最終更新日:

留学した既卒者は就職に不利?ハンデに負けない就職成功のコツを解説

留学した既卒者は就職に不利?ハンデに負けない就職成功のコツを解説

大学を卒業して海外留学へ。

「英語はもちろんだけど、いろんな出会いや経験ができて楽しかったな〜」

しかし、日本に帰国して待ち構えているのは就職活動ですね。特に卒業後、留学した人は新卒ではなく「既卒者」になります。海外留学で貴重な体験をしてきたにも関わらず、社会は既卒者に対して懐疑的なため、就活で不利になることも

「せっかく留学してきたからには、英語が活かせる仕事がしたい」

既卒者の中には、上記のような希望を持っている方もいるでしょう。留学と引き換えに既卒者となったあなたが、就活を成功させるためにやるべきことはどんなことでしょうか?

この記事では、留学経験を終えた既卒者に向けて、事前に知っておくべきことや内定獲得のために活用するべきサービスなどを解説します。留学経験を活かした仕事に就くためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

留学して既卒になると就職に不利な理由

冒頭から残念な事実ですが、既卒者は新卒と比較して就職が不利になります。

なぜ、就職に不利なのかと言えば

  1. 大手企業は新卒採用が一般的
  2. 「留学=遊んでた」と思われることも

などの理由があるからです。

大手企業は新卒採用が一般的

「留学して培った英語スキルを武器に大手へ就職しよう!」と考えている方もいるでしょう。しかし、大手企業は新卒を一括で大量採用する傾向にあります。「新卒のみ採用」としている企業も多く、既卒なだけで不利な立場になることも少なくありません。

「新卒枠で応募できる企業もあるものの」という現実

既卒の定義は「学校卒業から3年以内」ですが、企業によっては既卒者を新卒として扱うことも。一見すると「新卒として応募できるんだ!良かった!」と思いがちですが、実際は正真正銘の新卒より採用率は悪いです。

特に毎年大量の人材を採用する大手企業になると「既卒よりも新卒」が重宝されるのは避けられない事実と言えるでしょう。

「留学=遊んでた」と思われることも

企業の採用担当によっては「留学=遊んでた」と評価することも。大学生の留学に対して、悪いイメージを持っている人は意外に多く、理解されず不採用となる事例もあります。

また、留学した人の中には

  • 現地で遊んでばかりだった
  • 英語より日本語で会話することが多かった
  • 現地の日本食レストランで働いただけ

など、英語スキルや勤務経験が乏しい人も一定数いるはずです。企業が求める人材と留学経験が、必ずしも結びつくわけではありません。このような理由から就活市場では、既卒よりも新卒を採用する傾向にあるのです。

留学で既卒になった人でも就職できる可能性は普通にある

ここまで読んだだけでは「留学してたとしても既卒になったら就職しにくいんだ…」と肩を落としてしまいますよね。しかし、既卒だからといって落ち込む必要はありません。新卒と比較して就職に不利なことは否めませんが、だからといって選択肢がゼロなわけではないのです。

なぜなら、既卒であることをデメリットに捉えず、若さやポテンシャルを採用基準にしている企業も沢山あるからです。既卒を歓迎する企業を見つけることに専念すれば、留学経験を活かした仕事に就くこともできます。

  • 留学経験があるのに若い
  • 英語スキルを持っている
  • 柔軟性と体力がある

留学を経験した多くの既卒者が、上記の特徴を持っていることでしょう。これらの特徴はメリットと言えるはずです。既卒者自身が視点を切り替えて企業探しをするだけで、内定獲得率を高められることを忘れないでくださいね。

既卒が英語を活かせる企業に入るのは実際難しい

留学経験のある既卒者からすると、英語が活かせる外資系や日系グローバル企業で働きたいと考える人も多いのではないでしょうか。英語をバリバリ活用できる環境に憧れを持つのは当然のことかもしれません。

しかし、結論として留学経験や英語スキルが、外資系企業の就活で武器になるわけではないのです。ここで留学していた既卒者が、外資系やグローバル企業に入るのが難しい理由を見ていきましょう。

  1. 英語ができるのは最低条件だから
  2. 英語+αの経験が求められている
  3. 英語の履歴書や面接対策ができない

英語ができるのは最低条件だから

世界を股にかける企業では、英語ができることは「当たり前」とされます。「留学経験があって英語が話せる」という既卒者にとっての「スキル」は、企業からすると最低条件になるのです。

英語+αの経験が求められている

外資系やグローバル企業では、応募者に対して「英語+α」の経験やスキルが求められています。

  • 留学時に海外企業でインターンをしていた
  • インターンで実績を残した
  • 外国人に負けない交渉力を培った

このように英語を通して、どのような経験を積んできたのかが重要視されます。単純に「留学して英語を勉強した」だけでは、新卒で計画的に英語スキルを伸ばしてきたライバルに負けてしまうのです。

レベルの高い企業になるほど「留学して既卒者になった確固たる理由」が求められます。

英語の履歴書や面接対策ができない

外資系企業では、履歴書や面接で英語が使われることも少なくありません。既卒者は一般的な英語力とは別に、履歴書や面接で用いられるビジネス英語を身につける必要があります

