最終更新日:

高卒で既卒でも就職できる?ハンデがあっても内定を獲得できる戦略を解説!

高卒で既卒でも就職できる?ハンデがあっても内定を獲得できる戦略を解説!

「大学出てないし、既卒だし、自分には就職なんてできないかな?」

高卒で既卒になったあなたは、こんな悩みを抱えているのではないでしょうか。

  • 大学行っとけば良かったな…
  • あの時就職しておけば…
  • 友達にも相談しづらい…

「高卒でしかも既卒」と考えると一気に不安になってしまいますよね。しかし、過去を悔やんでも内定は遠ざかるばかり。本気で就職したいなら、具体的な行動に移る必要があります

この記事では、高卒の既卒者に向けて

  1. 就職することはできるのか
  2. 高卒の既卒が知っておくべき話
  3. 理想の企業に入るための戦略

などを解説します。高卒の既卒ならではのメリット・デメリットも紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ちなみに「今すぐに就活始めないと不安で寝れない!」という方は、以下3つの就職エージェントに登録して、迅速に就活を進めてください!

\既卒向け就職エージェントはこちら/
  1. DYM就職:就職率96%の高い実績
  2. 就職shop:求人全て「未経験歓迎」
  3. JAIC:手厚い研修でビジネス基礎を学べる

全て無料で利用できるので、今すぐ登録してライバルと差をつけましょう。

高卒の既卒でも就職できる?企業側のメリットとデメリット

最終学歴が高卒でブランクのある既卒者ですが、結論から言うとマイナスポイントに捉えない企業も沢山あります。ここでは、企業側から見る高卒既卒者を採用するメリット・デメリットを紹介します。

  1. メリットは新卒よりも若い!フレッシュな人材である
  2. デメリットは若さ故に心配される責任感・自立心

メリットは新卒よりも若い!フレッシュな人材である

高校を卒業して3年以内、18〜21歳までの既卒者は、何よりも若さが魅力です。少子高齢化が進む日本で、年齢の若い人材は年々貴重になっています。企業にとって若い人材を採用することは、企業の寿命を伸ばす大切な要素です。

また、年齢が若い高卒既卒者を採用するメリットは以下のようなものがあります。

  • 柔軟性があり社内に馴染みやすい
  • 社内に新しい風を吹かせてくれる
  • 体力やモチベーションがある

この通り、若い人材だからこそ得られる恩恵があるのです。求人企業が上記のポイントを重視している場合、大学進学や既卒であることは問題でなくなります

「高卒で既卒の自分なんか就職できないよな」と落ち込む必要はないのです。年齢が若いことは、大きなアドバンテージであることを覚えておきましょう。

デメリットは若さ故に心配される責任感・自立心

高卒既卒者のデメリットは「若いが故に責任感や自立心がないのでは?」と思われること。

  • 社会人経験がない=責任感があるか心配
  • 自立心がないから既卒になったのでは?

若い人材の希少価値が上がっている反面、企業によっては若さ故の甘さを懸念する人もいます。「考え方が甘そう」といったイメージは、年齢の若い高卒の既卒者に貼られがちなレッテルの1つです。

そのため、書類選考の時点で不採用になってしまうことも。「若い×既卒」という特徴は、企業によってメリットにもデメリットにも捉えられるのが現実です。

高卒の既卒が内定獲得率を上げるコツ

では、若い高卒の既卒が内定を獲得するためにするべきこととはなんでしょうか。

高卒の既卒が内定獲得率を上げるには

  1. 自己分析で「本当に好きな仕事」を明らかにする
  2. 企業研究でマッチング度を分析する
  3. アピールすべきは若さ・経験・人柄の3ポイント

などのちょっとしたコツを押さえることが重要です。

自己分析で「本当に好きな仕事」を明らかにする

自己分析は、自分の強みやアピールポイントを把握する上で欠かすことのできない作業です。自分を深堀することで、就活に対する決断に自信が持てるようになります。客観的に自分を分析することで「本当に好きな仕事」を明らかにするのが自己分析です。

「なぜ?」を活用した自己分析方法

自己分析には実に様々な方法がありますが、最も簡単に自身を深堀できるのは「なぜ?」を使った方法です。

「エンジニアになりたい」と漠然と思っている状態で「なぜエンジニアになりたいの?」と自分に問いかけてみましょう。すると「給料が良さそう」や「華がありそう」など、何かしら答えが出るはずです。

答えに対して更に「なぜ?」と問いかけていくと、最終的に本質となる部分にたどり着きます。この手順で、自分の奥深くにある「本当はこれがしたい!」を突き止めるのです。

  • 大好きなこと
  • 大嫌いなこと
  • 褒められて嬉しかったこと
  • 一番辛かったこと
  • 理想の将来像

頭に思い浮かぶことを「なぜ?」を使って明確にしていきましょう。一見、関係ないようなことでも、仕事に対する考え方に繋がることもあるので、妥協せずに徹底するようにしてください。自分の理解度を高めることで、就活中の不要な迷いを最小限にできます。

