最終更新日:

30代の転職は人手不足でニーズが増加中?30代は今こそ転職するべき!

30代はより良い環境を求めて転職をリアルに意識し始める年代ですが、年齢が不安で転職に踏み切れない人も多いでしょう。昨今の転職市場は人手不足30代のニーズが非常に高まっています。30代での転職はむしろ有利、30代は転職のベストタイミングです。

今回は人手不足の30代の転職市場の現状を浮き彫りにし、「30代の転職が有利な理由」「人手不足の問題点」「人手不足のニーズを活かす成功ポイント」をお伝えしていきましょう。30代の転職を有利にするリクルートエージェントマイナビエージェントについてもご紹介します。

転職市場は人手不足で30代のニーズが増加

30代の転職は不利じゃない

30代になると転職が難しくなる、と巷で目にする機会は多くあります。年齢のハンデ、条件の妥協、キャリアの再構築。転職したのに逆に環境が悪くなってしまえば本末転倒です。転職は年齢を重ねるにつれ不利になるのは未だ変わらない事実。新卒、第二新卒を歓迎する企業も多く、20代の方が求人の範囲は明らかに広いでしょう。

しかし、昨今の企業は中途採用にもかなり積極的です。そのターゲットの年齢層は30代以上が多く、経験者のニーズが非常に高まっています。伴って人手不足の波もあり、30代の転職はもはや不利とは言えません

有効求人倍率の増加で人手不足に

求人倍率からわかる人手不足の転職市場
ここ数年、求人数は過去最大級の水準を保っています。2019年9月時点での有効求人倍率は2.69倍。これは100件の求人に対して求職者が37人ほどしかいない計算になり、今の転職市場の深刻な人手不足を物語っています。

業種別求人倍率からわかる人手不足の転職市場(※1)

業種別にみると、IT・通信、サービス業に関しては全体の求人倍率よりも常に高い水準をキープ。特にIT・通信の求人倍率は7.85倍と全体の2倍以上で、これは100件の求人に対して求職者が13人ほどしかいない計算になり、IT・通信系の業界は特に人手不足が顕著だと分かります。

技術系は特に30代のニーズが高い

転職成功者の年齢割合(※2)

職種別にみると技術系は特に30代を重視しています。技術系は十分な専門知識がないと成り立たない職種のため、中長期的にキャリアを積み重ねておかなければ即戦力になりえません。若手から育てるのは時間がかかりすぎるため、経験が既にある30代のニーズが非常に高いです。

求人数に対して求職者の数が足りていないからこそ、30代の力が企業にとって大事になるんだね。他の年代よりも優先されるのは将来を見越して?

5年後や10年後まで会社に貢献し続けてくれる子の方がとっても魅力的でしょ?企業もスピード感を上げるために経験のある30代に頼って、できるだけ急ピッチで事業を展開したいのね♪

30代の転職が有利な理由と人手不足の問題点

有効求人倍率が高水準、人手不足の転職市場で30代が転職するとメリットが大きいですが、その中で気を付けるべき問題点もあります。

30代は転職のハードルが低く、リーダーポジションに就きやすい

30代の求職者が企業を選べる有利な状況

まず今の求人倍率だと希望の転職先が見つかる可能性がかなり高いです。2004年以前であれば転職したくてもなかなか良い企業が見つからないケースも多かったですが、今は求職者側が多くの求人から企業を選べる余裕があります。

30代も転職がしやすくなったからこそ企業選びには絶対に失敗できません。数多くの企業を比較して判断できる余裕を持てるのは非常に有利です。

企業が求める30代の存在価値

企業が30代に求めるのは20代にはない存在価値です。経験や知識の蓄積はもちろん、その中でも企業の問題点を発見してより良い状態へと改善する対応力、新人教育や後輩の育成などのマネジメント能力は特に重視されます。リーダーポジションのポストに早い段階から就ける可能性も高いです。

