最終更新日:

【解決】既卒のインターンって本当に有利?迅速に正社員になる方法を解説します

【解決】既卒のインターンって本当に有利?迅速に正社員になる方法を解説します

正社員と同様の業務経験が積めるインターン。既卒者のあなたは「インターンすれば就職しやすくなるかな」と考えているのではないでしょうか。

既卒は新卒と比較してブランク期間があるため、インターンすることで正社員への道が切り開けると考えることもあるでしょう。就職活動を少しでもスムーズに進めるために、インターンは1つの選択肢として有効です。

しかし、インターンにはメリットもあればデメリットもあります。人生初の就職で失敗はしたくないですよね。

そこで、今回は既卒向けのインターンが就職に有利に働くかや、インターンのメリット・デメリットなどをお届けします。就職できる可能性を最大限に高めたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

既卒がインターンするメリット・デメリット

既卒がインターンをするメリットとデメリットは次の通りです。

<メリット>
● インターン→正社員の可能性が掴める
● 実務経験を通してスキルが身につく
● インターン経験が自己PRに役立つ
<デメリット>
● 就活に割ける時間が激減する
● 正社員採用は実際厳しい

以下で詳しく見ていきましょう。

メリット①インターン→正社員の可能性が掴める

インターンから正社員を採用する企業もあります。通常の就職活動では新卒や第二新卒など、ライバルも多いものです。

インターンで結果を残せれば、正社員へ本採用される道も見えてくるでしょう。企業にとってもインターンの働きぶりを確認できるため、優秀な人材か見極められるメリットがあります。

メリット②実務経験を通してスキルが身につく

インターンは実務を経験できるため、スキル習得に繋がります。既卒は社会人経験がないのがネックです。しかし、インターンなら正社員と同じように働けるため、実務経験を通して就職に役立つスキルを身につけることができます

また、あなたが興味のある企業がインターンを募集しているのであれば、実際に「どんな仕事内容なのか」を体験することも可能です。

メリット③インターン経験が自己PRに役立つ

インターン経験を通して得た実務経験は、就職面接の自己PRにできます。学校を卒業してからブランクがある既卒と、インターン経験がある既卒では採用担当の印象も変わるはずです。インターン中に何かしらの結果を残せれば、就職活動の武器になるでしょう。

デメリット①就活に割ける時間が激減する

インターンをすると実務経験ができるかわりに、就職活動に割ける時間が激減します。「少しでも早く就職しないと」と焦りや不安を感じている既卒者からすると、インターンをしている時間自体がストレスの元になってしまうことも。

就職に対して有利に働く反面、就職自体を遅らせる原因になることも忘れてはいけません

デメリット②正社員採用は実際厳しい

インターンから正社員採用を公言している企業は沢山ありますが、実際に正社員として採用された実例は非常に少ないのが現実です。

企業の中には既卒をインターンとして長期採用するものの、最終的に正社員採用を見合わせることもあります。インターンは安い給料で雇えるため、悪い言い方をすれば「使い捨て」にする企業もあるのです。

「インターン=正社員になれる」と考えている方は、正社員になれないリスクがあることを覚えておきましょう

結論【既卒のインターンは就職に有利!】なわけではない

前述した通り、既卒がインターンをしても就職に有利になるわけではありません。

  • 実務経験が積める
  • スキルが習得できる
  • 自己PRの材料になる

など、インターンをすることで得られる恩恵は確かにあります。しかし、インターンの経験が内定獲得に直結するわけではないのです。

  • インターン=就職成功のため:NG
  • インターン=経験を積むため:OK

上記の通り、インターンをする目的は内定獲得ではなく、実務経験を積むためと考えるのが妥当です。

「今すぐに就職したい」と焦りや不安を感じている既卒者がインターンする場合、就職活動に割ける時間がなくなり、さらなるストレスを感じてしまうでしょう。

インターンは確実に正社員になれるものではないことを、くれぐれも忘れないでくださいね

既卒向けのインターンは多様な働き方がある

インターンと一括りにしても、実に様々な働き方があります。

  • フルタイム
  • 平日のみ
  • 週末のみ
  • 在宅OK
  • 平日の夜間のみ

「インターン=フルタイム」な印象を持っている方もいるでしょう。そのため「就職活動できなくなっちゃう…」と一歩踏み出せない方もいるはずです。

しかし、企業によってはフレキシブルな働き方を許可していることもあります。休日のみのインターンであれば、就職活動と同時並行でスキルを習得していくことも可能です。

就職成功の可能性を少しでも広げたい方は、インターンと就職活動のかけ合わせも考えてみてくださいね。

既卒OKのインターン募集サービス

ここでは既卒向けにインターンを募集している企業が探せるサービスを3つ紹介します。

  1. ゼロワンインターン
  2. JEEK
  3. キャリアバイト

ゼロワンインターン

「ゼロワンインターン」は、長期インターンに特化した国内最大級の募集サイトです。

最大の特徴はインターンを3ヶ月以上勤めると、勤務先の社長から推薦状を書いてもらえること。ブランクしかなかった既卒者でも、推薦状があれば就職成功に少なからず有利になります。