企業研究でマッチング度を分析する

自己分析で「本当に好きな仕事」を明確にしたら、次に行うのは企業研究です。「企業研究」と聞くと「難しそう…」と思うかもしれませんが、実際は「この会社はどんな感じなんだろう?」と探りを入れるシンプルな作業になります。

例えば、高校生の頃、SNSで気になる異性のプロフィールを確認したことは誰にでもあるはず。

  • 服のセンス
  • 趣味・特技
  • 好きなアーティスト

異性のプロフィールから「この人は自分に合ってるだろうか?」と分析しますよね。企業研究も本質は全く同じです。

  • 企業の方針
  • 働き方
  • ユニークなポイント

企業独自の個性を理解して、自分の理想と重ね合わせればマッチング度が分かります。第一印象で「良さそう」と思っても、企業研究を進める中で「ここが合わないな」などの相違点が出てくるはずです。マッチング度が高ければ、入社後に「思ってたのと違った」といったミスマッチを減らせます。

理想が高すぎるのは問題ありです

あなた自身の理想が高すぎると、理想の企業はいつまでたっても見つかりません。また、あなたは「高卒で既卒」というペナルティがあることも忘れないでください。理想を高く持つことは素晴らしいことですが、自分の立ち位置を勘違いしないように注意しましょう

アピールすべきは若さ・経験・人柄の3ポイント

興味のある企業が決まったら、いよいよ就活のスタートですね。就活を通して、あなたがアピールすべきポイントは

  • 若さ
  • 経験
  • 人柄

の3つです。

「若いのは分かるけど、経験とか人柄なんてアピールできることないよ」

そんなふうに考えるのは非常にもったいないですよ。

経験はアルバイトや部活で学んだことを伝えるべき

誰にでも何かに打ち込んだ経験や、それを通して学んだことがあるはずです。

  • 飲食店のアルバイトで接客を学んだ
  • サッカー部でチームワークを学んだ
  • 生徒会長の経験から人をまとめる大変さを学んだ

このように就職経験がなくても、社会人として活かせる経験を積んでいる人は沢山います。企業に対して高卒の既卒がアピールするべきはまさにここです。

企業に対する入社意欲も忘れずにアピールしよう

いわゆる志望動機です。

「なぜうちの会社に入りたいと思ったのか」

この質問に対して説得力のある回答をするには、前述した企業研究が活きてきます。

御社に決めた理由は、〇〇を扱う唯一の会社だったからです。また、企業理念にある「〇〇〇〇」の言葉を見た時に「ここしかない」と感じました。

未経験でスキルのない私ですが、1日も早く仕事を覚えて御社に貢献したいと考えています。

このように志望動機では、具体的な理由を含めなければ面接官に伝わりません。企業研究をしている際に、あなた自身がグッと来たポイントを文章にして採用担当に届けましょう。

高卒の既卒が知っておくべきビジョンの話

高卒の既卒者の中には「理想の企業を見つけて一生勤めるんだ!」と考えている方もいるでしょう。しかし、完璧を目指すが故に、あなたと社会の間に溝ができている可能性もあるのです。

ここでは就職に焦っている高卒既卒者に向けて

  1. はじめての就職で完璧を目指す必要はない
  2. 就職したからこそ見えてくる景色がある
  3. 基盤を作って転職することもできる

など、知っておくべきビジョンの話をお届けします。

はじめての就職で完璧を目指す必要はない

どんなに優れた人間でも、はじめから完璧なパフォーマンスをできるわけではありません。高卒の既卒者も同様で「絶対この企業に入るんだ!」と意気込んでも、その企業が本当に理想的な企業とは限らないのです。

「全力を尽くして理想の企業に入社したものの、あまりのギャップに心身ともに枯れてしまった」と言う話はよくあります。失敗の経験があるからこそ、あなた自身のビジョンが固まってくるのです。

就職したからこそ見えてくる景色がある

どんなに頭でイメージしても、実際に働いてみなければ本当のところは分かりません。今のあなたが「こんなところで働きたくない」と思っている企業が、実は最も働きやすくやりがいが得られる可能性すらあるのです。

  • 大企業だから
  • 給料が良いから
  • 待遇が良いから

このような条件で求人を探している方もいるかもしれませんね。しかし、実際のところ「今のあなたの理想」に過ぎないことも忘れないでください。心模様はどんどん変わっていくものです。今の理想はあくまでイメージでしかないことを覚えておきましょう。