  • 希望条件が叶う可能性が高い
  • 企業を選べる余裕がある
  • 30代の存在価値が重宝される
  • リーダーポジションに就きやすい

30代一人にかかる負担と責任、倒産の可能性

30代は頼られる分だけ仕事を押し付けられやすい

慢性的な人手不足となると、一人当たりの負担が大きくなります。30代の場合頼られるポジションに就きやすい分、任せられる仕事量もかなり増えるでしょう。

特にサービス業界であれば接客から事務作業→クレーム処理→開店・閉店作業まで一連の業務を一人きりでこなさなければならないケースも大いにあり得ます。企業形態、実際の仕事量や負担・責任の度合いなどは事前にしっかりと把握しておきましょう。

倒産のリスク

せっかく入った企業が人手不足で倒産してしまうケースも近年では少なくありません。2018年上半期は人手不足倒産が例年の4割増と過去最高を記録。運送や介護、建築などの人手不足が顕著な業種を中心に倒産ラッシュが加速しました。人手不足の市場は転職しやすい反面、常に倒産のリスクと隣合わせです。

従業員数やサービスの展開方法、その業界自体の将来性など不明確な部分は徹底的に調べ尽くし明らかにしましょう。それでも見えてこない、将来性が見出せない企業への応募は避けた方が無難かもしれません。

人手不足倒産とは、人材確保ができずに労働者数が足りず倒産に至る状況を指します。
  • 任せられる仕事量が増える
  • 一人の負担や責任が大きい
  • 人手不足倒産のリスクがある

せっかく重宝されると思って転職したのに、負担も責任も増える上に倒産の可能性もあるなんて…。人手不足って言っても利点だけじゃないんだね。

だからこそ真剣に企業を研究して厳選する必要があるの。引く手あまたな状態だから「選んでやろう」くらいの強気な姿勢が功を奏すかも☆なんとなく選ぶのは思わぬトラブルに見舞われちゃうから絶対にダメよ。

30代はリスクを考慮しても人手不足が顕著な業種が狙い目

若いうちの経験値の量が桁違いに

30代から人手不足の業界で上のポストに就いていれば、人手が足りている企業の30代に比べて積める経験値が桁違いです。そのまま同じ業界で年齢を重ね経験を積めばさらなる昇進もしやすいでしょう。人手が足りている業界では任せてもらえないような仕事まで若くして任せてもらえる可能性もあります。

成果が出れば評価がされやすいのも特徴の一つ。責任が重い分、ノルマを達成した際に得られる信用や報酬はハイリターンです。10年後20年後の将来を考えても、早くから人手不足が顕著な企業へ身をおけばメリットがより大きくなります。

30代が転職で人手不足のニーズを活かすには?

有効求人倍率から業界・職種を絞る

有効求人倍率を考慮すると、建築/土木、機械/電気、IT/通信などの業界で技術系の職種を狙うと成功率は格段に上がります。技術系の職種で重視されるのは専門知識の有無。狙うのであれば自分の得意分野が必要です。

広く勉強しようとすると時間を要するため、自分のやりたい仕事、転職したい職種に活かせる分野を押さえ、そこに特化した知識やスキルを得るのがポイントです。浅く広くではなく、深く狭いスペシャリストを目標にしましょう。

リーダーシップの発揮をアピール

企業は30代に将来的な現場のリーダーや管理職候補としての活躍を期待しています。部下を何名率いてノルマに貢献した、ミーティング時に新たな提案を打ち出し利益に繋げたなど、自分が能動的に行動し会社に貢献してきた具体的な成果を如何にアピールできるかが評価を左右します。これまでのキャリアをじっくりと棚卸しし、いつでも引き出せる準備をしておくとベストです。

人手不足の30代の転職を有利にする転職エージェント

一人でできる活動には限界があります。転職エージェントを利用すれば第三者のサポートが得られ、人手不足の30代のニーズをより活かした転職が可能です。

転職エージェントは企業との繋がりも深いため、自分一人だけでは知りえない企業の内部情報まで教えてもらえる場合もあるでしょう。企業とのミスマッチも未然に防げます。

転職エージェントについてはこちらの記事をチェック↓

転職エージェントの選び方についてはこちらの記事をチェック↓

圧倒的な求人数を誇るリクルートエージェント

リクルートエージェントは転職成功実績No.1で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェントです。他社とは比べ物にならない圧倒的な求人数を武器に、30代だけでも年間に約8000人(2011年度)の転職を成立させています。

リクルートエージェント人手不足の30代のニーズを最大限に活かす転職の強力なパートナーになるでしょう。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!
幅広い求職者のニーズに応えられる手厚いサポートで、30代の転職成功者も多数。
充実の面接対策も人気!

