最終更新日:

残業時間の平均って何時間?残業時間の法的規定と長すぎる時の対処法

残業時間の平均って何時間?残業時間の法的規定と長すぎる時の対処法

「平均的な残業時間ってどれくらい?」
「うちの会社って残業多すぎなの?」

残業が日常的になっている企業は数多くありますが、実際に自分の残業時間は多すぎなの?みんな平均何時間残業してるの?と疑問に感じる瞬間はありますよね。

今回は、日本の平均的な残業時間残業時間の法的な規定について、残業代の計算方法などを詳しく解説していきましょう。

自分の残業時間が多いのか気になっている人はぜひご覧ください!

日本の平均残業時間は月28時間

2022年現在、日本の平均残業時間は月24~25時間程度となっています。


参考:OpenWork 働きがい研究所/業界別残業時間 2022年第1四半期

2014年の「過労死等防止対策推進法」をはじめ、2017年の「働き方改革実行計画」、2018年の「働き方改革関連法案」の成立により、平均残業時間は年々減少傾向に。

政府の動きに伴い労働問題に対する意識が社会的に上がったため、無駄な残業時間を減らして過労防止対策を実施する企業が増えています

実際に従業員の過労は社会的に大きな問題になっているから、昔よりも残業について見直してる企業が多いのね!

残業時間についての規定を知っておこう

残業時間の上限

2019年4月から働き改革関連法案が施行され、実質的に残業時間に上限が設けられました

変更前 変更後
残業時間の上限 ・月45時間
・年360時間
・月45時間
・年360時間
上限を超えての残業 可能 原則禁止
特別な事情のある残業 上限なし
(年間6ヵ月まで)
以下の上限あり(年間6ヵ月まで)
年720時間
月100時間未満
複数月平均80時間

月45時間・年360時間までの残業時間の上限は変わりませんが、以前は年間6ヵ月までは実質上限なしで残業が認められていました

しかし、法案の施行後は特別な事情があっても月100時間・年720時間以上の残業は禁止となり、『過労死ライン』と言われる月平均80時間の残業時間を超えない施策がされています。

残業代の計算方法

残業代は以下の計算式で求められます。

残業代=残業時間×1時間あたりの基本給×割増率

また、残業を含む時間外労働の割増率は以下の通りです。

時間外労働の割増率
労働時間 割増率
法定労働時間
(8時間/日・40時間/週)
× 1
残業手当
(8時間/日・40時間/週を超える部分)
× 1.25
残業手当
(月60時間を超える部分)
× 1.5
休日手当
× 1.35
深夜手当
(22時~翌5時の間)
× 1.25

給与明細の就業時間と残業時間、支払われる給与や残業代の欄を確認し、計算が間違っていないかを確認しましょう。

実際の残業時間と明細の残業時間に違いがあったり、法定労働時間を超過している場合はブラック企業と考えられます。

今の残業時間が妥当なのかチェックし、不当に働かせられている場合は労基署に相談するなどの対処しましょう。

サービス残業を強要するのは違法よ!つらい思いをしてる子は我慢していちゃダメよ!

残業時間が多い場合は転職も視野に

仕事量が多く残業時間が長い、周りが残業しているからと残業を強要されるなど、残業についての問題がある企業に悩んでいる人は転職も一つの選択肢です。

特に20代で残業時間が多い場合は、早めに転職した方が将来的なキャリアを積むためには良い選択と言えます。

20代のうちに今よりも働きやすい職場へ転職をしておけば、今後のキャリアプランに合わせて経験やスキルを積みやすくなるわ!

転職を考える場合は転職エージェントへ相談がおすすめ!

転職エージェントは、あなたの経歴やスキルを棚卸した上で希望にマッチする企業を紹介してくれるサービスです。

プロの転職アドバイザーが転職に関するあらゆるサポートをしてくれるので、転職が初めての20代でも安心して相談できます。

【転職エージェント】転職エージェントのサポート一覧

一般には公開されていない非公開求人も数多く保有しているので、他では出会えない好条件の求人に出会える確率が大幅アップ!

マイナビ
ジョブ20’s
キャリトレ
転職エージェント
主な年齢層 20代 20代
主なサポート対象者 既卒/第二新卒などの20代 正社員経験者/キャリアアップ・年収アップしたい20代
特徴 求人は全て20代が対象
ポテンシャル採用中心
求人数約13万件
スカウト型転職アプリ
面談確約スカウト!
簡単登録
(無料)
リクルートエージェント Spring転職エージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 20~40代
主なサポート対象者
全転職者に対応
支援実績 採用成功実績は54万人超 大手優良企業への紹介実績多数
主な
業種・職種
IT・通信業界
営業・SE/ITエンジニア職
外資系企業/メーカー/IT・通信系
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
専門分野に精通
IT/外資系に強い
面談を断られない
簡単登録
(無料)

残業時間で悩む人が転職を成功させるポイント

残業時間について面接時に確認しておく

残業時間については面接時にしっかり確認しておきましょう。

月何時間の残業があるのかなど、聞くのは失礼かもと思う質問でも、しっかりと答えてくれる企業であればブラック企業である可能性は低いです。

また、面接時には実際に企業へ訪問して面接を行なう場合が多いため、職場や働いている人の雰囲気などをチェックしておきましょう。

自分の転職市場価値を知ろう

20代の転職では、自分の経験やスキルから適正年収や転職市場価値を把握しておくと、転職時の希望条件の目安となります。

市場価値がわかる転職アプリのミイダス【公式サイト】https://miidas.jp/

ミイダスはあなたの本当の価値を『見い出す』アプリで、簡単な質問に答えるだけであなたの転職市場価値や行動特性、適正などを診断できます。

転職活動にも活用でき、スマホだけで企業からオファーが届くスカウトサービスがメインなので、転職活動を効率的に進められます。

ミイダスの適性診断の開始手順はこちら→

【ミイダスのメリット】
家で手軽に適性診断可
5分程度かつ無料で市場価値がわかる
スマホだけで企業からオファーが届く体制に
・オファーが届いた時点で面接確約
・求人を探す手間が省けて転職の負担を軽減

自分の強みや特性を把握する

現職の仕事内容が合わない、でも自分にはどんな仕事が向いているか分からない人は、まずは自分の強み・適性を把握しましょう。

自分の適性や強みを確実に知る方法ってあるのかな?!

自己分析が苦手な人・自分の適性をすぐに知りたい人はリクナビNEXTのサービス「グッドポイント診断」がおすすめです。

グッドポイント診断

簡単に適性が見えてくるので、どんな職種に向いているか・アピールポイントが何か知りたい人はさっそくチェックしてみましょう!

有名な才能診断「ストレングスファインダー」を無料で受けられるような診断だから、自分の隠れた才能を知りたい子もぜひ利用してみて☆

グッドポイント診断の詳しい手順はコチラ→

【グッドポイント診断のメリット】
・リクナビNEXT会員限定で本格診断が無料
・どこでも手軽に診断可
・自分の強みを客観的に把握できる
・診断結果は求人応募時に添付OK
・自己分析の負担が軽減され転職効率アップ

残業時間が不当に長い場合は転職を考えよう

日本の平均的な残業時間は月24~25時間程度となり年々減少の傾向にありますが、平均よりも残業時間が長い企業も少なくはありません。

残業時間が規定時間を超えていたり、不当なサービス残業を強要されているなど、残業時間に問題がある場合は早めに転職するのがおすすめです。

20代のうちに転職活動をすれば、今よりもいい環境で今後のためのキャリアを積みやすくなるため、残業時間に悩んでいる人はまずは転職エージェントに無料相談してみましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事