最終更新日:

仕事のモチベーションが上がらない…その原因と対処法をまとめました

仕事のモチベーションが上がらない…その原因と対処法をまとめました

仕事のモチベーションが上がらない…

そんな思いを抱えたまま毎日を過ごしていませんか?2017年に行われた米ギャラップ社のアンケート(※)によると、日本で「熱意ある社員」はたったの6%しかいないそうです。つまり、ほとんどの日本人が「モチベーションが上がらない」といった悩みを抱えていることになります。

しかし、そもそもモチベーションとは一体何なんでしょう?もしかしたら、多くの人はモチベーションが上がらないと悩んでいるにも関わらず、その正体について理解していないのかもしれません。

そこで、この記事では

  1. そもそもモチベーションとは?
  2. モチベーションが低いと起きるデメリット3つ
  3. モチベーションを上げるマインドセット

についてご紹介します。モチベーションを正しく理解し、仕事もプライベートも充実した毎日を送ってくださいね。

「熱意ある社員」6%のみ 日本132位、米ギャラップ調査/日本経済新聞

そもそもモチベーションとは?

はぁ…やる気が出ない…もう帰りたいよ…

あら、どうしたのヒロミ?暗い顔して☆

あっタナカ部長!?い、いえ…ちょっと仕事のモチベーションが上がらなくて…何かモチベーションを上げるいい方法はないでしょうか?

もちろんあるわよ☆だいたいできる子はみんな自分のモチベーションをコントロールしてるものね♪

えっ!?そうなんですか!?ぜひ僕にもそれを教えてください!

ふふふ、もちろんいいわよ☆じゃあヒロミ、そもそもモチベーションって何だと思う?♬

えっ…やる気…でしょうか?

う~ん惜しいんだけど、それじゃあダメね★まずはモチベーションとは何かってところから始めましょうか♡

「モチベーション=やる気」ではない

私たちは多くの場面で「モチベーション」と「やる気」を同じ意味で使用していますが、厳密に言うとこの2つは別物です。まず、モチベーションとは「行動する理由(専門用語では『動機づけ』と呼ばれます)」で、対するやる気は「行動するためのエネルギー」だと言えます。

例えば、「家族との時間を過ごしたいから、今日は仕事を早く終わらせるぞ!」といった場合、「家族との時間を過ごす」といった理由・動機(=モチベーション)があるから、「仕事を早く終わらせるぞ!」といったやる気が出ます。

つまり、やる気はそれ単体で上がることはなく、強いモチベーションがあって初めてやる気が上がるわけです。

残業を減らしてもやる気は上がらない

残業時間削減による就業環境の変化

出典:10万人の社員クチコミによる「働き方改革」検証/PR Wire

やる気を上げるには強いモチベーションが必要だと言いましたが、それはつまり、嫌なことを取り除いただけではやる気は上がらないという意味になります。

上の図はそれを示す調査結果です。2017年にVokersが行った調査によると、人は残業時間を減らしてもやる気が上がらないとの結果が出ています。

そうなんだ…忙しいからやる気がでないとばかり思ってたよ…!

モチベーション(動機づけ)には3種類ある。

モチベーションがやる気と異なるものだとはわかりましたが、それではモチベーションとは一体どんなものなのでしょう?

まず、モチベーションとは専門的には「動機づけ」と呼ばれます。そしてその動機づけには以下の3種類が存在します。

  1. 生理的動機づけ
  2. 外発的動機づけ
  3. 内発的動機づけ

1.生理的動機づけ

「生理的動機づけ」とは、生物が生きるための最も原始的な動機づけで、食べるため、寝るため、子孫を残すためにやる気を出すといったものです。

しかし、現代は生活水準も高く、生きるためにやる気を出す場面はそう多くありません。ましてや仕事のやる気を出すためにはこの動機づけは使いづらいでしょう。

2.外発的動機づけ

「外発的動機づけ」とは、アメとムチのような外側からの刺激による動機づけで、「高いボーナスをもらうためにがんばる」「上司に怒られるのを避けるためにがんばる」といったものです。