インターンを募集している職種も

  • 営業
  • エンジニア系
  • デザイナー
  • 事務
  • 企画・編集
  • 接客・販売

など多岐に渡ります。推薦状を見た企業からのスカウトシステムもあるので、登録しておいて損のないサービスと言えるでしょう。

↓ゼロワンインターンの登録はこちらから↓
【公式】https://01intern.com/

JEEK

「JEEK」は、都心部を中心にインターン募集情報が探せるサービスです。

キャリアアドバイザーのサポートが受けられる説明会も開催されており、インターン応募が始めての既卒者にも安心して利用できるのが魅力です。都心部と大阪周辺の企業に限定されるため、地方在住者には向きませんが幅広い職種が揃っています。

  • ゲーム
  • IT
  • コンサル
  • 教育
  • 金融
  • 照射
  • アパレル

など、多岐に渡る業界からインターン募集情報を検索できる、便利なサービスになっています。

↓JEEKの登録はこちらから↓
【公式】https://jeek.jp/

キャリアバイト

「キャリア・バイト」は、週1日から勤務可能なインターンを探せるサービスです。

月2回の出勤でインターン可能な企業もあり、就職活動と並行して無理なく実務経験を積めるのが魅力です。職種や募集エリアの幅も広く、在宅OKの企業なども充実しています。

アルバイトに割いていた時間をインターンに切り替えれば、社会人経験と就職活動を同時に行うことができるでしょう。

↓キャリアバイトの登録はこちらから↓
【公式】https://careerbaito.com/

すぐに就職したい既卒は就職エージェントがおすすめ

既卒の期間を今すぐに脱したいと考えている方は、インターンではなく就職エージェントの利用をおすすめします。

インターンは実務を経験するために有効です。しかし、既卒ならブランクが短いうちに迅速な就職活動を行うことも選択肢の1つになります。

既卒がインターンをするか迷う最大の理由は「就職に少なからず有利になりそう」だからですよね。就職エージェント経由で企業からの内定を獲得できるなら、インターンするよりも早く目標達成できます

また、就職エージェントを利用することで次のようなメリットが得られます。

  • 既卒ならではの悩みをヒアリングしてくれる
  • 既卒向けの企業を紹介してくれる
  • 就職活動をサポートしてくれる

社会人経験のない既卒からすると、企業選びから書類作成などを1人で行うには大変な労力を必要とします。また、就職エージェントには求人サイトに記載されない非公開求人も沢山あるのです。

少しでも迅速に内定を勝ち取りたい方は、就職エージェントの利用も視野に入れてみてください

既卒におすすめの就職エージェント

既卒向けにおすすめの就職エージェントは次の3つです。

  1. DYM就職:就職率96%の高い実績
  2. 就職shop:求人全て「未経験歓迎」
  3. JAIC:手厚い研修でビジネス基礎を学べる

以下で各就職エージェントについて詳しく見ていきましょう。

DYM就職

「DYM就職」は、実務経験のない既卒でも書類選考なしで面接まで進める就職エージェントです。

就職成功率は驚異の96%。社会人経験のない既卒にとって、とても心強いサービスと言えるでしょう。専任のキャリアアドバイザーがサポートしてくれるので、慣れない就職活動もスムーズに進めることができますよ。

↓DYM就職の登録はこちらから↓
【公式】https://www.dshu.jp/

就職shop

「就職shop」は、リクルートが運営する利用者10万人以上の就職エージェントです。

書類選考なしで面接に進めるようになっており、未経験OKの求人を中心に扱っているのが特徴的。利用者の9割が20代なので、就職活動に慣れない既卒者をしっかりサポートしてくれる良質なエージェントになっています。

↓就職shopの登録はこちらから↓
【公式】https://www.ss-shop.jp/

JAIC:手厚い研修でビジネス基礎を学べる

「JAIC(ジェイック)」は、5日間にわたって行われる研修でビジネス基礎を学べる就職エージェントです。

他の2社同様、書類選考不要な上、約20社との集団面接会を行うことができます。また、求人は全て正社員採用のみとなります。ビジネス基礎を学び、就職後のスタートダッシュを切りたい方におすすめの就職エージェントです。

↓JAICの登録はこちらから↓
【公式】https://www.jaic-college.jp/

既卒は複数の就職エージェントに登録しよう

就職エージェントの難点は、担当によってサポートの質に差があること。親身になってサポートしてくれる人もいれば、理想とはかけ離れた企業を押し付けてくる担当もいます。

内定の獲得率を下げたくない方は、複数の就職エージェントに登録して最も親切な人とタッグを組むべきです。

  • 多少の無理を聞いてくれるか
  • 理想に近い企業を紹介してくれるか
  • 疑問に対して迅速に対処してくれるか

既卒の就職活動はスピード感も重要になります。優良企業を迅速かつスムーズに紹介してくれるような、親切な就職エージェントを見つける一手間も忘れずに行ってくださいね。

まとめ

既卒にとってインターンは、社会人の第一歩を歩める1つの選択肢です。ただし、インターンから正社員に採用された事例は少ないのも事実。「インターンになれば正社員になれる」という認識は、既卒の就職成功を遅らせる原因になりかねません。

学校卒業から空白期間が空いているなら、インターンよりも就職活動を優先させた方が有利になることもあるでしょう。その際は就職エージェントを利用してスピード感重視で、就職活動へ挑むことをおすすめします。

「でも、やっぱりインターンで実務経験を積んでおきたいな」

このような目的意識を持っている方は、就職活動と並行して勤務できるフレキシブルなインターンへ応募すると良いでしょう。

最重要は「就職を成功させて社会人デビューすること」です。あなたの理想とする企業に出会えるためにも、インターンを1つの選択肢と捉えて就職活動の戦略を立てていきましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事