【公式サイト】
https://www.r-agent.com/
登録は3分で完了!

リクルートエージェントについてさらに詳しい情報はこちらの記事をチェック↓

25~35歳の求職者から熱い支持!マイナビエージェント

マイナビエージェントは登録者全体の76%が35歳以下の若年層で占められるほど、25~35歳の求職者から熱い支持を得ています。

特に大手エージェントやハローワークでもなかなか見つけられない優良中小企業に強く人手不足の30代のニーズを活かして好条件の求人に出会える可能性が高いです。

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
手厚いサポートに定評があり30代の転職成功実績も多数。
中小企業とIT系の求人に強く、転職回数が少ない求職者は特にメリットが大きい。

【公式サイト】
https://mynavi-agent.jp/
登録は3分で完了!

マイナビエージェントについてさらに詳しい情報はこちらの記事をチェック↓

市場価値を把握して30代の転職をさらに効率化

自分の市場価値が分かるアプリ「ミイダス(MIIDAS)」

ミイダス(MIIDAS)は、あなたの本当の価値を「見いだす」効率的な転職活動ができるアプリです。dodaを運営するパーソルキャリアの新ブランドで、同社が持つ膨大な過去の転職者データから自分のキャリアの分析が可能。

簡単な質問に答えるだけでおおよその年収が算出され、自分の今の市場価値がわかります。すぐに優良企業50,000社にあなたの経歴が公開され、あなたを必要としている企業からオファーが届くシステムです。

    MIIDASのメリット

  • ハローワークに訪問せずとも家で手軽に適性チェック可
  • 5分程度の短時間かつ無料で、転職市場での自分の価値がわかる
  • スマホだけで企業からオファーが届く体制ができる
  • オファーがきた時点で書類選考合格済み(面接確約!)
  • 求人を探す手間が省けて書類選考もなし。転職の負担を大幅軽減
MIIDAS

自分のキャリアを見いだす適正チェックができるアプリ。
社会人だけでなくニートでも想定年収が算出される。自分の市場価値がわかり、転職するべきか客観的な判断が可能に。
オファーはすべて面接確約で転職活動が効率的。

【公式サイト】https://miidas.jp/
市場価値を5分で算出!

MIIDASの詳細はこちらの記事をチェック↓

30代は人手不足のニーズを最も活かして転職できる

人手不足だからって闇雲に新入社員を募るんじゃなくて、経験のある30代が求めてられてるんだね。でも人材の確保も簡単じゃないだろうし、人手不足のニーズはしばらく高そう!

企業としてはやりたい業務があるのに人がいないから出来ないっていう状態を一番避けたいから、即戦力かつ経験者、そして未来のリーダーを早めに抱えておきたいの!だから30代は今のニーズを最も活かして転職できるのよ♪

選べる求人が多いから求職者と企業のマッチングもしやすそうだし、しっかりと企業研究すれば失敗するリスクも低そうだね!

これまでは30歳は転職出来るかどうかの瀬戸際なんて言われていたけど、今の時代では会社の主役にだってなれるんだから♡自分の経験やスキルに自信を持って前向きに転職してほしいわ☆

(※1 出典:転職求人倍率レポート(2019年9月)/doda
(※2 出典:“35歳転職限界説”崩壊!?転職成功者の年齢を調査!/doda

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかるアプリ「ミイダス」も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ

年収500万円から利用できるハイクラス転職サイト。
求人の3割以上が年収1,000万円超え!登録時に入力した情報をもとに企業から直接スカウトされる。

中でも「プラチナスカウト」を受け取ると企業やヘッドハンターと必ず面談できる。キャリアアップを望む人は必ず登録しておきたい転職サービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事