この動機づけは、単純作業の場合はパフォーマンスが向上することがわかっていますが、現代の主要な作業であるクリエイティブやイノベーションが必要な作業においては逆にパフォーマンスが下がってしまうことも近年明らかになりました。

3.内発的動機づけ

「内発的動機づけ」とは、自分の内側からの刺激、具体的には「自主性」「成長」「目的」からくる動機づけで「楽しいからがんばる」「成長したいからがんばる」「世の中を良くしたいからがんばる」といったものです。

従業員一人一人の自主性を求められる現代社会において、この内発的動機づけが最も時代に合っていると言えるでしょう。

日本人は「やりたいからやる」じゃなくて「やった方がいいからやる」「やるべきだからやる」と考えている子が多いように見えるわ☆でもこれじゃあ自主的というより強制的にやらされてる感じよね…アタシだったらモチベーションは上がらないわ★

動機づけについての詳しい情報は以下のTED動画も参考にしてみてください。

参考:やる気に関する驚きの科学 / TED

自分で制御できることにフォーカスする

このようにモチベーションには3種類存在しますが、仕事のモチベーションが上がらないと悩んでいる人は、外発的動機づけに期待しすぎて振り回されていることが多いです。

もちろん、外発的動機づけが悪いわけではありませんが、外発的動機づけは自分では制御できない要素が多く、どれだけ頑張っても期待通りの結果を得られるとは限りません

例えば、高いボーナスをもらうためにやる気を出したとしても、最終的にボーナスの支給額を決めるのは経営側ですし、上司に怒られるのを避けるためにやる気を出したとしても、怒るかどうかは上司の気分次第でしょう。

つまり外発的動機づけに「過剰な期待」をしてしまうと、裏切られたような気分になってしまうこともあり、結果としてモチベーションが下がってしまうのです。

従って、モチベーションを上げる・維持するためには内発的動機づけ、つまり自分で制御できることにフォーカスするのが大切です。

アタシはカワイイ男子に好かれたいから美を追求してるわけじゃないの☆アタシ自身が強く!美しい!レディー・タナカで在り続けたいから!!美を追求しているのよ♡これが内発的動機づけってやつね♪

モチベーションが低いと起きるデメリット3つ

僕はモチベーションのことを全然わかってなかったみたいです。それにずっと周りのせいにしてました…自分でできることにフォーカスするのが大事なんですね…

そうね☆自分の機嫌は自分で取るしかないってことよ♡

タナカ部長!どうすればモチベーションをもっとコントロールできるようになりますか!?ぜひそのやり方を教えてください!

まだ焦っちゃダメ☆どうしてモチベーションを上げる必要があるのか?モチベーションが下がったままだとどうなるのか?について丁寧に見ていきましょう♡

「モチベーションが上がらない…」と嘆くことは誰でも経験があると思いますが、そのままの状態でいるとどんなデメリットが起こるか考えたことはありますでしょうか?

仕事のモチベーションが低いままでいると、以下の3つのデメリットが起こる可能性があります。いずれも仕事をする上で重要なものですので、ここからはこれらを具体的に解説していきます。

  1. 周りからの信用を失う
  2. 自分に自信がなくなる
  3. 成長が止まってしまう

周りからの信用を失う

モチベーションが下がったままの状態でいると、やがてその気持ちは周りに伝わるようになります。最初のうちは「体調が悪いのかな」「何か悩み事があるのかな」と心配されるかもしれませんが、その状態が長く続くと、やがてこの人は「やる気がない人だ」と判断されてしまい、周りからの信用を失います