留学経験があっても、ビジネス英語や各企業で質問される内容を把握していなければ、狭き門をくぐり抜けることはできないのです。こういった点から、外資系や日系グローバル企業への就職は難易度が高いと言えるでしょう。

留学した既卒者は就職エージェントで就活しよう

留学を経て既卒者になった方が迅速に就活を成功させるには、就職エージェントの活用が欠かせません。特に帰国したばかりの既卒者は、海外と日本の価値観のズレに気づけず、凡ミスをしてしまうことも多いです。

留学から戻った既卒者に、就職エージェントがおすすめな理由は以下の通りです。

  1. 求人サイトはブラック企業に当たりやすい
  2. 自己分析から入社までフルサポートしてくれる
  3. 履歴書の添削や面接のアドバイスも受けられる

求人サイトはブラック企業に当たりやすい

一般的な求人サイトの場合、ブラック企業に当たる可能性があります。求人サイトでは表面的な情報しか見ることができないため、就活に慣れていない既卒者が自らブラック企業を選んでしまうリスクが高いです。

この点、既卒向けの就職エージェントであれば、事前にブラック企業をフィルタリングしているのでブラック企業にあたる可能性は非常に低いのです。また、求人サイトには掲載されない非公開求人も紹介してくれます。

ブラック企業に入ってしまい1年で転職してしまうと、次の就職先を見つけるのも困難になります。優良企業を厳選して紹介してくれるのは、就職エージェントならではのメリットです。

自己分析から入社までフルサポートしてくれる

就職エージェントは、企業の紹介だけでなく自己分析から入社まで徹底サポートしてくれます。

  • 自己分析→理想の明確化
  • 企業研究→求める人材、企業方針の把握

就活の基盤とも言われる自己分析や企業研究は、既卒者にとって難易度が高く上手くできない人も少なくありません。

就職エージェントなら、経験豊富なカウンセラーによる客観的な自己分析が受けられます。各業界に精通したエージェントの企業研究は、既卒者が1人で行うよりも遥かに解像度が高いです。

内定を獲得した後は、給与や待遇の最終交渉も行ってくれます。理想の就職を叶えたい方にとって、就職エージェントは大きなメリットがあるのです。

履歴書の添削や面接のアドバイスも受けられる

就活成功の肝となる履歴書や面接での受け答えは、各企業で求められているポイントが異なるため、既卒者が1人で対策することは不可能に近いです。

この点、就職エージェントには、過去から現在に至るまで膨大なデータがあります。各企業で求められているポイントや、ベストな回答例などを教えてくれるので、既卒者でも自信を持って就活に挑むことができるでしょう

留学した既卒者におすすめの就職エージェント3社

  1. DYM就職:就職率96%の高い実績
  2. 就職shop:求人全て「未経験歓迎」
  3. JAIC:手厚い研修でビジネス基礎を学べる

DYM就職:就職率96%の高い実績

「DYM就職」は、就職率96%とかなり高い実績を誇る就職エージェントです。求人企業も大手からベンチャーまで充実しており、留学経験が活かせる仕事も見つけられますよ。

  • 書類審査不要で面接選考に進める
  • 求人数2,000社以上
  • 就職までフルサポート

DYM就職は書類審査の必要なく、面接選考へダイレクトに進めるのも特徴的。「すぐに就職したい!」といった既卒の要望に応えてくれる頼もしい就職エージェントです。

↓DYM就職の登録はこちらから↓
【公式】https://www.dshu.jp/

就職shop:求人全て「未経験歓迎」

「就職shop」は、全ての求人が未経験歓迎の既卒向け就職エージェントです。留学から帰ってきたばかりでスキルのない既卒者でも、安心して企業を探せます。

  • 書類審査不要
  • 求人数8,500社以上
  • 利用者の9割が20代

求人数8,500社以上で全て未経験OKなおかつ書類審査不要なのは就職shopのみ。はじめての就活に自信が持てない方は、就職shopで人柄を重視してくれる求人企業を探すと良いでしょう。

↓就職shopの登録はこちらから↓
【公式】https://www.ss-shop.jp/

JAIC:手厚い研修でビジネス基礎を学べる

「JAIC(ジェイック)」は、5日間にわたって行われる研修でビジネス基礎を学べる就職エージェントです。

  • 書類審査不要の集団面接
  • 全て正社員求人
  • 就職成功率81.1%

書類選考不要の集団面接会があり、さらに求人は正社員採用のみになります。留学期間のハンデを一気に埋めたいという方におすすめです。

↓JAICの登録はこちらから↓
【公式】https://www.jaic-college.jp/

まとめ

本来、留学経験があることは素晴らしいことのはず。しかし、日本の就職市場では新卒であることがより重視されており、既卒になると狭き門になる傾向は否めません。特に大企業や外資、日系グローバル企業などは新卒枠で優秀な人材を獲得しています。

「既卒だけど留学経験を活かして就職したい」と考えるなら、経験豊富な就職エージェントの活用はマストですね。まずは、就職エージェントにあなたの理想を伝えてみた上で、どんな選択肢があるのか覗いてみましょう。

きっと「ここ楽しそう!」と思える既卒OKの求人に出会うことができますよ。既卒向けの就職エージェントについて詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください!

↓既卒向け就職エージェントの詳細はこちら↓

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事