外に赴任したことがあり現地でのビジネス事情に詳しい」「国際的な取引を行っている企業で貿易実務に携わった経験がある」人にとってもUSCPAは有効な資格です。 単に言葉で語る経験だけでなくUSCPAを持っていることによって、間違いない知識や見識があることを裏付けできます

USCPAは英語で実施される試験のため、取得している人は専門性の高いビジネス文書や法的な文章を理解できると安心されます。実務能力が高い海外業務担当者を探している企業にとっては、是非とも欲しい人材です。

40代の転職でUSCPAが役立つ業種

もちろん、USCPAを取得しているに越したことはありません。しかし、USCPAは日本において実務的な資格というよりは、能力を示すための資格として捉えられています。

経理のスペシャリストを採用したい企業にとっては、USCPA取得者よりも日商簿記1級の保持者の方が評価される傾向があるのです。国内の一般的な経理業務においてはUSCPAをそのまま活かせる場面はあまり存在しません。海外との取引や国際的な企業経営においてその知見が役に立つのです。

USCPAを生かした転職をするには転職先の選び方が重要になります。USCPAが評価されるのはどういった業種なのでしょう。

監査法人は未経験者でもOKだが40代は厳しいか

USCPAの採用ニーズが最も大きいのは監査法人です。特にBIG4と呼ばれるPwCあらた、トーマツ、あずさ、EY新日本ではUSCPAの保持者を大量に採用しています。

大手監査法人は、経理実務未経験でも入社がしやすいのが特徴です。経理実務よりはアドバイザリー業務が主体となるケースがあるからです。中小規模の監査法人だと、大手よりも実務的な能力が求められるケースがありますが、それでもUSCPAを持っていること自体が重視されるのは同じです。

USCPAを取得した経理実務未経験者にはピッタリな職場ではありますが、求められている年齢層は30代までが主体です。40代の転職者には分が悪いかもしれません

大手税理士法人の海外関連業務部門

税理士法人は、税理士や日商簿記の上級資格を持っていないとそもそも対象外のイメージがあるかもしれません。しかし海外関連業務においては、USCPAを取得していることで転職できる可能性があります

もちろん帳簿を読めるのは必須ですが、海外での事業展開におけるアドバイザリー業務が主体の場合は、経理の実務経験がなくてもいいケースがあります。この場合は国際的な取引のノウハウに通じていることや、貿易管理の実務スキルが求められます

海外関係業務のあるコンサルティング会社に転職

国際的な取引を行なっている企業のコンサル会社、海外に子会社のある企業のクライアントが多いコンサル会社、海外進出支援を行なっているコンサル会社など、海外関連の業務がメインとなるコンサル会社への転職にもUSCPAは役立ちます

この場合は会計実務を行うことはありませんが、会計帳簿等のデータからクライアントの海外業務状況が適切かどうか見極め、提案をする能力が必要になります。ですので、海外系の業務の経験、海外駐在経験の有無、コンサル会社での勤務実績など、ビジネス上の経験がかなり重視される傾向があります。

それでもわからなければ転職エージェントに相談する

ここまで経理経験がある場合とない場合、そしてUSCPAが役に立つ職種をご紹介しましたが、今の自分に合っていてUSCPAも活かせる職種というのは簡単には定まるものではありません。

そんな時は、思い切ってプロの力を借りてみましょう。転職エージェントなら、あなたのこれまでの経歴とUSCPAという資格を踏まえて、どんな職種が向いているかを無料で相談することができます

さらに転職エージェントには一般には公開されていない非公開求人がありますので、一人で悩むよりも選択の幅が必然的に広がるのです。40代でも利用できるおすすめの転職エージェントを紹介しますので、まずは登録してみることをおすすめします。

おすすめの転職エージェント一覧

リクルートエージェント



転職成功実績No.1の手厚いサポートで圧倒的な支持を集めているのが『リクルートエージェント』です。リクルートグループならではの企業との幅広いパイプがあり、求人数は群を抜いています

求人数が少ない40代の転職だからこそ、圧倒的求人数を誇るリクルートエージェントが最もおすすめです。転職実績No.1ということもあり、キャリアアドバイザーの評価も高く、登録しておいて損はない転職エージェントです。

Spring転職エージェント(アデコ)



『Spring転職エージェント(アデコ)』は企業も求職者も一人のキャリアアドバイザーが担当する仕組みである「両面型コンサルティング」を採用しています。そのためアドバイザーの専門性が高くて、求職者のニーズを的確に把握しミスマッチが少ないです

中でもこの転職エージェントの特徴は、絶対に面談を断らないことです。実は転職エージェントによっては、紹介できる求人が少ないと判断された求職者とは面談も行わないところもあります。

40代ともなれば、比較的求人数は少なくなってきているため、必ず面談できることは非常に大きなメリットと言えるでしょう。

ビズリーチ



他の転職エージェントとは異なり月額有料制ですが、職務経歴書を登録しておくだけで企業側から声がかかる可能性があるのが、この『ビズリーチ』です。

USCPAを活かせる仕事を自力で見つけられなくても、ビズリーチに登録しておけばその能力を求めている企業の方から声がかかる可能性があるので、これまでの経歴に自信がある方はまず登録することをおすすめします

40代のUSCPAはこれまでの実績との相乗効果を狙うべき資格

40代の転職者がUSCPA を持っているだけで、転職に有利になったり年収が上がることはないと考えた方がいいでしょう。

経理経験者であれば実務スキルもあるため転職先の選択肢は広がりますが、 USCPA自体を評価されるのではなくマネジメント能力であったり国際業務の経験が重視されます。 経理未経験者であれば、国際業務やコンサルタント業務の実績が重視されます

USCPAは企業の経営状況を判断する上で、非常に有益な資格です。ただし、必ずしも実務に直結せず、取得している人間も経理実務畑でないケースもあります。「USCPAで得た見識を業務でどう生かすか」をアピールすることが大切なのです。


RECOMMEND

関連記事