仕事をする上で周りからの信用は非常に大切です。顧客との信頼関係に関わるだけでなく、自身の評価にも悪い影響を与えてしまうでしょう

自分に自信がなくなる

多くの人は仕事のモチベーションが下がった状態でいると、そんな自分はダメな人間だと考えるようになってしまいます。

  • 「どうしてやる気が出ないんだろう?」
  • 「どうしてこんな仕事をしているんだろう?」
  • 「自分は何の役にも立ってないんじゃないか?」

そんなネガティブな気持ちがどんどん膨れ上がってしまい、最終的には自分に自信がなくなってしまいます。そうなると、本来の自分の魅力や能力を十分に発揮できなくなり、その結果さらに自信をなくすといった悪循環にも陥ってしまうかもしれません。

自分に自信をなくしてしまうと、仕事だけでなくプライベートにも悪影響が出てしまうので、この問題は非常に深刻だと言えるでしょう。

成長が止まってしまう

モチベーションが低い状態は自主性がなくなっている状態とも言えます。つまり、「仕事をやらされている」意識が強くなってしまうのです。

人は自主性を持って自ら考えて行動する時が一番成長すると言われています。そのため、「仕事をやらされている」状態が長く続いてしまうと成長が止まってしまうと言っても過言ではないでしょう。

モチベーションを上げるマインドセット

うぅ…僕にはもう全てのデメリットが起こってます…

そのようね☆今の会社だけでなく、これからの人生にも影響する大事なことだからしっかりと向き合ってほしかったのよ♡

僕はどうすればいいんでしょう…?

安心なさい☆アタシがいる以上、このままあなたをダメになんてさせないわ♪どうすればモチベーションが上がるのか?シーン別に説明してあげる♡♡

モチベーションを上げるには「自分で制御できることにフォーカスする」とお伝えしましたが、具体的に何をどうすればいいのかはすぐにわかり辛いかもしれません。

そこで、モチベーションが上がらないシーンを以下の3つピックアップし、それぞれの状況でどういった考えをすればいいのか、モチベーションを上げるためのマインドセットをご紹介します。

  1. 思うような成果が出せない
  2. 上司に評価してもらえない
  3. 目の前の仕事を好きになれない

シーン①:思うような成果が出せない

このままだと、また数字を達成できそうにないよ…はぁ…もうやだなぁ…

「進捗の法則(※)」と呼ばれる研究結果によると、人がモチベーションを上げあるために最も重要なのは「有意義な仕事の進捗を図ること」だとわかりました。また、ここでいう「進捗」とは「フォルダを整理した」「メールを1通返信した」などの小さな進捗でも、その人にとって有意義であるならばモチベーションを上げる効果があるとわかったのです。

なかなか思うような成果が出せなくてモチベーションが上がらない場合、大きな成果を求めるあまりに、できなかったことばかりにフォーカスしている可能性があります。そんな時は、どれだけ小さくてもいいのでその日できたことにフォーカスし、進捗を数えるようにしてみましょう

レディのワンポイントアドバイス

「1日5個できたことを数えてみる」みたいに数を決めて毎日やってみるといいわよ♡

※参考:生産性を高めるための「進捗の法則」とは何か?

シーン②:上司に評価してもらえない

今期もまた低評価だった…僕は本当に使えない男だ…

心理学者のキャロル・ドゥエックさんによると、人の成長に対する考え方には「成長マインドセット」と「固定マインドセット」の2つがあると言われています。(※)

前者は「人の能力は常に成長できる」といった思考を持っているため、低評価もまっすぐに受け止め、次はどうすればいいかを考えることができます

一方、後者は「人の能力は変わらない」といった思考を持っているため、周りからの高評価をもらうことに執着してしまい、一度でも低評価を受けると大きな敗北感や挫折感を味わってしまうのです。