基盤を作って転職することもできる

はじめての就職が完璧に上手くいくとは限らないとして、実際に働かなければ好きか嫌いか分からないとしたら、解決策は何でしょうか。

この問に対する1つの答えが

  • まずは興味のある企業に就職
  • 基盤を作ってスキル習得
  • 理想が明確になったら転職

といった流れを計画的に実行することです。「高卒で既卒」が仇となり、門前払いされてしまうことは実際にあります。しかし、一度社会人となり経験を積めば「高卒既卒→中途採用」と成長することができるのです。

企業の即戦力になる人材を目指して修行すれば、転職の選択肢を広く取れるのは当然ですね。未経験の既卒と魅力的なスキルのある中途採用なら、どちらに軍配が上がるかは誰でも分かるでしょう。

「〇〇に入るために、まずは別の会社で修行する」

長期的なビジョンで理想を叶えるプランがあることも考慮してみてくださいね。

高卒の既卒は就職エージェントを最大限活用しよう

高卒の既卒者は、就職エージェントを味方につけて就活に挑むことをおすすめします。就職エージェントを活用することで、以下のメリットが得られます。

  • 自己分析から入社までフルサポートしてくれる
  • 既卒に特化してるから内定獲得の可能性が広がる
  • 就職エージェントによっては書類審査をパスできることも

既卒向けの就職エージェントなら、高卒の既卒であっても様々な求人企業に出会えます。一般的な求人サイトやハローワークでは見つからない企業も多数あるのも就職エージェントならではです。

1人で就活しようと思っても、慣れない行動にはミスもつきまといます。経験豊富な就職エージェントのサポートは、内定獲得へ大きく貢献してくれるはずです。

初回カウンセリングから企業の紹介はもちろん、内定獲得後の給与交渉までフルサポートを無料で行ってくれる就職エージェント。高卒既卒者のハンデを限りなくゼロにしたい方は、次に紹介する既卒向けの就職エージェントを、ぜひ活用してくださいね。

高卒の既卒者におすすめの就職エージェント3社

高卒の既卒者におすすめの就職エージェントは以下の3社です。

  1. DYM就職:就職率96%の高い実績
  2. 就職shop:求人全て「未経験歓迎」
  3. JAIC:手厚い研修でビジネス基礎を学べる

DYM就職:就職率96%の高い実績

「DYM就職」は、就職率96%で数ある就職エージェントの中でも断トツの実績があります。

  • 書類審査不要で面接選考に進める
  • 求人数2,000社以上
  • 就職までフルサポート

高い就職率と、書類選考が不要なことは、高卒既卒者にとって大きなメリットになるはず。迅速に就職を成功させたいなら、登録しておいて損はないでしょう。

↓DYM就職の登録はこちらから↓
【公式】https://www.dshu.jp/

就職shop:求人全て「未経験歓迎」

「就職shop」は全ての求人が未経験OKの就職エージェントです。

  • 書類審査不要
  • 求人数8,500社以上
  • 利用者の9割が20代

豊富な求人数で、かつ全て未経験歓迎という既卒のための就職エージェント。大手リクルートが運営する会社だけあり、非公開求人や優良企業が充実しています。

↓就職shopの登録はこちらから↓
【公式】https://www.ss-shop.jp/

JAIC:手厚い研修でビジネス基礎を学べる

「JAIC(ジェイック)」は、5日間にわたって行われる研修でビジネス基礎を学べる就職エージェントです。

  • 書類審査不要の集団面接
  • 全て正社員求人
  • 就職成功率81.1%

書類選考不要の集団面接会があり、さらに求人は正社員採用のみになります。就職に失敗したくない既卒者にはおすすめのエージェントです。

↓JAICの登録はこちらから↓
【公式】https://www.jaic-college.jp/

既卒向けの就職エージェントについての詳細は下記記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

↓既卒向け就職エージェントの詳細はこちら↓

まとめ

高校で既卒になったことで、就職しづらいデメリットは確かにあるでしょう。しかし、企業にとってあなたの若さは大きな魅力であることも忘れてはいけません。視野を広げれば、あなたを必要としている企業は沢山あるのです。

ただし、高卒の既卒者は失敗したくない気持ちから理想が高くなりがちで、時に社会人としての立ち位置を勘違いしてしまうことも。はじめから完璧を目指しても、経験値がない既卒者は社会とのズレが生じがちです

客観的な視点でスムーズに就活を進めたい方は、既卒向けの就職エージェントをフル活用することをおすすめします。高卒既卒者ならではのフレッシュさと、就職エージェントのノウハウを武器にして、社会人第一歩を軽快にスタートさせましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかるアプリ「ミイダス」も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ

年収500万円から利用できるハイクラス転職サイト。
求人の3割以上が年収1,000万円超え!登録時に入力した情報をもとに企業から直接スカウトされる。

中でも「プラチナスカウト」を受け取ると企業やヘッドハンターと必ず面談できる。キャリアアップを望む人は必ず登録しておきたい転職サービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事