上司から評価してもらえず、モチベーションが下がってしまう人は「固定型思考」である可能性が高いので、まずは「優秀な人と見られたい」といった思いを捨ててください

その上で、今の状況では「どんなことを学べるのか?」「どう成長できるのか?」にフォーカスすることが大切になるでしょう。

レディのワンポイントアドバイス

脳は何歳になっても成長することが科学的にも証明されているわ☆あなたもまだまだ成長できるってことをまずは理解して頂戴♡

※参考:【書評と要約】「やれば出来る」の研究「マインドセット MINDSET」キャロル・S・ドゥエック(著) 自分の変化と可能性を信じる力とは

シーン③:目の前の仕事を好きになれない

はぁ…そもそも僕、この仕事を好きになれないんだよね…

目の前の仕事が好きになれないといった場合、もしかしたらそのタスクが自分の能力と合っていないのかもしれません。人は自分にとって難しすぎるタスクを抱えると不安になり、逆に簡単すぎるタスクを抱えると退屈を感じることで、それぞれモチベーションが下がってしまうのです。

心理学者のミハイ・チクセントミハイさんが唱えた「フロー理論(※)」によると、人は自分の能力に対して少し難易度が高いくらいのタスクを与えられた場合がフロー状態(完全に集中した状態)に入りやすく、モチベーションも上がりやすいと言います。

人の能力を瞬時に変えることはできませんが、実は工夫次第でタスクの難易度は変えられます。例えば、自分にとって難しいタスクは細分化して一つ一つの難易度を下げることができたり、自分にとって簡単すぎるタスクは、制限時間を設けることで難易度を上げられるでしょう

このように自らの工夫によってタスクの難易度を調整し、自分の能力よりも少し難しいくらいに調整することでモチベーションを高められるのです。

レディのワンポイントアドバイス

フロー状態を何度も経験することで、あなた自身の能力も上がっていくわ☆だから積極的にフロー状態を狙ってみて♡

※参考:ミハイ・チクセントミハイの「フロー理論」こそ、モチベーションコントロールの最適な処方箋

まとめ

タナカ部長、今日はありがとうございました。僕はいつも周りのせいにしたり、自分はどうせやってもダメだとふて腐れたりして、自らモチベーションを上げる努力をしてなかったみたいです。

そうみたいね☆でもそのことに気づいて、これから変わろうと思えるその素直さはあなたの強みだと思うわ♡

人は何歳からでも成長できるんですよね。僕もまずは日常の些細な『できたこと』に目を向けて、一歩一歩成長を噛みしめてみます!

ふふ、良い顔してるじゃない☆ヒロミ、その調子でドンドンいい男になりなさい♪そしてアタシをもっと喜ばせるのよ♡

はい!がんばります!(喜ばせるってどういう意味だろう…)

いかがだったでしょうか。ヒロミと同じようにモチベーションが上がらない人の多くは、外発的動機づけに過剰に期待してしまい、振り回されていることがほとんどです

まずは「自分で制御できること」「他人にしか制御できないこと」をしっかりと区別し、自分で制御できることに集中してみましょう

また、今日ご紹介したモチベーションを上げるためのテクニックのまとめは以下の通りです。

  1. どれだけ些細なことでもその日できたことを数えてみる
  2. 上司に評価されなくてもその状況から何を学べるかを考える
  3. 自分の能力よりも少し難しいくらいにタスクの難易度を調整する

状況に合ったものをうまく取り入れてモチベーションをコントロールし、仕事もプライベートも充実した毎日をぜひ送ってくださいね。

尚、「どれだけやってみてもモチベーションなんて上がらない」「もう仕事を辞めたい…」とお悩みの方は以下の記事も参考にしてみてください。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかるアプリ「MIIDAS(ミイダス)」も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ

年収500万円から利用できるハイクラス転職サイト。
求人の3割以上が年収1,000万円超え!登録時に入力した情報をもとに企業から直接スカウトされる。

中でも「プラチナスカウト」を受け取ると企業やヘッドハンターと必ず面談できる。キャリアアップを望む人は必ず登録しておきたい転職サービス。

関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事